インド・デリーのスーパーでワクワクお土産探し!ちょっと多めに調達しよう

30,983

views

0

インドを旅行先に選ぶということは、結構旅行慣れした方ではないでしょうか?たくさんの世界遺産や独特の文化に触れることができるインド旅行は、インパクトにあふれた濃厚な時間を過ごせます。せっかくなら、モスクや遺跡などを見るベーシックな観光コースだけではなく、市井のお店をのぞいてみてはいかがでしょうか?

インドの旅

インドというと、カレー、タージマハール、象、ヨガ、にぎやかな人混みなどが、まずベタなイメージで連想されますね。東西のさまざまな文化が行き交い、多種多様な宗教や人種が混在するカオスな街には、まだまだ他にも見どころが山ほどあります。

だから、観光地巡りでいっぱいいっぱいで、なかなか普通の市街地をゆっくり堪能するのは難しいかもしれません。でも、インドという国を味わうにはやっぱり街の中に行ってみるのがオススメ。

インド旅行に限りませんが、観光客向けではない一般の住民が利用するお店などに行くと、その地元の日常の品ぞろえなどを知ることができて面白いですよ。

インド・デリーで大人買いしたいお土産4選

【おすすめ1】ヒマラヤブランド洗顔料と歯磨き粉

お肌に優しいと最近大人気のインドの有名化粧品メーカー「アーユルヴェーダ」のヒマラヤ(Himalaya)ブランド。日本では「生活の木」などで一部取り扱いがありますが、一般のドラッグストアではまだ売っていません。現地で買うと、日本の1/5くらいの安値でゲットできるのです♪

【おすすめ2】カディの石けんやバスオイル

カディ(Khadi)の石けんはインド国内で作られているハンドメイド。こちらも無添加でお肌にやさしいと評判が高いです。日本の通販で買うと1個税込み600円。ほぼ1/3以下のお値段で手に入ります。ボディオイルも天然ハーブ配合。よい香りが心もほぐしてくれますよ。

【おすすめ3】メディミックスの石けん

メディミックス石けんは1969年に発売されて、45年以上もの実績のある石けん。アーユルヴェーダの予防医学理論から開発され、「本当に肌に優しい」という評判で根強い人気です。

【おすすめ4】ニームNeemの歯磨き粉

ニームはインド原産の常緑樹です。良い香りがして、現地の人々などはニームの小枝をかんで歯磨き代わりにしています。リーズナブルなお値段で、インドらしいお土産の1つと言えるでしょう。

インド・デリーの利用しやすいスーパー3店舗

リライアンス・フレッシュ

デリーでメジャーなスーパーマーケット。日用品から生鮮食品までラインアップされていて、日本でのスーパーで買い物する感覚と同じようにお買い物できるので安心です。ただし、お店から出る時、レシートを警備員さんに見せる必要があります。

普通にスナック菓子などもたくさんあるので、ついつい買ってしまいたくなるかもしれません。ヤクルトなども売っていて、日本の味と変わらないみたいですよ!

リライアンス・フレッシュ(Reliance Fresh)
住所:
9008 DB Gupta Rd. Pahar Ganj, New Delhi ,India
電話番号:
+91 99102 44622
営業時間:
7:00~21:30
定休日:
なし
アクセス:
コンノート・プレイス(Connaught Place)から車で約5分

シュリ・モーニング・パレス

スーパーと言うよりドラッグストアチェーンという雰囲気のあるこぢんまりとしたお店。主にペット商品を主軸としたお店で、店の一角に一般の日用消耗品も置いているという状態。

小さなお店の中に所狭しとぎっちりと商品が並べられています。アイテム数はそんなに多くはありませんが、石けんや歯磨き粉のような日用品はリーズナブルなお値段で入手可能。

シュリ・モーニング・パレス (Shri Morning Palace)
住所:
E-44/B Hauz Khas Delhi-110 016 New Delhi ,India
電話番号:
+91 11 4165 5071
営業時間:
10:00~21:00
定休日:
なし
アクセス:
地下鉄ハウツ・カズ駅ゲートNo.1より徒歩25分

ヴィシャルメガマート

衣料品を中心として、いろいろな食料品や雑貨などの日用品を取り扱う大型スーパー。日本のお店と同じような感覚でほぼなんでもそろいますが、お肉やお魚の生鮮食品コーナーはありません。

スーパーというより、どちらかというと、日本で言うところのSEIYUやイトーヨーカドーに近い雰囲気と言えるかもしれません。グローバルスタンダードでわかりやすく、何でもそろって便利ではありますが、そのせいでインドらしさを味わうには物足りないとも言えるでしょう。

ヴィシャルメガマート(Vishal Mega Mart)
住所:
10209, 10210, Padam Singh Road, Block 14, WEA, Karol Bagh, New Delhi, Delhi 110005 India
電話番号:
+91 11 3001 7610
営業時間:
10:00~22:00
定休日:
なし
アクセス:
地下鉄カロル・バック駅より徒歩7分

インドには面白いものがたくさんあるので、目移りしてしまって気が付いたらお土産を買うのを忘れていた!なんてこともあるかもしれません。でも、インド旅の「通」は無計画の旅を楽しむようです。だから、お土産も心に留めておくぐらいにして、おおらかな気持ちで旅するのがインド流でしょう♪

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 甘いインドのデザート特集!激甘がくせになる絶品スイーツ

    スパイスやナッツ、ドライフルーツなどが入った甘いデザートがたくさんあるインドのデザートは、世界一甘いと言われています。インドの人たちはどんなデザートを食べているのかご紹介します。

  • インドだけどインドにあらず?南インドを激推しする3つの理由...

    インド旅行経験者の中でも好き嫌いがバッチリ分かれるインド。いい噂ばかりではないのに”インドに行ってくる!”という旅行者の絶えないインド。そんな不思議の国インドの中にも、ごはんがおいしくて、人が鬱陶しくなくて、リゾート感覚まで味わえるスポットが”南インド”にあるんです。今回はそんな南インドのオススメスポットを紹介しますッ!

  • インドの鉄道に乗ってみた!電車予約・乗車方法教えます

    インド旅行で切っても切れない(と思う)電車移動!インド鉄道に乗ってきました。ほんの一例ではありますが、チケットの予約システム・窓口・乗車までの流れを紹介してみたいと思います。

  • インド・デリーのスーパーでワクワクお土産探し!ちょっと多...

    インドを旅行先に選ぶということは、結構旅行慣れした方ではないでしょうか?たくさんの世界遺産や独特の文化に触れることができるインド旅行は、インパクトにあふれた濃厚な時間を過ごせます。せっかくなら、モスクや遺跡などを見るベーシックな観光コースだけではなく、市井のお店をのぞいてみてはいかがでしょうか?

  • ムンバイ観光はココに行けば間違いない!必ず行くべき人気観...

    インド屈指の大都会ムンバイは南アジアを代表する世界都市でもあります。かつてはイギリスの植民地だったこともあり、独特の様式美の建築物に代表されるヨーロッパの文化が感じられる街でもあります。そんなイギリス統治時代の面影が残るムンバイを肌で感じることのできるスポットをご紹介します。

  • インド・デリー空港は本当に危険?実際に自分の身を守る方法...

    悪名高きデリー空港!!空港メトロの開通で、随分マシになったとは聞いていたのですが、三十路バックパッカー・初インド。ビビりまくりで乗り込んできました。現地レポです。

このエリアの新着記事
この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事