世界遺産も!ポルトガル・リスボン近郊で修道院観光スポット3選

1,280

views

0

「哀愁」といった言葉が似あうポルトガルの首都リスボン。白壁とオレンジ色の街が印象的で、旅行者を暖かく迎えてくれます。そんなリスボンの魅力といえば芸術的・歴史的にも価値がある修道院。12世紀ごろいくつもの修道院が建設され、今でもその姿は、訪れる人を魅了しています。ゴシックやマヌエル様式が混在した修道院を紹介します。

アルコバーサ(Alcobaça): サンタ・マリア修道院 Mosteiro de Santa Maria

リスボン北約120km。ナザレの約14kmの場所にあるアルコバサ修道院は小さな町に立つ修道院。最盛期には約1,000人の修道士が生活をともにしていたそうです。修道院の中に入ると、食堂や寝室といった場所がわかり、当時の生活様式が伝わってきます。

ペドロ王子と結婚した、隣国のスタンサ姫とその侍女であるイネス・デ・カストロ。3人の悲恋の物語を象徴する「イネスが眠る棺」は観光スポットとなっています。

アルコバーサ修道院は、正式名称をサンタ・マリーア・ディ・アルコバーサ修道院といいます。この修道院は、ポルトガル最古のゴシック様式の教会であり、初期のフランスで人気があったデザインに、地域的な伝統様式が組み込まれた芸術的にも意味がある教会となっています。
そのデザインはゴシック様式の特徴である、構造力学を合理的に取り入れるのではなく、豪華な装飾品をまとう事で、建築美を表しています。1989年、世界遺産にも登録されました。

アルコバサAlcobaca: サンタ・マリア修道院 Mosteiro de Santa Maria
住所:
Monasteiro De Alcobaca, 2460-018 Alcobaca
営業時間:
09:00~19:00(10~3月は~17時)
アクセス:
バラド駅から5km、バス 20分。アルコバサ市中心
電話:
(0262)505120
料金:
大人6EUR、シニア3EUR(65歳以上)、子供無料(14歳以下)無料
定休日:
1月1日、5月1日、12月25日、聖金曜、イースター

トマール Tomar: キリスト修道院

トマールキリスト教修道院は、1983年ユネスコの世界遺産に登録されている、ポルトガルの都市にある修道院のことです。テンプル騎士団によって12世紀に建設され、解散命令がでた14世紀以降は、キリスト騎士団の管轄となりました。

出典: 4travel.jp

トマールキリスト教修道院の中で注目されている「円堂」。外側から円堂を見ると、16角形となっており、鐘楼の役割も果たしていました。円堂の内部は8角形となっていて、回廊とつながるアーチと連結されています。ロマネスク様式がふんだんに表れていて、動物と植物のモチーフは見事な描写であり、観光客の多くが訪ねています。

トマールキリスト教修道院には、騎士と修道僧のための「墓の回廊」と「サンタ・バルバラの回廊」や「ジョアン3世の回廊」といった回廊があります。時代によって様式に特徴があり、見る人を楽しませてくれます。

トマール Tomar: キリスト修道院
住所:
Colina do Castelo, Tomar, Portugal
営業時間:
09:00~18:30(10月~5月は9:00~17:30)
アクセス:
パイアルヴォ駅から。7.5km車で約15分
電話:
(249)313-481
料金:
大人6EUR、学生2.4EUR※日・祝は14:00まで無料
定休日:
1月1日、5月1日、12月25日

バターリャ Batalha: 勝利のサンタ・マリア修道院 Mosteiro de Santa Maria da Vitoria

正式名称が「勝利の聖母マリア修道院」である、バターリャ修道院。
1385年8月ポルトガル軍とスペインのカスティーリャ軍との王位継承にまつわる戦いが行われ、数的に不利なポルトガル軍が奇跡的に勝利を収め、聖母マリアに感謝したことで建てられたという由来から修道院の名前に「バターリャ(=戦い)」と表されているのです。

修道院建設は1388年に始まり、その後何人かの建築家の手が加わり、16世紀の初頭に完成されたのです。そのためデザイン的には、それぞれの建築家のアイデアと、ゴシック様式、マヌエル様式が混在して、独特な印象を与えてくれます。

回廊には見事なマヌエル様式の装飾が施されていて、観光客を魅了します。

バターリャ Batalha: 勝利のサンタ・マリア修道院 Mosteiro de Santa Maria da Vitoria
住所:
Largo De Infante D.Henrique, 2440-109, Batalha
営業時間:
09:00~18:30(10~3月は~17時)
アクセス:
ナザレからアルコバサ経由のバスで60分
電話:
(0244)765497
料金:
大人6EUR、シニア3EUR(65歳以上)
   ※日曜、祝日14時までは入場無料。シニア(65歳以上)
定休日:
1月1日、5月1日、12月25日

最後に

ゆっくりとした時間の流れが印象的な中世のたたずまいを残したリスボンは、異国なのにも関わらず、どこか親しみやすくほっとするような懐かしさがあります。修道院を訪れると、当時の生活を肌で感じることができ、建物内部には「凛」とした空気が流れています。
リスボンに行かれた際は是非魅力たっぷりの修道院も計画に入れてはいかがでしょうか?

refusing

国内旅行と写真が趣味のシニアライター。これからも日本の良さをもっとアピールしていきます。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ポルトガルのおすすめお土産15選!人気の雑貨や、お菓子など...

    見どころの多いポルトガル観光の仕上げはお土産選び。お土産を何にしようかと頭を悩ませる人も多いのでは?今回はそんな人のために、ポルトガルらしさあふれるお土産の数々をご紹介しましょう。

  • リスボンの人気お土産はこれ!スーパーで買えるおすすめのお...

    今注目を集めている旅行先の1つに「ポルトガル」があります。ユーラシア大陸の最西端に位置し、日本との交流は1543年にポルトガル人が種子島を訪れてからです。今回は、そんな日本ともなじみの深い国であるポルトガルの首都「リスボン」のスーパーで買えるお土産をご紹介いたします。

  • ポルトガル・リスボンが誇る2大市場でグルメ三昧!

    テージョ川の広大な河口に位置するリスボン。中世の街並みを路面電車が走り抜ける光景は、どこかノスタルジックな雰囲気が漂っています。リスボンのもうひとつの顔は、ヨーロッパでも指折りの食の都であること。そんなリスボンにあって、美食やグルメが楽しめる市場を2つご紹介しましょう。

  • ポルトガルの宝石ポートワイン7選!ヴィンテージものから低...

    「ポルトガルの宝石」とも称されるポートワイン。ポルトガルを語る上では欠かせない甘口の酒精強化ワインのことですが、具体的にどんな種類があるのかご存知ですか?ポートワインの味わいは甘みだけではなく、濃厚なコク、繊細な奥深さを感じるものまで多種多彩!今回はそんなポートワインの魅力についてご紹介します♪

  • ポルトガル・リスボンのスーパー&専門店で爆買せよ!ショップ4選

    ポルトガルの首都リスボンは、ついつい爆買いしてしまいそうな魅力的なお店がたくさんあります!自分用に、帰りを待っているあの人に、素敵なお土産をたくさん買って帰りませんか?今回はリスボンでショッピングが楽しめる4つのショップをご紹介します♪

  • ポルトガル・リスボンのお洒落な人気お土産ショップおすすめ4選

    近年、旅行先としてポルトガルを選ぶ人が増えています。今回はポルトガルを代表するお土産と共に、首都リスボンにあるおすすめのお土産屋さんをご紹介します♪ポルトガルへご旅行の予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください♪

このエリアの新着記事
  • 【コインブラ】長い歴史と学生の活気溢れる街!ポルトガル名...

    ポルトガル第3の街コインブラ(Coimbra)は、ヨーロッパ屈指の歴史を持つコインブラ大学を中心として栄えた、長い歴史を持つ街として知られています。コインブラ大学と共に世界遺産として登録されているアルタ地区とソフィア地区は価値のある歴史的建造物があることでも有名です。建築や歴史に興味のある方には特におすすめのコインブラで必ず訪ねたい観光スポットをご紹介します!

  • リスボンの人気おすすめホテル15選!ポルトガル観光の拠点に...

    ポルトガルの首都、リスボン。長い歴史を持つこちらの町には、たくさんの観光スポットがあります。歴史的観光名所を訪れる観光客も多く、市内にはたくさんのホテルもあります。今回は、リスボン市内にあるおすすめホテルを紹介したいと思います。

  • ポルトガル・リスボンへ行くなら!伝統歌謡ファドを聞きなが...

    ポルトガル大衆文化から生まれたファドは土地に根ざした伝統歌謡。人生を歌った哀愁のあるファド鑑賞はポルトガル旅行の醍醐味と言っても過言ではないでしょう。ポルトガルの首都リスボンで、ファドを楽しみながらお食事のできるお店をご紹介します。

  • ポルトガルは世界遺産の宝庫!必ず行くべき、おすすめの観光...

    ポルトガルは大航海時代、世界の中心となってヨーロッパを貿易で栄えた国。その時代が色濃く残る文化遺産はどれもこれもが歴史を動かした小さな国の誇りです。1つの自然遺産を含めたポルトガルの世界遺産17選をご紹介します。

  • ポルト観光はこうやって楽しむ!人気観光スポット&おすすめ...

    イベリア半島の西端、情熱の国スペインにちょこんとひっつくコバンザメのような形でその存在を保っている国、それがポルトガルである。その実態を知る日本人は意外と少なく、多くの人は世界史における大航海時代の知識を最後に時が止まっているという。ポルトガルという国を一言で表すのであれば「のんびり」という言葉がぴったりである。とりわけ第二の都市「ポルト」は、人間の脳細胞を腐敗させるほど強烈にのんびりした都市であったと筆者は記憶している。しかしながら飯もうまけりゃ酒もうまい。風情もあれば人も良い。そんな楽園都市「ポルト」

  • ポルトガル・リスボンのスーパー&専門店で爆買せよ!ショップ4選

    ポルトガルの首都リスボンは、ついつい爆買いしてしまいそうな魅力的なお店がたくさんあります!自分用に、帰りを待っているあの人に、素敵なお土産をたくさん買って帰りませんか?今回はリスボンでショッピングが楽しめる4つのショップをご紹介します♪

  • ポルトガル・リスボンが誇る2大市場でグルメ三昧!

    テージョ川の広大な河口に位置するリスボン。中世の街並みを路面電車が走り抜ける光景は、どこかノスタルジックな雰囲気が漂っています。リスボンのもうひとつの顔は、ヨーロッパでも指折りの食の都であること。そんなリスボンにあって、美食やグルメが楽しめる市場を2つご紹介しましょう。

  • ポルトガルのおすすめお土産15選!人気の雑貨や、お菓子など...

    見どころの多いポルトガル観光の仕上げはお土産選び。お土産を何にしようかと頭を悩ませる人も多いのでは?今回はそんな人のために、ポルトガルらしさあふれるお土産の数々をご紹介しましょう。

  • ポルトガル・リスボン近郊の人気観光スポットおすすめ21選!

    ポルトガルの観光といえば、首都リスボンを訪れることが多いと思いますが、リスボン近郊にも見逃せないスポットがいくつもあるのです!今回はその中から厳選して21のオススメ観光スポットをご紹介したいと思います。

  • リスボンの人気お土産はこれ!スーパーで買えるおすすめのお...

    今注目を集めている旅行先の1つに「ポルトガル」があります。ユーラシア大陸の最西端に位置し、日本との交流は1543年にポルトガル人が種子島を訪れてからです。今回は、そんな日本ともなじみの深い国であるポルトガルの首都「リスボン」のスーパーで買えるお土産をご紹介いたします。

このエリアの人気記事