ボストンからプリマス観光の小旅行へ!アメリカはここから始まった!

5,443

views

0

ボストン南部の街プリマスは、イギリスの清教徒であるピルグリム・ファザーズ(巡礼始祖)が入植したことから、アメリカの故郷と呼ばれています。古いアメリカの歴史に触れられる人気の観光地です。今回は、そんなプリマスの小旅行にピッタリの4つのスポットをご紹介します!

プリマスロック

1620年12月12日にメイフラワー号に乗船した清教徒ピルグリム・ファザーズ(巡礼始祖)が上陸した場所を記したとされる岩がプリマスロックです。この岩がアメリカの始まりの象徴となっています。

見た目は何の変哲もない岩ですが、その表面には1620の文字が彫られています。プリマスロックは何度かその場所が移動されましたが、その時にできた亀裂などもそのまま残されているのです。
現在は海岸沿いに建つ神殿風の建物に置かれています。

清教徒たちがここに到着してからは悪天候で家を建てることができず、半年ほど船内で暮らしていました。
食料も尽き、春に上陸できるまでここで苦しい生活をしていたという歴史を知ってからプリマスロックを見ると、見え方が変わるのではないでしょうか。

プリマスロック(Plymouth Rock)
住所:
79 Water Street, Plymouth (Pilgrim Memorial State Park内)
アクセス:
ボストンから車で約52分

メイフラワー号

イギリス国教会の弾圧を受け、イギリスのプリマスを旅立った清教徒たちが乗り込んだ船がメイフラワー号です。
第二次世界大戦後、メイフラワー号での航海を再現するためにメイフラワー2世号が造られました。

現在プリマスの港に泊まっているのは、メイフラワー号の航海を再現するため、1957年の春にイギリスのプリマスを出港し、同年6月に無事ボストンのプリマスへ到着したメイフラワー2世号です。

現在メイフラワー2世号は博物館として公開されています。
船内のスタッフは16世紀当時の服装に身を包み、船の仕組みや入植当時の様子などを、当時使われていたイギリス英語で詳しく説明してくれるのです!

メイフラワー2世号(Mayflower2)
住所:
Plimoth Plantation 137 Warren Avenue Plymouth, MA 02360(プリマス・プランテーション内)
アクセス:
ボストンから車で約55分
営業時間:
9:00~17:00
定休日:
無し
電話番号:
+1 508-746-1622
入場料:
大人$31.00、子ども(5~12歳)$19.95、シニア$28.00※4歳以下無料
※プリマス・プランテーションとのコンビネーションチケット

イーストベイグリル

プリマスの海を見ながら美味しい料理を楽しめるのは、グリルレストラン「イーストベイグリル」です。メニューは肉類やシーフード、パスタにサラダ、サンドイッチと豊富に揃っています。

晴れた日はデッキスペースで食事ができます。潮風を感じながらの食事は、さらに美味しく感じられでしょう。
バーもありますのでアルコール類の種類も豊富ですよ。

イーストベイグリル(East Bay Grill)
住所:
173 Water Street, Plymouth, MA 02360
アクセス:
ボストンから車で約50分
営業時間:
ランチ11:00~16:00、ディナー16:00~22:30、サンデーブランチ11:00~14:00
定休日:
無し
電話番号:
+1 508-746-9751

プリマス・プランテーション

屋外博物館のプリマス・プランテーションは、入植者たちが作った村「ピルグリムビレッジ」や先住民族の集落が再現されています。
一歩足を踏み入れると、まるで入植当時にタイムスリップしたようです。

ピルグリムビレッジに再現された住居には、当時の服装をしたスタッフが常駐しています。
スタッフそれぞれに設定があり、当時の人々になりきってイギリス英語で日々の暮らしの様子を説明してくれるのです。

敷地内にはクラフトセンターがあり、陶器や家具、レースなどの伝統的な工芸品の製造過程を見ることができます。
クラフトセンターは入植当時の技術を保存する役割も果たしているのです。

クラフトセンターで作られた陶器や家具は、プリマス・プランテーション入口の建物にあるショップで購入することもできます。
他にも品ぞろえが豊富なので、お土産などはこちらで購入するのがオススメです!

プリマス・プランテーション(Plimoth Plantation)
住所:
137 Warren Avenue Plymouth, MA 02360
アクセス:
ボストンから車で約55分
営業時間:
9:00~17:00
定休日:
無し
電話番号:
+1 508-746-1622
入場料:
大人$31.00、子ども(5~12歳)$19.95、シニア$28.00※4歳以下無料
※メイフラワー2世号とのコンビネーションチケット

いかがでしたか?港町プリマスではアメリカのはじまりを見ることができます。
ボストンから1時間ほどで行けますので、ぜひプリマスにも立ち寄ってみませんか?

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ボストンのおすすめのお土産はこれ!人気のロブスターグッズ...

    旅行中の楽しみの1つといえば、その土地ならではのお土産選び!ボストンといえば、シーフードやMLBレッドソックス、ハーバード大学、ボストン美術館などが有名ですよね。今回はそれぞれにちなんだ人気のお土産をご紹介します!

  • 港町ボストン旅行で魚介類は外せない!おすすめシーフードレ...

    港町ボストンと言えば、ロブスター、牡蠣、クラムチャウダーと美味しいシーフードのメッカです。カジュアルからフォーマルまで、用途に応じたシーフードの名店が街中に軒を連ねています。爽やかな潮風と海辺の風景は、料理の味を一層引き立ててくれます。今回は、ボストンを訪れた時に立ち寄って欲しい、おすすめのシーフード料理店5選をご紹介します!

  • ボストンでの人気ショッピングモール&アウトレットモールは...

    どこへ旅行してもお買い物は楽しいですが、実はボストンがあるマサチューセッツ州はで$175以下の衣料品には消費税が掛からないのです。アメリカ旅行でショッピングを楽しむなら、ボストン近郊のお店へGO!今回はお得にショッピングを楽しめるショッピングモール、アウトレットモールをご紹介します。

  • ボストン土産をゲットしたい!職場に!お友達に!おすすめ4選

    友人や家族、同僚にお土産を買わなければいけなくなったとき、空港で買うととてつもなく高い値段になってしまうことってありますよね。今回は、ボストン市内で格安にお土産が買える現地のお店や、職場で配りやすいバラマキ系まで!オススメお土産グッズを紹介します。

  • ボストン地元ブランド6選!ニューイングランド地方で素敵なお...

    スニーカーといえばコンバース!アロマキャンドルといえばヤンキーキャンドル!普段何気なく使っているメーカー品は、実はボストン近郊で生まれたのものが多いというのをご存知でしたか?今回はボストン発6大ブランドと本場にあるショップも併せてご紹介します。

  • ボストンで絶対買いたいご当地発祥ブランド4選!お土産にも最適♪

    マサチューセッツ州の州都ボストン。英国植民地時代の面影を色濃く残す歴史ある街並みは素晴らしく、観光客に大人気の街。そんな歴史あるボストンから多くの素晴らしいブランドが生まれました。その中で厳選して4つご紹介します♪

このエリアの新着記事
  • ボストンおすすめカフェ4選!疲れたら立ち寄りたいスポット♪...

    ボストンはレトロな街並みと近代的な建物が調和する街です。観光スポットも多く、歴史的建造物や美術館など多岐に渡ります。見どころが多いのでボストンの観光は街歩きがオススメですが、歩きっぱなしでは疲れてしまいますよね。今回は街歩きの休憩スポットとして立ち寄りたいカフェ4店をご紹介します!

  • ボストンの2大人気市場「クインシー&ヘイマーケット」でロ...

    ボストンには地元の人々から圧倒的な支持を得ているマーケットがいくつかあります。今回はボストンっ子が特に大好きな2か所をご紹介します♪

  • ボストンが世界に誇るミュージックイベント特集!音楽ファン...

    皆様、ミュージックイベントと聞いてどのような音楽のイベントを想像しますか?ポップス、ロック、クラシック、ジャズ、答えているとキリがないほど色々なジャンルがありますよね。今回は皆様も知っているであろう日本の巨匠であるあの方が指揮をしていたオーケストラと、夏にオススメのミュージックイベントをご紹介します。

  • アメリカ・ボストン旅行ケンブリッジのおすすめホテル3選!ボ...

    アメリカのマサチューセッツ州東部にあるボストンと対岸に位置するケンブリッジは金融や大学の中心地として有名です。伝統的な建物や手入れの行き届いた街路樹が美しく、多くの観光名所も混在しています。ボストンはアメリカで最も古く歴史のある町でもあり、魅力がある景観が多いので、ゆったりステイ出来るおすすめのホテルを紹介します。

  • ボストンの街でフリーダムトレイルを歩く!おすすめ観光スポット

    皆さんは海外旅行に行くと、どのように観光地をまわるでしょうか?バス・タクシー・鉄道…いろいろありますが、今回はボストンでフリーダムトレイルを使っての街歩きをご紹介します!徒歩ならではの観光をお楽しみください。

  • 【ボストン・バックベイ】高級ホテルスイートルームまとめ

    「旅行代金を安くしたい!」「目的地近くのホテルでいい!」など、旅行の計画で毎回ホテルの内容を気にせず予約していませんか?もちろん今までの条件も大事ですが、ホテルの選択にもっとこだわりを持ってみると旅行の質が変わるのです!今回は、アメリカ・ボストンにあるバックベイで質の高いホテル3つのスイートルームをご紹介します。

  • 米東海岸ボストンのバックベイエリアおすすめスポット8選!古...

    ボストン「バックベイ」地区は赤茶色のブラウンストーン建築が美しく、洗練された街並みです。誰もが憧れる古き良きアメリカの建物がそこにあります!そんな歴史と優れた感性に彩られた「バックベイ」エリアのおすすめスポットをご紹介していきます。賑やかな観光地とはまた一線を画す趣きのある名所は、どれもゆっくり時間をかけて見て回りたい場所ばかりです。

  • アメリカ・ボストン美術館の見どころまとめ!紀元前の美術作...

    アメリカのボストン美術館は50万点もの収蔵品を抱える美術館です。もちろん全米を代表する美術館なのでさまざまな見逃せない展示品がありますが、今回触れてみたいのは紀元前の芸術。2000年以上も昔に人類が創り出した宝です。そのすばらしさに触れてみませんか?

  • ボストンのスポーツ&音楽主要イベントチェック!ボストンの...

    みなさんはボストンがスポーツや音楽で有名な場所であるのを知っていましたか?4大プロスポーツのチームがあったり、有名な交響楽団が活動していたり…。今回はボストンの観光地めぐりとはちょっと違う楽しみ方をご紹介します!

  • ボストン近郊のコンコードを愛した代表作家たち!ボストンか...

    ボストン北部の街コンコードは、アメリカを代表する文学者が暮らしていたことで有名な街です。自然が多いのどかな街ですが、ゆかりのある4人の文学者について知ってから訪れると「文学の街」としても楽しむことができますよ。ボストンから日帰りでショートトリップしてみませんか?

このエリアの人気記事
新着記事