静岡で人気のお土産20選!もらってうれしい定番銘菓から話題のアイテムまで集めました。

189

views

0

静岡県は東西に長く伸びた個性的な形をしており、地域ごとに名物も大きく変わります。東海地方の観光地として特に人気が高く、地域ごとにその個性を活かした様々なお土産があるので参考にしてみてください。

静岡のお土産は地域ごとに様々な個性があります。

静岡県は世界遺産にも登録された雄大な富士を望み、自然豊かで清らかな水源を有する山々や、透明度の高い海、全国屈指の人気温泉地、徳川家と縁の深い久能山東照宮といった人気観光スポット、御殿場でのショッピングなどなど、訪れる人を魅了してやまない様々な魅力に溢れています。
古くは江戸期から東と西を行き来する交通の要所として全国最多の宿場街を有していた静岡には、歴史のある老舗の味が今も受け継がれています。
また最近ではSNS映えを意識した色鮮やかな、目で見ても楽しめるお菓子なども数多くあります。

静岡で人気のお土産その1「五穀屋 発酵さしすせそ羊羹 五季」

五穀屋は、発酵食品と五穀を使った体に優しい知恵の和菓子を販売する、浜松に店舗を構える和菓子店です。
静岡土産の定番「うなぎパイ」を販売する春華堂の手がけるブランドで、食べておいしく体に優しい見た目にも美しい和菓子がそろっています。
おはぎやおむすび、豆菓子など様々な商品がある中で一際目を引くお菓子が「発酵さしすせそ羊羹 五季」です。
発酵さしすせそとは読んで字のごとく、家庭でも馴染み深い発酵調味料である「さしすせそ」を使用したという珍しい羊羹です。
通路が丸々店舗になっているという珍しい作りを奥に進むと、色鮮やかな「発酵さしすせそ羊羹 五季」が目にとまります。

まん丸で可愛らしい見た目に、食べるのがもったいない!と思ってしまう方も多いのだとか。
楊枝で表面のゴムを刺すと、つるん!と中から瑞々しい羊羹が出てきます。
発酵調味料の香りがほのかにして舌触りは滑らかです。それぞれの調味料は主張をしすぎずコクや香ばしさ、まろやかさを演出してくれます。
見た目が可愛らしいため女性受けのする和菓子ではありますが、甘さが上品なので男性の方にもおすすめです。
目上の方のお土産などにいかがでしょうか。
価格は、5個入り1,620円(税込)で賞味期限は製造から30日です。

五穀屋 nicoe店
住所:
静岡県浜松市浜北区染地台6丁目7-11 nicoe内
営業時間:
09:30~18:00
電話番号:
053-587-7778
定休日:
不定休
アクセス:
三方原ICから車で12分

静岡で人気のお土産その2「治一郎 治一郎のバウムクーヘン」

バウムクーヘンはその形から「円=縁」と縁起の良い贈り物として人気の高いお土産です。
治一郎のバウムクーヘンは安心安全な原材料を使っているのはもちろんのこと、味だけでなく見た目や香り、食感だけでなく、パッケージデザインに至るまで五感すべてでおいしさを感じられるような工夫がされています。
バウムクーヘンというとパサつきのあるものが多かった中で、飲み物がなくとも食べられるようなしっとりとしたバウムクーヘンを作ろうという試みから生まれた商品が治一郎のバウムクーヘンです。

職人が片時も離れずに絶妙な火加減で薄くレア状に焼き上げられた24層のバウムクーヘンは、別立て法で泡立てられた卵をたっぷりと使用しているのでふんわりとしたケーキのような焼き上がりです。
手間のかかる作業が必要なため大量生産が難しいバウムクーヘンですが、それだけに特別なお土産として大切な方に送りたい一品となっています。
切り分け不要のカットタイプもあるので、自宅だけでなく友人や職場へのお土産も可能です。
価格は、高さ4センチのタイプで1,296円(税込)、高さ8センチで2,160円(税込)、カットタイプ10個入り2,916円(税込)となっています。

治一郎 静岡パルコ店
住所:
静岡県静岡市葵区紺屋町6-7 静岡パルコB1F
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
054-272-5543
定休日:
不定休
アクセス:
静岡駅から徒歩3分(地下直結)

静岡で人気のお土産その3「雅正庵 鞠福」

静岡といえばお茶の生産地として有名ですが、静岡茶と静岡抹茶を使ったスイーツ専門店である雅正庵の「鞠福」は静岡土産の定番として人気です。
もっちりとした大福の中には、しっとりしたこし餡と抹茶クリームやほうじ茶クリーム、生クリームが入っています。
抹茶のほろ苦さが苦手なお子様でも生クリーム味があるので安心ですし、甘すぎるお菓子は苦手という方でもこちらであれば食べやすさがあります。

使用しているお茶も新鮮な茶葉を使用しており、抹茶クリームは上品な香りと着色料を使用していないのにもかかわらず艶のある鮮やかな色味が特徴です。
ほうじ茶クリームはスッキリとした後味と芳ばしい味わいで、ついもう一つと手が進んでしまうおいしさです。
小ぶりで食べやすいのでそれぞれの味を食べ比べするのも楽しい鞠福は、生菓子なので家族やすぐに商品を渡すことのできる身近な方へのお土産におすすめです。
価格は、4個入り780円(税込)、6個入り1,900円(税込)、10個入り2,600円(税込)となっています。

ASTY静岡 グランドキヨスク
住所:
静岡県静岡市葵区黒金町47 静岡駅アスティ西館
営業時間:
06:15~22:30
電話番号:
054-287-6113
定休日:
年中無休
アクセス:
静岡駅構内 サウスストリート

静岡で人気のお土産その4「松柏堂本店 茶園」

慶応三年に創業の歴史ある老舗和菓子店「松柏堂」からは一風変わった抹茶菓子をご紹介します。
見た目は抹茶味のスティック状のお干菓子なのですが、この「茶園」はそのままお菓子として食べることもできるのですが、お湯にとかしたりホットミルクに溶かしたりすることでドリンクとしても楽しむことのできるお土産です。
桐箱の上品さと優しい抹茶の色合いは高級感があり、そのユニークなアレンジ方法は驚きもあって思い出に残るお土産になります。

お味はしっかりとした抹茶の風味や苦味を感じられるため、大人の方向けのお土産です。
苦味が苦手という方でも、温めた牛乳や豆乳に溶かすことでまろやかで優しい味わいになるため、抹茶の香りや風味を楽しみつつも苦味を軽減することもできます。
また、お干菓子ですので日持ちもすることから目上の方へのお土産などにもおすすめできます。
価格は、7本入りで1,296円(税込)となっています。

松柏堂本店
住所:
静岡県静岡市葵区鷹匠2-3-7
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
054-252-0095
定休日:
不定休
アクセス:
新静岡駅から徒歩6分

静岡で人気のお土産その5「常盤木羊羹店 鶴吉羊羹」

伊豆山神社御用達の大正時代に創業した「常盤木羊羹店」は、独創的でスタイリッシュな和菓子を提供する人気の和菓子店です。
静岡で人気の温泉地である熱海に店舗を構え近隣には多くの観光客向けの土産店がある中で、懐かしさを感じる和菓子を現代的にアレンジした商品が多く一際個性を放っています。
そんな常盤木羊羹店の看板商品が「鶴吉羊羹」です。
保存料不使用ではありますが常温で3ヶ月の日持ち(開封後は7日以内)ですので、贈答用などにも選ばれている羊羹です。

鶴吉羊羹にもいくつか種類があるのですが、その中でも特におすすめな商品が「橙(だいだい)」です。
熱海の特産品であるダイダイを100%使用した、柑橘系のさわやかな香りとほろ苦さ、すっきりとした甘みを味わうことのできる羊羹です。
日本人には馴染み深い羊羹を、地元の特産品を活かして見た目にも美しく仕上げています。
自宅や親戚へのお土産にいかがでしょうか。
価格は、1本1,300円(税込)となっています。

常盤木羊羹店 總本店
住所:
静岡県熱海市銀座町9−1
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
0557-81-4421
定休日:
不定休
アクセス:
熱海駅から徒歩11分

静岡で人気のお土産その6「フルフール御殿場 生フルーツゼリー」

東側の静岡の玄関口でもある御殿場は、大型ショッピング施設などもあるため静岡観光の行き帰りに立ち寄る方なども多いスポットです。
そんな御殿場で人気のお土産が「フルフール御殿場」から販売されている「生フルーツゼリー」です。
累計販売個数は200万個を超え、生のフルーツをそのまま食べるよりおいしいとさえ言われるほど、水にも素材にもこだわった生フルーツゼリーとなっています。
素材だけでなく製造も全て手作りにこだわり、生産数に限りがあるため、日によって商品がなくなり次第閉店時間が早まることもあります。

仕入れは店主自らが東京の市場に赴き、全国の選りすぐりのそのまま贈答用で使用できるレベルのフルーツを買い付け、そのおいしい部分だけをゼリーにしているということです。
一般的なゼリーはゼリー部分のシロップの甘さがしっかりとしたものが多いので、フルーツゼリーなどですとフルーツ本来の味がぼやけてしまっているものが多いです。
しかし、フルフールの生フルーツゼリーはゼリーが主張しすぎないスッキリとした味わいなので、フルーツ本来の甘さ、さわやかさ、香りを感じやすいです。
大切な家族や友人へのお土産にフルフールの生フルーツゼリーはおすすめです。
価格は味によって違いがありますが、人気のフルーツミックスで1個450円(価格の変動あり)です。

フルフール御殿場
住所:
静岡県御殿場市東田中2-14-25
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
0550-82-1873
定休日:
火曜日
アクセス:
御殿場ICから車で10分
※営業時間に関わらず商品がなくなり次第閉店することがあります。

静岡で人気のお土産その7「やまだいち 安倍川もち」

徳川家康公が命名したとされる「安倍川餅」は、その長きにわたり静岡の銘菓として地元の人々や静岡を訪れた方に愛され続けてきました。
「やまだいち」も安倍川餅を販売する和菓子店の一つではありますが、戦後に物資がなく安倍川餅が作られなくなってしまったことから、安倍川餅復活のためにその先陣を担った店舗でもあります。
静岡の復興の証として安倍川餅の製造と復旧に力を注いだ「やまだいちの安倍川餅」は、静岡土産の定番として多くの方に選ばれています。

安倍川餅とは、つき立てのお餅に安倍川上流で取れた砂金に見立てたきな粉をたっぷりとまぶしたものが始まりとされています。
やまだいちの安倍川餅は、砂糖を加えた柔らかくコシのあるお餅に、国産の大豆を原料に煎り方や挽き方までこだわった、香りのよいきめ細やかなきな粉を使用しています。
こしあんも、北海道産の小豆を使用した深い紫色の上品な餡に仕上がっています。
家族用や親しい方向けのお土産におすすめです。
価格は、2人前500円(税込)、3人前750円(税込)、4人前1,000円(税込)、5人前1,250円(税込)となっています。

パルシェ やまだいち
住所:
静岡県静岡市葵区黒金町49番地パルシェ食彩館内
営業時間:
09:30~21:00
電話番号:
054-255-8766
定休日:
年中無休
アクセス:
静岡駅直結パルシェ食彩館

静岡で人気のお土産その8「バリ勝男クン」

カツオの水揚げが日本一の静岡県焼津市で生まれた「バリ勝男クン」は、地元産の新鮮なカツオをじっくり手間をかけてチップス状の鰹節に仕上げた新感覚のスナック菓子です。
商品名に使用されている「バリ」という言葉は、バリバリとした食感を意味するだけでなく、カツオのパワーでバリバリ仕事も頑張れる、という意味合いもあるのだそうです。
商品名に「勝男」という文字があることから、仕事に勝つ、受験に勝つ、という意味合いもあるため頑張っている人へのお土産にぜひおすすめしたい静岡土産です。

味も定番の生姜醤油のほか、ピリッと辛い一味醤油、チーズ、柚子などを始め限定味が販売されることもあります。
そのままおやつとしても良いですし、お酒のつまみにもなるため子供から大人まで幅広く愛されるお菓子です。
噛むごとに広がるカツオの旨みが病みつきになり、一緒に入っているピーナッツが塩分をまろやかにしてくれるのでついつい止まらなくなるおいしさです。
お土産用専用BOX付きで5袋入り800円(税込)、7袋入り1,100円(税込)となっています。

ASTY静岡 グランドキヨスク
住所:
静岡県静岡市葵区黒金町47 静岡駅アスティ西館
営業時間:
06:15~22:30
電話番号:
054-287-6113
定休日:
年中無休
アクセス:
静岡駅構内 サウスストリート

静岡で人気のお土産その9「黒はんぺん」

静岡県中部を中心に家庭の定番として人気の高い「黒はんぺん」。
一般的な白はんぺんは魚の身の部分を使用していますが、黒はんぺんはサバやイワシといった魚を1匹まるごと使うため魚の栄養素を余すことなく摂ることのできる健康にもよいはんぺんです。
また、白はんぺんに比べると黒はんぺんの方がカロリーも低いので、女性の方にもうれしいポイントがあります。
黒はんぺんを作るお店は大変多いですが、その中でも「蒲菊」は人気の高いお店です。

静岡市御幸町の御用邸に明治、大正、昭和とご行幸があった際にはその都度、蒲菊の蒲鉾を献上していたといい、それだけその味に信頼が置かれていたことがわかります。
そのような老舗の味を静岡駅の駅ビルで購入することができるので、ぜひ自宅用のお土産におすすめです。
価格は、黒はんぺん10枚864円(税込)となっています。
保存料は一切使用していないため、早めに食べることをおすすめします。

蒲菊 パルシェ店
住所:
静岡県静岡市葵区黒金町49番地パルシェ食彩館内
営業時間:
09:30~21:00
電話番号:
054-255-1081
定休日:
年中無休
アクセス:
静岡駅直結 パルシェ東館1F

静岡で人気のお土産その10「お茶の葉クッキー」

日本有数の玉露の産地である静岡県岡部町産の抹茶を使用した「お茶の葉クッキー」は、子供から年配の方まで食べやすい無添加のクッキーです。
安心で安全な原材料から作られたクッキーなので、マスコットキャラクターである“あおむしくん”がモグモグと食べてしまった穴がクッキーに空いているという、可愛らしい遊び心で楽しませてくれます。
無添加なので光を当てると変色してしまうため、早めに食べることをおすすめします。

長さ10センチほどの大ぶりなクッキーで1枚で食べごたえが十分あり、封を開けると優しいお茶の香りがします。
味自体はお茶の苦味などは少なく、誰でも食べやすいバターの風味が香る優しい味わいになっています。
食べ終わりにもお茶の香りがふわっと香るので、後味も良いクッキーです。
価格は、8枚入り648円(税込)、12枚入り972円(税込)、16枚入り1,296円(税込)となっています。

駿府楽市
住所:
静岡県静岡市葵区黒金町47アスティ静岡内
営業時間:
09:00~21:00
電話番号:
054-251-1147
定休日:
年中無休
アクセス:
静岡駅構内 ASTY サウスストリート

静岡で人気のお土産その11「常盤木羊羹店 マカロンモナカ」

定番和菓子を現代風にアレンジすることで話題の「常盤木羊羹店」から、もう1品おすすめをご紹介します。
女性を中心に大人気の洋菓子であるマカロンのような最中が、カラフルで可愛らしいと大人気です。
パッケージもまるで洋菓子のような見た目なので、知らずに開けるとちょっとした驚きがあります。
また、こちらのマカロンモナカは常盤木羊羹店總本店の限定商品でもあるので、ここでしか買えないという特別感もあります。

味は「桜・みかん・柚子・抹茶」の4種類で、抹茶は静岡県産のものを使用しています。
優しく上品な香りの桜、男性人気の高いすっきりとした甘さのみかん、爽やかな心地よい香りの柚子など、日本人に馴染み深いフレーバーでありながら、その見た目は新しく目で見ても楽しめる一品です。
特別な方へのお土産に、ぜひいかがでしょうか。
価格は、4個入り750円(税込)、8個入り1,400円(税込)となっています。

常盤木羊羹店 總本店
住所:
静岡県熱海市銀座町9−1
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
0557-81-4421
定休日:
不定休
アクセス:
熱海駅から徒歩11分

静岡で人気のお土産その12「魔法のケーキ屋さんぷるみえーる 半熟プリン」

フランス語で「1番」という意味がある「プルミエール」。
その名に違わぬおいしいケーキが人気で、ウエディングケーキを手がけるなどケーキのデザインの高さにも定評のある洋菓子店です。
そんな地元で人気の洋菓子店からは、大人気の「半熟プリン」をおすすめします。
半熟プリンをアレンジした半熟プリンロールという商品もありますが、プリンであれば切り分け等の手間もないため自宅以外へのお土産にもできるのでおすすめです。

卵や牛乳など使用する材料が上質であるため、甘さを過度に加えなくともしっかりとした味わいが感じられることが特徴です。
喉越しや舌触りもトロッと滑らかでまさに半熟のレアプリンは、卵の風味が優しくほっとするおいしさがあります。
価格も1個230円で洋菓子店の商品としてはリーズナブルなため、まとめ買いもしやすくうれしいポイントです。
ただし、賞味期限は1日と短いため渡す際は気をつけてください。

ぷるみえーる 静岡パルコ店
住所:
静岡市葵区紺屋町6-7 静岡パルコB1F
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
054-903-8613
定休日:
不定休
アクセス:
静岡駅から徒歩3分 静岡パルコB1F

静岡で人気のお土産その13「フジノネ 桜えびの舞」

駿河湾の深海で育った、海の宝石とも言われる“桜えび”をたっぷりと使用した「桜えびの舞」は、静岡は伊豆地域のお土産として特に人気が高いです。
伊豆周辺はおいしい魚が取れるため干物のお土産などは多いですが、自宅以外へのお土産としては難しく、こちらであれば駿河湾のおいしさを友人や職場の方へもおすそ分けできます。

見た目は硬さがありそうに見えますが、サクサクした軽めの食感のせんべい生地で年配の方でも食べやすいです。
噛むごとに桜えびの旨みが口いっぱいに広がり、ふわっと芳ばしい風味が鼻を抜けていきます。
日持ちも良く、個包装のパッケージも十分な高級感があるので、職場へのお土産にもおすすめです。
価格は、12枚入り760円(税込)、21枚入り1,200円(税込)、30枚入り1,680円(税込)で賞味期限は製造から180日となっています。

駿府楽市
住所:
静岡県静岡市葵区黒金町47アスティ静岡内
営業時間:
09:00~21:00
電話番号:
054-251-1147
定休日:
年中無休
アクセス:
静岡駅構内 ASTY サウスストリート

静岡で人気のお土産その14「富好園 富士山三色茶」

静岡といえばやはり日本有数のお茶の生産地であることから、お茶をお土産にする機会も多いかと思います。
数多くの茶農家がいる静岡県の中でも、富好園は少量多品種栽培を行う農家として知られています。
静岡県清水の山間部である両河内地区は、澄んだ良質な水と空気、山間から立ち上がる霧などお茶の栽培に適した土地で、その両河内で富好園が育てている品種は20を超えると言います。
お茶マニアの要望に応えられるよう、おいしいだけではない特別な一杯のためにお茶づくりを続ける農園です。

富好園で育てられた良質な「緑茶・ほうじ茶・紅茶」をまるで富士山のように見えるハンカチで包んだ「富士山三色茶」は一目で静岡土産とわかるインパクトもあり、なおかつ品のあるパッケージデザインです。
特に、富好園の紅茶は海外産の紅茶とは違い、渋みや苦みが少なく甘く優しい味わいの紅茶で、子供でもストレートで飲めるように作られています。
価格は、煎茶75グラム、ほうじ茶30グラム、紅茶30グラムのセットが3,650円(税込)となっています。

駿府楽市
住所:
静岡県静岡市葵区黒金町47アスティ静岡内
営業時間:
09:00~21:00
電話番号:
054-251-1147
定休日:
年中無休
アクセス:
静岡駅構内 ASTY サウスストリート

静岡で人気のお土産その15「追分羊かん」

創業元禄八年の老舗、「追分羊かん」は、東海道を行き来する参勤交代の大名たちの舌を唸らせてきた歴史ある味です。
静岡県が舞台の国民的アニメちびまる子ちゃんでも取り上げられていたこともあり、静岡県民だけでなく全国的にも名前が知られるきっかけともなりました。
徳川十五代将軍慶喜公も贔屓にしており、しばしばご賞味されたという静岡の名物をぜひ親しい方へのお土産にいかがでしょうか。

追分羊かんは、丁寧に手洗いをした竹皮で餡を包み、そのまま蒸しあげています。
食べるときは竹皮ごと切り分けておき、食べる直前にその竹皮を剥がすことで竹の香りをより感じることができます。
もっちりとした食感、鼻に抜ける竹の香り、控えめな甘さが小豆の風味を引き立てます。
なんとも素朴な味で、素材の味をいかしたこだわりの一品です。
価格は、300グラム1袋1,230円(税込)となっています。

追分羊かん本店
住所:
静岡市清水区追分2-13-21
営業時間:
08:30~18:00
電話番号:
054-366-3257
定休日:
日曜日
アクセス:
清水駅から車で8分

静岡で人気のお土産その16「あげ潮」

静岡県民がおすすめする静岡土産として名前が上がることも多い「あげ潮」は、県外からもお取り寄せをしているという方がいるほど、一度食べるとクセになると話題のお菓子です。
浜名湖に潮が満ちるように、食べる方の運気が上がるようにと思いを込めて「あげ潮」というネーミングがされたと言い、縁起のよいお菓子としても知られています。

製造しているのは地元で創業70年の洋菓子店まるたやで、一見して揚げ物のような見た目をしていますが、こちらは自家製の焼き菓子です。
たっぷりとドライフルーツやナッツが入っており、表面には砕いたコーンフレークがまぶされ、芳ばしいサクサク感、密度の高い素朴な甘さのクッキー生地、ドライフルーツの優しい甘さと香りが絶妙にマッチしています。
ほんのわずかに感じられる塩分が後味を引き締めてくれるため、パクパクと食べられるおいしさがあります。
価格は、180グラム675円(税込)、お土産用には50グラム×3袋810円(税込)もおすすめです。

まるたや洋菓子店 メイワンエキマチ店
住所:
静岡県浜松市中区砂山町6-1
営業時間:
08:00~21:00
電話番号:
053-457-4861
定休日:
年中無休
アクセス:
浜松駅直結 メイワンエキマチWEST

静岡で人気のお土産その17「やいづ善八 だしパック」

明治初年創業の出汁専門店「やいづ善八」は、“こんな出汁があったのか、こういう出汁の使い方もあったのか”という驚きを与えるような商品を数々生み出してきた企業です。
カツオの頭の先から尾の先まで全てを無駄にしない出汁作りをし、日々の料理をちょっと手間を加えた贅沢な仕上がりにしてくれるアイテムは、ぜひお料理をされる方へのお土産におすすめです。

家庭で使う出汁というと顆粒タイプのものが多いですが、やいづ善八の人気商品は「だしパック」という1個あたり4グラムの少量のパック型の出汁です。
顆粒のタイプは湿気の問題などもあり、日常使いする上でちょっとした気になる点もあります。
こちらは個包装になっているのでパックとはいえ風味が落ちる心配が少なく、使いやすさもあります。
なにより、堅魚煎汁(かたうおいろり)製法と言われる、カツオの煮汁をそのまま煮詰めて旨みを凝縮した旨みエキスを鰹節の出汁に合わせているため、カツオの持つ旨みを余すところなく濃縮した出汁となっています。
価格は、20パック入り1,533円(税込)となっています。

駿府楽市
住所:
静岡県静岡市葵区黒金町47アスティ静岡内
営業時間:
09:00~21:00
電話番号:
054-251-1147
定休日:
年中無休
アクセス:
静岡駅構内 ASTY サウスストリート
この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • 静岡で食べられる絶品生しらす丼TOP22!お手頃価格からお寿司...

    静岡で食べられるおいしいしらすのお店をご案内します。横に長い静岡の各地では、旬になると生しらすあるいは釜ゆでしらすをご飯の上に載せて食べるしらす丼が人気です。県外からの目的客も多い、そんなしらすの名店を22カ所を厳選しました。わかりやすいランキング形式で紹介します。

  • 【2020年】静岡でおすすめの初詣スポットTOP17! 伊豆・駿河...

    静岡県の初詣スポットのおすすめを紹介します。熱海から三島、富士、伊豆、静岡、浜松と東西に長い静岡県には、初詣でご利益をお願いしたい神社仏閣が数多くあります。今回はその中から人気の穴場を含めて17スポットを厳選しました。

  • 静岡・川根温泉 ふれあいの泉が人気!源泉かけ流しやSLトーマ...

    静岡県島田市にある「川根温泉 ふれあいの泉」。道の駅「川根温泉」内に併設されている日帰り入浴施設で、お湯の鮮度にこだわりを持つ温泉です。源泉に手を加えず、3時間を目安に供給するお湯は新鮮そのもので、温泉の醍醐味を存分に味わえます。またSLが見える露天風呂も大変人気なスポット、ふれあいの泉をご紹介します。

  • 静岡へ女子旅!大自然のおすすめプラン!人気観光地&グルメ...

    海と山に囲まれた自然が豊かな静岡。おいしい海の幸や温泉が豊富な静岡は、車からも電車からも都心からのアクセスが良く、気軽な女子旅にぴったりの場所です。女子旅におすすめしたい、静岡で行きたい観光&グルメをご紹介します!

  • 伊豆の人気観光スポットおすすめ15選!欠かさず行きたい定番...

    自然が豊かで景勝地の多い伊豆。歴史を知るスポットやさまざまなテーマパークもあり、訪れる人を飽きさせません。ここでは何度行っても楽しい伊豆のおすすめスポットを15カ所紹介します。有名どころからユニークなところまで思い切り楽しみましょう。

  • 静岡・伊豆焼津浜松でゲットしたい人気のお土産おすすめ4選...

    静岡には伊豆や浜松・駿河など、人気の観光地がたくさんあります。観光する場所が多ければ、名産品も数多くあるもの。今回は静岡旅行で買って帰りたい、おみやげに最適な静岡限定人気商品をご紹介します。

  • 静岡一人旅のおすすめ観光スポット15選~富士山もグルメもパワ...

    静岡への一人旅でおすすめのスポットをご紹介します。富士山が目の前に見える絶景温泉や、アウトレットに一番近いパワースポット、抹茶ジェラートやうなぎが食べられるグルメスポットはこちらです。

  • 静岡観光の人気観光スポット27選!ハズレ無しのおすすめ観光...

    静岡県と聞いて思いつく観光スポットはどこ?真っ先に思いつくのは「富士山」かもしれません。そのほかにも日本屈指の温泉街「熱海、伊豆」あたりを思いつく人もいるでしょう。さらにはあの徳川家康の居城「駿河城」や「浜松城」も静岡県ですね。歴史、自然、そして海の幸に恵まれた絶好の観光スポットを多くもつ静岡県。これは行くしかない!

  • 静岡で人気のお土産!おすすめアイテム15選!

    日本一高い富士山の麓に位置する静岡県には人気なお土産がたくさん。そんな静岡のお土産でも特におすすめで外さないものを厳選15種類をご紹介します。清水のお茶、浜名湖の鰻などおすすめなお土産がたくさんあります。

  • 静岡観光を家族で楽しめる!こども歓迎のホテルおすすめ15選

    豊かな海と山に囲まれた静岡には、子供連れで出かけたいお出かけスポットが数多く存在します。子供と一緒の旅行に泊まりたい、静岡のこども歓迎のホテルをご紹介します!

この記事のキーワード
このエリアの人気記事