知らなきゃ損!ニューヨークの無料で入れる美術館・博物館4選

1,064

views

0

ニューヨーク観光は、お金がかかります。美術館、博物館なども同様。でも、無料で入れる日があるのです。浮いたお金でディナーでもいかがですか?

物価の高いニューヨーク

ニューヨークは、常に物価高世界ランキングベスト10に入る街。特にマンハッタンの物価は驚くほどです。観光地の入場料も料金通りに払うと、かなりの額になってしまいます。
でも、無料で美術館、博物館などに入場できる方法があるのをご存じですか?

ニューヨークは美術館、博物館の宝庫

ニューヨークでは、かなりの美術館、博物館、植物園、動物園などで、無料デーあるいは任意料金を設定しています。

アメリカ民芸博物館では、金曜日の17:30~19:30、
ブルックリン美術館では、第1土曜日の17:00~23:00など。
ホイットニー美術館のように、金曜日の19:00~22:00は任意料金という場所もあります。

ニューヨーク近代美術館”MoMA” ユニクロ フリーフライデーナイト

ニューヨーク近代美術館、通称 MoMA(モマ)の入館料は通常25ドル。
以前から毎週金曜日だけ、16:00~20:00まで無料でした。

2013年5月からユニクロがそのプログラムを引き継ぎ、新しくスポンサーとなりました。
名付けて『ユニクロ フリー フライデー ナイト』!

無料とあって16:00前後は長蛇の列。
17:30頃に入場すると、それほど待たずに済みます。20:00まで、ゆっくり鑑賞できますよ。

フライデーナイトの入場のポイント。

できれば荷物は小さめのバッグ一つで。大きめの荷物はクロークに預けなければならず、そちらの列に並ばなくてはなりません。
カメラを忘れずに!フラッシュなしであれば作品が撮影できます。日本じゃ考えられないですね。

MoMAは素晴らしい作品の宝庫。
各フロアごとに、版画、建築、デザイン、写真、絵画などに分かれています。

5階には、ゴッホ、ダリ、ピカソ、モネなど、どこかで見たことのある絵が至るところに。
こんな風に本物の素晴らしい絵を、しかも無料で見ることができます。
ユニクロに感謝ですね。

The Museum of Modern Art (MoMA.近代美術館)
住所:
11 West 53rd Street New York, NY 10019
営業時間:
10:30~17:30
※金曜のみ 10:
30〜20:00(16:00より無料)
アクセス:
地下鉄7th Ave-53St駅下車して徒歩5分。
定休日:
サンクスギビングディとクリスマス。
電話番号:
212-708-9400
料金:
一般 25ドル 65歳以上 18ドル 学生 14ドル
※16歳以下は無料。金曜の午後4時以降無料。

ユダヤ博物館(Jewish Museum)

もともとは大富豪の邸宅だったそうです。1908年に建てられた重厚で美しい建築物。
1944年にユダヤ博物館に寄贈されました。

ユダヤの文化、歴史、アート、宗教関係など、素晴らしいコレクションが充実。

中はとても素敵に飾られています。
土曜日の無料開放日なのに、近代美術館のように混み合わないのも魅力。
普段接することのない、異文化に触れることのできる博物館です。

ハヌカというお祭りに使用する燭台など。装飾品は細かくデザインされた美しい物ばかり。

ユダヤ博物館( Jewish Museum )
住所:
1109 Fifth Avenue at 92nd Street New York NY 10128
営業時間:
11:00~17:45
※木曜のみ 11:
00〜20:00
アクセス:
地下鉄6線 96th St駅下車して徒歩8分。
定休日:
水曜日 ユダヤ系の祝日
電話番号:
212-423-3200
料金:
一般 15ドル 65歳以上 12ドル 学生 7.5ドル
※18歳以下 無料。木曜日の午後5時以降は好きな金額を払う。土曜日無料。

ニューヨーク市立図書館

重厚な外観に驚きです。もちろん図書館ですから、いつでも無料。
しかも市民だけではなく、観光客も自由に入れて見学できます。

映画『 スパイダーマン』や『ゴースト バスターズ』、テレビドラマ『セックス アンド ザ シティ』などのロケ地としても有名です。

中も豪華で素晴らしく圧倒されます。こんなところで本を読めるなんて幸せですね。

毎日、英語無料ツアーが11時からあり、見どころを案内してくれます。予約は必要ありません。
写真撮影はフラッシュなしであれば大丈夫です。

ニューヨーク市立図書館 (New York Public Library)
住所:
Fifth Avenue and 42nd Street New York, NY
営業時間:
10:00~18:00
営業時間:
10:00~18:00
※火曜と金曜のみ10:
00〜20:00
アクセス:
地下鉄5Av駅から徒歩1分。
休館日:
日曜日
電話番号:
917-275-6975
料金:
無料

セントパトリック大聖堂

ニューヨークの賑やかな五番街にあるセントパトリック大聖堂。アメリカ最大のカトリック教会。
多くの映画のシーンに登場する、ゴシックの荘厳な外観が目を引きます。中を自由に見学でき、美しいステンドグラスにうっとり。

セキュリティチェックを受けて中へ。賑やかな五番街の中にあるとは思えません。
アーチ型の高い天井に感動!

7000本以上あるパイプオルガンは必見!運が良ければ、荘厳な音色が聴けますよ。
至るところにステンドグラスが散りばめてあり、別世界に来たようです。

セントパトリック大聖堂(The Cathedral of Saint Patrick)
住所:
50th Street. Fifth Avenue
営業時間:
8:30~20:00
アクセス:
地下鉄 5th Av/53rd St 駅から徒歩5分
定休日:
なし
電話番号:
212-753-2261
料金:
無料

最後に

いかがでしたか。ミュージカルや食事など、何かとお金がかかるニューヨーク。
是非、無料開放の日を利用して、気軽に芸術に親しみましょう!

Gerbera

子育ても終わり、自分の時間が持てるようになりました。孫達と遊ぶ事と旅行が最も楽しいこと。

シニアの目線で自分の写真も使い、旅先をご紹介していきたいと思います。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • NYきってのおしゃれスポット!NYエリア別ガイド~ソーホー&...

    NYでショッピングを楽しむなら、ソーホー地区、ノリータ地区がおすすめです!高級ショップはもちろん、生活雑貨やセレクトショップまで買い物心を刺激されるお店がたくさんあります。週末は必ず買い物客で賑わうほど人気の高いこの地区を最高に楽しむためのガイドを作りました!

  • 映画『プラダを着た悪魔』のロケ地をめぐってニューヨークへ...

    オシャレで元気になれる映画『プラダを着た悪魔』。高級ブランド服に身を包んだ出演陣、センスの良い台詞回し、実際にこの目で見たくなるニューヨークの街並み。どれも女子のツボにはまるものばかりです。そんな『プラダを着た悪魔』のロケ地になったニューヨークのスポットを紹介します。

  • ブランド品が半額以下!ニューヨークでの激安ショッピングな...

    「良いものを安く手に入れたい!」そんな賢くおしゃれなあなたの願望をかなえてくれる。それがここ、ニューヨークです。大胆にハンバーガーを食べて、ゴージャスな夜景を眺めて…そしてもちろん、パワフルにショッピング!今回は流行の発信地ニューヨークから大人気ディスカウントショップをご紹介。品質、価格、規模、あなたをがっかりさせるなんてありえません!

  • NYの最先端おしゃれカフェ11選!ニューヨーカー御用達のくつ...

    ファッションやライフスタイルにこだわりをもった、お洒落な人たちが多い街として世界で広く知られているニューヨーク。そんな彼らご用達のお店やテレビや映画でおなじみのお店を紹介します!これであなたもニューヨーカー気分になれるかも!?

  • 憧れ映画のロケ地へ!ニューヨークでお気に入り映画に思いを

    NYといえば映画のロケ地として有名ですよね。さまざまな映画のシーンがここNYで撮影されました。 NYは有名スポットなので同じ場所で違う映画が撮影されていたなんてこともあるでしょう。 今回は、NYで映画の世界に浸りながら有名なロケ地を紹介したいと思います。

  • ニューヨーク・ダンボ地区のおすすめスポット7選がおしゃれす...

    マンハッタン島とはイースト川を挟んでお隣の地区「Down Under the Manhattan Bridge Overpath」。頭文字からダンボ(DUMBO)と呼ばれるそこは、マンハッタンの橋の下という意味で元々は静かで素敵なレンガ造りの倉庫街。現在では倉庫を改造して、アートギャラリーやヴィンテージのロフト、アパートとなっていて、小さい素敵なお店やアーティストがいっぱい!

このエリアの新着記事
このエリアの人気記事