チリ観光スポット7選!絶景の宝庫、地球の裏側に感動の嵐が広がっている!!

21,289

views

1

日本の反対側の南米に属するチリ共和国。そこには我が国にはないたくさんの絶景や秘境がたくさん詰まっています。魅力あふれる素晴らしい自然と街の景観美を感じに地球の裏側までひとっ飛びしちゃいましょう!

北から南まで約4300㎞の魅惑の国「チリ共和国」

チリと言えばまず頭に浮かぶのがその細長い国土ではないでしょうか?
なんと全長約4300㎞にもなるチリ共和国は北部は砂漠の乾燥地帯、中央は渓谷や葡萄畑、南部は湖や森林が広がり南端のパタゴニア地方は氷河、さらにはイースター島と多彩な自然溢れる国なのです。
南米の中でも治安が良く旅行しやすいのも魅力の一つ!
チリで絶対に行っておきたい絶景の数々をご覧下さい。

なおチリの正式名称は「チリ共和国」。あまりに細長い為想像し難いですが、なんと国土は日本の約二倍あります。
細長い国土は、場所によって気候がさまざま。北部(後述の“アタカマ砂漠”方面)は砂漠の為ほとんど気候の変化はありませんが、6~9月頃がややしのぎやすいです。首都サンティアゴ周辺は日本のように四季がありますので滞在目的に合わせて行く時期をチョイスしましょう。南部パタゴニア地方(後述の“マーブルカテドラル”“パイネ国立公園”方面)は9-4月頃がおすすめです。
チリを周遊する方は1週間でTシャツ一枚の日からダウンジャケットを着こむような日もあるでしょう。どうしても持ち物が増えてしまいますが、上手にパッキングして十分な用意を心掛けてくださいね。

アタカマ砂漠

チリの北部に位置するアタカマ砂漠は平均標高2000mと、その過酷な環境からかつては「死の道」と呼ばれていました。
どこまでも続く砂漠と乾燥した荒涼な大地が広がります。

その光景は他の惑星に降り立ったような感覚におちいります。
夕方は砂漠越しに沈む真っ赤な夕日とピンクやオレンジ色に染まる空が見渡せ絶景そのもの!

魅力は日中や夕方だけでなく夜にもあります。
なんと世界で一番美しい星空が見えるのが、ここアタカマ砂漠なんです!
大地に寝転がりながら手に届くような星空ときらめく流れ星観察なんていかが?

なおアタカマ砂漠が「世界で一番美しい星空が見える」と言われる所以は「死の道」と言われる所以と密接に関わりあっています。平均標高2000mのどこまでも続く乾燥した広大な砂漠はつまり、どこまでも星空に近く、どこよりも晴天率が高く、何よりも遮るものがない場所を意味しています。
過去40年間一度も雨が降らなかった地域もあるほど晴れの日が多いアタカマ砂漠は、世界中の天体マニア憧れの聖地。今にも降ってきそうな満天の星空は、少し暗い所に行けば簡単に見えますが、夜道は危険ですので是非現地ツアーなどに参加してご覧になるのがオススメです。だいたい2時間程のコースで夕食後に出発、絶景ポイントでコーヒーなどを飲みながら、時にガイドさんの解説に耳を傾け、時に音のない世界で星と向き合う密度の濃い時間が過ごせます。

アタカマ砂漠(Desierto de Atacama)
住所:
San Pedro de Atacama,Chile
アクセス:
首都サンティアゴからバスで約12時間。
もしくはカラマ空港からバスで約2時間。

バルパライソ

見てください!
このカラフルで可愛らしい街並みを!!
首都サンティアゴからバスで約2時間、チリ中部の太平洋側にある港町バルパライソです。

バルパライソとは日本語で「天国の谷」と言う意味。
家屋はもちろんのこと細い路地の壁にまでカラフルなペイントがほどこされています。
なんとこの街並みはユネスコ世界遺産に登録されているのです。

忘れてはいけないのが「アンセソール」。
急斜面が多いバルパライソでは重力のみによって登り降りする独自の乗り物があります。
潮風の中情緒あふれる街歩きはどこまで散歩飽きませんよ。

バルパライソは首都サンティアゴから日帰りで行く方もたくさんいますので、写真を見て少しでも気になった方は、是非足を運んでみてください。日本からはるばる地球の裏側まで来たのに、首都からあと2時間で行ける世界遺産「天国の谷」に行かないなんて、もったいなさすぎます!バスは「サンティアゴ・バスターミナル」から約15分間隔で出ており、日本の観光バスのような清潔感のある快適なバスで行くことが出来るので安心です。
一昔前は治安の悪さから「ある意味」天国の谷だなんて言われていたバルパライソですが、いまでは格段に安全に観光出来るようになりました。アーティスティックな落書きに溢れた街は、流行りのトリックアート風のものもたっぷりあるので、写真に撮ってたくさんSNSにアップしましょう!

バルパライソ(Valparaiso)
住所:
Valparaiso,Chile
アクセス:
首都サンティアゴからバスで約2時間。

チロエ島

南部にあるチロエ島は大変漁業が盛んで静かなのんびりとした雰囲気が漂う島です。
街ではいつでも新鮮な魚介類を食べることができ、魚市場に行けば多くの種類の貝やうにやサーモンなどを購入することができちゃいます。

首都カストロの街は独特な水上住宅が並びます。
こちらもバルパライソ同様カラフルな色調になりとっても愛らしいですね!

絶対に見ておきたいのがユネスコ世界遺産に登録された木造建築の教会です。
バロック建築やゴシック建築などのヨーロッパの様式と地元の様式を融合したチロエ様式はとても温かみのある優しい造り。
そんな穏やかな気持ちになれるチロエ島はまさにチリの中でも癒しのスポットのうちのひとつです。

チロエ島へはチリ南部の都市プエルト・モン(Puerto Montt)からバスで行くのが定番かつ便利。ちなみにプエルト・モンは長距離バスが多数発着しており、サンティアゴやバルパライソ等へ行く便もございますよ!チロエ島へ渡ることの出来るバスは約45分毎に出発しており、乗車すると約半時間ほどで港へ。ここからはなんとびっくり!バスごと船に乗り込みます。そして揺られること30分でチロエ島の最北端の街アンクー(Ancud)へ到着します。
本土からチロエ島へは、過去何度も橋を架ける話が出たそうなのですが、いまだ実現には至っておりません。そのおかげで、チリ本土また違った空気感や街並み、情緒を感じることの出来るチロエ島は、びっくり乗船体験も含必見です。なお、教会群は日曜日は安息日のため中に入れないこともございますのでお気を付けください。

チロエ島(Isla De Chiloé)
住所:
Isla Chiloe, Chile
アクセス:
プエルト・モンからバスで約2時間。

マーブルカテドラル

チリ最南端エリアでアルゼンチンと両方にまたがる地域がパタゴニア地方。
その中で最も美しいとされているのがヘネラル・カレラ湖にあるマーブルカテドラルです。

この洞窟は石灰岩質の壁面が湖水に侵食されてできあがったものでその幻想的なかたちが大聖堂に似ていることからこの名がつけられました。

ソーダ色の水の理由は石灰質の水と底が白い事から乳白色に見えます。
水位が高くなければ小舟で石の下を探検する事もできますよ。
死ぬまでに行きたい絶景のうちのひとつに入ること間違いなしです!

マーブルカテドラルにお邪魔する為にはボートに乗る必要があります。ボートはへネラル・カテラ湖畔の街「プエルト・リオ・トランキーロ(Puerto Rio Tranuilo)」より出発しますので、まずはそこを目指しましょう。プエルト・リオ・トランキーロへは、パタゴニア地方最北端の都市「コイアイケ(Coihaique)」もしくは、コイアイケ東部の「バルマセダ空港(Balmaceda Airport)」から陸路で向かうのが一般的です。
プエルト・リオ・トランキーロまで約180㎞、途中通過する「アウストラル街道」は、景勝地が続くことで有名な街道ですので車窓からの景色も堪能しましょう。プエルト・リオ・トランキーロ到着後は、マーブルカテドラル行きのボートが沢山出ているので乗船すれば感動はもうすぐそこ!観光のベストシーズンは9月~4月頃(南半球の夏)ですが、ボートは一年中乗船可能です。

マーブルカテドラル(Catedral De Marmol)
住所:
Carretera Austral, Chile Chico, Chile
アクセス:
バルマセダ空港もしくはコイアイケから車でプエルト・リオ・トランキーロまで行きツアーに参加。

トーレス・デル・パイネ国立公園

こちらもパタゴニア地方に属しチリを代表する観光名所のひとつでもあるのがパイネ国立公園です。
キツネや水鳥などのたくさんの動物や美しい湖や滝を見ることができトレッキングなどのアクティビティで雄大な自然を満喫することが出来ます。

パイネ国立公園の象徴とも言われるのが三本の塔のような形をした岩峰トーレス・デル・パイネ。
この険しくそびえ立つ岩山はかつて氷河によって浸食されてできました。

色々な湖をトレッキングするのも楽しみのひとつですが中でもグレイ湖の氷河は圧巻!
湖畔のレストランから優雅に眺めるのもよし!ツアーで船に乗って氷塊や氷山を間近で見るのもこの上ない経験になるでしょう。
大自然を体中で感じてみませんか?

パイネ国立公園への玄関口となる街は「プエルト・ナタレス(Puerto Natales)」。多くの方がこちらに宿泊し、翌日散策やアクティビティを楽しみます。
人口2万人程の小さな街ですが、ホテル・レストラン・ショップなど一通りのものは揃っていますので、食事を楽しんだりトレッキングで必要なグッズ等を揃えたりすることができます。また、10社以上の旅行会社がプエルト・ナタレスからパイネ国立公園までの日帰りバスツアーを催行していますので、お好みや滞在時間・体調などに合わせて、ツアーをチョイスすることも出来ますよ!ここから公園の入り口までは車で3-4時間。入園料を払って散策します。なお、入園料を払う際はパスポートが必要な場合もございますのでお忘れなく!

トーレス・デル・パイネ国立公園(Parque National Torres Del Paine)
住所:
Torres del Paine National Park,Chile
アクセス:
プンタアレナス空港からプエルト・ナタレスまで行き車で約3時間。
プエルト・ナタレスのツアー参加が一般的。

イースター島

世界の秘境で誰でもその名をあげるのがイースター島でしょう。
チリ本土からなんと約3700㎞も離れており南太平洋の絶壁の孤島と言っても過言ではありません。

イースター島で欠かせないのが巨大石像モアイ!
周りを見渡せばモアイ!モアイ!!モアイ!!!
古いものを入れるとその数は1000体以上にもなります。

イースター島はモアイだけではなく青く光り輝く海がありラノ・カウ火山がある自然の魅力に溢れた美しい島でもあります。
南米というよりポリネシアの文化が濃く本土とは違った雰囲気を楽しむ事ができますよ。
独特の空間の中モアイの謎を紐解いてみては?

イースター島はチリきっての人気観光地のため、首都サンティアゴとセットで巡るツアーも旅行会社から沢山出ています。
絶海の孤島ではありますが、日本からも多くの人が訪れており、ガイドブックも沢山出ていますので、ちょっとでも気になる方は是非行ってみて下さい。
モアイは島内に点在しているので、車で巡るとよいでしょう。遺跡には都度説明書があるわけではないので、現地に精通した方によるツアーに参加するのも手です。撮影禁止スポットなどもあるので、道先案内人の存在は心強いことでしょう。
なお、イースター島はラパ・ヌイ国立公園内に属しているので入場券が必要です。空港(マタベリ国際空港)で購入する必要がありますので、最新の売り場の場所等ご確認の上必ずお買い求めください。

イースター島(Isla De Pascua)
住所:
Easter Island, Chile
アクセス:
首都サンティアゴから飛行機で約5時間。

メトロポリタン大聖堂

ビーニャ・デル・マール

サン クリストバルの丘

アフ・ナウ・ナウ

モネダ宮殿

タティオ間欠泉

グレイ湖

ミロドンの洞窟

いかがでしたか?
ひとつの国でここまで異なる自然を持つのは世界中探してもチリだけではないでしょうか?
絶景の宝庫チリはあなたの期待を裏切りませんよ!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • チリで人気なおすすめお土産12選!ワインやチョコレート、オ...

    チリは太平洋とアンデス山脈にはさまれた南北に細長い国で、パタゴニアの切り立った山岳地帯や世界で最も乾燥した砂漠、アタカマ砂漠などの雄大な自然で知られています。また、イースター島のモアイ象などの遺跡でも有名。今回はそんなチリでお土産を買うならコレ!というおすすめのお土産をご紹介します。

  • イースター島「モアイ像」実はすごい種類があるって知ってま...

    イースター島のモアイ像。世界の不思議のひとつでもあるモアイ像は本当に謎だらけ!しかも、実はモアイ像にはたくさんのバリエーションがあるんです。実際に目にしたら驚くに違いないモアイ像の数々をご紹介します!

  • チリ基本情報 【お金編】

    チリは南米大陸の西に位置する細長い国です。見所もたいへん多く、世界中から多くの観光客が訪れます。ここではそんなチリのお金に関する情報を紹介しましょう。通貨、両替、クレジットカード、チップなど、チリを旅行する際には参考にしてください。

  • イースター島でお土産を探すならモアイグッズで決まり!おす...

    死ぬまでに一度は行ってみたい場所のひとつに挙がる秘境の島、イースター島。この島にはミステリアスな雰囲気をたたえるモアイをモチーフにした、かわいらしいお土産がたくさんあります。今回はオススメのモアイグッズを5つご紹介します。

  • チリ基本情報 【気候・服装編】

    チリは南北に長い国で、砂漠からツンドラ気候まで様々な変化が見られます。そんなチリの気候やベストシーズン、服装などについて詳しく紹介しましょう。

  • 南米モアイの島「イースター島」でオススメの日本人宿3選!絶...

    見知らぬ人々との出会い、親交は海外を旅するうえでの大きな醍醐味の一つ。ですが、たまには日本語で思いっきり話をしたくなる時もあります。そんな時に便利なのは日本人の集まる「日本人宿」。特に南米では日本人宿が多く、そんな安らぎの宿が絶海の孤島イースター島にもあるんです。今回は、そんなイースター島でおすすめの日本人宿を3つご紹介します。

このエリアの新着記事
  • イースター島「モアイ像」実はすごい種類があるって知ってま...

    イースター島のモアイ像。世界の不思議のひとつでもあるモアイ像は本当に謎だらけ!しかも、実はモアイ像にはたくさんのバリエーションがあるんです。実際に目にしたら驚くに違いないモアイ像の数々をご紹介します!

  • 南米チリのおすすめホテル15選!一度は泊まってみたい人気ホ...

    南アメリカ大陸にあるチリ。チリと聞いて最初に思い浮かぶところといえば、モアイ像のあるイースター島ではないでしょうか?でも、チリの有名なスポットはここだけではなく、他にも歴史史跡や自然公園などたくさん観光できるスポットがあります。ということで、今回はチリ国内にある人気ホテルを紹介してみたいと思います。

  • チリで人気なおすすめお土産12選!ワインやチョコレート、オ...

    チリは太平洋とアンデス山脈にはさまれた南北に細長い国で、パタゴニアの切り立った山岳地帯や世界で最も乾燥した砂漠、アタカマ砂漠などの雄大な自然で知られています。また、イースター島のモアイ象などの遺跡でも有名。今回はそんなチリでお土産を買うならコレ!というおすすめのお土産をご紹介します。

  • チリ基本情報 【気候・服装編】

    チリは南北に長い国で、砂漠からツンドラ気候まで様々な変化が見られます。そんなチリの気候やベストシーズン、服装などについて詳しく紹介しましょう。

  • チリ基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    南北に細長い土地を持つ南米チリ。その細長い土地には変化にとんだ自然があります。今回は、そんな地理旅行を考える際に知っておくと便利な祝日・祭日と、ビジネスアワーについてご紹介します。

  • チリ基本情報 【時差・空港編】

    チリは南北に長い国で、地形に富んだ国です。砂漠や氷河など見所も多く、世界中から多くの人が訪れます。ここではそんなチリの時差や空港などについて紹介しましょう。

  • チリ基本情報 【お金編】

    チリは南米大陸の西に位置する細長い国です。見所もたいへん多く、世界中から多くの観光客が訪れます。ここではそんなチリのお金に関する情報を紹介しましょう。通貨、両替、クレジットカード、チップなど、チリを旅行する際には参考にしてください。

  • チリワインのワイナリー&ブドウ畑巡りの旅!試飲もできる見...

    チリのワインは安くて美味しいの代名詞!今や私たちにはなくてはならないものになりつつあります。そんなチリワインの知られざる世界をのぞいてみませんか?数あるワイナリーの中から2つのワイナリーの見学もご紹介します。

  • チリ旅行で参考に!イースター島観光「4つの節約術」教えます!

    多くの本やテレビ番組、サイトなどで、一生に一度は行ってみたい絶景として紹介されることも多いイースター島。ところがイースター島に行くのにももちろんかなりのお金がかかり、また島の物価も高いのがちょっと難点。そこで今回は、出費を出来るだけ抑えつつも、実際にイースター島を訪れた筆者が実践した節約術を4つ、ご紹介します!

  • 南米モアイの島「イースター島」でオススメの日本人宿3選!絶...

    見知らぬ人々との出会い、親交は海外を旅するうえでの大きな醍醐味の一つ。ですが、たまには日本語で思いっきり話をしたくなる時もあります。そんな時に便利なのは日本人の集まる「日本人宿」。特に南米では日本人宿が多く、そんな安らぎの宿が絶海の孤島イースター島にもあるんです。今回は、そんなイースター島でおすすめの日本人宿を3つご紹介します。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事