芸術の街・パリで有名な美術館おすすめ4選!モネにゴッホ、ピカソも!

10,360

views

1

言わずとしれた芸術の町パリ。印象派、ポスト印象派の作品を中心にたくさんの世界的に貴重な作品の数々を見ることができます。4つの訪れるべき美術館を見逃せない収蔵作品とともにご紹介します。

①オルセー美術館

もとは駅舎だったものを改装して作られたオルセー美術館。左右対象に配置された大時計がその名残です。セーヌ川岸に美しく建つ荘厳なその姿を眺めることができます。フランス人気の美術館のひとつで、ルーブルの次に名前が上がるほどですが、展示数はそれほど多くなく、回りやすいのも特徴です。

しかし作品の充実度は高く、ルノワール、モネ、マネの印象派をはじめ、ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ、ルソー、マティスなど、美術の時間に必ず名前の並ぶ有名画家の作品を鑑賞できます。

また、美術館内は美しい大時計がアクセントになった居心地のいい雰囲気で、レストランやカフェもあり、優雅な時間を楽しめます。

外せない有名作品

ミレー「落穂拾い」

ミレー 「晩鐘」

ゴッホ「自画像」

エドゥアール・マネ「草上の昼食」

ゴーギャン「タヒチの女」

アンリ・ルソー「戦争」

ルノワール 「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」

ゴッホ「ローヌ川の星月夜」

モネ 「日傘の女」

オルセー美術館(Musée d’Orsay)
住所:
1 rue de la Légion d’Honneur, 75007 Paris
営業時間:
9:30~18:00(木曜21:45)
定休日:
月曜、1/1、5/1、12/25
アクセス:
M12番線ソルフェリノ(Solférino)駅 RER C線 ミュゼ・ドルセー(Musée d’Orsay)駅
電話番号:
33 1 40 49 48 14
料金:
大人:11€ 18歳以下無料
オランジュリー+オルセー美術館ペア券:
16€ 大人料金のみ(4日間有効)

②オランジュリー美術館

こちらも、印象派 ポスト印象派の作品を収めたパリでも人気のある美術館です。コンコルド広場の隣、テュイルリー宮殿のオレンジ(オランジュリー)の温室として建設されました。

1927年にモネの傑作『睡蓮』の連作をパノラマで展示するために美術館として整備されました。睡蓮特別展示室はもちろんのこと、他にも見ごたえのある作品はたくさんあります。また、ルーブル、オルセーからも徒歩圏内なのも嬉しいところ。

外せない有名作品

ルノワール 「ピアノを弾く少女」

モディリアーニ 「ポール・ギヨームの肖像」

モネ「睡蓮」

セザンヌ 「木々と家」

オランジュリー美術館(Musée de l’Orangerie)
住所:
Jardin des Tuileries 75001 Paris
営業時間:
9:00~18:00
定休日:
火曜、5/1、7/14午前、12/25
アクセス:
M1,8,12番線 コンコルド(Concorde)駅 チュイルリー公園内
電話番号:
33 1 44 50 43 00
料金:
大人 9€。18歳未満は入場無料
オランジュリー+オルセー美術館ペア券:
16€ 大人料金のみ(4日間有効)
※毎月第1日曜一般無料

③ルーブル美術館

世界三大美術館のひとつで、世界一入場者数の多い(2012年調べ)ルーブル美術館。フランスの国立美術館です。パリの中心部1区のセーヌ川沿いに位置し、セーヌ河岸一帯と共に世界遺産登録されています。

外観は、その昔国王のすむルーブル宮殿であった名残で、とても美しくその施された重厚感のあるしかし繊細な装飾彫刻も見応えがあります。

1980年に、パリ改造計画の一環としてあの有名なガラスのピラミッドが作られました。歴史ある建物に馴染まないその風貌に非難の声も多く聞かれましたが、今ではルーブル美術館の欠かせない景観で、フォトスポットのひとつとなっています。

内部はというと、まず誇るべきはその広さと展示品総数。先史時代から19世紀までの約35000点を数える美術品が、総面積60600㎡の広大な敷地に展示されています。

すべて見るのには一週間はかかると言われ、2003年に新しく加わった「イスラム美術部門」をはじめ、「古代エジプト美術部門」「古代オリエント美術部門」「古代ギリシャエトルリアローマ美術部門」「彫刻部門」「工芸品部門」「絵画部門」「素描 版画部門」の8つもの部門があります。

効率よく回るには予習も欠かせませんが 現地の日本語ツアーの参加もおすすめです。日本語の解説つきで美術館を熟知したガイドさんにお任せすれば、見所をとりこぼすことなく回れることでしょう。また、ツアー代金に入場券が含まれていることがほとんどなのでチケット購入の長い列に並ぶ必要がないのもポイントです。

外せない有名作品

「サモトラケのニケ」

「ミロのヴィーナス」

レオナルド・ダ・ヴィンチ 「モナ・リザ」

ダヴィド 「ナポレオン1世の戴冠」

ドラクロワ 「民衆を導く自由の女神」

ヤン・ファン・エイク「宰相ロランの聖母」

出典: www.yung.jp

フェルメール「レースを編む女」

レオナルド・ダ・ヴィンチ「聖アンナと聖母子」

ルーヴル美術館(Musée du Louvre)
住所:
Place du Carrousel, 75001 Paris
営業時間:
9:00~18:00(水・金21:45)
営業時間に関する備考:
12/24、12/31は17時まで
定休日:
火曜、1/1、5/1、7/14、12/25
アクセス:
M1、7番線 パレ・ロワイヤル=ミュゼ・デュ・ルーヴル(Palais-Royal/Musée du Louvre)駅
電話番号:
33 1 40 20 50 50
料金:
一般展示 12€、企画展 13€、ナポレオン・ホールでの企画展共通券 16€(一般展示と企画展の共通券)
18歳未満は入場無料
※10~3月の第1日曜・7月14日は、一般無料(企画展は有料)

④ピカソ美術館

2014年に、30年の時を経てリニューアルオープンしました。塩税徴収館の邸宅であった建物で、「サレ(塩)館」と呼ばれ、その装飾も美しく優雅なたたずまいです。

収蔵品はピカソの遺族から莫大な相続税の代わりとして寄贈されたものがベースで、ピカソの名をかたるのに外せないという有名な作品はないものの、死ぬまで手元にあった作品が展示され、ピカソの歴史を見ることができます。

外せない有名作品

「青の時代」と呼ばれている初期の代表作「自画像」

「マリー・テレーズの肖像」

「肘掛け椅子に座るオルガの肖像」

「接吻」

「牧神パンの笛」

「海辺を走る二人の女」

ピカソ美術館(Musee Picasso Paris)
住所:
5 rue de Thorigny 75003 Paris
営業時間に関する詳細:
 火曜日から金曜日:
11:30~ 18:00(最終入場は17:15)
 土曜日から日曜日:
9:30~ 18:00(最終入場は17:15)
 毎月第3金曜日は21:
00まで(最終入場20:15)
アクセス:
M1号線 サン・ポール(Saint-Paul) サン・セバスチアン・フロワサール(Saint-Sebastien-Froissart)駅 M8号線 シュマン・ヴェール(Chemin Vert)駅
電話番号:
33 1 85 56 00 36
料金:
11€ 第一日曜日無料開放

フランスの美術館は建築物そのものも美術的価値の高いものばかりです。カフェの併設された美術館ではゆったりティータイムもいいでしょう。雰囲気もふくめてアートなパリに浸りましょう。すべて回るのは時間的にも難しいのでお目当ての作品を予習して効率よく回るのがおすすめです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • パリで憧れのブランドショッピング!フランス発のハイブラン...

    誰もが憧れる一流のハイブランド。ファッションの都・パリには数多くのフランス発祥ハイブランドの本店があります。そんなパリで憧れのブランドショッピングを楽しめる、厳選したハイブランド本店10店舗をご紹介いたします。

  • パリ近郊アウトレットモールで激安ブランドショッピング!日...

    ヨーロッパ旅行の代名詞「パリ」。パリ滞在の楽しみの一つと言えばシャンゼリゼ通りや老舗デパートでのお買い物。ファッションの都でショッピングだなんて想像しただけでも心弾みますよね。そこで、ヨーロピアンブランドをこよなく愛するアナタにおすすめしたいのがパリ郊外にあるアウトレット「ラ ヴァレ ヴィラージュ(La Vallée Village)」。パリからのアクセスも良く、ずらりと軒を連ねるブランドショップに目移りしてしまいますよ。

  • 子連れのパリ旅行でおすすめな穴場観光スポット3選!フラン...

    パリというと大人の街、子連れで観光するには不向きな街だと思っていませんか?実はパリには高級レストランや美術館だけでなく、それら定番観光スポット近くに子どもが遊べる公園がたくさんあります。観光の前後に公園で遊ばせれば子どもも大満足!大人もパリの雰囲気を感じつつゆったりとした時間を過ごせます。今回はパリの街を観光がてら気軽に寄れる公園を厳選して3つご紹介します!

  • プチプラでおいしい! パリの大都会で€10代で食べられるラン...

    プチプラとはプチプライスの略で、「お値打ち価格、安価なのに良い品」を意味して使われています。そんな「プチプラ」なランチを、なんと名店がひしめき合うオシャレな街パリで見つけました。次のパリ旅行のランチはここで決まり!

  • ファッションの都パリで買う!最旬フレンチブティックでお買い物

    おしゃれな街パリ☆見渡せばオシャレなお店がいっぱいです! パリで服を買うと高いのじゃないかと思われるかもしれませんが、それは高級ブランドだけです。カジュアル系のお店もお安いお店もたくさんあるので安心してお買い物へ♪ その中でも今最も旬なお店を紹介します☆

  • パリで絶対ゲットしたい人気お土産15選!おすすめの雑貨や、...

    花の都パリ!おしゃれなイメージのあるパリらしく素敵なパリのお土産を持ち帰りたいものですよね。そんなパリでゲットしたい自分用や特別な人へ贈りたいセンスの良いパリのお土産をまとめてみました。素敵なパリのお土産をゲットできるお店もあわせてご紹介。せっかくのパリ旅行をお土産選びに時間を取られたくないという人、必見です。

このエリアの新着記事
  • パリへ行くならおさえておきたい定番のパリ観光スポット15選!

    ロマンティックなパリ旅行では、パリの魅力を一つ残らず味わい尽くしたいものです。パリには見るべき観光スポットが数多くありますが、まずは誰もにおすすめできる定番の観光スポットをおさえておきましょう!パリで超有名、人気の観光スポットをご紹介します!

  • フランスで絶対欲しい!ディズニーランド・パリのお土産ベスト13

    ヨーロッパ唯一のディズニーパーク、ディズニーランド・パリ。せっかく行ったのならパリらしいおみやげを購入したいですよね。今回はそんな方のためにディズニーランド・パリのおすすめのおみやげ13品をご紹介します。

  • 【パリ観光・コンシェルジュリー】アントワネットの独房が残...

    フランス革命で夫のルイ16世と共に断頭台の露と消えたマリー・アントワネット。そんな悲劇のプリンセスが最期を過ごした牢獄がパリに残っています。ご一緒に観て参りましょう!

  • パリのおすすめ美術館巡りをしよう!静かに寛いで作品に浸る♪

    芸術の都、パリ。美術館巡りは、時間がかかるので、ルーブルやオルセーだけ押さえておけばOKだと思っていませんか?パリには、空いた時間でサッと観れる穴場な美術館が沢山あるんですよ!早速ご紹介しましょう。

  • パリの街でお目立ち!おしゃれなステイ先にはデザイン&プチ...

    パリの街って、どこを見渡してもおしゃれな建物ばかり!そんな中でおしゃれにパリっ子生活を楽しみたい方におすすめなのが、デザインホテルやプチホテルです。その中でもひと際おしゃれで洗練されたホテルをご紹介いたします。

  • パリのおしゃれカフェ「Laduree Bonaparte」で本場のマカロン...

    フランス・パリといえば、やはりスイーツは外せません。今回はナチュラルな雰囲気が印象的な『Laduree』のフランス・パリ【ボナパルト店】をご紹介。とってもお洒落な外観、内観で観ているだけでまるで観光しているかのよう!フランス・パリへご旅行の際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

  • シャルトル大聖堂とランスのノートルダム大聖堂観光!パリか...

    ノートルダム大聖堂といえば、パリですよね。このノートルダムはフランス語で「わが貴婦人」、つまり聖母マリアを指します。つまり、ノートルダム大聖堂は聖母マリアにささげられた教会で、意外とあちこちにあるのです。パリからも近いノートルダム大聖堂をご紹介します!

  • パリ観光の定番セーヌ川のアクティビティセーヌ川クルーズの...

    憧れのパリ!憧れのセーヌ川!パリに来たからには必ずやりたいことの第一はセーヌ川クルーズ。両岸にはルーヴル美術館やノートルダム寺院など見所が目白押し。なんたって「パリのセーヌ河岸」は世界遺産なんだから。クルーズで川から見る景色は観光バスからみるのとはひと味違います。セーヌクルーズと両岸に見える観光スポットをご紹介します。

  • ディズニーランドパリのショーは見逃せない!大人気のショー...

    海外のディズニーランドに行ったらその場所でしかできない体験をしたいですよね♡ディズニーランド・パリのショー&パレードは夢と魔法の世界に浸れるインタラクティブなものばかり。今回はディズニーランド・パリの絶対に見逃せない大人気のショーをご紹介します。

  • ウォルトディズニースタジオパリで行くべき!美味しいレスト...

    ウォルトディズニースタジオパリに行ったら絶対に行きたいレストラン&カフェをご紹介!美食の国フランスならではの美味しい食事を楽しめるスポットがたくさん♡今回はその中でも4つの人気レストラン&カフェをまとめました♪

このエリアの人気記事
新着記事