子連れのパリ旅行でおすすめな穴場観光スポット3選!フランス在住者が教えます!

23,720

views

0

パリというと大人の街、子連れで観光するには不向きな街だと思っていませんか?実はパリには高級レストランや美術館だけでなく、それら定番観光スポット近くに子どもが遊べる公園がたくさんあります。観光の前後に公園で遊ばせれば子どもも大満足!大人もパリの雰囲気を感じつつゆったりとした時間を過ごせます。今回はパリの街を観光がてら気軽に寄れる公園を厳選して3つご紹介します!

ルーヴル美術館の前には庭園が!

パリと言ったら美術館!その中でもルーヴル美術館は誰もが聞いたことのある有名な美術館ですよね。

小さいお子さん連れの場合は敬遠しがちな観光スポットかもしれませんが、実はこのルーヴル美術館の目の前に広い庭園があることをご存じですか?

それがテゥイルリー庭園。
面積はなんと25.5ヘクタール。東京ドームの5.5個分もの広さがあります。

広大な敷地の中にはきれいに整備された芝生があり、寝転んで日光浴をしたり読書をしたりと、本当にここが観光地?と思えるくらい、ゆったりとした時間が流れています。

庭園内にはそこかしこに彫刻像があり、まさに贅沢な空間!

そして庭園中央には噴水池があります。
大人はベンチに腰掛け日差しを浴びてゆったりと過ごすのも良し、子どもはヨットで遊ぶこともできます。

出典: www.evous.fr

また、夏には移動式遊園地も設営され、観覧車やトランポリン、ほかにもさまざまなアトラクションで遊ぶことができます。

観光の途中にフランスパンやサンドイッチを買ってテゥイルリー庭園に立ち寄れば、お気軽ランチ。あっという間にパリジャン&パリジェンヌの休日の過ごし方を真似できちゃいますよ。
お子さんも思いっきりはしゃぐことができて、ストレスなく観光を楽しめますね。

テゥイルリー庭園 (Jardin des Tuileries)
住所:
113 Rue de Rivoli 75001 Paris France
※営業時間は時期によって異なる
夏季:
最大7時~23時
冬季:
7時30分~19時30分
閉園時間の30分前に入園は締め切られる
アクセス:
Tuileries駅(メトロ1番線)目の前、もしくはConcorde駅(メトロ1, 8, 12番線)から徒歩5分
定休日:
無し
電話番号:
+33 1 40 20 90 43
料金:
おススメの時期:
移動式遊園地は夏場のみ。池のヨット遊びは4月中旬から可能。

エッフェル塔は登るだけではもったいない!

パリのシンボルといえば思い浮かべる人も多いはず、「エッフェル塔」。
エッフェル塔を登ることができるのは有名ですが、実はそのふもとに公園があるのをご存じですか?

その名は「シャン・ド・マルス公園」。
面積は24.3ヘクタール。先にご紹介したテゥイルリー庭園に負けず劣らずの広さです。

エッフェル塔のふもとから細長く広がる公園の中央は、エッフェル塔をバックに自撮りするのに最適な芝生エリア!

芝生エリアでは、運動をしたり、日光浴をしたりお弁当を広げてピクニックしている人たちがたくさん!

あまりに暑すぎるときには、芝生から少し脇に入れば、気持ちの良い木陰があります。

そして芝生から少し離れると、子どもたちが遊べるエリアがたくさんあります。

こちらは遊具エリア。滑り台やスプリング遊具、砂場、簡単なアスレチックなどが一通り揃っています。

その隣には、もっと小さい子たち向けのエリアも。
広い砂場に加え、シーソーや小さな滑り台があります。

またそのすぐ近くでは子どもたちがサッカーをして遊んでいます。

また夏になると、ゴーカート広場も設置されます。

エッフェル塔のこんな間近に、子ども向けの遊べるエリアがあるとは驚きですよね。
パリの象徴、エッフェル塔まで来た際には、ぜひお子さんと一緒に訪れてみてはいかがでしょうか。

シャン・ド・マルス公園(Champ de Mars)
住所:
2 Allée Adrienne Lecouvreur 75007 Paris France
営業時間:
24時間営業
アクセス:
École Militaire駅(メトロ8番線)から徒歩5分、La Motte-Picquet-Grenelle駅(メトロ6, 8, 10番線)から徒歩7分
定休日:
無し(但し冬の寒い時期は遊具エリアが閉鎖されている場合有り)
電話番号:
料金:
一般的な遊具は無料、ゴーカートは1回2ユーロ
おススメの時期:
芝生が立ち入り可となる4月中旬から10月中旬まで

サンジェルマン地区で買い物を楽しんだあとの休憩はここで!

ここまで、ルーヴル美術館前のテゥイルリー庭園、そしてエッフェル塔ふもとに広がるシャンドマルス公園をご紹介してきましたが、最後にご紹介するのは、サンジェルマン・デ・プレから徒歩圏内にある「リュクサンブール公園」です。

サンジェルマン・デ・プレとは、ショッピング街と文化地区が共存し、買い物をしたり教会や美術館を巡ってパリの雰囲気を感じるには最適なエリアです。
そこから徒歩圏内にあるのが、20ヘクタール以上もの面積がある「リュクサンブール公園」。

広い公園内には季節によってさまざまな花が咲き乱れ、敷地内のいたるところに彫像が。公園内でこのような彫像を見ることができるのもパリならではですね。有名な観光スポットを巡るだけでは経験できない楽しみ方です。

公園の北東側には、メディシスの泉 - La Fotaine Medicis -があります。
奥に見える彫刻が素晴らしいのはもちろんのこと、泉全体が神秘的でここだけ時が止まったかのように見える空間です。

新緑が美しい季節には空の青と木々の緑をくっきりと映し出す泉の水面。
秋には黄金色に染まり、それはそれは美しい空間となります。

また、公園中央部には大きな池があり、夏になると子どもたちがヨットを泳がせて遊んでいます。
一番最初にご紹介したテゥイルリー庭園の池のヨットと同じ仕組みです。

公園西側には遊具エリア(有料)があり、子ども1人2.5ユーロ、付き添いの大人1人1.2ユーロで入場できます。時間制限はありません。

歩き出しの子どもも遊べるような遊具から、ダイナミックに遊べる遊具まで、幅広い年齢層に向けたさまざまな遊具が揃っています。

さらに、土日には公園内でポニーやロバに乗ることもできますよ。

このようにリュクサンブール公園では、子どもたちはヨットで遊んだりポニーに乗ったり遊具エリアで思い切り体を動かしたりすることができます。大人はゆったりとベンチに腰をおろして池や彫像を眺め、観光地の喧騒から離れたひとときを味わうことができます。
サンジェルマン・デ・プレで買い物や美術館巡りをしたあとは、カフェで休憩するのもいいですが、ここに来れば、大人はパリ独特の公園の雰囲気を感じつつ、お子さんも楽しめるのではないでしょうか。

リュクサンブール公園(Jardin de Luxembourg)
住所:
6th arrondissement of Paris 75006 Paris
※営業時間は時期によって異なる
夏季:
7:30~21:30 / 冬季:8:15~16:30
アクセス:
RER B線 Luxembourg駅目の前、もしくはVavin駅(メトロ4番線)から徒歩5分、Notre-Dame-des-Champs駅(メトロ12番線)から徒歩5分、Odéon駅(メトロ4, 10番線)から徒歩6分
定休日:
無し
電話番号:
+33 1 42 34 20 00
料金:
遊具エリアは子ども2.5ユーロ、付き添いの大人1.2ユーロ。ヨットのレンタルやポニーの試乗も数ユーロでできます。
おススメの時期:
ヨットで遊びたい場合は4月中旬から9月頃までがおすすめ。ただ冬の間も公園内の散策や遊具エリアで遊ぶことができます。

最後に

以上、子連れでパリを観光する方におすすめの公園をご紹介しましたが、いかがでしたか。

小さなお子さんを連れての海外旅行、ましてやパリは難しいと考える方も多くいらっしゃるかもしれませんが、パリには意外と子連れスポットが多いんですよ。その中でも、観光がてら気軽に立ち寄れる公園について、今回取り上げてみました。
美術館やレストランなど、お子さんに「我慢」を強いてしまう場面もあるかもしれませんが、その前後にぜひこの記事を参考にお子さんを思い切り遊ばせてあげてください。家族全員が楽しめるパリ旅行になれることを願っています。

melontomato

2015年よりフランス・パリ在住。2歳の子どもの育児真っ只中のアラサー女です。パリを拠点に、ときどきヨーロッパ周辺国を旅行しています。
子連れでも観光しやすいスポットを中心にヨーロッパの街を紹介していきたいと思います。
*経歴*
某大学航空宇宙工学科を首席で卒業、同大学院修士号取得、という数学と物理が大好きなリケジョ。卒業後は建設会社で海外プロジェクトマネジメントに携わり海外勤務も経験。出産後復職するも、家庭の事情により退職して渡仏。
*現在*
2歳の息子の育児に奮闘しながらパリで暮らしています。パリは子連れには不向きかと思いきや、そんなことはありませんでした。確かにお高いレストランや美術館など大人向けのものも多々ありますが、子連れ向きスポットもたくさん!また、フランス周辺国にもときどき旅行し、子連れ目線でヨーロッパ観光スポットを開拓中。それらを記事で紹介していきたいと思います。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • フランスで絶対ゲットしたいお土産15選!外さない人気のフラ...

    フランスのお土産はグルメやファッションと選ぶのにも迷ってしまいます。フランスらしいお洒落なアイテムに、贈られたお友達やご家族も気持ちもワクワクすることでしょう。大切なお友達や自分用にも買いたい、お洒落で持ち運びしやすいフランスのお土産をまとめました!

  • パリで憧れのブランドショッピング!フランス発のハイブラン...

    誰もが憧れる一流のハイブランド。ファッションの都・パリには数多くのフランス発祥ハイブランドの本店があります。そんなパリで憧れのブランドショッピングを楽しめる、厳選したハイブランド本店10店舗をご紹介いたします。

  • フランス産おすすめバター5選!フランス菓子・料理のコクの秘...

    言わずと知れた農業国フランス。チーズ、牛乳、ヨーグルト、そしてバターの種類と美味しさは他国を抜きんでています。フランスらしい専門店としてチーズ専門店や、乳製品専門店が商売として成り立っているあたりに農業、とりわけ乳業の底力、そして乳製品のニーズの高さを肌で感じるのです。フランス旅行中、一度は口にするはずのバターやチーズ。そして多くのツーリストがそのコクと舌触りに驚きを感じることでしょう。今回は、フランス乳製品でイチオシのバターを取り上げてみたいと思います。

  • フランス土産5選!本場で買ったら格段にお得なおすすめアイテム

    相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら選ぶ「お土産探し」は旅の楽しみの一つでもありますね。今回はフランスで買って帰りたいお土産をユニークなテーマでお届けしたいと思います。そのテーマとは「日本で買うと”さすがおフランス産!”と思わずにはいられないプライシング。なのに本場で買ったらお得感満載のアイテム」。ちょっと長めですが記事はすっきりズバリと切り込みたいと思います。

  • パリ近郊アウトレットモールで激安ブランドショッピング!日...

    ヨーロッパ旅行の代名詞「パリ」。パリ滞在の楽しみの一つと言えばシャンゼリゼ通りや老舗デパートでのお買い物。ファッションの都でショッピングだなんて想像しただけでも心弾みますよね。そこで、ヨーロピアンブランドをこよなく愛するアナタにおすすめしたいのがパリ郊外にあるアウトレット「ラ ヴァレ ヴィラージュ(La Vallée Village)」。パリからのアクセスも良く、ずらりと軒を連ねるブランドショップに目移りしてしまいますよ。

  • 子連れのパリ旅行でおすすめな穴場観光スポット3選!フラン...

    パリというと大人の街、子連れで観光するには不向きな街だと思っていませんか?実はパリには高級レストランや美術館だけでなく、それら定番観光スポット近くに子どもが遊べる公園がたくさんあります。観光の前後に公園で遊ばせれば子どもも大満足!大人もパリの雰囲気を感じつつゆったりとした時間を過ごせます。今回はパリの街を観光がてら気軽に寄れる公園を厳選して3つご紹介します!

このエリアの新着記事
  • フランス・リヨンの人気観光スポットおすすめ7選!歴史地区で...

    フランス第二の都市であり世界遺産に登録された街リヨン。名前は聞いたことがあっても実は何があるかよく知らないという方も多いのでは?かつて絹産業で栄えたリヨンは美しい街並みや心地よい気候のおかげでフランスらしさを満喫できる場所。美食の街でもあり美味しいフランス料理に出会えます。ではさっそくリヨンの見どころをご紹介します。

  • フランスで絶対ゲットしたいお土産15選!外さない人気のフラ...

    フランスのお土産はグルメやファッションと選ぶのにも迷ってしまいます。フランスらしいお洒落なアイテムに、贈られたお友達やご家族も気持ちもワクワクすることでしょう。大切なお友達や自分用にも買いたい、お洒落で持ち運びしやすいフランスのお土産をまとめました!

  • フランス・パリで泊まりたい最高のホテル15選

    花の都とも称されるフランス・パリ。凱旋門やエッフェル塔、ルーヴル美術館等見どころも沢山。そんなパリで宿泊するのに相応しい最高のホテルをご紹介していきます。気分はパリジャン・パリジェンヌになれますよ。

  • フランスで絶対欲しい!ディズニーランド・パリのお土産ベスト13

    ヨーロッパ唯一のディズニーパーク、ディズニーランド・パリ。せっかく行ったのならパリらしいおみやげを購入したいですよね。今回はそんな方のためにディズニーランド・パリのおすすめのおみやげ13品をご紹介します。

  • インド洋に浮かぶリゾート地!フランス領のレユニオン島の魅力

    インド洋に浮かぶフランスの海外県・レユニオン島は、サトウキビ・バニラ・コーヒーなどの生産と観光業で栄える小さな島です。フランス人や旅慣れた人だけが訪れていた穴場のリゾート地は、2010年に世界遺産に登録された島の尖峰群の他にも魅力がいっぱい!今回はそんなレユニオン島の見どころをご紹介します!

  • モンサンミッシェルに行ったら絶対買い!日本入手困難品も!...

    モンサンミッシェルで購入可能な誰もが喜ぶお土産を15商品ご紹介します。日本未入荷のフランス生まれのブランド品物やモンサンミッシェル発祥スイーツなど、自分用のお土産から相手に喜ばれるお土産探しまで、この記事を読めばモンサンミッシェルのお土産選びが楽になります。

  • 「ラ・パティスリー・デ・レーヴ」でパリブレストを食べよう...

    「La Pâtisserie des rêves」有名パティシエ・Philippe CONTICINI(フィリップ・コンティシ二)が手掛けるスイーツSHOP。近未来的な店内に絶品スイーツが並びます。

  • モンサンミッシェルのおすすめ観光スポット15選!サン・ワロ...

    世界遺産の中でも、特に有名なのがモンサンミッシェル。西洋の驚異と称されています。大天使ミカエルが司教の夢の中で行なった、お告げによって建てられた想像を絶する建築物です。堅固な構えは、修道院と言うより、まるでお城や砦のようです。モンサンミッシェルで人気のおすすめ観光スポットを15選でご案内します。

  • フランスの南東部ニースで行きたい!おすすめの観光15選!セ...

    コート・ダジュールの中心地として有名なフランス、ニース。リヴィエラの女王と呼ばれ、世界中のセレブがバカンスに訪れます。ヨーロッパの中でも大規模なニースのカーニバルも大人気。そんなニースでエレガントな気分になれる人気観光スポットをご紹介していきます。

  • フランスで絶対行きたい観光スポット15選!人気のおすすめ名...

    花の都パリなどオシャレで世界中から観光客が集まる国「フランス」。卒業旅行や新婚旅行の行先として日本人からも人気のスポットですよね。そんなフランスに初めて行く人のためにおすすめの観光スポットを厳選してご紹介していきます。旅行計画の参考にしてみてください。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事