ブラックカルチャーを堪能!NYエリア別ガイド~ハーレム~

4,830

views

0

アフリカ系アメリカ人が多く住んでいることで有名なニューヨークのハーレム地区。基本的には住宅街となっていて、旅行者などには見逃されがちですが、実際には本場のゴスペルをはじめブラックカルチャーの熱いソウルで満ち溢れています。そんなハーレム地区の歩き方を今回は徹底的にご紹介しちゃいますよ!

ハーレムって?

ハーレムはガイドブックなどではあまり勧められておらず、旅行者などには見逃されがち。しかし今では続々と再開発が進み、新しいお店やレストランなどが次々とオープンしています。一度行ってしまえば、そこは熱いソウルに満ち溢れた格別の観光スポットです。他のエリアでは味わえないような興奮と感動を是非味わってみませんか?

アポロ・シアター(The Apollo Theater)

毎年130万人が訪れる、アメリカでも著名なクラブとして人気が高いアポロ・シアター。ハーレムという場所柄、アフリカ系アメリカ人のアーティストの出演が多い傾向にあります。過去には数多くのビッグアーティストがここから巣立っていきました。毎週水曜日に行われるプロへの登竜門「アマチュアナイト」は必見です。

出典:youtube

こちらはアポロ・シアターのプロモーションです。

アポロ・シアター(The Apollo Theater)
住所:
253 West 125th Street ,New York, NY U.S.A. 10027
営業時間:
公演内容により異なる、アマチュアナイトは毎週水曜日19:30~より
アクセス:
地下鉄A/B/C/D線125丁目(125th Street)駅より徒歩約5分
定休日:
なし
電話番号:
212-531-5300
料金:
アマチュアナイトは一階席$55~、二階席$45~
公式ホームページ:
https://www.apollotheater.org/

サヴォイ・ボールルーム跡地 (Savoy Ballroom)

かつてはスウィングの発展に貢献し、1926年3月12日のオープン以来多くの来場客が訪れたサヴォイ・ボールルーム。1958年7月にはその歴史に幕を閉じ、スウィングを愛するダンサーやアーティストたちのもと、記念碑が建てられました。現在では公団住宅となったこの跡地を訪れれば、長い歴史を感じることができるかもしれません。

サヴォイ・ボールルーム跡地(Savoy Ballroom Plaque)
住所:
596 Malcom X Blvd (140 & 141 St) ,New York
営業時間:
なし
アクセス:
地下鉄2線135丁目(135 St)駅、3線145丁目(145 St)駅より徒歩約5分、
定休日:
なし
料金:
無料
記念費設立プロジェクトのホームページ:
http://www.savoyplaque.org/index.htm

ビッグ・エルの壁画(Big L Memorial Mural)

1999年に24歳という若さで無くなったD.I.T.C.のメンバー、ビッグ・Lをモチーフとした壁画。日本やヨーロッパなどでは今だ根強い人気を誇り、その影響力の高さを伺い知れます。

出典:youtube

こちらはD.I.T.Cの名曲、Thick。ビッグ・Lのラップが冴える!

ビッグ・エルの壁画(Big L Memorial Mural)
住所:
104 W 140th St. ,New York
アクセス:
地下鉄2・3線135丁目(135Th St)駅から徒歩5分
定休日:
なし
料金:
無料

ストライバーズ・ロウ(Strivers Row)

ストライバーズ・ロウは100年以上前に建てられた歴史ある高級住宅街の総称です。現在でも人が住んでおり、大切に使用されて来たことが伺えます。

ストライバーズ・ロウ(Strivers Row)
住所:
W 138 and 139 St (Adam Clayton Powell Jr. Bivd and Frederick Douglass Blvd) ,New Yor
営業時間:
なし
アクセス:
地下鉄B,C線135丁目(135 St)駅から徒歩5分

メモリアル・バプティスト教会(Memorial Baptist Church)

ハーレムに来たらやっぱり本場のゴスペルを聴いてみたいとは思いませんか?メモリアル・バプティスト教会
は観光客も礼拝OKな大型教会のひとつ。人気が高いので礼拝がある日は大勢のお客さんが訪れ、人数制限で入れないなんてことも。早めに行かれることをおススメします!

メモリアル・バプティスト教会(Memorial Baptist Church)
住所:
141 W 115th St, New York, NY 10026
営業時間:
日曜礼拝 10:45
アクセス:
地下鉄2/3/B/C 116th Stより徒歩4分
定休日:
なし
電話番号:
1-212-663-8830
料金:
入場無料(礼拝中は献金皿が回ってくるので小額紙幣の用意を!)

ハーレム・スタジオ美術館(The Studio Museum in Harlem)

ハーレムスタジオ美術館ではアフリカ系のアーティストの作品のみを取り扱っています。

現代でもアートの分野では白人アーティストが主導権を握っている現実があります。そんな状況に対抗するため、より一層ブラックアートを世に広めていこうという目的でこの美術館は開館しました。決して大きな美術館ではありませんが、見応えある作品ばかり展示しており充実した時間を過ごせます。

ハーレム・スタジオ美術館(The Studio Museum in Harlem)
住所:
144 W. 125th Street, New York, NY 10027
営業時間:
木・金/12:00-21:00、土10:00-18:00、日12:00-18:00
アクセス:
地下鉄2号125Stより徒歩2分
定休日:
月曜日~水曜日、感謝祭、クリスマス、元旦、メモリアルデイ、その他大きな祝日など
電話番号:
212-864-4500
料金:
大人$7、シニア・学生$3、12歳未満無料、毎週日曜日無料

ションバーグ黒人文化研究センター(Schomburg Center for Research in Black Culture)

出典: www.nypl.org

出典: www.nypl.org

黒人文化に関する書物なら全米で最も充実しているこのセンター。ギフトショップや学習室なども充実しており、じっくりと調べものをしながら過ごせます。入場料無料なのも嬉しいポイント。イベントも定期的に行われているのでセンター内は溢れていますよ。

ションパーグ黒人文化研究センター(Schomburg Center for Research in Black Culture)
住所:
515 Malcolm X Blvd. (135 St) ,New York
営業時間:
10:00~20:00/金・土10:00~18:00
アクセス:
地下鉄2,3線 135St.より徒歩3分
定休日:
日曜日・月曜日
電話番号:
(212)4912200
料金:
無料

ハーレム・アンダーグラウンド(Harlem Underground)

出典: www.nycgo.com

ブラックカルチャーをファッションの面からも楽しみたいならハーレム・アンダーグラウンドへ!!

出典: www.nycgo.com

店内にはマイケルジャクソンやオバマ大統領など、有名な黒人の方をモチーフにしたカラフルなファッションアイテムがずらり!デザインにもこだわって作られたアイテムはどれもクールです!

ハーレム・アンダーグラウンド(Harlem Underground)
住所:
20 E 125 St. (Madison & 5 Ave) ,New York
営業時間:
10:00~19:00/金・土10:00~20:00/日12:00~18:00
アクセス:
地下鉄2.3線 125Stより徒歩3分
定休日:
なし
電話番号:
(212)9879385

NYステート・オフィスビル前((NY State office Building))

1941年に黒人初の下院議員となったアダム・クレイトン・パウエルJr.。公民権運動の立役者となったり、ハーレムホスピタルの建設に尽力したりといった彼の数々の偉業をたたえて、ハーレム一番の高さを誇るこのビルには彼の名前がついています。ビル前には銅像もあり、ここに来れば彼の影響力の高さがよくわかります。

NYステート・オフィスビル前(NY State office Building)
住所:
Adam Clayton Powell Jr State Office Bldg, New York, NY 1002
アクセス:
地下鉄1線 145Stより徒歩3分、地下鉄A.C線 145Stより徒歩5分

レッド・ルースター(Red Rooster)

観光地を思う存分楽しんだ後は、ファッショナブルなレストランでおいしい料理を食べましょう!

アポロ・シアターのすぐ隣にオープンしたレッド・ルースターでは、スウェーデンに料理にアフリカンとアメリカンをミックスしたという新感覚の料理が楽しめます。スウェーデン育ちのオーナー・シェフが作る料理はどれも格別ですよ!

レッド・ルースター(Red Rooster)
住所:
310 Lenox Avenue NY 10027
営業時間:
月-木11:30~15:30 16:30~22:30/金11:30~15:30 16:30 - 23:30/土10:00~15:00 16:30~23:30/日10:00~15:00 16:30~22:00
アクセス:
地下鉄2,3線 125Stより徒歩3分
定休日:
なし
電話番号:
(212) 792-9001
料金:
$30~$60

アイランド・サラダ(Island Salad)

こちらはその名の通りヘルシーなサラダ料理が楽しめる専門店アイランド・サラダ。

出典: www.nycgo.com

レタスやトッピング、ドレッシングなどその場で好きなサラダを作ってもらうことができます。その他サンドイッチやスープなども充実しており、軽く食事をとりたい方にもおすすめですよ。

アイランド・サラダ(Island Salad)
住所:
22 E. 125 St. (Madison & 5Ave) ,New York
営業時間:
10:00~20:00/土11:00~20:00/日12:00~18:00
アクセス:
地下鉄2, 3線125Stより徒歩5分
定休日:
なし
電話番号:
(212)8603000
料金:
サラダ$7~$8

いかがだったでしょうか?歴史を感じるスポットからおいしいレストランまで、実は隠れた名スポットがた~くさんあるハーレム地区。このガイドを見たことで、あなたのハーレムに対する意識が変わったなら嬉しい限りです!今回ご紹介したハーレム地区、是非行ってみてくださいね!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 映画『プラダを着た悪魔』のロケ地をめぐってニューヨークへ...

    オシャレで元気になれる映画『プラダを着た悪魔』。高級ブランド服に身を包んだ出演陣、センスの良い台詞回し、実際にこの目で見たくなるニューヨークの街並み。どれも女子のツボにはまるものばかりです。そんな『プラダを着た悪魔』のロケ地になったニューヨークのスポットを紹介します。

  • ブランド品が半額以下!ニューヨークでの激安ショッピングな...

    「良いものを安く手に入れたい!」そんな賢くおしゃれなあなたの願望をかなえてくれる。それがここ、ニューヨークです。大胆にハンバーガーを食べて、ゴージャスな夜景を眺めて…そしてもちろん、パワフルにショッピング!今回は流行の発信地ニューヨークから大人気ディスカウントショップをご紹介。品質、価格、規模、あなたをがっかりさせるなんてありえません!

  • NYきってのおしゃれスポット!NYエリア別ガイド~ソーホー&...

    NYでショッピングを楽しむなら、ソーホー地区、ノリータ地区がおすすめです!高級ショップはもちろん、生活雑貨やセレクトショップまで買い物心を刺激されるお店がたくさんあります。週末は必ず買い物客で賑わうほど人気の高いこの地区を最高に楽しむためのガイドを作りました!

  • ニューヨークのお土産15選!人気のオススメお土産をご紹介

    世界から多くの方が訪れるニューヨーク。販売される物は、リーズナブルでハイクラス!素敵なお店ばかりでニューヨークのお土産選びは楽しめるので良い思い出になること間違いなし。自慢して渡せるニューヨークのお土産をご紹介します。限定品も見逃せませんよ。

  • NYの最先端おしゃれカフェ11選!ニューヨーカー御用達のくつ...

    ファッションやライフスタイルにこだわりをもった、お洒落な人たちが多い街として世界で広く知られているニューヨーク。そんな彼らご用達のお店やテレビや映画でおなじみのお店を紹介します!これであなたもニューヨーカー気分になれるかも!?

  • 憧れ映画のロケ地へ!ニューヨークでお気に入り映画に思いを

    NYといえば映画のロケ地として有名ですよね。さまざまな映画のシーンがここNYで撮影されました。 NYは有名スポットなので同じ場所で違う映画が撮影されていたなんてこともあるでしょう。 今回は、NYで映画の世界に浸りながら有名なロケ地を紹介したいと思います。

このエリアの新着記事
このエリアの人気記事
新着記事