夏休みは岩手でホタル観察!おすすめホタルスポット4選

17,418

views

0

夏の風物詩といえば皆さんは何を思い浮かべますか?昔はどこにでも姿を現していたホタルですが、最近では数が減少してきていますよね。今回は岩手のホタル観賞ができる4カ所を紹介していきます。

小岩井農場/雫石町

日中は農場として有名な小岩井農場。動物たちだけではなくアクティビティなども満載で、多くの家族連れで賑わいを見せていますが、夜はまた違う一面を見せてくれます。

6月25日からホタルの鑑賞会が随時開催されていて、参加は無料(入場料は別途必要)。誰でも気軽にホタルの光を楽しむことができます。ここではゲンジボタルとヘイケボタルの美しい競演が見どころの一つ。他にもホタルディナーなども開催されていますので、ぜひ足を運んでみてくださいね!

小岩井農場
住所:
岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1
営業時間:
9:00~17:30
10月1日~11月18日 9:
00~17:00
11月19日~2017年1月3日 12:
00~20:00
アクセス:
雫石駅から車で約10分
電話番号:
019-692-4321
定休日:
不定休
料金:
大人(中学生以上) 800円
子ども(5歳下から) 300円

折爪岳自然公園遊歩道/九戸村

県立自然公園に指定されている折爪岳は、標高852.2メートル。晴れた日には、山頂にある展望台から360度の大パノラマが一望できる、穴場のドライブスポットです。ここの見どころは、景色以外にも珍しい野鳥の姿や美しい滝など、疲れた心をマイナスイオンが優しく癒やしてくれる点。

出典: ameblo.jp

山頂に向かう途中『オドデ様』が出迎えてくれます。一見ふくろうの銅像に見えますが、なんと下半身は人間で、地元の民話に登場する人の言葉を話す怪鳥とのこと。今でも折爪岳では声が聞こえてくると有名な場所です。実はこの銅像の前で拝むと探しものが見つかるなど、密かにパワースポットとしても人気があるんだとか。

7月初旬頃になると数多くのヒメボタルが姿を現し、外灯がない山中を明るく照らしてくれます。多い時には、100万匹ともいわれる無数のホタルが幻想的にふわふわと飛ぶ風景はまさに芸術!ゲンジボタルとは違い一匹ずつの光は弱いのですが、この数を見るだけでも心が洗われるようですね。

折爪岳自然公園遊歩道
住所:
岩手県二戸市、九戸郡軽米町、同郡九戸村
アクセス:
九戸ICから車で約20分
駐車場:
あり

盛岡城跡公園/盛岡市

江戸時代に南部藩の城下町として栄えた盛岡城跡。石垣組の平城としては、東北最大級の規模を誇っているそうです。春には桜や藤棚、秋には紅葉、あじさいやバラ園など、四季折々の美しい風景が観光客を魅了しています。

出典: tweez.net

公園内にある『ホタルの里』では、7月にホタルの鑑賞会が開かれるそうで、毎年多くの観光客が訪れています。ここではゲンジボタル、その後にヘイケボタルと種類の異なった光を楽しむことも。ゲンジボタルとヘイケボタルの違いは光の点滅の速さ。ヘイケボタルのほうが点滅が早く直線的に飛んでいるそうです。皆さんも違いを見分けてみてくださいね。

盛岡城跡公園ホタルの里
住所:
岩手県盛岡市内丸1-37
営業時間:
7:00~20:00
アクセス:
盛岡駅から車で約7分
電話番号:
019-651-4111
駐車場:
あり

柏木平レイクリゾート/遠野市

遠野ふるさと村で有名な遠野市は、自然に囲まれた豊かな町です。中でも家族連れやデートスポットとして利用される柏木平レイクリゾートは、コテージに泊まれる人気の場所。石窯ピザやアクティビティなど、一日中楽しんで、夜には満天の星空を眺めることのできる、とっても素敵な宿泊施設になっています。

暑い時期には、周りに流れている猿ヶ石川で無数のホタルたちが出迎えてくれます。観察時期は6月の暑い夜からゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメホタルと8月いっぱいまで楽しむことができますので、ぜひ近くに行く際には立ち寄ってみてくださいね。

柏木平レイクリゾート
住所:
岩手県遠野市宮守町下鱒沢28-125
アクセス:
柏木平駅から車で約3分
電話番号:
0198-67-2885

終わりに

いかがでしたか?ホタルの光には不思議な癒やしがありますよね。皆さんも疲れた体と心を癒やしに、いろいろな場所に足を運んでみてください!儚くも美しい世界が待っているかもしれません。

murami

旅行とゲームとiPhoneが好き。最近ベイパーの仲間入り。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
このエリアの人気記事