踊り子号の予約の仕方は?料金や自由席についても解説します

562

views

0

特急電車の「踊り子号」を案内します。東京を中心とする首都圏から伊豆半島の東側を結ぶ特急電車。乗り換えなしで伊豆半島の観光名所に気軽にアクセスできます。その料金や自由席、あるいは予約方法など、踊り子号の様々な情報、そして伊豆の観光名所を紹介します。

伊豆観光に行くなら踊り子号がおすすめ

静岡県にある伊豆半島は、首都圏から気軽に行けるお出かけスポットとして人気があります。そのアクセスとして便利なのが踊り子号。主に東海岸での見どころが多く、複数の温泉地、自然の恵み、動物とのふれあい、個性豊かなミュージアム、あるいは歴史的なスポットなどがあります。連泊しないととても一度では回れない伊豆半島の東側。数多くある中から気になるスポットを吟味厳選して、しっかりとプランを構築したいところです。

踊り子号って何?

伊豆半島の東部は温泉地も多く首都圏からの行楽地でした。昭和13年に熱海からの伊東線が誕生。当初から電化されており、すぐに東京からの直通列車が走りました。優等列車としての運転は、1949年に準急となった「あまぎ」です。やがて修禅寺方面の運転も始めました。その後「伊豆」を名乗る準急も走るようになり、1964年に伊豆は「急行」に昇格。その5年後には一部の列車が特急あまぎ号となって、2種類の優等列車が東京から伊豆下田まで走りました。そして1981年の10月に、このふたつの優等列車を統合して踊り子号が誕生したのです。

踊り子の名前は、一般公募により選ばれました。その元の名前は、ノーベル文学賞を受賞した川端康成の小説「伊豆の踊子」からです。これは19歳のときに川端康成自身の実体験が元に書かれた小説で、青年が伊豆の一人旅に出てそこで知り合った旅芸人一座の少女、踊り子に淡い恋心を抱く旅情物語。そしてこの小説は6回も映画化されているほどの名作です。田中絹代、吉永小百合、山口百恵とそうそうたるメンバーが踊り子役を演じました。そんな日本を代表する名作の名を冠した特急踊り子が、登場から30年近くたった現在も東京と伊豆半島を結ぶアクセスとして活躍しています。

特急踊り子号とスーパービュー踊り子号の違い

特急踊り子号にはいろんなタイプの列車があります。基本的にはいずれも東京と伊豆半島を結んでいることに変わりはありません。最もオーソドックスな特急列車で、1日5往復が定期運転されています。そのうち東京発着が4往復で、池袋・新宿発着が1往復。この特急は横浜駅で合流します。伊豆半島側は伊豆下田駅行きが基本ですが、東京から出発するうちの2往復は、一部の車両が熱海駅で切り離され、三島駅を経由して伊豆中部の修善寺を目指します。また不定期で千葉の安孫子から運用している列車が存在。さらに2020年の3月までは、これとは別に大宮発着の臨時便もありました。

スーパービュー踊り子号は1990年から251系電車を使用していた特急です。新宿駅や東京から1本ずつが発着しており、新宿発のものは大宮から出ることがありました。大きな違いとして展望席が設けられており、グリーン席と普通席がありました。さらにグリーン車には専用のラウンジも併設。通常の踊り子号よりリッチな列車運用がされていました。しかし2020年3月からE261系を使用。そこで名称が、サフィール踊り子号に変わりました。「青く美しい伊豆の海と空」をイメージし、フランス語のサファイアを意味する言葉を使っています。

臨時列車、マリンエクスプレス踊り子とリゾート踊り子の違い

踊り子号には「臨時列車」として運用されているものがあります。マリンエクスプレス踊り子号は2012年から8年間運用されていた臨時列車。土日などの休日に運用された全席指定の特急で、東京駅から伊豆急下田駅を結びます。使用車両はE259系電車で、この電車は東京をはじめとする首都圏と成田空港を結ぶ空港アクセス特急用に2009年に運行を開始した車両です。それを踊り子にも利用した形になります。ちなみにこの車両は2010年に鉄道友の会ブルーリボン賞、ブルネル賞を受賞しました。マリンエクスプレス踊り子号は2020年3月のダイヤ改正から記載がなくなり、事実上運用停止状態です。

リゾート踊り子号は、1988年から運用されていた臨時列車です。伊豆半島では伊東駅までがJR(旧国鉄)で、その先は伊豆急行となっていますが、この列車は伊豆急行の2100系車両で運用されていました。全車指定席として東京駅と伊豆急下田駅を結びます。大きな特徴として「ロイヤルボックス」席を設けていました。またこの姉妹列車として、シーリゾート踊り子、フルール踊り子という名称の列車が運用されていたことがあります。しかし現在は運行が終了。代わって団体臨時列車としてキッチンカーなどを併設する、THE ROYAL EXPRESS(ザ・ロイヤルエキスプレス)が運用しています。ちなみに2100系車両は「リゾート21」として熱海と伊豆下田間を往復。全車自由席で黒船電車・キンメ電車の名前で活躍しています。

踊り子号の自由席と指定席の料金

踊り子号の料金ですが、通常の踊り子号とサフィール踊り子号との間で料金の違いはありません。ただしサフィール号の場合はグリーン車、Pグリーン、および個室については通常の踊り子号のグリーン車より料金が高くなります。主要駅の料金を見てみると次の通り。東京から熱海までが自由席3340円(指定席3870円)、伊東までが3670円(指定席4200円)、修善寺までは4270円(指定席4800円)、そして伊豆急下田までは5730円(指定席6370円)となっています。

また変わった利用方法を紹介しましょう。例えば踊り子号を伊豆半島ではなく熱海まで利用する場合です。並行して新幹線が走っていてひかりで40分、こだまなら50分で東京から熱海に到着。ただし熱海停車のひかりは少ないです。それに対して踊り子号は80分かかるので圧倒的に新幹線のほうが早いですが、400円ほど踊り子のほうが安くなります。また新宿からの場合、乗り換えることを考えると、より踊り子利用が有利に。もうひとつ、小田原・熱海から伊豆下田までの自由席特急料金が930円です。時間を気にしないのなら小田原まで小田急線に乗る、あるいは熱海まで快速に乗ってそこから踊り子に乗り換えると安くなる裏技があります。

踊り子号の予約方法

踊り子号を利用する場合、自由席なら出発当日に購入できますが、指定席やグリーン席を利用する場合は事前に予約が必要です。その方法ですが、一般的なのは主要駅にあるみどりの窓口での購入です。対象電車が運行する1か月前の午前10時から発売。また夏休みなどの期間中には例外的に前売りする場合があります。直接駅の窓口に行くので手間はかかりますが、担当者とやり取りするので間違えるリスクが回避できるというメリットがあります。特にサフィール踊り子号にはグリーン席、Pグリーン席、個室の3種類が存在。誤りが無いように確認できるのは心強いです。

次に旅行代理店で注文する方法。伊豆半島は基本的には宿泊を伴う滞在となりますから、ホテルやレンタカーを手配するときにセットで注文できるのは便利が良いです。旅のプロが最も適したプランを提示してくれるかもしれません。最後にネットでの予約方法があります。「えきねっと」を利用しての予約は、自宅からパソコンでもスマホでもタブレットでもできますから今主流の方法です。予約開始はみどりの窓口と同じです。この場合は会員登録をすると即座に予約が取れますから、特に夏休みの繁忙期などで、かつ人気の席を狙う際には強力な武器となるでしょう。

踊り子号の停車駅・ルート

踊り子号のルートの基本は東京と伊豆下田を結びます。これは通常の踊り子もサフィール踊り子号も同じです。基本ルートの停車駅は次の通り(一部停車する駅は()で紹介)。東京駅を出発すると東海道線を通り、品川駅、(川崎駅)、横浜駅、(大船駅)、(小田原駅)、(湯河原駅)、そして熱海駅です。ここからは伊東線に入り(網代駅)、伊東駅に到着。さらに伊豆急行線に入ると、伊豆高原駅、伊豆熱川駅、伊豆稲取駅、河津駅、そして終点伊豆急下田駅に到着します。なおサフィール号は()の駅には止まりませんので注意しましょう。

主要ルート以外には、池袋・新宿方面発着の便があります。これは横浜駅までルートが違います。その停車駅を紹介すると一部列車は池袋駅からスタート。新宿駅、渋谷駅、武蔵小杉駅に停車し、横浜駅からは主要ルートと合流します。また一部は修禅寺方面のルートがあり、これは熱海駅から分岐します。熱海駅からの停車駅は次の通り。三島駅、三島田町駅、大場駅、伊豆長岡駅、大任駅、そして修善寺駅に到着します。また一部の電車が千葉県我孫子駅から出発することがあります。東京駅までの停車駅は次の通り。我孫子駅、柏駅、松戸駅、北先住駅、上野駅、そして東京駅に到着し、あとは主要ルートと同じです。

踊り子号で行く、伊豆のおすすめ観光地:1 伊東・川奈

伊東は、踊り子号の観光でおすすめの場所です。伊豆の入口と言える場所で、ここまでがJR線のエリアとなっています。伊東は温泉が湧いており、源泉数780本と日本で3番目に多い湯量を誇り、泉質は単純温泉、塩化物泉など。ハトヤ旅館などが有名です。しかしぜひ行っておくべきは東海館です。伊東市指定有形文化財の建物で1997年まで温泉旅館でした。現在は文化施設として開放しており、昭和初期の建物をゆったりと眺められます。そして現在は日帰り入浴施設として湯に入ることも可能。伝統的な雰囲気の中で伊豆の湯を存分に味わいましょう。

伊東の南には伊豆高原が広がっており、いろいろな観光施設が林立しています。特に近くにある川奈の南には小室山公園があります。ここは一年を通じて季節の花が楽しめるスポットとして観光客に大人気。特につつじの花が咲く4月はおすすめです。この時期には真っ赤なじゅうたんが公園内にあるつつじ園を覆います。フォトジェニックな場所としてつつじのじゅうたんは必見。またツバキも有名で2・3月ごろには1000種類、4000本の植栽されたツバキを鑑賞できます。また展望デッキのある小室山山頂に登れば、北の方向に富士山が見渡せ、さらに東に相模灘、西には天城連山。そして南には房総半島さらには伊豆諸島も見えるでしょう。

小室山公園
住所:
静岡県伊東市川奈1260
営業時間:
09:00~16:00
電話番号:
0557-45-1594
定休日:
無休
アクセス:
JR伊東駅よりバスで約20分

踊り子号で行く、伊豆のおすすめ観光地:2 伊豆熱川

伊豆熱川(あたがわ)は、踊り子号の観光でおすすめの場所です。ここは伊豆高原から南下した半島の中間地点です。ここも温泉が湧き出ており泉質は塩化物泉。決して大きな温泉街ではありませんが、源泉温度が100度に近い高温が噴き出ており、激しい湯気が常に街を覆っています。そしてここに来たのなら、ぜひ行っておきたいのが高磯の湯です。ここは元々海岸沿いにあったプールでした。それを露天風呂として改装しており、目の前には大海原が広がっています。最高の解放感を満喫しましょう。ちなみに高温の湯で長時間入ると痛みが伴うほどです。湯船から出て潮の香を受けながら、体を冷ますとまた爽やかな気持ちになります。

熱川には、バナナワニ園と呼ばれる動植物園があります。温泉から上がった後にぜひ立ち寄りたいところ。熱川温泉の熱を利用してワニや熱帯植物を栽培しています。このワニ園では世界トップクラスのワニを飼育しており、その種類は交雑種を含めると17種類140頭ものワニがいます。さらに20種類のバナナを飼育。熱帯植物全体では5000種類に上ります。そのほか特筆すべき点がまだあり、日本で唯一アマゾンマナティの展示、そしてニシレッサーパンダの飼育繁殖も行っています。3つの展示施設から構成されていますから、時間をかけてじっくりと眺めましょう。

熱川バナナワニ園
住所:
静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本 1253-10
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
0557-23-1105
定休日:
無休
アクセス:
伊豆熱川駅から徒歩1分

踊り子号で行く、伊豆のおすすめ観光地:3 河津

河津(かわづ)は、踊り子号の観光でおすすめの場所です。場所は熱川からさらに南側先端部近くにあります。ここの見どころは駅前から少し内陸に入ったところ。そしてここは踊り子号の名前の由来となっている小説「伊豆の踊子」の舞台です。ここは、ほかよりも先駆けて2月上旬から咲き始める河津桜が有名です。その歴史は意外に早く1972年のこと。早咲きという特徴に加え伊豆の温暖な気候も手伝い、咲き始めてから1か月後には満開の桜が見られます。その時期になると河津桜まつりが行われ、河津川沿いに咲き誇る8000本の桜は必見。ライトアップされた夜桜も見逃せません。

伊豆の踊子は、天城峠のトンネルから物語がスタートします。主人公「私」は旅芸人一座と行動を共にし、やがてその中にいた踊り子と仲良くなります。そして、ふたりだけで向かったのが河津七滝。この滝にはぜひ足を運びましょう。勇壮な滝がありその横には、私と踊り子が仲良く過ごしている銅像があります。また河津駅からこの滝を経由するバスは伊豆半島を縦断するルートとなっており、終着駅は修善寺です。途中歌謡曲でも登場する天城トンネルを通過。もしその世界観を存分に味わうのなら、帰りに修善寺までバスに乗りましょう。そして、修善寺から踊り子号で戻るというプランが十分楽しめます。

河津七滝
住所:
静岡県賀茂郡河津町梨本
電話番号:
0558-32-0290
営業時間:
24時間
定休日:
無休
アクセス:
河津駅よりバス20分

踊り子号で行く、伊豆のおすすめ観光地:4 伊豆下田

伊豆下田は、踊り子号の観光でおすすめの場所です。伊豆半島の南端付近にあり、踊り子号の終点でもあります。ここはペリーの黒船艦隊が来航した場所。また伊豆諸島に向かう船の発着場もあります。この中で、ぜひ行っておきたいのが下田海中水族館です。下田公園の中にあり、天然の入り江を利用しました。そしてここには「ふれあいの海」と呼ばれるものがあり、イルカショーやアシカショーが楽しめます。特にイルカに関しては直接餌をあげる、あるいは握手、ジャンプの合図が出せるなど、飼育員さながらの体験が可能。一緒に泳げるプログラムもありますから、子供連れのファミリーにはまたとない思い出になるでしょう。

伊豆下田も温泉があり、中でも金谷旅館がおすすめです。ここは自家源泉のかけ流し湯があり、日帰り入浴もできます。特におすすめが千人風呂。それは大正4年に建てられた木造の建物で幅5メートル奥行きは20メートル程度です。そして1メートルの深さを持つ大きな湯舟があり、その大きさはあたかもプールのようです。ゆったりと湯につかりましょう。ただ混浴となっており、女性は婦人専用浴場から入れるようになっています。その際、バスタオルの着用が認められています。また、どうしても混浴に抵抗がある場合でも安心。夫人大浴場「万葉の湯」があります。こちらも木造建築の趣ある雰囲気の中で、湯に入れます。

下田海中水族館
住所:
静岡県下田市3-22-31
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
0558-22-3567
定休日:
無休
アクセス:
伊豆急下田駅よりバス7分

伊豆観光にはぜひ踊り子号を利用してみてください!

踊り子号は、東京を中心に首都圏と伊豆半島を結ぶ特急電車です。半島の付け根に当たる熱海から終着の下田に至るまで、温泉地が点在しています。また伊豆高原を中心として観光スポットは目白押し。さらに特急の名前の由来となっている小説、伊豆の踊子の舞台となる場所にも容易に行けます。思い立ったら吉日。踊り子号に乗り込み伊豆の観光で存分に日頃のストレスを癒しましょう。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • 静岡で人気のお土産20選!もらってうれしい定番銘菓から話題...

    静岡県は東西に長く伸びた個性的な形をしており、地域ごとに名物も大きく変わります。東海地方の観光地として特に人気が高く、地域ごとにその個性を活かした様々なお土産があるので参考にしてみてください。

  • 静岡で食べられる絶品生しらす丼TOP22!お手頃価格からお寿司...

    静岡で食べられるおいしいしらすのお店をご案内します。横に長い静岡の各地では、旬になると生しらすあるいは釜ゆでしらすをご飯の上に載せて食べるしらす丼が人気です。県外からの目的客も多い、そんなしらすの名店を22カ所を厳選しました。わかりやすいランキング形式で紹介します。

  • 【2021年】静岡でおすすめの初詣スポットTOP17! 伊豆・駿河...

    静岡県の初詣スポットのおすすめを紹介します。熱海から三島、富士、伊豆、静岡、浜松と東西に長い静岡県には、初詣でご利益をお願いしたい神社仏閣が数多くあります。今回はその中から人気の穴場を含めて17スポットを厳選しました。

  • 静岡・川根温泉 ふれあいの泉が人気!源泉かけ流しやSLトーマ...

    静岡県島田市にある「川根温泉 ふれあいの泉」。道の駅「川根温泉」内に併設されている日帰り入浴施設で、お湯の鮮度にこだわりを持つ温泉です。源泉に手を加えず、3時間を目安に供給するお湯は新鮮そのもので、温泉の醍醐味を存分に味わえます。またSLが見える露天風呂も大変人気なスポット、ふれあいの泉をご紹介します。

  • 静岡へ女子旅!大自然のおすすめプラン!人気観光地&グルメ...

    海と山に囲まれた自然が豊かな静岡。おいしい海の幸や温泉が豊富な静岡は、車からも電車からも都心からのアクセスが良く、気軽な女子旅にぴったりの場所です。女子旅におすすめしたい、静岡で行きたい観光&グルメをご紹介します!

  • 伊豆の人気観光スポットおすすめ15選!欠かさず行きたい定番...

    自然が豊かで景勝地の多い伊豆。歴史を知るスポットやさまざまなテーマパークもあり、訪れる人を飽きさせません。ここでは何度行っても楽しい伊豆のおすすめスポットを15カ所紹介します。有名どころからユニークなところまで思い切り楽しみましょう。

  • 静岡・伊豆焼津浜松でゲットしたい人気のお土産おすすめ4選...

    静岡には伊豆や浜松・駿河など、人気の観光地がたくさんあります。観光する場所が多ければ、名産品も数多くあるもの。今回は静岡旅行で買って帰りたい、おみやげに最適な静岡限定人気商品をご紹介します。

  • 静岡一人旅のおすすめ観光スポット15選~富士山もグルメもパワ...

    静岡への一人旅でおすすめのスポットをご紹介します。富士山が目の前に見える絶景温泉や、アウトレットに一番近いパワースポット、抹茶ジェラートやうなぎが食べられるグルメスポットはこちらです。

  • 静岡観光の人気観光スポット27選!ハズレ無しのおすすめ観光...

    静岡県と聞いて思いつく観光スポットはどこ?真っ先に思いつくのは「富士山」かもしれません。そのほかにも日本屈指の温泉街「熱海、伊豆」あたりを思いつく人もいるでしょう。さらにはあの徳川家康の居城「駿河城」や「浜松城」も静岡県ですね。歴史、自然、そして海の幸に恵まれた絶好の観光スポットを多くもつ静岡県。これは行くしかない!

  • 静岡で人気のお土産!おすすめアイテム15選!

    日本一高い富士山の麓に位置する静岡県には人気なお土産がたくさん。そんな静岡のお土産でも特におすすめで外さないものを厳選15種類をご紹介します。清水のお茶、浜名湖の鰻などおすすめなお土産がたくさんあります。

このエリアの人気記事