チリの有名ワイナリー観光へ!IWSCで3年連続受賞したワインを堪能

2,386

views

0

2012年から2014年の3年連続で、IWSCで「その年のチリの生産者NO1」に選ばれたチリのワイナリー、カサス・デル・ボスケ。チリのカサブランカ・ヴァレーは、空気がおいしく緑が一面に続く心地よい場所で、自転車やピクニックなどのアウトドアオプションもあって、一日ゆっくりと楽しむことができます。

チリ共和国

細長い国のチリ共和国。北部と南部では気候が違うので、観光する場所がどこであるかによって、支度が違ってきます。

首都のサンディアゴは四季があるので、観光のおすすめは春から秋にかけてですが、昼と夜の気温差が激しいので、夏でも羽織物は持って行ったほうがいいでしょう。

雨は6月~8月が多いので傘のご準備を。紫外線は3月くらいから強くなりますので、対策が必要です。

カサス・デル・ボスケ

カサス・デル・ボスケの動画

出典:youtube

まずは、カサス・デル・ボスケのイメージ動画をご覧ください。

IWSCで賞を受賞

カサス・デル・ボスケ、ピノ・ノワール”アーリー・リリース”ワインは、2012年から2014年の3年連続で、IWSC(International Wine and Spirits Competition) で「Chilean wine producer of the Year(その年のチリ生産者NO1)」を受賞しました。

デキャンター・ワールド・ワイン・アワードは、世界90ヵ国以上で読まれているワインの月刊専門誌デキャンターが2004年から主催しているコンベンションですが、ここでも賞を受賞しています。

始まり

カサス・デル・ボスケのオーナーは、チリで最大のスーパーマーケット・チェーン、ファラベラを経営するクネオ=ソラリファミリーです。

最初は馬を放牧するために購入していた1,200haの土地を、ワインづくりに最適とわかると、ブドウ畑にしてしまいました。

専門家を雇って、「量より質」のワインづくりが1993年より始まりました。

カサス・デル・ボスケのあるカサブランカ・ヴァレーは、110万年前に形成された土地で、海塩を含む土壌は特徴あるワインを造るのです。

また、白ワイン用のブドウは、3℃から8℃の気温が低い時に5日~9日かけて、夜に収穫しています。

「量より質」を求めたワインは、専門家の知識や長年培われてきた経験によって、おいしいワイン造りの方法を実践してきました。

世界初!解明された夜の収穫

ワインは原料のブドウによって、おいしくもなりまずくもなると言われています。

どんな土地で栽培されているのか、育ち方はどうだったのか、収穫や醸造過程はどうだったのか、それらすべてをひっくるめて、1本のワインが評価されます。

それらすべての方法が、古代からの経験や、ワイナリー独自のものだったりするのですが、「温暖な地域でブドウを夜に収穫する」というのは、長年の経験から得た答えではないでしょうか。

その「夜に収穫すること」が利にかなっていることが、科学的に解明されました。

KIRINと山梨大学とワイン科学センターの共同研究によるもので、2012年11月14日に発表され、収穫する時間帯によって、ワインの香り成分濃度が違うことが証明されたのです。

研究の結果、ブドウ中の前駆体3MHの含有量は、深夜から早朝にかけて増加し、日中減少する傾向が認められました。また、前駆体3MHの構成成分であるグルタチオンの量は、前駆体3MHの生成量に対応して増減していました。実際に、これらのブドウを使ってワインを醸造した場合においても、早朝に収穫したブドウから造ったワインの方が、日中に収穫したブドウから造ったワインと比較してより多くの3MHを含んでいることが分かりました。
 これらの結果により、前駆体3MHを一例として「夜収穫(ナイトハーベスト)」という収穫方法の科学的有意性について世界で初めて明らかとすることができました。

出典:http://www.kirin.co.jp/company/news/2012/12047.html

ワインツアー

サンティアゴから車で1時間も走ると、カサブランカ・ヴァレーに到着します。サンティアゴは空の色が灰色なので、空気が汚れていることを感じますが、カサブランカ・ヴァレーは違います。

澄んだ空の色、一面にブドウ畑が広がり、なんとも心地よい風が吹いてきます。

ツアーでは、一面に広がるブドウ畑を見せてもらえます。よそのワイナリーツアーは、ブドウ畑まで見せてもらえないことが多いので、お得感いっぱい。

なぜかというと、チリのブドウ畑はヨーロッパ系品種のブドウが自根で栽培されているからなのです。

ヨーロッパでは、19世紀半ばにブドウの根を食べてしまうアブラムシ、フィロキセラが大量発生して、ブドウの木がほぼ全滅してしまうという事件が起こりました。

しかしそれ以前(16世紀)にチリへ持ち込まれていたブドウの木は、被害にあうことなく今も生きているのです。

過去から現在まで、フィロキセラの被害にあったことのない国が、チリなのです。

レストランが併設されているので、昼食をとりながらゆっくりワインを味わうことができます。

その他アウトドアとして、景色を楽しみながら自転車で走ることや、ピクニックに行ってお料理もワインも楽しむといったコースもあります。

一日、ゆっくり過ごすには最適な場所ですよ。

カサス・デル・ボスケワイナリーツアー(Vina Casas del Bosque Winery Tour)
住所:
Hijuelas No2 Ex Fundo-Sta Rosa,Casablanca,Region de Valparaiso,Chile
営業時間:
10:00~17:30
アクセス:
サンティアゴから車で1時間
定休日:
1月1日、5月1日、12月8日、12月25日
電話番号:
56 22 4806940
料金:
ツアーにより異なる。自転車やピクニックなどのオプションもあり、メールにて予約をすると確定される。
プレミアムワインツアー:
1時間のツアー、10:30、12:30、15:00、16:30、3グラン・レセルバ(最低48か月間熟成させた格付け2位のワインの試飲あり)
アロマワインツアー:
50分のツアー、10:30、12:30、15:00、16:30、2本2グラン・レセルバ
ワイナリーツアー:
35分のツアー、10:30、12:30、15:00、16:30、試飲はなし
ツアー予約:
furismo@casasdelbosque.d
レストラン予約:
reservas@casasdelbosque.cl

まとめ

チリの気候や土壌はワイン造りに向いている上に、根も枝も全部ヨーロッパ系種のヴィティス・ヴィニフェラ種なので、おいしいワインが造れる下地は整っているのです。

ほかの国は根がフィロキラに強い北米系種で、接木して枝の部分はヨーロッパ系種で、ブドウを造っています。

お手頃ワインというイメージのチリワインですが、IWSCで「チリ生産者」の枠から抜けて受賞することを、応援しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • チリで人気なおすすめお土産12選!ワインやチョコレート、オ...

    チリは太平洋とアンデス山脈にはさまれた南北に細長い国で、パタゴニアの切り立った山岳地帯や世界で最も乾燥した砂漠、アタカマ砂漠などの雄大な自然で知られています。また、イースター島のモアイ象などの遺跡でも有名。今回はそんなチリでお土産を買うならコレ!というおすすめのお土産をご紹介します。

  • チリ観光スポット7選!絶景の宝庫、地球の裏側に感動の嵐が...

    日本の反対側の南米に属するチリ共和国。そこには我が国にはないたくさんの絶景や秘境がたくさん詰まっています。魅力あふれる素晴らしい自然と街の景観美を感じに地球の裏側までひとっ飛びしちゃいましょう!

  • イースター島「モアイ像」実はすごい種類があるって知ってま...

    イースター島のモアイ像。世界の不思議のひとつでもあるモアイ像は本当に謎だらけ!しかも、実はモアイ像にはたくさんのバリエーションがあるんです。実際に目にしたら驚くに違いないモアイ像の数々をご紹介します!

  • チリ基本情報 【お金編】

    チリは南米大陸の西に位置する細長い国です。見所もたいへん多く、世界中から多くの観光客が訪れます。ここではそんなチリのお金に関する情報を紹介しましょう。通貨、両替、クレジットカード、チップなど、チリを旅行する際には参考にしてください。

  • イースター島でお土産を探すならモアイグッズで決まり!おす...

    死ぬまでに一度は行ってみたい場所のひとつに挙がる秘境の島、イースター島。この島にはミステリアスな雰囲気をたたえるモアイをモチーフにした、かわいらしいお土産がたくさんあります。今回はオススメのモアイグッズを5つご紹介します。

  • チリ基本情報 【気候・服装編】

    チリは南北に長い国で、砂漠からツンドラ気候まで様々な変化が見られます。そんなチリの気候やベストシーズン、服装などについて詳しく紹介しましょう。

このエリアの新着記事
  • イースター島でお土産を探すならモアイグッズで決まり!おす...

    死ぬまでに一度は行ってみたい場所のひとつに挙がる秘境の島、イースター島。この島にはミステリアスな雰囲気をたたえるモアイをモチーフにした、かわいらしいお土産がたくさんあります。今回はオススメのモアイグッズを5つご紹介します。

  • 南米チリのおすすめホテル15選!一度は泊まってみたい人気ホ...

    南アメリカ大陸にあるチリ。チリと聞いて最初に思い浮かぶところといえば、モアイ像のあるイースター島ではないでしょうか?でも、チリの有名なスポットはここだけではなく、他にも歴史史跡や自然公園などたくさん観光できるスポットがあります。ということで、今回はチリ国内にある人気ホテルを紹介してみたいと思います。

  • イースター島「モアイ像」実はすごい種類があるって知ってま...

    イースター島のモアイ像。世界の不思議のひとつでもあるモアイ像は本当に謎だらけ!しかも、実はモアイ像にはたくさんのバリエーションがあるんです。実際に目にしたら驚くに違いないモアイ像の数々をご紹介します!

  • チリ観光スポット7選!絶景の宝庫、地球の裏側に感動の嵐が...

    日本の反対側の南米に属するチリ共和国。そこには我が国にはないたくさんの絶景や秘境がたくさん詰まっています。魅力あふれる素晴らしい自然と街の景観美を感じに地球の裏側までひとっ飛びしちゃいましょう!

  • チリで人気なおすすめお土産12選!ワインやチョコレート、オ...

    チリは太平洋とアンデス山脈にはさまれた南北に細長い国で、パタゴニアの切り立った山岳地帯や世界で最も乾燥した砂漠、アタカマ砂漠などの雄大な自然で知られています。また、イースター島のモアイ象などの遺跡でも有名。今回はそんなチリでお土産を買うならコレ!というおすすめのお土産をご紹介します。

  • チリ基本情報 【気候・服装編】

    チリは南北に長い国で、砂漠からツンドラ気候まで様々な変化が見られます。そんなチリの気候やベストシーズン、服装などについて詳しく紹介しましょう。

  • チリ基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    南北に細長い土地を持つ南米チリ。その細長い土地には変化にとんだ自然があります。今回は、そんな地理旅行を考える際に知っておくと便利な祝日・祭日と、ビジネスアワーについてご紹介します。

  • チリ基本情報 【時差・空港編】

    チリは南北に長い国で、地形に富んだ国です。砂漠や氷河など見所も多く、世界中から多くの人が訪れます。ここではそんなチリの時差や空港などについて紹介しましょう。

  • チリ基本情報 【お金編】

    チリは南米大陸の西に位置する細長い国です。見所もたいへん多く、世界中から多くの観光客が訪れます。ここではそんなチリのお金に関する情報を紹介しましょう。通貨、両替、クレジットカード、チップなど、チリを旅行する際には参考にしてください。

  • チリワインのワイナリー&ブドウ畑巡りの旅!試飲もできる見...

    チリのワインは安くて美味しいの代名詞!今や私たちにはなくてはならないものになりつつあります。そんなチリワインの知られざる世界をのぞいてみませんか?数あるワイナリーの中から2つのワイナリーの見学もご紹介します。

このエリアの人気記事
新着記事