グアム基本情報 【お金編】

3,563

views

0

日本でも人気の観光地グアム。マリンスポーツも盛んに行われており、一年中多くの人が訪れています。ここではグアムのお金について紹介しましょう。

グアムの通貨

グアムの通貨は米国ドル。基本単位は、ドル($)とセント(¢)です。2017年8月現在、1ドルは約110円です。

紙幣

紙幣は、1、5、10、20、50、100ドルの6種類があります。色や大きさは同じなので間違えないようにしましょう。一般に買い物でよく使うのは20ドル以下の紙幣。日本で両替えをする際は、小さな額の紙幣を多くもっておくと便利です。

硬貨

硬貨の種類は、1、5、10、25、50セントと1ドルの6種類です。それぞれ1セント=ペニー、5セント=ニッケル、10セント=ダイム、25セント=クォーターと呼びます。また10セント硬貨は1セント硬貨や5セント硬貨よりも小さいつくりとなっています。間違えないようにしましょう。

税金

嬉しいことにグアムに消費税はありません。ただし店によっては6%のGRT(Gross Receipts Tax)と呼ばれる売上税を別途徴収するところもあります。輸入品は免税ですが、ホテルでは11%のホテル税がかかります。

両替え

日本円からドル

グアムでは空港、ホテル、銀行、市内の両替所などで両替えをすることができます。場所によってレートが異なり、手数料がかかることがあります。銀行の営業時間は平日の10〜15時までと短く、土日は休業で利用できないこともあるので注意が必要です。

グアムで大きな銀行といえばグアム銀行。支店も多く、ATMもあちこちにあります。

ドルから日本円

使い残したドルは日本の外国為替の取扱銀行で両替えできます。グアムでも両替えできますが、レートが良いとは言えないため、日本での両替えをおすすめします。ただし両替えは紙幣のみ。コインはできません。

チップ

グアムではアメリカと同じようにサービスを受けた時にチップを渡す習慣があります。目安としては、ホテルのポーターに荷物を運んでもらったら荷物1個につき1ドル、ホテルのルームメイドに1日1ドルくらいです。またタクシーでは料金の10~15%、レストランでは食事代の10~15%です。

レストランなどの施設を利用した際に発行されるレシートに「Service Charge」と書かれていることがあります。こういった場合はサービス料金が含まれているため、チップを渡す必要はありません。

物価

グアムはアメリカ本土から商品を運んでいるため、本土と比較すると2割ほど高くなっています。フリーポートであるグアムでは、香水やブランド品、化粧品などは日本より10~30%ほど安く購入できますが、日用品は割高なのでご注意してください。

最後に

リゾート地であるグアムでの滞在は出費がかさみがち。旅行だからと羽目を外しすぎると、すぐに予算オーバーになってしまいます。計画的に過ごしましょう!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • グアム基本情報【トイレ編】

    海外で心配なことの1つは、トイレですよね。トイレ環境が恵まれている日本から一歩外に出ると、事情は異なります。では、グアムはどうでしょうか?ここでは、グアムのトイレ事情を取り上げます。参考になさってくださいね。

  • グアムの人気おすすめお土産15選!これを買えば間違いなし!

    ショッピングにシュノーケリング、各種アクティビティなど、楽しみが満載のグアムは人気の海外旅行先。毎年多くの観光客が訪れ、その中にはグアムのお土産選びに頭を悩ませる方も少なくないでしょう。本記事ではグアムのお土産を15種類ご紹介していきます。悩むグアムのお土産選びの参考にしてください!

  • グアムを遊び尽くせ!タモンエリア~ビーチ編~

    これぞグアム!写真そのままの南国ビーチが目の前に広がります!白い砂浜、青い海、眩しい太陽と一日遊んだら、ご褒美に水平線に沈む夕陽が違う景色をみせてくれます~夕焼け色のカクテルで乾杯しましょうか!?

  • グアム女子旅のおすすめ観光スポット15選!南国リゾートで夢...

    日本からグアムまでの飛行時間は、約4時間。気軽に遊びに行けるビーチリゾートとして、不動の人気です。グアムはハワイと比べて「安い」というイメージがありますが、最近では高価なホテル・レストラン・お土産品などに人気が出ているようです。今回は最新のグアム女子旅で行くべきマストスポットをご紹介します。

  • グアムを遊び尽くせ! タモンエリア~タウン編~

    グアムの中心地タモンエリアはランドマークと立ち寄りスポットがいっぱいです!南国の街並みを楽しみながら歩けば、すぐに気になるスポットに到着です。目一杯、遊び尽くしましょう!

  • 【グアム】離島旅!ちょっと足を伸ばして、無人島『ココス島』へ

    お馴染みのグアムで、少し違った景色が見られるのが『ココス島』です。 海や森といった豊かな自然に珍しい生き物。小さな島で充実した贅沢な時間が過ごせます。

このエリアの新着記事
  • グアムのおすすめ人気ホテル15選 もうホテル選びで迷わない!

    グアムといえば日本からほど近く、リゾートやマリンスポーツで人気の島。飛行機で、3時間半ほどで着き、日本人観光客がとても多いです。今回はそんなリゾート・グアムでおすすめのホテル15選をご紹介していきます!

  • グアムを遊び尽くせ!タモンエリア~ビーチ編~

    これぞグアム!写真そのままの南国ビーチが目の前に広がります!白い砂浜、青い海、眩しい太陽と一日遊んだら、ご褒美に水平線に沈む夕陽が違う景色をみせてくれます~夕焼け色のカクテルで乾杯しましょうか!?

  • グアム国際空港(GUM)完全ガイド!市内へのアクセスと空港で...

    グアム国際空港から始まるグアム観光は「安い・近い・短い」で子連れファミリーに人気。グアム国際空港から市内へのタクシーやレンタカーを使ってのアクセス方法や料金をご紹介します。事前に知っておくと役に立つWi-Fiレンタルの情報やトランジットホテルもご案内!ラウンジや、お土産についても予習しましょう。

  • グアムの交通手段を解説!タクシーからバス・レンタカーまで...

    日本から3時間半で行ける常夏の島”グアム”。気軽に行ける海外として人気が高いグアムを最高に楽しむため、グアム内での移動手段をチェックしておきましょう。行き先と時間、人数によって使い分け、賢く上手に移動すればすてきなグアム旅行になりますよ!

  • 卒業旅行はグアムで決まり!初海外でも安心!日本からすぐの...

    各都市から直行便が運航し、時差もわずか一時間というグアムは、海外旅行経験の少ない学生にもおすすめのビーチリゾートです。グアムには、様々な観光スポットやアクティビティがありますが、今回は卒業旅行のおすすめを集めてみました。

  • グアムの人気おすすめお土産15選!これを買えば間違いなし!

    ショッピングにシュノーケリング、各種アクティビティなど、楽しみが満載のグアムは人気の海外旅行先。毎年多くの観光客が訪れ、その中にはグアムのお土産選びに頭を悩ませる方も少なくないでしょう。本記事ではグアムのお土産を15種類ご紹介していきます。悩むグアムのお土産選びの参考にしてください!

  • グアム一人旅は魅力がいっぱい!ローカル感満載のおすすめ観...

    グアムは気の合う仲間同士で旅するリゾート地のイメージがあるかもしれませんが、一人旅でも十分楽しめるスポットがたくさんあります。数々の歴史が刻まれた観光名所や、ロマンチックなビーチなど、グアムの魅力を最大限に感じられるスポットやグルメをお届け!ローカル感たっぷりのグアム一人旅へ出かけてみませんか?

  • グアム基本情報 【ビザ・大使館・税関編】ビザやESTAは必要?...

    日本から約4時間、思い立ったらすぐに常夏リゾートを楽しめるグアム。そんなグアム旅行に役立つ、ビザ、大使館、関税の情報をまとめてみました。

  • グアム女子旅のおすすめ観光スポット15選!南国リゾートで夢...

    日本からグアムまでの飛行時間は、約4時間。気軽に遊びに行けるビーチリゾートとして、不動の人気です。グアムはハワイと比べて「安い」というイメージがありますが、最近では高価なホテル・レストラン・お土産品などに人気が出ているようです。今回は最新のグアム女子旅で行くべきマストスポットをご紹介します。

  • グアム基本情報 【言語・お役立ち会話編】チャモロ語を使って...

    日本人観光客も多く、初めての海外旅行にもぴったりなグアム。英語が話せなくても十分楽しめると聞くけれど、本当に英語は必要ないの?現地で他に使われている言語はあるの?など、気になる事情をまとめてみました。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事