ボストン地元ブランド6選!ニューイングランド地方で素敵なお土産を探そう

11,304

views

0

スニーカーといえばコンバース!アロマキャンドルといえばヤンキーキャンドル!普段何気なく使っているメーカー品は、実はボストン近郊で生まれたのものが多いというのをご存知でしたか?今回はボストン発6大ブランドと本場にあるショップも併せてご紹介します。

ダンキンドーナツ(Dunkin' Donuts)

1948年にアメリカのマサチューセッツ州にて創業して以来、世界に店舗を広げ、現在は約6000以上もの店舗を持つドーナツショップ。
海外のスイーツらしいポップでカラフルなドーナツがとっても可愛らしいです♪
1970年に日本にも初出店しましたが、残念ながら1998年に撤退となってしまいました。

ダンキンドーナツでは、ちらほら警官を見かけることが多いのですが…事件が多発?!
いえいえ、そんなことは全くなく、実は「警官が勤務中の休息として来店利用した場合は無料又は大幅な割引」というサービスがあるから!
これが元となり、アメリカの警官はよくドーナツを食べるというイメージが強くなりました。

出典: www.ign.com

店名の「Dunkin」は英語で「ミルクやコーヒーに浸す」という意味からきています。
アメリカではドーナツを浸して食べるのが主流で、映画のワンシーンから始まった風習だそうな。
その方法から開発されたこのお店のオリジナルドーナツは、浸すために持ち手部分が加えられている面白い形なんです!

発祥地となる第1号店は、マサチューセッツ州クインシーに現在もあります。
リニューアルを何度も繰り返し、1号店でも劣化していくことはなく、日々進化しながら愛され続けています。

ドーナツがメインなのはもちろんですが、人気店となった理由の1つにコーヒーの美味しさもあるのです。
ドーナツをより楽しんでもらうためにこだわりの美味しいコーヒーを提供し続け、ついにはお店のロゴになるほど自慢のメニューとなりました。

ダンキンドーナツ(Dunkin' Donuts)
住所:
543 Southerly Artery Quincy, MA
アクセス:
バス停「サザンアップマクグラスハイウェイ」から徒歩約4分
営業時間:
24時間営業
定休日:
無休
電話番号:
(+1)617 472 9502

ボールアンドバック(BALL AND BUCK)

「MADE IN USA」の男性用高級アパレルブランドです。
質の高さだけでなく、フォーマルなジャケットからアウトドア用のパーカーまで、豊富な場面に使えるファッションを提供しています。

大きな店舗はボストンのニューバリー通りに構えており、季節によってショーケースのコーディネートが変わりますが、そのセンスの良さは毎回良い意味で期待を裏切られるほど素晴らしいのです。

ハンターや釣りなどアウトドア向け商品は、世間からの注目度が高いです!
年齢に関係なく着やすいデザインが多い上に、1枚の中に機能がたっぷり備わっているという点が好評なのだとか。

ボールアンドバック(BALL AND BUCK)
住所:
144B Newbury Street Boston, MA 02116
営業時間:
11:00~20:00
アクセス:
地下鉄「コープリー駅」から徒歩約1分
定休日:
無休
電話番号:
(+1)617 262 1776

L.L.ビーン(L.L.Bean)

ボストンの隣町フリーポートにて開業したアウトドア用品のショップ。
カジュアルな洋服や生活雑貨など、家族でショッピングを楽しめるお店です♪

ボストン近郊にはデッドハムMAに店舗があります。
街中からは離れていますが、土日には車で来るファミリー層で溢れるので、混雑を避けるには平日を狙いましょう!

L.L.ビーンの売れ筋である登山用のトレッキングシューズは、スニーカーのような軽い履き心地が最高といわれています。
そしてその人気商品が大胆な宣伝カーに変身!このど迫力に圧巻!
店舗前に飾っていることが多いので、運よく会えたらお土産話用に撮影しておきましょう☆

L.L.ビーン(L.L.Bean)
住所:
340 Legacy Place Dedham, MA 02026
アクセス:
バス停「ワシントンストリート・ハーモニーヒル」から徒歩約8分
営業時間:
月-土9:00~21:00、日12:00~17:00
定休日:
無休
電話番号:
(+1)800 650 6358

ティンバーランド(Timberland)

カジュアル用品を扱うブランドで、アウトドア業界から圧倒的な人気を誇るのが革製のアウトドアブーツ!
日本でもファッションに取り入れる人は多く、世界中にティンバーランドのブーツ愛用者が存在しています。

1952年にボストンで設立。現在は、ニューハンプシャー州に本社を移動させました。
その始まりが靴屋さんだったことから、今でも靴商品をメインに新作が生み出されています。

定番のブーツだけを販売するのではなく、同じ革素材を使用したスニーカーがここ数年の新定番となってきました。
ボストン旅行の機会に日本未発売の商品を手に入れてみてはいかがでしょうか?

ティンバーランド(Timberland)
住所:
201 Newbury St Ste 4, Boston, MA 02116
アクセス:
地下鉄「コープリー駅」から徒歩約3分
営業時間:
月-火10:00~19:00、水-木10:00~18:00、金11:00~18:00、土10:00~20:00、日11:00~18:00
定休日:
無休
電話番号:
(+1)617 247 1478

コンバース(CONVERSE)

1908年にアメリカで設立という、100年以上の歴史を持つコンバース社。
改めてご紹介しなくともお分かりかと思いますが、スニーカー製造会社です。
中でもバスケットシューズの「オールスター」は発売当初から人気を博し、2000年以降は日本でもファッションに取り入れる若者が急増しました。

そのコンバース社の本社がボストンに所在しています。
やはり大手企業なだけあって、本社の規模もかなり大きいですね!
1階にはスニーカーも含めたコンバース製品のショップも併設しています。

昔からカラーバリエーションの多いスニーカーでしたが、最近は柄物やさまざまなブランドとのコラボ商品も数知れず!
これからもファッションのひとつとしてお世話になっていきたい商品ですね。

コンバース(CONVERSE)
住所:
160 N Washington St, Boston, MA 02114
アクセス:
地下鉄「ノース駅」から徒歩約3分
営業時間:
月-金10:00~19:00、土10:00~20:00、日11:00~18:00
定休日:
無休
電話番号:
(+1)617 248 9530

ヤンキーキャンドル(YANKEE CANDLE)

日本でも大流行したアロマキャンドルブーム。その火付け役となったのが、ヤンキーキャンドル社でした。
ストロベリーやアップルなどの定番のフルーツ系をはじめ、夜や海など自然をイメージしたものなど、オリジナルの香りも発売されています。

ボストン郊外に向かって車を走らせること約2時間。
サウスディアフィールドという街にあるのがヤンキーキャンドルの本社です。
横には専門の大きなショップを構えています。

見てください!この無数に並ぶキャンドルたちを!
日本でも今までこれだけのキャンドルを扱っているお店はみたことがありません。
ヤンキーキャンドルは香りの名前も特徴的ですし、お試し用の小さいものから数か月用の大きいものまで規格がありますので、選ぶところから楽しめます♪

ヤンキーキャンドル(YANKEE CANDLE)
住所:
25 Greenfield Road, South Deerfield, MA 01373
営業時間:
10:00~18:00
アクセス:
マサチューセッツ州ボストン中心部より車で約2時間
定休日:
無休
電話番号:
(+1)877 636 7707

いかがでしたか?
このボストンで生まれた6大ブランドは、もはや世界の人々に欠かせないほど大きな会社となりました。
ボストン旅行の際にはぜひ、訪れてみてくださいね♪

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ボストンのおすすめのお土産はこれ!人気のロブスターグッズ...

    旅行中の楽しみの1つといえば、その土地ならではのお土産選び!ボストンといえば、シーフードやMLBレッドソックス、ハーバード大学、ボストン美術館などが有名ですよね。今回はそれぞれにちなんだ人気のお土産をご紹介します!

  • 港町ボストン旅行で魚介類は外せない!おすすめシーフードレ...

    港町ボストンと言えば、ロブスター、牡蠣、クラムチャウダーと美味しいシーフードのメッカです。カジュアルからフォーマルまで、用途に応じたシーフードの名店が街中に軒を連ねています。爽やかな潮風と海辺の風景は、料理の味を一層引き立ててくれます。今回は、ボストンを訪れた時に立ち寄って欲しい、おすすめのシーフード料理店5選をご紹介します!

  • ボストン土産をゲットしたい!職場に!お友達に!おすすめ4選

    友人や家族、同僚にお土産を買わなければいけなくなったとき、空港で買うととてつもなく高い値段になってしまうことってありますよね。今回は、ボストン市内で格安にお土産が買える現地のお店や、職場で配りやすいバラマキ系まで!オススメお土産グッズを紹介します。

  • ボストン地元ブランド6選!ニューイングランド地方で素敵なお...

    スニーカーといえばコンバース!アロマキャンドルといえばヤンキーキャンドル!普段何気なく使っているメーカー品は、実はボストン近郊で生まれたのものが多いというのをご存知でしたか?今回はボストン発6大ブランドと本場にあるショップも併せてご紹介します。

  • ボストン・ニューベリーストリートでおすすめのアパレル&カ...

    ボストンで一番の繁華街、ニューベリーストリート。オシャレでハイセンスなお店が並び、賑やかでありながら重厚な街並みが気品ある景観を作り出しています。ここに来ればショッピングもグルメも、すべてを満喫することができます!そして、通りをそぞろ歩きするだけでも気分がワクワクしてきます。そんなニューベリーストリートで是非、立ち寄って欲しい話題のお店についてご紹介していきます!

  • ボストンで絶対買いたいご当地発祥ブランド4選!お土産にも最適♪

    マサチューセッツ州の州都ボストン。英国植民地時代の面影を色濃く残す歴史ある街並みは素晴らしく、観光客に大人気の街。そんな歴史あるボストンから多くの素晴らしいブランドが生まれました。その中で厳選して4つご紹介します♪

このエリアの新着記事
  • ボストンで絶対買いたいご当地発祥ブランド4選!お土産にも最適♪

    マサチューセッツ州の州都ボストン。英国植民地時代の面影を色濃く残す歴史ある街並みは素晴らしく、観光客に大人気の街。そんな歴史あるボストンから多くの素晴らしいブランドが生まれました。その中で厳選して4つご紹介します♪

  • ボストンでの人気ショッピングモール&アウトレットモールは...

    どこへ旅行してもお買い物は楽しいですが、実はボストンがあるマサチューセッツ州はで$175以下の衣料品には消費税が掛からないのです。アメリカ旅行でショッピングを楽しむなら、ボストン近郊のお店へGO!今回はお得にショッピングを楽しめるショッピングモール、アウトレットモールをご紹介します。

  • ボストン・ニューベリーストリートでおすすめのアパレル&カ...

    ボストンで一番の繁華街、ニューベリーストリート。オシャレでハイセンスなお店が並び、賑やかでありながら重厚な街並みが気品ある景観を作り出しています。ここに来ればショッピングもグルメも、すべてを満喫することができます!そして、通りをそぞろ歩きするだけでも気分がワクワクしてきます。そんなニューベリーストリートで是非、立ち寄って欲しい話題のお店についてご紹介していきます!

  • 港町ボストン旅行で魚介類は外せない!おすすめシーフードレ...

    港町ボストンと言えば、ロブスター、牡蠣、クラムチャウダーと美味しいシーフードのメッカです。カジュアルからフォーマルまで、用途に応じたシーフードの名店が街中に軒を連ねています。爽やかな潮風と海辺の風景は、料理の味を一層引き立ててくれます。今回は、ボストンを訪れた時に立ち寄って欲しい、おすすめのシーフード料理店5選をご紹介します!

  • ボストンのおすすめのお土産はこれ!人気のロブスターグッズ...

    旅行中の楽しみの1つといえば、その土地ならではのお土産選び!ボストンといえば、シーフードやMLBレッドソックス、ハーバード大学、ボストン美術館などが有名ですよね。今回はそれぞれにちなんだ人気のお土産をご紹介します!

  • ボストンの観光スポットおすすめ15選!歴史と文化の人気スポ...

    アメリカの東海岸にあるボストン。アメリカの中でも最も歴史がある観光都市の一つで、独立戦争にまつわる史跡も多く残されています。ここではそんなボストンの観光スポットを紹介しましょう。

  • ボストン土産をゲットしたい!職場に!お友達に!おすすめ4選

    友人や家族、同僚にお土産を買わなければいけなくなったとき、空港で買うととてつもなく高い値段になってしまうことってありますよね。今回は、ボストン市内で格安にお土産が買える現地のお店や、職場で配りやすいバラマキ系まで!オススメお土産グッズを紹介します。

  • ホエールウォッチングとダックツアーでボストンを100倍楽しみ...

    ボストンに行ったら、ワイルドなアクティビティに参加してみませんか?巨大なザトウクジラを見に行く「ホエールウォッチ」や、水陸両用車で観光名所を巡ったあとに川下りを楽しむ「ダックツアー」は大変人気です。心に残る体験になること間違いなしですよ!

  • アメリカ・ボストン・ウォーターフロント&ボストンハーバー...

    アメリカ東海岸のボストンといえばハーバード大学などの有名な大学が集まる学術的なエリアです。その一方で港町としても知られており、高層ビルを見渡せるウォーターフロントには美術館や博物館が点在しているのです。今回はウォーターフロントで教養を深めることができる4つのスポットをご紹介します!

  • ボストン観光に便利な移動手段4選【地下鉄・バス・タクシー・...

    アメリカの都市の中でも交通機関が充実しているボストン。車社会のイメージがあるアメリカですが、街中から郊外まで公共交通機関が行き届いているのは珍しいです。旅行の移動手段にもとっても便利なボストンの公共交通機関をまとめてみました。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事