イタリア・ローマ旅行なら絶対行くべき人気定番観光スポット6選!

4,572

views

0

憧れのヨーロッパ旅行、中でも代表的な人気都市の一つがイタリアの首都ローマ。古代から栄え、遺跡が多く残るこの街には数多くの見どころがあります。これらはすべて訪れるべき必見スポットばかりですが、時間に限りのある滞在の場合は綿密な計画を練る必要がありますね。そんな時にぜひ参考にしていただきたい、ローマ観光超必見スポットをご紹介します。

1.ヴァチカン市国、サンピエトロ大聖堂

ヴァチカン市国は、ローマ市内にある、ローマ法王を統治者とする世界一小さな独立国です。その小さな土地の中に、芸術的にも建築的にも最高傑作と言われるものがたくさん集まっています。また、国土の2/3が美しい庭園で囲まれています。

サンピエトロ大聖堂というキリスト教の教会が有名で、見る人を感動させてくれます。

ブラマンテ、ラファエロ、ミケランジェロと有名な建築家によって建てられた美しい建物です。

サンピエトロ大聖堂(Basilica di San Pietro)
住所:
Citta del Vaticano
アクセス:
テルミニ駅からバス40番終点下車
営業時間:
7:00~19:00(冬季は18:00)宗教行事がある場合は入場制限あり
定休日:
なし
電話番号:
06-69883712
料金:
無料

2.ナヴォーナ広場

もともとは皇帝の競技場だったナヴォーナ広場。広場というとスクエア型を想像しますが、こちらは細長い形をしているのが特徴です。

四大河の噴水という各大河が擬人化された彫像の噴水にはいつも人々が集っています。また、この広場の観光をみなさんにおすすめする理由は、ローマらしい写真が撮れることにあります。

ナヴォーナ広場(Piazza Navona)
住所:
Piazza Navona
アクセス:
パンテオンから徒歩3分

3.パンテオン

紀元前25年に初代ローマ皇帝アウグストゥスの側近によって建設された初代パンテオンですが、その後、火事で焼失してしまいます。現在の建物は118年~128年にかけて、ローマ皇帝ハドリアヌスによって再建されたものなのです。2000年近く昔の神殿を今も見られるのは感慨深いですね。

パンテオン(Pantheon)
住所:
Piazza della Rotonda
アクセス:
スペイン広場からコルソ通り、コロンナ広場を経由して徒歩10分
営業時間:
8:30~19:30(日9:00~18:00、祝9:00~13:00)
定休日:
1/1、5/1、12/25
電話番号:
06-68300230
料金:
無料

4.スペイン広場

ローマ市の中心街にある有名な広場です。広場の正面の階段にはいつも人々でいっぱい!

映画ローマの休日で、オードリーヘップバーンがジェラートを食べるシーンがスペイン広場のスペイン階段です。ローマ市内にはたくさんのジェラート屋さんがあるので、あなたも好みのフレーバーを試してみてくださいね。ちなみに保全のため、この広場での飲食は禁じられています。

スペイン広場(Piazza di Spagna)
住所:
Piazza di Spagna,00187 Rome-Italy
アクセス:
地下鉄A線スパーニャ駅下車すぐ

5.トリニダ・デイ・モンティ教会

スペイン階段の頂上に建てられた教会で、時計が取り付けられているのが印象的です。16世紀にフランス王ルイ12世の命令で建てられました。

トリニタ・デイ・モンティ教会(Chiesa della Trinita dei Monti)
住所:
Piazza Trinita dei Monti 3,Rome
アクセス:
地下鉄A線スパーニャ駅から徒歩4分
営業時間:
6:30~20:00(木曜日は6:30~24:00)
定休日:
月曜日
電話番号:
06-6794179
料金:
無料

6.バルカッチャの泉

スペイン広場を訪れたら、先の教会と共に写真に収めたい中央の噴水。バルカッチャという名前はボロ船という意味だそうです。

バルカッチャの泉(Fontana della Barcaccia)
住所:
Piazza di Spagna,00187 Rome-Italy
アクセス:
地下鉄A線スパーニャ駅すぐ
営業時間:
随時
定休日:
なし

7.トレヴィの泉

ローマで最も大きなバロック時代の噴水です。美しい泉を背にして後ろ向きの姿勢で泉にコインを投げ入れると、願いが叶うという言い伝えがあります。現在は補修工事中で投げ入れができません。

トレヴィの泉(Fontana di Trevi)
住所:
Fontana di Trevi
アクセス:
地下鉄A線スパーニャ駅下車、徒歩10分

8.コロッセオ

ローマにあるあまりにも有名なこの建設物は、西暦80年頃に建てられた円形闘技場です。英語のコロシアムの語源にもなったコロッセオでは、連日、死闘が繰り返されていたそうです。今の穏やかな姿から想像も出来ない古代ローマ時代の勇ましさを物語る遺跡の一つです。

コロッセオ(Colosseo)
住所:
Piazza del Colosseo
アクセス:
地下鉄B線コロッセオ駅より徒歩1分
営業時間:
8:30~日没1時間前
定休日:
1/1、12/25
電話番号:
06-39967700
料金:
12€(コロッセオ・パラティーノの丘共通)

いかがでしたか

写真をご覧になるだけで「あぁ知ってる!」「これもローマにあるのか!」とローマ旅行がますます楽しみになったのではないでしょうか。今回、ご紹介したローマの観光名所は定番中の定番と言えるでしょう。最低限でもこれだけ回っておけば間違いありません。ローマ観光プランを立てるときの参考にしてみてくださいね。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • イタリアでおすすめの人気お土産TOP30!

    イタリアは歴史・ファッション・芸術の街として知られ、誰もが一度は訪れたい国の一つとして挙げる観光スポットです。そんなイタリアは観光だけでなくグルメやお土産品もたくさんあり、特にお菓子や食品類はその数の多さに驚くほど。今回はイタリアならではのお土産品30選を、おすすめメーカーもチョイスしお届けします。

  • ローマ周辺の世界遺産をまわり、古代ローマにふれよう!世界...

    ローマには古代ローマの遺跡など、世界遺産に登録されている地域や建物がたくさんあります。そんな世界遺産を巡り、古代ローマにふれる旅をしてみてはいかがでしょうか?人類の進化を肌で感じられるはずです。ローマ周辺の5つの世界遺産をご紹介します。

  • ハイシーズンのローマ観光は早起きが鍵!人混みを避けられる...

    海外旅行先として大人気の街ローマですが、夏休みのハイシーズンはどこに行っても人だらけ。有名スポットで写真を撮りたくても沢山の観光客が写りこんでしまう…そんな状況を回避するなら、早朝観光がオススメ☆まだ人の少ない朝のローマをお散歩して楽しい思い出を作りませんか?

  • 【イタリア】世界遺産フォロ・ロマーノの攻略ガイド!古代ロ...

    世界遺産フォロ・ロマーノを知っていますか? フォロ・ロマーノとは、イタリアのローマにある古代ローマ時代の遺跡です。 1980年に世界文化遺産に登録された、フォロ・ロマーノの魅力をご紹介します!

  • イタリア・ローマ観光におすすめの史跡めぐりコース!厳選5...

    イタリアの首都であり今なおイタリアの政治・経済・文化の中心であるローマ。ローマ帝国時代には、世界最大の都市として繁栄していたローマは、現在も街の至る所に、その当時を彷彿とさせる歴史的建造物が多く残されています。今回はそんなローマの歴史的建造物や史跡をご紹介したいと思います。

  • ローマで無料鑑賞できる!イタリア芸術の宝庫・教会巡りのすすめ

    芸術の国と称されるイタリアにはさまざまな美術館が存在しています。その中には、案外知られていない「無料で見られる名画や彫刻を収めた教会」がいくつもあるんです!今回はその中からおすすめの教会をご紹介してみたいと思います。町全体が遺跡のローマでイタリア芸術に浸ってみましょう…♪

  • ローマっ子御用達!日本未上陸のラザニア専門店「LASAGNAM」...

    ファーストフード店の少ないローマで今話題のオシャレなラザニア専門店「LASAGNAM」! 食にこだわるローマっ子や世界中のトラベラーに支持されるその美味しさと魅力をたっぷりご紹介!

  • 【イタリア】ローマのB&B「モシモシ」日本人スタッフ在中&...

    B&Bを知っていますか。ヨーロッパで流行中のベッド&ブレックファーストという意味の宿泊施設です。小規模の家族経営で、民家を使用しての営業が多く、アットホームな雰囲気を旅先で味わえる場所となっています。その上、日本人スタッフがいるとなると、安心感は抜群です。そんなローマのB&Bをご紹介いたします。

  • イタリア・ローマで名作「ローマの休日」のロケ地を巡るプラ...

    1953年に公開された「ローマの休日」には、ローマのあらゆる観光名所が登場することで知られています。ロケ地を巡って街を歩けば、ローマの魅力をあますことなく堪能できることでしょう。今回は、ローマの休日のストーリーに沿っておすすめのスポットをご紹介します。

  • イタリアマンマの味!ローマ周辺ラツィオ料理まとめ

    ローマ周辺に旅行にいったら押さえておきたい郷土料理!美食国家イタリアは土地によって食材や味付けが本当に様々です。『Alla Romana』なラツィオ料理、是非堪能してみてくださいね!

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事