ローマの人気お土産おすすめ11選!お土産探しに最適なお店ご紹介!

361,481

views

0

ローマに行くなら絶対に手に入れてほしいおすすめのお土産をご紹介します。友達や家族、会社の人…喜ばれること間違いなし!自分用のお土産にも♡

イタリアの革製品をゲットしたい!

イタリア土産と聞いて真っ先に思い浮かぶのはやはり革製品ではないでしょうか。イタリアの革製品は上質で世界的に有名です。使い込めば使い込むほどに馴染み、キズがついたり、ムラができてもそれが持ち味となり、まさに世界で一つの自分だけのオリジナルになるのです。お手入れさえ気をつければ、丈夫なので何十年も使うことが可能です。イタリア旅行の記念におひとついかがですか。

なお革製品を扱うお店はイタリア語で「Pelletteria(ペレッテリエア)」や「Cuoieria(クオイエリア)」といいます。
前者は「皮」を表すイタリア語の「Pelle(ペッレ)」、後者は「革」を表すイタリア語の「Cuoio(クォイオ)」に由来する言葉で、イタリアでも「皮」と「革」は厳密には使い分けられているのですが、日本と同じで専門家以外の方はそこまで神経質にならなくて大丈夫です。
街歩きをしていると木製の重厚感のあるドアやウインドウに飾られたデッサン画や重厚感のある裁縫道具が印象的な、気品漂う革製品を扱う店が、右に左に軒を連ねておりますので是非これらの単語が書かれた看板を目印に、お店を探してみてくださいね!

イタリアでおすすめのお土産:①革製品なら「イル・ビゾンテ」

自然な風合いを活かした年代や人を選ばない誰でも使いやすいデザインが特徴の革製品の専門店です。財布やバッグの他にパスケースやキーホルダーなどもあります。

同じ色でも質感や風合いが異なるので、一つ一つしっかり見てお気に入りを見つけてほしいです。ロゴに使用されているのはイタリアバイソンという野牛。

お店の名前である「イル・ビゾンテ」もイタリア語で「野牛」を意味します。ただし製品自体は牛皮が贅沢に使用された一級品。日本でもオンラインで購入可能ですが、現地でお買い求めの場合は安いものでも数千円、鞄などになると数万円ほど安く購入することが出来ますので、既に日本で買って愛用中の方や、お目当てのものがある方は是非お見逃しなく!品揃えも豊富で店内に入った瞬間から上質な皮の匂いに包まれ、イタリアへの旅情を誘うこと間違いなしのお店です。
なお、お店はローマ以外にフィレンツェとミラノにもございますので、ご安心を。ローマには2店舗ありますが、下記に記載してあるスペイン広場近くのお店が観光地の中心地に立地していて便利です。

イル ビゾンテ(Il Bisonte)
住所:
Via Borgognona 13 Roma
営業時間:
10:00~19:00(日,祝11:00~18:30)
アクセス:
スペイン広場から徒歩1分
電話番号:
(06)68808097
定休日:
なし

イタリアでおすすめのお土産:②イタリアン革ブランド&オリジナル商品が豊富な「マキシム」

オリジナル商品の他、イタリア発の人気ブランド(コネチレ、ナニーニ、ビアジアなど)のバッグを中心に取り扱っている革製品の専門店です。観光客が多く訪れるので、店員さんも馴れていて買い物しやすい雰囲気のお店です!

お店はヴァチカン市国の目と鼻の先で、世界最大級の美術館「ヴァチカン美術館」の入場待ちの行列が、店のすぐ近くまでせり出していることもあるほどの距離ですので、団体ツアーなどでローマやヴァチカン市国を訪れ、自由時間に限りがある方でも立ち寄りやすいと思います。
また、マキシムのあるエリアはローマやイタリアを代表する美味しいレストランや有名店がたくさん集まっていることでも有名です。中でも見逃せないのが、マキシムからわずか2分足らずの所にある洋菓子店の「POMPI」です。ここは「イタリアNO.1」との呼び声も高いティラミスの名店で、すぐ近くまで来ると世界中の観光客でいつも賑わっています。ティラミス発祥の国で食べるNo.1ティラミスはほっぺたが落ちること必至!是非こちらもお見逃しなく!

マキシム(Maxim)
住所:
VIA OTTAVIANO, 170 0192 ROMA
営業時間:
9:30~19:30
アクセス:
地下鉄A線Ottavianoから徒歩5分
定休日:
1~11月の日曜
電話:
(06)39723718

イタリアでおすすめのお土産:③皮手袋の専門店「セルモネータ・グローヴス」

上質な革手袋の専門店。フォーマルからカジュアルまで様々なデザイン、カラーの手袋がたくさん取り揃えています!今だに全行程が手作業で行われているそうで、それぞれの専門の職人さんの手によって丁寧に作られています。手にぴったり合ったサイズを店員さんに見つけてもらえます。

ちなみにここもフィレンツェとミラノにも店舗がございます。ローマ店は運が良ければ日本語が話せる店員がいることもあるのですが、基本的には多少のイタリア語・もしくは英語が出来る方でないと購入するまでに手こずってしまうかも…と心配な方は、是非語学が堪能な方と連れ立っての来店がおすすめです。
入口は小さめでうっかりしていると通り過ぎてしまいそうなほどですが、中に入るとたくさんの商品と、奥行きの広さにうっとりすることでしょう。2階建てで、2階でゆっくり接客を受けながらお買いものができます。
オーダーメイドの製品はイタリア語で「Su misura(ス・ミズーラ)」といい、プレゼントなどにも好まれる特別なアイテム。その場にいない方への贈り物についても、だいたいの手のサイズがわかれば対応してもらえますので是非ご家族やお世話になっている方へのプレゼントにも検討してみてはいかがでしょうか?

セルモネータ・グローヴス(Sermoneta Gloves)
住所:
Piazza di Spagna 61, Roma
営業時間:
9:00~20:00 日10:30~19:00
アクセス:
地下鉄A線スパーニャ(Spagna)から徒歩3分
定休日:
7~8月の日曜
電話:
(06)6791960

おしゃれ上手に見えるファッションアイテムをゲットしたい!

イタリアの人はなぜ皆おしゃれに見えるのでしょうか。その理由の一つはファッションアイテムをうまく使いこなしているから!だと思います。洋服はシンプルに、その分小物でアクセントを。といった感じでしょうか。思い切っていつもとは違う新しいアイテムを手に入れてみると自分にとって良い発見があるかもしれませんね♪

日本では例えば「私は足が太いからミニスカートは履けない」「もう若くないからビビッドカラーの服は着られない」などと、お洒落に制限を設けてしまう人が少なくありません。
しかしこれをイタリア人に言うと「自分の着たい物を着ればいいじゃない!」といつも笑われます。イタリア人は常にお洒落に対して積極的かつ自由!おばあちゃんになってもピンクのジャケットを着こなしますし、おじいちゃんになっても夏のビーチではパナマハットを被って陽気に日光浴を楽しみます。是非、そんなイタリア人たちの恰好も参考にしながらお買いものを楽しんでみて下さい!

イタリアでおすすめのお土産:④憧れのハンドメイドの帽子といえば「ボルサリーノ」

歴史ある老舗帽子屋さんです。一つ一つハンドメイドで作られています。完璧に似合う帽子を見つけたい!という方はオーダーも可能です。買った帽子を持ち帰りの際はつぶれないように箱に入れてもらうのがベストです!

ちなみに「ボルサリーノ」という店名は、創業者の「ジュゼッペ・ボルサリーノ氏」からとったものなのですが、面白いことに、なんとカバンのことをイタリア語では「ボルサ(Borsa)」と言います。「帽子」はイタリア語では「カッペッロ」といいますので、お店を探す際に地図や看板で「Borsa(ボルサ)」という文字を見つけた時は、ぜひ一度深呼吸して、カバンやさんでないことを確かめてからご入店を!
店内はハットタイプの帽子からキャップ、ニット帽、ベレー帽などあらゆるものが揃っており男女それぞれおいてあるので、性別や年齢問わず楽しめます。ニット帽などは1万円以下で買えるものもありますし、アウトレット品がおいてあることもありますので「老舗の帽子店かつオーダーメイドなんてちょっと高そう…」と敬遠せず、興味のある方は是非気軽にチェックしてみてください。

ボルサリーノ(Borsalino)
住所:
Piazza del Popolo, 20 Roma RM
営業時間:
10:00~19:30
アクセス:
A線Flaminio駅から徒歩3分
定休日:
なし
電話:
(06)3265083

イタリアでおすすめのお土産:⑤おしゃれは足元から… 「スペルガ」

イタリアを代表するスニーカーブランド、スペルガの直営店です。シンプルだからこそ長く履き続けることができる飽きのこないデザインが特徴です。どんな服にも合わせやすく、カラーバリエーションも豊富なのでおすすめ!一回履くと病み付きになっちゃう人多数!ぜひ本場で一足手に入れてみては?

実はスペルガは人気店ゆえ、ローマでなくても主要都市のあちこちにお店があるのでイタリアを周遊される方は何度もお店を目にすることでしょう。アウトレットにも扱いがございますので「ローマで買えなかった!」という方もご安心くださいね。
ただ、やはり観光地の方が品揃えも豊富ですし、何より英語の出来る店員さんがいるので安心です。
イタリア語で「スーパーゴム」を意味する言葉に由来するスペルガはシンプルなデザインが中心なので、男女年齢問わず1足持っているとちょっとしたお出かけにお役立ちです。「どれでもよいから旅の記念に1つ欲しい!」と言う方は、白のキャンパス地が上品な「La Classica 2750」というシリーズがおすすめ。海外セレブやスポーツ選手にも愛用者の多いシンプルかつ洗練されたデザインです。

スペルガ30 (Sperga 30)
住所:
Via dei Coronari 17
営業時間:
10:30~
アクセス:
ナヴォーナ広場から徒歩3分
電話:
0668300481
定休日:
なし

機能&デザイン良しのイタリアンステーショナリーが欲しい

お土産として買いやすいアイテムの一つです。かさばらないしお値段も◎見た目よし、機能よし、自慢したくなる文房具ばかり。自分用、プレゼント用、とにかくお気に入りが見つかるはずなのでぜひ立ち寄ってみて下さい。文房具屋さんってワクワクしませんか?

イタリアで文房具を買いたい方は、文房具専門店を訪ねるのも良いですが、チェーン系の書店やスーパーでも豊富に扱っており、接客を受けることなく気楽に物色が出来るのでおすすめです。専門店とはまた違った品揃えで、バラまき土産にも良さそうな「おまとめ買いパック」などもあるので見逃せません。
中でもボールペンは日本よりも安くて可愛いものがたくさん!イタリア人は普段の仕事や授業を受ける際もボールペンを使うことがほとんどなので、多数取り扱っている店が多いです。逆にシャープペンシルはほとんど使う人がいないので1本も置いていないことも・・・。是非お国柄の違いなども感じつつ、お買いものをお楽しみください!




イタリアでおすすめのお土産:⑥極上の紙製品なら「ファブリアーノ」

創立は1264年というイタリアを代表する紙製品専門店です!なんとユーロ紙幣もこちらの会社の紙が使われているそう。多くの画家や著名人も愛用しているとか。ミケランジェロやレオナルド・ダ・ヴィンチも使用していたそうです!歴史を感じますね。比較的低価格の物もあるのでちょっとしたお土産におすすめです。ノートなどの紙製品の他にも革小物も取り扱っています。

ローマでは市内の他に、フィウミチーノ空港の第一・第三ターミナルにも店舗があるので出国ぎりぎりまでゲットするチャンスがございます!
美術を学んでいる友人や大切な方への結婚・出産祝いなどの贈り物となるような一品をお探しの方は、アート専用のラインや、革製のアルバム・レターアイテムなどがおすすめです。
親戚のお子さんへのプレゼントや「自分用に1つ買ってみたい!」という方は、メモ帳や普通のノート、付箋用紙などでしたら5ユーロ前後のものからあるので、そちらを買ってみるのもよいでしょう。タイミングが合えば次年度の手帳や日記帳などもおいてあり、15ユーロ前後でゲットできるのでおすすめです。

ファブリアーノ(Fabriano)
住所:
Via del Babuino173,Roma
営業時間:
10:00~20:00
アクセス:
地下鉄A線スパーニャ(Spagna)から徒歩10分
定休日:
祝日
電話:
(06)32600361

イタリアでおすすめのお土産:⑦コイン(coin)

Coin(コイン)はイタリア全土にあるデパート。特にヴェネチアとここローマにあるCoin Excelsior(コイン・エクセルシオール)は大型店の為、お買い物にはもってこいです。
4,300㎡もの広さを誇る店内は特に女性向けのアイテムが充実しています。地上階にあるビューティケアアイテムコーナーは女性のみなさんは、時を忘れて楽しめることでしょう。免税店よりもグッとお求めやすい価格で高級化粧品や香水がゲットできますよ!イタリアのブランドだけでなくヨーロッパで製造されているほとんどの有名ブランドが一堂に会しており、日本では考えられないほどお手頃。普段使っているアイテムを発見した際はまとめ買いもアリです。

コイン(Coin)
住所:
Via Cola di Rienzo, 173, 00192 Roma
電話番号:
06.36004298
営業時間:
10時~20時(日曜日は10時30分~)
定休日:
無休
アクセス:
地下鉄A線「Ottaviano/Lepanto」駅下車2分

イタリアでおすすめのお土産:⑧カストローニ(Castroni)

カストローニ(Castroni)はローマきってのグルメショップ。日本の紀伊国屋や成城石井、明治屋のような少し高級ラインの食材がラインナップされている為、お土産用の化粧箱に入ったイタリア食材を買いたい時も使い勝手抜群です。
特に後述のジャンドゥーヤチョコレートやイタリアならではのパスタ、チーズの種類がとにかく豊富!見ているだけでも楽しいです。
また現地バイヤー選りすぐりの世界各国の食材もラインナップされており、ASIA(アジア)コーナーには日本の食材もたくさん置いてあります。日本食材は「ヘルシー」「ダイエットに最適」とイタリアでも大ヒット中。特にお寿司を作る為の食材が充実していてなんだか誇らしく感じます。

カストローニ(Castroni)
住所:
Via Cola di Rienzo, 196/198, 00192 Roma
電話番号:
06-6874383
営業時間:
8:00~20:00
定休日:
日曜
アクセス:
地下鉄A線レパント(Lepanto)から徒歩10分

イタリアでおすすめのお土産:⑨ラ リナシェンテ(La Rinascente)

ラ リナシェンテ(La Rinascente)は日本でいう三越や伊勢丹、アメリカでいうメイシーズやバーニーズのようなイタリアを代表する百貨店で、イタリア語検定試験などでも当たり前のように「リナシェンテ」という言葉が登場するほど、イタリアいち有名なデパートです。
年に2回のセール期を除くと大幅なディスカウントをすることは少ないのですが、客層もハイソサエティな方が多く、お土産コーナーなども店内の一角に用意されているので家族でのショッピングや小さいお子様、高齢の方とのショッピングの際などには安心安全に過ごすことが出来ておススメです。イタリアのみならずヨーロッパを代表するブランド物も一堂に会しています。

ラ リナシェンテ(La Rinascente)
住所:
Via del Tritone, 61, 00187 Roma
電話番号:
+39 06 879161
営業時間:
9.30 am - 11.00 pm(季節により変動あり)
定休日:
不定休
アクセス:
トレヴィの泉から徒歩5分

イタリアでおすすめのお土産:⑩Shaki(シャーキ)

Shaki(シャーキ)は看板の「パーネ(Pane)」の字がまぶしい、ホワイトカラーを基調としたワインバーです。パーネとは日本語で「パン」のこと。イタリアのパンは基本的にはバターと牛乳を使用せずに作るため、日が経つごとにどんどん固くなってしまうので、このようなレストランでその日に作られたものを食べるのがおすすめです。
シャーキではブルスケッタと呼ばれるパンの上にトマトや生ハムなどが乗ったおつまみフードとワインを飲みながらローマを満喫している人達がたくさんいます。
レストランでの食事がオススメですが、パンだけ買うこともできますよ。イタリア人の朝食の定番、ジャムが詰まったコルネット(日本でいうクロワッサンのようなもの)や大きな田舎パンなどは特に美味しいので是非チェックしてみてください。

シャーキ(shaki)
住所:
Via Belsiana 94, 00187 Rome
営業時間:
08:30~22:00
電話番号:
39 06 6979 7807
定休日:
不定休(夏に大型休暇あり)
アクセス:
スペイン広場から徒歩1分
料金:
アペリティーボ 5ユーロ

イタリアでおすすめのお土産:⑪ジャンドゥーヤチョコレート

ジャンドゥーヤチョコレートは日本では「ヘーゼルナッツチョコレート」などの名前で時々見かけることもある、イタリアを代表するチョコレートです。正式には北イタリア・ピエモンテ州トリノの誇る郷土菓子ですが、いまやイタリア中で美味しいものが手に入るようになりました。
現地で食べるならジェラードやドリンク類、ケーキなどの生菓子がオススメですが、お土産には断然こちらの三角形のチョコレートタイプがオススメ。空港・駅・コンビニ・スーパーでも気軽に袋入りを買うことが出来ますし、専門店に行けば1粒から購入することも出来ます。
イタリアの国民的おやつ「ヌテラ」もこのジャンドゥーヤチョコレートがベースに使われています。

こちらはジャンドゥーヤチョコレートを考案したトリノの老舗店・カファレル(Caffarel)のジャンドゥーヤチョコレートです。写真の周りに並んでいるのがヘーゼルナッツ、ヨーロッパではおなじみのナッツの一種でレストランなどではサラダなどに添えられて出てきたり、クリームチーズや焼き菓子の中に入っていることもあります。
チョコレート自体からはナッツのカリカリ感は感じられませんが、一口食べると香ばしい香りふわっと口の中に広がります。スタンダードタイプはこちらの金色の包み紙のものですが、店にはビタータイプやオレンジ、コーヒーフレーバーなど色々なタイプがあり、それぞれ包み紙が違いますので是非色々手に取ってみてください。量り売りなどもオススメです。

カファレル(Caffarel)
料金:
ジャンドゥーヤチョコレート1粒 0.5ユーロ前後
その他:
ローマ市内に直営店はないものの、カフェやスーパー、デパート等で購入可能。

いかがでしたか?

古代ローマの遺跡溢れる観光都市を巡りつつ、ショッピングも思う存分楽しんでいただくためにイタリアならではの逸品を中心にご紹介しました。日本でも手に入るアイテムがありますが、やはり現地で吟味して、旅の思い出と共に手に入れてくださいね。

イタリアは日本と同じかそれ以上に母国語(イタリア語)以外の言葉を話せない人が多く、英語が堪能な日本人でも観光するのに一苦労する国の一つです。
その中でローマはやはり首都だけあって、最も英語(場合によっては日本語)が通用する都市のひとつ。加えて、あらゆる店舗に置いて最も多くの商品が取り揃えられております。
ですので、ちょっとでも気になるものが見つかった際は「他の都市で買えばいいや」と言わず是非一期一会を大切に!ビビっとくるものがあったら時に衝動買いをしてみるのもアリです。
1ユーロ以下のものや自動販売機でもクレジットカードが使うことが出来る場合がほとんどですので、ご予算と相談しながら是非思う存分ショッピングを楽しんでください。
ボン・ヴィアッジョ!素敵な旅行になりますように!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • イタリア・ローマ観光におすすめの史跡めぐりコース!厳選5...

    イタリアの首都であり今なおイタリアの政治・経済・文化の中心であるローマ。ローマ帝国時代には、世界最大の都市として繁栄していたローマは、現在も街の至る所に、その当時を彷彿とさせる歴史的建造物が多く残されています。今回はそんなローマの歴史的建造物や史跡をご紹介したいと思います。

  • ローマで無料鑑賞できる!イタリア芸術の宝庫・教会巡りのすすめ

    芸術の国と称されるイタリアにはさまざまな美術館が存在しています。その中には、案外知られていない「無料で見られる名画や彫刻を収めた教会」がいくつもあるんです!今回はその中からおすすめの教会をご紹介してみたいと思います。町全体が遺跡のローマでイタリア芸術に浸ってみましょう…♪

  • ローマっ子御用達!日本未上陸のラザニア専門店「LASAGNAM」...

    ファーストフード店の少ないローマで今話題のオシャレなラザニア専門店「LASAGNAM」! 食にこだわるローマっ子や世界中のトラベラーに支持されるその美味しさと魅力をたっぷりご紹介!

  • 【イタリア】ローマのB&B「モシモシ」日本人スタッフ在中&...

    B&Bを知っていますか。ヨーロッパで流行中のベッド&ブレックファーストという意味の宿泊施設です。小規模の家族経営で、民家を使用しての営業が多く、アットホームな雰囲気を旅先で味わえる場所となっています。その上、日本人スタッフがいるとなると、安心感は抜群です。そんなローマのB&Bをご紹介いたします。

  • イタリア・ローマで名作「ローマの休日」のロケ地を巡るプラ...

    1953年に公開された「ローマの休日」には、ローマのあらゆる観光名所が登場することで知られています。ロケ地を巡って街を歩けば、ローマの魅力をあますことなく堪能できることでしょう。今回は、ローマの休日のストーリーに沿っておすすめのスポットをご紹介します。

  • イタリアマンマの味!ローマ周辺ラツィオ料理まとめ

    ローマ周辺に旅行にいったら押さえておきたい郷土料理!美食国家イタリアは土地によって食材や味付けが本当に様々です。『Alla Romana』なラツィオ料理、是非堪能してみてくださいね!

  • ローマの幻想的な夜景スポットBEST3!定番観光名所の昼夜の姿...

    ローマには恋人同士にぴったりなロマンティックなスポットがたくさんあります。その中でもおすすめな3つの夜景スポットをお教えします。ローマの歴史を振り返りながらその場所を眺めるのも素敵なデートですよね。昼間も夜間も楽しめる2度美味しい夜景スポット、ローマに旅行に行って見ず帰ったらもったいないですよ♪

  • ローマで本当においしいグルメを食べよう!とっておきの名店6選

    誰もが憧れるイタリアの街、ローマ。ローマにはおいしいグルメがたくさんあります。ローマに行った時に立ち寄りたい、とっておきの名店をご紹介します。

  • 雰囲気抜群のローマ・トラステヴェレおすすめ観光スポット特...

    トラステヴェレってご存知ですか? ここは、ローマの下町と言われる街です。 メジャーな観光地だけでなく、こんな下町も素敵ですよ! ちょっと覗いてみましょう。

  • イタリア・ローマの人気おすすめホテル15選!泊まってみたい...

    観光客に人気の街、イタリアのローマ。遺跡や歴史的建造物が現存していることから、多くの人達が見に訪れます。また、イタリアといえば、料理。パスタやピザなど、美味しい食べ物がたくさんありますよね。ということで今回は、ローマに行ったらぜひ宿泊していただきたい人気ホテルを紹介します。

このエリアの人気記事
新着記事