東京駅からすぐ!大丸東京で人気のお弁当TOP18

425

views

1

JR東京駅に直結している大丸東京のB1の「ほっぺタウン」の一角にある「お弁当ストリート」と呼ばれるエリア。東京の老舗店や地方の有名店のお弁当がズラリと約1,000種類並び、駅ナカで販売されているお弁当よりはるかに美味しいと評判です。数あるお弁当の中でも、大丸東京で一押しのお弁当をご紹介します。

JR東京駅八重洲口直結!大丸東京のお弁当の魅力

JR東京駅からそのままアクセスできる大丸東京には、最新のファッション・カルチャー・グルメスポットなど、様々なジャンルの魅力的なショップが集まっています。定期的にイベントを開催している大丸東京では、平日・休日を問わず観光客や駅周辺で働くたくさんの人で賑わっていて、利用客数も全国最大規模。特に、B1と1Fのお弁当ストリートがある「ほっぺタウン」が人気フロアです。フロア内の通路の両側に全国の有名店のお弁当売り場がずらりと並んでいます。お肉メイン・和食・野菜など、魅力的なメニューが盛りだくさんなので、あれもこれも食べたくなってしまいます。また、お弁当売り場の近くには和洋のスイーツ売り場があるため、食後のデザートも一緒に購入できるところも人気。新幹線の出発まで、時間のない時でもサッと買い物ができます。

大変便利な大丸東京ですが、営業時間はフロアや曜日によって異なるので注意してください。平日の営業時間は10:00~21:00ですが、土・日・祝日は10:00~20:00までのフロアもあります。B1・1Fの食料品売り場「ほっぺタウン」は10:00~21:00まで、レストラン街のある12Fは11:00~23:00、13Fは11:00~24:00まで食事を楽しめます。大丸東京はJR東京駅八重洲口の北口改札を出たすぐのところにあるため、南口からアクセスするよりも、ほっぺタウンに近い北口からのアクセスがおすすめです。

大丸東京でおすすめのお弁当:第1位 ミート矢澤 黒毛和牛ハンバーグ弁当

お弁当ランキングでいつも上位にランクインしているのが、ステーキ店も経営している「ミート矢澤」の「黒毛和牛100%ハンバーグ弁当(1,780円)」。ミート矢澤では、A5ランクの牛肉を仕入れ、ハンバーグに向いている部位を選んで、黒毛和牛100%のハンバーグを作っています。
厳選した食材だけでなく製法にもこだわっていて、ハンバーグの両面を鉄板に焼き付け肉汁を閉じ込めた後、スチームコンベンションでじっくり熱を通します。こだわりの製法のおかげで、肉汁が外にあふれ出ず、ふっくらと仕上がったハンバーグを堪能できます。

セミオーダーのお弁当なので注文を受けてからハンバーグを焼き上げます。熱々のハンバーグは、出来上がるまでに5~10分ほどかかりますが、美味しさを考えると待つことが苦になりません。
ぜひ、JR東京駅に降り立ったら、肉の旨みと甘みが凝縮した黒毛和牛100%のお弁当を味わってください。一口食べるだけで口福を感じるはずです。「ミート矢澤」は、ほっぺタウンB1の叙々苑の隣、東京駅側にあります。

ミート矢澤 大丸店
住所:
〒110-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 B1
電話番号:
03-3212-8011
営業時間:
【平日】10:00~21:00【土日祝】10:00~20:00
定休日:
不定休(大丸東京に準ずる)
アクセス:
JR東京駅八重洲口直結

大丸東京でおすすめのお弁当:第2位 創作鮨処 タキモト 贅沢ミルフィーユ

大丸東京で販売されている1,000種類を超えるお弁当の中で、一二を争う人気を誇っているのが「創作鮨タキモト」が販売している「贅沢ミルフィーユ(1,620円)」。クリアなケースの中に、10種類の新鮮な魚介類とすし飯を贅沢にサンドした一品は、味はもちろん宝石箱のような鮮やかな見た目も人気。

デパ地下の人気グルメとして、何度もメディアで取り上げられるのが頷けます。贅沢ミルフィーユというだけあってカニ・エビ・イクラなどの高級食材とすし飯が何層にも重なっているため、次から次に新しい味や食感を楽しめます。

食べながら味変できるので最後まですし飯に飽きることがありません。「贅沢ミルフィーユ」は、ちらしずし感覚で食べても良し、一番上にトッピングされた魚介をお酒のおつまみにしても良し、その時々の気分に合わせて、様々な味わいを楽しんでください。「創作鮨タキモト」は、大丸東京B1にあるお弁当ストリートにある「知床鮨」の横に店舗を構えています。

創作鮨処 タキモト大丸店
住所:
〒110-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 B1
電話番号:
03-3212-8011(代表)
営業時間:
【平日】10:00~21:00【土日祝】10:00~20:00
定休日:
不定休(大丸東京に準ずる)
アクセス:
JR東京駅八重洲口直結

大丸東京でおすすめのお弁当:第3位 味の浜藤 吟たら西京焼き弁当

お魚好きの人におすすめなのが、お魚がメインのお弁当や総菜を販売している「味の浜藤」のお弁当。毎日、市場から上質で新鮮な海の幸を仕入れているため、お魚好きの人にファンが多いのも納得です。数ある人気メニューの中でもナンバー1は、「銀だら西京焼弁当(1,680円)」。西京味噌に漬け込まれた銀だらは、火を通すとふっくらとした焼き上がりになり、白味噌の上品な味わいと銀だら本来が持つ旨みが絶妙です。

だしには、「にんべんの本枯れかつお節」、海苔は山形屋海苔店の「青飛び焼き海苔」を使用するなど、お魚以外の食材にもこだわっています。「味の浜藤」のお弁当は、上質な和食を味わいたい方におすすめです。お店は大丸東京のお弁当ストリートの崎陽軒の横、有楽町側にあります。

味の浜藤 大丸東京店
住所:
〒110-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 B1
電話番号:
03-6895-2790
営業時間:
【平日】10:00~21:00【土日祝】10:00~20:00
定休日:
不定休(大丸東京に準ずる)
アクセス:
JR東京駅八重洲口直結

大丸東京でおすすめのお弁当:第4位 牛たん かねざき 厚切り牛たんステーキ弁当

お店の前を通ると、何とも言えない芳ばしい香りが漂ってくるのが「牛たん かねざき」。大丸東京内にある店舗では、まるでライブキッチンのように、職人さんが牛たんを焼いている様子をガラス越しに眺められます。
じっくり熟成された厚みのある牛たんを焼き立てで味わえるところが人気。牛たん かねざきで人気のお弁当は「厚切り牛たんステーキ弁当」。気になる中身は牛たん6切れ、麦ごはん、南蛮味噌漬け、特製ピクルス、つぼ漬けが入って2,000円です。

セミオーダーのお弁当ということで出来上がるまでに少し時間がかかりますが、歯ごたえが抜群で、シンプルな味付けのお肉は、待ってでも食べる価値あり。時間に余裕のある時は、ぜひかねざきの焼き立ての牛たんステーキを堪能してください。牛たん かねざきは、大丸東京B1のJR側のエレベーター寄りの「つきじ鈴富 すし富」の向かいにあります。

牛たん かねざき 大丸東京店
住所:
〒110-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 B1
電話番号:
03-6805-8332
営業時間:
【平日】10:00~21:00【土日祝】10:00~20:00
定休日:
不定休(大丸東京に準ずる)
アクセス:
JR東京駅八重洲口直結

大丸東京でおすすめのお弁当:第5位 銀座天一 天丼弁当

大丸東京では、天ぷらの名店「銀座 天一」が手掛けるお弁当を提供しています。天ぷら屋さんのお弁当で人気なのは「天丼弁当(松)1,134円」。ご飯の上にプリップリの海老やナス、ししとうなど様々な旬の食材をのせ、お店自慢の特製ダレをかけた逸品は、一度食べると病みつきになってしまう美味しさです。

ボリュームたっぷりの「天丼弁当」は、甘辛いタレでご飯が進みますが、トッピングした天ぷらをお酒やビールと一緒に楽しむのもおすすめです。本格的な天丼弁当を販売している「銀座 天一」は、お弁当ストリートの「なだ万厨房」の隣にあります。

銀座 天一 大丸東京店
住所:
〒110-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 B1
電話番号:
03-3212-8011
営業時間:
【平日】10:00~21:00【土日祝】10:00~20:00
定休日:
不定休(大丸東京に準ずる)
アクセス:
JR東京駅八重洲口直結

大丸東京でおすすめのお弁当:第6位 三代目たいめいけん 洋食やのまかないライス

洋食屋さんといえば、「たいめいけん」。1931年創業のたいめいけんは、日本人なら誰でも知っている老舗の洋食屋さんです。そんな「たいめいけん」のオムライス・ハンバーグ・エビフライ・ナポリタンなどの名物メニューを提供しているのが「三代目たいめいけん」。
手頃なお値段でボリューム満点のたいめいけんならではのメニューをお弁当で味わえると、幅広い世代に好評です。中でも人気のお弁当が「洋食やのまかないライス(980円)」。ハムバターライスの上に、スクランブルエッグとメンチカツをトッピングしています。

デミグラスソースがかかった旨みたっぷりのメンチカツと、トロトロのスクランブルエッグにハムバターライスの塩気が絶妙。食べている最中に、副菜に添えられているたいめいけん名物のナポリタンや、コールスローで味変しながら老舗の味をお楽しみください。
人気商品ということで、休日にはオープンしてすぐに売り切れることもあります。「三代目たいめいけん」は、大丸東京B1のお肉の細道にある「柿安ダイニング」の向かいに店舗を構えています。

洋食や 三代目 たいめいけん 大丸東京店
住所:
〒110-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 B1
電話番号:
03-6895-2809
営業時間:
【平日】10:00~21:00【土日祝】10:00~20:00
定休日:
不定休(大丸東京に準ずる)
アクセス:
JR東京駅八重洲口直結

大丸東京でおすすめのお弁当:第7位 崎陽軒 シウマイ弁当

東京大丸でも高い人気を誇っているのが、1908年創業の老舗・崎陽軒の「シウマイ弁当(830円)」。横浜名物に数えられる崎陽軒の「シウマイ弁当」は、約100年以上も販売されている横浜名物・シウマイの妹分として、1954年に販売開始されました。
全国的にも有名なお弁当の一つといえ、たくさんの人に愛されているロングセラー商品には、崎陽軒のこだわりが詰まっています。変わらぬ味の秘密は、昔から同じレシピで国産の豚肉とオホーツク産の干ホタテ貝柱をバランスよく配合しているところ。

風味豊かな一口サイズのシウマイは、食べやすいとこも人気です。気になるお弁当の中身はメインのシウマイのほかに、カラッと揚げられたジューシーな唐揚げ、甘くてしっとりした味が特徴の卵焼きなど、色とりどりのおかずが詰め込まれています。
おかずの真ん中で存在感を出している「あんず」は、食後のデザートにピッタリ。大丸東京では、B1にあるお弁当ストリートの有楽町側に店舗を構えています。

崎陽軒 大丸東京店
住所:
〒110-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 B1
電話番号:
03-3217-4155
営業時間:
【平日】10:00~21:00【土日祝】10:00~20:00
定休日:
不定休(大丸東京に準ずる)
アクセス:
JR東京駅八重洲口直結

大丸東京でおすすめのお弁当:第8位 叙々苑 牛薄切焼弁当

メディアで取り上げられることの多い高級焼肉店といえば「叙々苑」。年間300万人が訪れる高級焼き肉店が提供するお弁当は、すべてのお弁当でニンニク不使用の和風焼肉弁当を希望に応じて作っています。
食事の後、大切な人に会う予定の人も匂いを気にせず、美味しいお弁当が食べられるので肉好きにはたまりません。そんな叙々苑のお弁当でおすすめなのが「牛薄切焼弁当(1,800円)」。

お店で食べる焼肉の味をそのまま再現したお弁当は、口の中に入れると、とろけるほど柔らかい牛肉と、肉汁の旨みと焼き肉のたれをたっぷり吸いこんだご飯のバランスが絶妙です。副菜には、茎わかめ、ナムル、キムチがついているので、味変しながら最後まで美味しく食べられます。
叙々苑は、大丸東京の「お肉の細道」にある「ミート矢澤」の隣にあります。売り場の一番端の入り口近くなので、お肉好きの方はお立ち寄りください。

叙々苑 大丸東京店
住所:
〒110-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 B1
電話番号:
03-5221-7427
営業時間:
【平日】10:00~21:00【土日祝】10:00~20:00
定休日:
不定休(大丸東京に準ずる)
アクセス:
JR東京駅八重洲口直結

大丸東京でおすすめのお弁当:第9位 穴子寿司 平島 とろける一口穴子にぎり

穴子好きにはたまらないのが「穴子寿司平島」の「とろける一口穴子にぎり(980円)」。メディアに登場し話題となったデパ地下人気グルメは、長崎県の対馬沖で水揚げされた天然穴子を加工場に直送し、秘伝のタレで味付けし真空冷凍したものがその日のうちに店舗に直送されます。
鮮度抜群の天然穴子は、とろけるような柔らかさが特徴で、お店特製の甘めのタレが絶妙に絡んだ逸品です。

お箸が止まらないほど美味しい穴子にぎりは、一口サイズの握りが器にきれいに並べられています。リーズナブルなお値段で、本格的な穴子にぎりが味わえるということで、お食事時になるとお店の前は行列ができることもあります。
新幹線で食べるにはちょうど良い量と、女性が食べやすいサイズということも人気のポイントです。穴子寿司 平島の店舗は、B1の「牛たん かねざき」の横です。

穴子寿司 平島 大丸東京店
住所:
〒110-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 B1
電話番号:
03-3212-8011
営業時間:
【平日】10:00~21:00【土日祝】10:00~20:00
定休日:
不定休(大丸東京に準ずる)
アクセス:
JR東京駅八重洲口直結

大丸東京でおすすめのお弁当:第10位 イーション 豆腐ハンバーグの野菜たっぷり重

度々、メディアでも取り上げられるイーション(eashion)。従来のスタイルにとらわれないお惣菜屋さんということで、食べる(eat)と、スタイル・流行(Fashion)を組み合わせ、イーション(eashion)という造語が出来上がりました。そのため、おしゃれで洗練された空間で、彩り豊かなメニューを提供しています。
見た目の華やかさとヘルシーなメニューの数々は、今までにはなかった斬新なものが多く、特に女性の間で人気です。数あるメニューの中で、一二を争っているのが「豆腐ハンバーグの野菜たっぷり重(699円)」。

お弁当一つで、28品目の食材がとれ、他店で人気のお弁当よりもリーズナブルな価格になっているので、体にもお財布にも優しいお弁当です。気になる中身は、メインの豆腐ハンバーグに、彩り鮮やかな野菜、さらに黒米、黒豆など10種類の雑穀が入ったご飯が入っているので、味・見た目・ボリュームのすべてに満足できます。
店舗は、お弁当ストリートの上がりエスカレーター近くです。健康に気を使っている方は、ぜひ立ち寄ってみてください。

イーション 大丸東京店
住所:
〒110-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 B1
電話番号:
03-5221-7450
営業時間:
【平日】10:00~21:00【土日祝】10:00~20:00
定休日:
不定休(大丸東京に準ずる)
アクセス:
JR東京駅八重洲口直結

大丸東京でおすすめのお弁当:第11位 なだ万厨房 幕の内弁当 琴

季節の旬の食材をふんだんに使用した和食に定評がある「なだ万厨房」のお弁当は、普段使いはもちろん、お土産やお花見などの行楽弁当としての利用におすすめです。様々なバリエーションの和惣菜を組み合わせたお弁当が用意されているので、シーンに合わせ自分好みのお弁当をチョイスできます。
そんななだ万厨房で人気のあるお弁当が「幕の内弁当・琴(1,350円)」。少しずつ色々なおかずを食べたい女性に人気の「琴」には、旬の食材を使用した10種類以上のおかずが入っていて、高級料亭ならではの確かな味の和惣菜を楽しめます。

なだ万厨房のお弁当の数々は、「幕の内弁当・琴」をはじめ、何種類も入っているおかずを月ごとや季節によって変えるため、いつでも新鮮な味わいのお弁当を堪能できるのが特徴です。ぜひ、四季折々のなだ万厨房の味を楽しんでみてください。
なだ万厨房は、お弁当ストリートにあるシウマイ弁当でも有名な「崎陽軒」の向かい、有楽町側の入り口から入ってすぐの場所に店を構えています。

なだ万厨房 大丸東京店
住所:
〒110-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 B1
電話番号:
03-6895-2779
営業時間:
【平日】10:00~21:00【土日祝】10:00~20:00
定休日:
不定休(大丸東京に準ずる)
アクセス:
JR東京駅八重洲口直結

大丸東京でおすすめのお弁当:第12位 まい泉 やわらかヒレかつ弁当

「ヒレかつサンド」で有名な「まい泉」。そんなまい泉の豊富なメニューの中でも、人気ナンバー1のお弁当が、お店のショーケースに「箸でも切れます」とポップが張られている「やわらかヒレかつ弁当(1,059円)」です。とんかつの専門店だけあって、「まい泉」で使用される豚肉には、肉と脂身のバランスにこだわり、バラ先と呼ばれる部位が3センチ、脂身は8ミリ以下という厳しい規格があります。
このお肉をトックのあるパンチャーで叩いて、肉の繊維を細かく切ると「やわらかヒレかつ弁当」用のお肉が出来上がります。

また、極上のお肉をまとう衣にもこだわりがあり、使用されるパン粉は2種類。肉に絡みやすい細かいものと、サクサクの食感を楽しめる長めのものが使用されています。とんかつを揚げる時も165度の油で6分揚げるのがまい泉流。カリッと揚がったとんかつは見事に衣が立ち上がっています。
この状態を「剣立ち」といい、まい泉のとんかつの特徴です。ぜひ、まい泉流のとんかつ弁当を堪能してください。とんかつ・まい泉は、大丸東京のお弁当ストリートにある、「創作鮨タキモト」の横にあります。

まい泉 大丸東京店
住所:
〒110-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 B1
電話番号:
03-6895-2781
営業時間:
【平日】10:00~21:00【土日祝】10:00~20:00
定休日:
不定休(大丸東京に準ずる)
アクセス:
JR東京駅八重洲口直結

大丸東京でおすすめのお弁当:第13位 知床鮨 大丸 知床ちらし

北海道・知床の食材を中心に使用したお寿司が人気の知床鮨は、新鮮な魚介類を使用したお弁当が幅広い世代に評判です。銀座三越に本店がある「知床鮨」は、大丸東京をはじめとするデパ地下に店舗を構えています。豊富なバリエーションを誇るメニューの中でも、人気ナンバー1は、「知床ちらし(1,080円)」。

1,680円という破格のお値段で、タラバガニの脚肉・脂ののったプレミアムサーモントラウト・甘エビ・煮ホタテなどがトッピングされた豪華な海鮮ちらしを味わえます。豪華なネタのイクラとウニの濃厚な旨みは、一度食べると忘れられない美味しさ。至福のひと時を楽しみたい方は、お弁当ストリートの「創作鮨タキモト」の横にある店舗まで足を運んでみてください。

知床鮨 大丸東京店
住所:
〒110-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 B1
電話番号:
03-6895-2713
営業時間:
【平日】10:00~21:00【土日祝】10:00~20:00
定休日:
不定休(大丸東京に準ずる)
アクセス:
JR東京駅八重洲口直結

大丸東京でおすすめのお弁当:第14位 日本橋 弁松総本店 蛸の桜飯

大丸東京では、日本初の仕出し屋「日本橋・弁松総本店」のお弁当を気軽に購入できます。創業170年を超える老舗のお弁当は、食材に手間暇かけて下ごしらえし、一つひとつ丁寧に作られています。長年、変わらぬ味で日本人を魅了しているお弁当の中でも、人気のお弁当は「蛸の桜飯(1,382円)」。お弁当の器いっぱいに厚切りの蛸がたっぷり入った蛸飯と、彩り豊かなおかずがぎっしり詰め込まれています。

気になる弁松のおかずは、甘辛の濃いめの味が特徴のメカジキの照り焼きや野菜の煮物などが定番です。大丸東京で販売されているお弁当の中で、最も江戸を感じられる東京ならではのお弁当といえるでしょう。ほかの地域では、なかなか味わえない「江戸」の味覚を楽しんでみてください。「日本橋 弁松総本店」は、お弁当ストリートにある「なだ万厨房」の横にあります。

日本橋 弁松総本店
住所:
〒110-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 B1
電話番号:
03-3212-8011(代表)
営業時間:
【平日】10:00~21:00【土日祝】10:00~20:00
定休日:
不定休(大丸東京に準ずる)
アクセス:
JR東京駅八重洲口直結

大丸東京でおすすめのお弁当:第15位 柿安ダイニング 牛めし弁当

大丸東京では、1871年牛鍋屋として創業した「柿安ダイニング」。店頭には豊富なラインアップのお惣菜が並び、黒毛和牛を使用したボリュームのあるお弁当メニューが豊富にそろっています。松坂牛をはじめ、各種厳選した牛肉を使用しているにもかかわらず比較的リーズナブルなお値段で、豪華なお弁当を楽しめると評判です。
そんな「柿安ダイニング」で人気のお弁当は、お店自慢の割り下で炊き上げた牛肉と、その旨みをたっぷり吸いこんだお麩を混ぜたものに、ゴボウや玉ねぎの香りと食感をアクセントに加えた「黒毛和牛すき焼き重(1,001円)」。

創業当時のすき焼きを思い起こさせる味わい深い逸品です。すき焼き弁当は、よそでも人気のメニューですが一味も二味も違う「柿安ダイニング」の「黒毛和牛すき焼き重」を堪能してください。肉本来の旨みを存分に感じられるはずです。「柿安ダイニング」は、JR側のエレベーター近く、RF1の隣にあります。

柿安ダイニング 大丸東京店
住所:
〒110-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 B1
電話番号:
03-5288-8791
営業時間:
【平日】10:00~21:00【土日祝】10:00~20:00
定休日:
不定休(大丸東京に準ずる)
アクセス:
JR東京駅八重洲口直結

大丸東京でおすすめのお弁当:第16位 つきじ鈴富 すし富 まかないちらし

「ほっぺタウン」内のお肉の細道にある人気店「牛たん かねさき」の向かいにあるのが、「すし富」です。築地市場のマグロ専門仲卸「鈴富」直営の江戸前鮨店として広く知られ、鮮度と天然魚にこだわり、脂ののった旬のネタを提供しています。そんな名店のお寿司をテイクアウトできるのが「つきじ鈴富 すし富」大丸東京店です。
新鮮な魚介類を使用したお弁当をお探しの方に、おすすめしたいのが「つきじ鈴富すし富」の「まかないちらし(1,026円」。

元々は、お寿司屋さんで余ったネタを集めて作っていた従業員のまかない飯をアレンジして商品化したものですが、1,026円とは思えないほど豪華な食材が使用されています。まるで、宝石のように輝く色鮮やかな魚介類が敷き詰められ、甘辛く煮たシイタケやキュウリの食感がアクセントになり、最後までおいしく食べられます。

つきじ鈴富 すし富 大丸東京店
住所:
〒110-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 B1
電話番号:
03-6895-2715
営業時間:
【平日】10:00~21:00【土日祝】10:00~20:00
定休日:
不定休(大丸東京に準ずる)
アクセス:
JR東京駅八重洲口直結

大丸東京でおすすめのお弁当:第17位 西洋銀座 牛フィレ肉カツサンド

2013年に惜しまれながら閉店したホテル西洋銀座の味を継承しているのが、大丸東京店にある「デリショップ西洋銀座」です。厳選された食材を使用したデリの数々は、洗練された味付けだけでなく美しい盛り付けにも定評があります。その中でも、奮発して美味しいものを食べたい時におすすめなのが「牛フィレ肉のカツサンド(1,350円)税込」。

極上のフィレ肉の旨みを存分に堪能できる逸品は、自分へのご褒美にも最適ですが、ちょっとしたお土産にも喜ばれる一品です。仕事がハードで今日は何も作りたくないという日は、デリショップ西洋銀座のデリをいくつかピックアップして、自宅で贅沢ディナーを楽しんでみてはいかがでしょう。きっと、お腹も心も満たしてくれるはずです。

デリショップ 西洋銀座 大丸東京店
住所:
〒110-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 B1
電話番号:
03-6895-2754
営業時間:
【平日】10:00~21:00【土日祝】10:00~20:00
定休日:
不定休(大丸東京に準ずる)
アクセス:
JR東京駅八重洲口直結
この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 【食べログ3.5★以上】東京駅エリアの居酒屋おすすめ40選!【...

    東京駅周辺には、居酒屋やバーが沢山。どこへ行けば良いものやら悩みますよね。そこで、グルメ口コミサイト・食べログで3.5以上の星を獲得したお店を30店厳選してご紹介します。ネット予約も可能なので今夜のお店も簡単予約♪ご予算や雰囲気別にお店を紹介します。

  • 東京駅すぐ!人気スポット「丸ビル」へのアクセスを大解説

    東京駅からすぐのところにある丸ビルは、ショッピングに食事にと大活躍のスポットです。ですが、東京駅からたどり着くのが大変!という声がチラホラ。今回は、迷わず丸ビルにたどり着くためのポイントを詳しくご紹介しますよ。

  • 可愛いすぎ!東京駅のリラックマストアでグッズを買おう♡

    2003年にグッズ販売を開始し、可愛らしい見た目とゆるい設定が女性や子どもに支持され、爆発的な大ヒットを記録!ゆるキャラの前身とも言われている「リラックマ」。そのリラックマグッズを集結させた「リラックマストア」が、東京駅構内にあることをご存知でしたか?あなたの身の回りをリラックマ一色にできちゃいますよ!

  • 東京駅構内でおすすめのビールがおいしいお店3選

    東京駅構内には、ショップや飲食店が立ち並ぶお買い物スポットがいっぱい。休日はもちろんのこと、仕事帰りにだって利用できますよね。そこで数あるお店の中から、今回はビールがおすすめのお店をピックアップして紹介します。

  • 東京駅丸の内駅舎の必ず見ておきたい見どころポイント8つ!

    東京駅丸の内駅舎は、ただ通り過ぎるだけではもったいない!100年以上前に建てられた東京駅丸の内駅舎ですが、当時の面影をできるだけそのまま残し2012年に復元工事や保存工事が終わり、見どころ満載の東京駅丸の内駅舎になっていますよ!そこで今回は、東京駅丸の内駅舎の必ず見ておきたいポイントを8つご紹介致します。

  • 東京丸の内でテラス席がすてきなお店7選 デートにおすすめ!

    東京丸の内には、テラス席がすてきなお店がたくさん。ヨーロッパにいるような気分になれるお店でおしゃれなデートをしませんか?今回は、テラス席がすてきなお店を7つ、紹介させていただきます。

このエリアの新着記事
  • 東京駅周辺で気楽に行ける温泉&銭湯TOP13!ゆったりのんびり...

    東京駅で温泉や銭湯に入りたい!時間つぶしやリフレッシュに東京駅周辺エリアの温泉探しが必要になったらぜひ参考にしてみて。ホテル宿泊者でなくとも利用可の安いデイユースプランの料金の温泉施設や皇居ランにぴったりの温泉など東京駅から10分以内のスポットばかりを厳選しました。人気の銀座湯や大手町温泉の詳細もご紹介。

  • 東京駅で喫煙できるカフェ5選

    1日に40万人が利用する東京駅にはカフェがたくさん。その中でもオススメの、喫煙ができるカフェをご紹介します。電源コンセント完備でパソコンが使えるカフェや、朝早くからオープンしている一息つけるカフェなど、いろいろなお店を見つけました!お仕事の打ち合わせにピッタリなカフェもありましたよ。

  • 東京駅で美味しいチーズケーキが買えるお店TOP20!手土産にも...

    日本国内で最も利用者の多い東京駅は、ビジネス・観光等で国内外からの利用客で毎日ごった返しています。そんな東京駅には多種多様なお店が連なり、中でもお土産品としても便利なスイーツ店は数知れず。今回はスイーツ店の中でも、チーズケーキに焦点を当て東京駅周辺の有名店20軒を選りすぐりでお届けします。

  • 東京駅でおすすめの人気のお土産TOP30!令和天皇皇后両陛下即...

    令和天皇皇后両陛下の即位パレードで再度注目を集めている東京駅には貰って嬉しいお土産が一杯。東京駅でお土産を買うならグランスタや大丸東京、エキュ―トなどがイチオシ。東京駅限定のお菓子や定番雑貨などおすすめをご紹介します。高コスパなバラマキ土産の値段やレアな高級ビジネス土産の日持ちなど情報満載です!

  • ビジネスマンにぴったりな東京駅にあるおすすめホテル5選

    東京駅には出張で訪れる人も多いと思います。 空港からのアクセスも便利なので東京駅のホテルを見つけることもありますよね? 今回は東京駅にあるおすすめホテルをご紹介!

  • 東京駅・丸の内オアゾおすすめレストラン4選

    東京の人気観光スポット「丸の内オアゾ」で、美味しい食事を楽しむならこのお店に行きましょう!「元祖オムライス」が楽しめる老舗洋食店や、中華料理の名店迄今日は厳選して4軒ご紹介したいと思います。ランチにもディナータイムにも、是非利用してくださいね♪それでは早速ご覧ください!

  • とってもかわいい!丸ビルで雑貨を集めよう! おすすめショッ...

    東京・丸の内にある丸の内ビルディング=通称丸ビルにはおしゃれな雑貨店や洋服店、飲食店など数々のお店があります。今回は雑貨好きの人必見のおしゃれな雑貨を購入することができるショップをご紹介します。

  • 新丸ビルの一味ちがうレストラン!仲間と楽しめるお店厳選3選

    近年注目を集める丸の内エリアには、お洒落なグルメスポットもたくさん!東京駅からアクセスも良い新丸ビルには、お洒落なのに、気軽に楽しめるレストランがあります。カジュアルに女子会や仲間と賑やかに食事を楽しみたいときにぴったりの、一味ちがう新丸ビルのレストランをピックアップしました!

  • 丸ビルへ行って中華料理を食べちゃおう!中華を味わうおすす...

    東京駅に近く、アクセス抜群な丸ビル。ショッピングはもちろんのこと、グルメも楽しめます。和食やエスニック、スイーツも充実している丸ビルですが、今回のおすすめは中華。中国料理を堪能してしまいましょう。

  • 東京・丸の内の人気海鮮店「うに屋のあまごころ」で新鮮うに...

    ウニと聞くと、高級なイメージがありますよね。そのため、なかなか“ウニ尽くし”なんて想像できないかもしれません。ところが「うに屋のあまごころ」では、ウニをこれでもかというくらいに使った、絶品ウニ料理がズラリと並んでいます。一体どのようなお店なのでしょうか。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事