埼玉・秩父の羊山公園でお花見!お土産におすすめなご当地B級グルメ&お酒6選

1,922

views

0

秩父の羊山公園はご存知でしょうか?春になると芝桜のお花見が出来る公園と最近話題になっています。そこで買える少し変わったお土産を紹介します。

羊山公園

毎年4月中旬から5月上旬にかけて9種類、約40万株の芝桜が咲く羊山公園の「芝桜の丘」です。広さは東京ドームに匹敵する広さがあり、その圧巻の景色で毎年約60万人も観光に来るそうです!

花はもちろんきれいですがやっぱり花より団子?!特産市が芝桜の丘の隣で開催されています。39店が出店されていて秩父の特産品がたくさんありますよ。4月中旬からゴールデンウィークの終わりまでの期間限定です。

秩父庵 玉木屋 【芝桜ロール】

御花畑駅の近くに店舗がある秩父庵玉木屋の「芝桜ロール」です。可愛らしいピンクのケーキにさつま芋のペーストがよくあいます。期間限定です。

武甲酒造 【純米酒・秩父しばざくら】

江戸中期から続く老舗酒造の武甲酒造の純米酒「しばざくら」です。芝桜を見ながら本格的なお酒でお花見は贅沢ですね~。こちらも期間限定商品です。お土産にも喜ばれること間違いなしです。

みそポテト本舗

みそポテト本舗のみそポテトです。じゃがいもの天ぷらに甘いみそダレがかかっています。B級グルメですが後引くおいしさです。

このキャラクターは秩父のゆるきゃら「ポテくま君」ですが、みそポテトがモチーフになっているそうです。この特産市の入り口にも描かれていましたが羊山公園が居住地だそうで時々出没するそうです。

キティちゃん芝桜バージョン

ご当地シリーズで人気のキティちゃんグッズも販売されています。羊山バージョンの根付が人気です。羊のコスプレで芝桜に乗っていてかわいいです。

お菓子な郷推進協議会【ちちぶまゆ】

お菓子な郷推進協議会とは、秩父の市木である楓を育ててカエデ糖を採取し、それを利用してお菓子を作ろうという秩父のお菓子屋さんの集まりです。地元を大切にしている想いが素敵ですね。カエデ糖のジュレが入ったマシュマロ「ちちぶまゆ」や「すのうぼうる」というクッキーが販売されていますよ。

武甲養蜂場

ちょっと変わったお土産で人気なのが武甲養蜂場の「オススズメバチ地獄漬け」というはちみつです。見た目が怖すぎるけどリウマチや喘息、不眠などに効果があるそうです。お土産でビックリさせたいならおすすめですよ。

売り物ではないですがすごい迫力ですよね。スズメバチの巣です。ここまで大きいとあっぱれという感じですよね。お子さんが喜びそうですよ。

羊山公園
住所:
埼玉県秩父市大宮6360
営業時間:
8:00~17:00
アクセス:
西武鉄道横瀬駅から徒歩約1.4km、西武秩父駅から徒歩約1.5km
電話番号:
0494-25-5209
入園料:
300円(5/6以降無料)
その他:
秩父神社からまちなか巡回無料バスあり(4/29~5/8)

いかがでしたか?桜のお花見だけでなく芝桜のお花見も楽しそうですよね。特産市も活気があるので楽しめます。春になったら是非お出かけください。

秩父のおすすめ記事はこちら

秩父のおすすめ記事はこちら

埼玉のおすすめ記事はこちら

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
このエリアの人気記事