愛知県の観光名所15選!自然いっぱい、家族旅行やデートにぴったりのスポット大特集

1361

views

0

都会の便利さを残しつつ、四季折々のさまざまな姿を楽しめて、自然も豊かな愛知県。 子供も大人もカップルも楽しめる、そんなおすすめスポットを紹介していきます! 季節が変わればまた別の表情が楽しめるので何度行っても新鮮ですよ♪

名古屋城

名古屋城は1610年(慶長15年)ごろに徳川家康の命によって築城されました。
江戸時代には徳川御三家として「紀州徳川家」・「水戸徳川家」と並び「尾張徳川家」として「徳川将軍家」のサポートをしていました。その後、明治維新の際には名古屋城の取り壊しの可能性もありましたが、紆余曲折があり、名古屋城は取り壊しの危機を乗り越えました。しかし、第二次世界大戦の名古屋空襲で「本丸御殿」や「大天守」などが焼失。終戦後には地元の商店街や全国からの寄付によって再建され、今でも名古屋市のシンボルとして市民に愛されています。

名古屋市内からも近く、観光しやすいところも魅力です。土日祝にはガイドボランティアの方もいるので説明を聞きながらより深い知識を得ながら見て回ることも可能。大体の見学所要時間は1時間~1時間半を予定しておいてください。

現代の名古屋城は徳川家や当時の様子が分かる資料が展示されていて、展望室からは名古屋市内の風景が一望できます。また、空襲で焼失してしまった「本丸御殿」の再建工事が進んでいて、現在は一部が公開されています。
また、名古屋城は市民の憩いの場として桜や紅葉のシーズンには多くの見物客が訪れていますし、「城フェス」として各季節ごとにイベントや特別公開があり、何度行っても楽しめる観光スポットになっています。
「尾張名古屋は城でもつ」の言葉通り、名古屋市民と名古屋城は切っても切れない関係にあるのではないでしょうか。

名古屋城
住所:
愛知県名古屋市中区本丸1−1
アクセス:
名城線 「市役所」 7番出口より徒歩5分
休園日:
12月29日~31日、1月1日
電話番号:
052-231-1700
観覧料:
個人(大人)500円、(中学生以下)無料、(名古屋市内高齢者)100円

サツキとメイの家

ジブリの映画「となりのトトロ」に登場する、サツキとメイの家が長久手にあります。
となりのトトロは1988年に公開された映画で、大人から子供までファンは多いのでは!?
昭和30年代の暮らしを映画のまま再現していて、映画の中に入ったような気分になれますね!

玄関なども映画の世界そのまま!そのほか、お父さんの仕事部屋の洋間なども観ることができます。沢山の本が積まれ、サツキの手書きカレンダーが飾られていてこちらも映画そのままですよ。トトロファンの方に是非一度いってみてほしいですね。

2005年の「愛・地球博」のパビリオンのひとつとして作られた「サツキとメイの家」ですが「愛・地球博」の跡地である「愛・地球博記念公園」に残されることになりました。
中に入れば映画の雰囲気や昭和30年代の暮らしが再現されています。もし、映画を知らない人がいても「サツキとメイ家」を見学すれば、映画を見たくなるでしょうね。
「愛・地球博」の開催時も大人気のパビリオンでしたが、現在でも入場は時間予約制で、入場時間も30分の時間制限があります。当日に空きがあれば当日券の販売も行っているそうですが、もし当日券が購入できなかった場合は外見だけしか見る事が出来なくなってしまいますので、ここは是非とも予約をして内部も見学してもらいたいものです。

サツキとメイの家
住所:
愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
アクセス:
名古屋地下鉄東山線「藤が丘駅」から東部丘陵線リニモで『愛・地球博記念公園駅』下車すぐ
休館日:
毎週月曜日、および年末年始(12月29日~1月1日)
     土日祝は9:
30~16:30営業
電話番号:
0561-64-1130
観覧料:
個人(大人)510円、(4歳以上、中学生以下)250円

香嵐渓

愛知県豊田市足助町にある渓谷。
春にはかたくりの花でピンクのじゅうたんをつくり、
夏にはまぶしいほどの新緑、木陰で涼しむ人や水遊びをすることも。

秋には紅葉のライトアップも行い、
冬は雪化粧が美しい四季折々に彩られる渓谷です。

やはり見どころは紅葉の季節。
1634年に植えられたのがはじまりといわれており、現在11種類の楓が植えられているといわれています。
日没から21時まではライトアップされ、また違う姿をみることができますね。

香嵐渓は足助にある「香積寺(こうしゃくじ)」の三栄和尚が参道にカエデやスギの木を植えたのが始まりとされています。その後、地元住民がカエデを植え足したり、周辺の散策道を整備し、現在に至ります。
「香嵐渓」の名前の由来は「香積寺」の香と周辺の山々から発せられる「山気」=「嵐気」を元に名付けられました。香嵐渓は秋の紅葉シーズンだけではなく、春には「かたくりの花」や「山野草」が春の訪れを告げ、夏には新緑と清流が「涼味」を感じさせ、冬には山々の「雪化粧」を楽しむ事が出来ます。愛知県だけではなく、中京圏を代表する景勝地は日本各地からその景色を見る観光客で賑わっています。

香嵐渓
住所:
愛知県豊田市 足助町飯盛
アクセス:
東海環状自動車道豊田勘八ICから国道153号を足助方面へ約20分(約14km)
      名鉄豊田線浄水駅からとよたおいでんバス百年草行きで約50分、香嵐渓下車すぐ。
電話番号:
0565-62-1272(木曜定休・足助観光協会)

名古屋市科学館

その名のとおり、愛知県名古屋市に建設された科学館。
ここのコンセプトは「みて、ふれて、たしかめて」
そしてなんといってもここのプラネタリウムは世界最大のドーム型、直径35m。
2011年(平成23年)12月にギネス世界記録に認定されました!
世界一のプラネタリウムをみるのは、ここでしかみれません!

室内イベントではマイナス30度の部屋で極寒体験、オーロラ映像をみたりもできますし、
外にも展示品がたくさん。
B6型蒸気機関車はドイツで製造されたものだそうですが、日本では貨物列車や通勤のためにつかわれ、中部地方や名古屋にゆかりのある鉄道だそうです。
またこの科学館らしいロッカーのデザイン!
理系の人にはたまらないデザインですね。このようなユニークなところも楽しめる科学館、是非お子さんと観に行ってみてはどうでしょうか。

名古屋市科学館では「科学館友の会」として小学校5・6年生と中学生を対象にした「サイエンスクラブ」や高校生から社会人以上を対象にした「天文クラブ」を毎年4月頃に募集しています。各クラブごとに会費が必要ですが、機関誌の発行や例会として会員限定のイベントも年に数回実施されています。普段の館内見学では出来ない様な催しもあり、科学に興味がある方でも、あまり興味が無い方でも楽しめる内容になっています。
また、展示品などの説明をする為のボランティアも募集しており、「展示室ボランティア養成講座」を受講する必要がありますが、年に数回の活動を通じて自身の教養にもなるのではないでしょうか?
詳しくは名古屋市科学館のホームページを参照して下さいね。

名古屋市科学館
住所:
愛知県名古屋市中区栄二丁目17番1号
アクセス:
地下鉄東山線・鶴舞線 「伏見」駅下車、4・5番出口 から南へ徒歩5分
休館日:
月曜日、第3金曜日、12月29日~1月3日
電話番号:
052-201-4486
観覧料:
展望室とプラネタリウム(大人)800円、(大学・高校生)500円、(小人)無料、(名古屋市内の65歳以上の方)200円
     展望室のみ(大人)400円、(大学・高校生)200円、(小人)無料、(名古屋市内の65歳以上の方)100円

竹島

愛知県蒲郡市の三河湾に浮かぶ無人島、竹島。
陸地とは387メートルの竹島橋によって結ばれています。
この竹島橋は、縁結びの橋ともよばれているそうで、相手とは中央をあけないように、是非手をつないでわたってみてはいかかでしょうか。

実は竹島は全域が、日本七弁財天のひとつである八百富神社の境内です。
開運・安産・縁結びの神をまつった神社です。

また竹島の木々は、対岸の植物相と大きくことなる環境のようで、昭和5年に天然記念物と認定されています。

竹島にある5つの神社を全て巡ると一生の幸いが得られるとされています。竹島自体がパワースポットでもあり、竹島を御由緒とする「八百富神社(市杵島姫命)」・「宇賀神社(宇迦之御魂神)」・「大黒神社(大国主神)」・「千歳神社(藤原俊成卿)」・「八大龍神社(豊玉彦命)」の神社は訪れる人を幸せにしてくれるのではないでしょうか?
また、竹島はJR蒲郡駅から徒歩約20分位の所にあります。歩くと少し遠い気もしますが、蒲郡市観光協会のホームページでは蒲郡駅から竹島までの地図と竹島周辺の見どころスポットを記した手書きの地図をダウンロードする事も出来ます。グルメスポットや周辺の宿泊施設が紹介されていますので、訪れる際には地図もチェックしておくと良いでしょう。

竹島
住所:
蒲郡市竹島町3-15
アクセス:
東名音羽蒲郡ICより三河湾オレンジロード経由、蒲郡市街方面へ20分
電話番号:
0533-68-3700(八百富神社)

竹島水族館

竹島水族館は前述の竹島に渡る竹島橋の入口に近い所にある水族館です。竹島の島内にある訳ではありませんが、入館料もお手頃なので竹島観光の時には併せて訪れたいスポットでもあります。大きい水族館ではありませんが、開館から約60年の歴史のある水族館で2011年にリニューアルされました。竹島水族館ではアシカショーや全国でも珍しい深海生物の展示が特徴的ですが、展示内容を来場者の反応で頻繁に入れ替えているそうで、訪問する度に違った展示が見られます。展示されている生物を頻繁に入れ替えられるのも地元の漁師さんの協力があっての事だそうです。水槽などに掲示されている解説文も飼育員の手作りだとか。アットホームな雰囲気の水族館なので展示を眺めながらゆっくり過ごすのがおすすめです。ゆるキャラマスコットの「タケアシくん」にも会っておきたいところですね。

竹島水族館では年間パスポートも発行されていますので、蒲郡市の近郊に住んでいる方なら定期的に訪問するのも良いかも知れません。年間パスポートで10回訪問すると水族館からプレゼントもあるそうです。現在は残念ながら2017年の12月末まで耐震工事を行っており、来年まで訪問する事が出来なくなっています。訪問の際には最新情報をチェックしてからお出掛けくださいね。

竹島水族館
住所:
愛知県蒲郡市竹島町1-6
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
0533-68-2059
入館料:
定休日:
毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、春休み・ゴールデンウィーク・夏休み・冬休み期間等は火曜日開館、12月29日・30日・31日、6月上旬機械類メンテナンスのため水曜日に1日休館
アクセス:
ラグーナ蒲郡(ラグーナテンボス)より車で約10分、JR東海道本線または名鉄蒲郡線蒲郡駅南口より徒歩約15分

名古屋港水族館

市営地下鉄名港線「名古屋港」駅から徒歩数分に位置する「名古屋港水族館」、ファミリーは勿論、カップルやグループ旅行でも楽しめる人気スポットです。館内の巨大水槽では優雅に泳ぐ魚の姿を観察できます。中でも一番大きい黒潮大水槽で泳ぐマイワシの群れがとても幻想的で人気を呼んでいます!大迫力のうずを描いて泳ぐイワシは見ているだけで癒されますよ。

魚の展示だけでなく、シャチのショーやイルカショー、餌付けなどのイベントも開催されているのでスケジュールを見て、上手に見学ができるともっともっと楽しめますね。イルカショーの動画では雰囲気をお分かりいただけると思います。

前述の竹島水族館とは全然規模が違いますが、こちらの水族館も愛知県を代表する水族館のひとつです。週末、平日を問わず様々なイベントが実施されていますので、いつ訪れても楽しむ事が出来る水族館です。参加型の特別プログラムやナイトウォッチングなども開催されていますので、興味のある方は特別プログラムに応募するのも良いかも知れません。
また、名古屋港のエリアには他にも実際に運用されていた「南極観測船ふじ」や展望室や「海洋博物館」のある「名古屋港ポートビル」、ショッピングやお買い物も楽しめる「JETTY」などもあり、併せて訪問しても楽しいと思います。水族館は再入場も出来ますので、一日中過ごしても飽きる事は無いでしょう。

名古屋港水族館
住所:
愛知県名古屋市港区港町1−3
アクセス:
名鉄・JR「金山」駅下車、市営地下鉄名港線「名古屋港」行き、終点下車徒歩5分
営業時間:
9:30〜17:30(GW・夏季休暇中は9:30〜20:00)
定休日:
月曜日(時期によっては無休)
電話番号:
052-654-7080
料金:
大人・高校生2000円、小中学生1000円、幼児(4歳以上) 500円
※時期によって営業時間や定休日、イベントなどが異なるため、公式HPを要チェック

熱田神宮

「熱田さん」の愛称で親しまれる「熱田神宮」、三種の神器の一つに数えられる「草薙剣」が祀られている、由緒ある神社です。鳥居をくぐった瞬間に空気が一変するほど神聖な境内は、パワースポットとしても知られています。名古屋の街とは一線を隠しているかのようなとても静かで自然溢れる落ち着いた場所です。

弘法大師のお手植えと伝えられている「大楠」、樹齢はなんと千年!!
幹周7.70m、樹高20mを誇る熱田神宮の御神木です。蛇が住んでいて時折その姿を見せると言われており、大楠の根元には卵が供えられています。

熱田神宮は名古屋市内の中心部にありますが、境内に生い茂った木々が都会の中心という事を忘れされてくれるかのようです。初詣には全国屈指の参拝者数を数え、中部地方では伊勢神宮と並ぶ初詣の定番スポットでもありますが、毎月行事や神事がありますので、普段から参拝客の多い神社です。中でも6月5日に行われる「例祭(熱田まつり)」は名古屋市を代表するお祭りでもあります。天皇家ともゆかりのある熱田神宮には天皇陛下のおつかい(勅使)が訪れる熱田神宮でも最も重要な行事です。当日には花火や演芸、相撲や神楽なども行われていて、名古屋市でも大規模な文化行事として市民に親しまれています。

熱田神宮
住所:
愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1-1
アクセス:
名鉄神宮前駅から徒歩すぐ
営業時間:
9:00~16:30(宝物館)※境内自由
定休日:
毎月最終水・木(宝物館)、12/25~12/31
電話番号:
052-671-4151
料金:
大人300円 / 子供150円(宝物館)
おススメの時期:
通年

この記事を読んだあなたにオススメの記事

今週の人気記事

  • 箱根に行ったら買って帰りたい!人気のお土産15選

    神奈川を代表する人気の観光地といえば、やっぱり箱根。自然に恵まれた箱根には美味しいお土産がたくさんあります。可愛い雑貨と一緒にぜひ買って帰りたい箱根土産をご紹介します。

  • 神戸で絶対お得なステーキランチを食べよう!有名店から安く...

    神戸牛が有名な神戸に来たら、一度はステーキを食べておきたいですよね。数あるお店の中から外してはならない、絶対お得なステーキランチがいただけるお店をご紹介します。

  • 京都で占いするならココ!本当によく当たると評判のお店ベス...

    占い激戦区京都!本当によく当たると評判のお店で人生相談したいという人におすすめのお店をご紹介します。どのお店も口コミで大評判。あなたの人生の迷いもスパッと解決間違いなし!

  • 福岡で本当に当たる占いはここだ!人気占い師紹介!

    みんな占いって好きですよね?悩んだ時や気になることがある時つい頼りたくなりますよね!占い師のところへ行ってみたことはありますか?実際にあって話してズバッと当てられたりするとビックリしますよね。でも当たる占い師ってわかりませんよね?そんな方のためにみんなの口コミや体験談を調べ、厳選してオススメの占い師を紹介します!福岡に行ったらこの方達のところへ行ってみてはいかがでしょうか?

  • 新大久保の激安コスメがおすすめ・人気韓国コスメショップを...

    日本国内でも韓流文化の根強い町・新大久保。韓流料理やアイドルグッズのお店など多々あります。その中でも韓流コスメショップが多いのも有名です。安くて種類も豊富な韓流コスメは日本人にも大人気。今回はそんな新大久保の人気韓国コスメショップを厳選紹介します。