スウェーデン基本情報 【言語・お役立ち会話編】ヨーロッパで一番英語が通じる国の言語事情

2,411

views

0

近年の北欧ブームも相まって人気の旅行先であるスウェーデン。都会的なストックホルムの街並やドロットニングホルム宮殿をはじめとする歴史的建造物など見どころ満載です。そんなスウェーデンの言語事情をまとめてみました。

スウェーデンの公用語は?

スウェーデンの公用語はスウェーデン語。移民が多いため、フィンランド語、メアンキエリ(トルネダール・フィンランド語。フィンランド語の方言)、ロマ語、サーミ語、イディッシュ語などを使う方もいます。英語と同じゲルマン諸語にあたるスウェーデン語は、隣国のノルウェー語、デンマーク語とも似ているため、スウェーデン語とノルウェー語では、相互に意思疎通ができる会話程度は可能だといわれているようです。

英語は通じる?

スウェーデンを旅行すると驚くのは、英語の汎用性。実はスウェーデンは、「ヨーロッパで一番、英語が通じる国」としても知られています。公共の場所だけでなく、道行く人に英語で話しかけても理解してくれることが多いので、英語が話せれば、困ることはないといっても過言ではありません。

スウェーデン人の英語が上手な理由としては、スウェーデンの発音や文法が英語に似ていることや、幼いころから第二言語として教育されたり、テレビやラジオなどでも英語を耳にする機会が多かったりすることなどがあげられます。

また、面白いのは、イギリスと同じヨーロッパ圏でありながら、発音がアメリカ英語なところ。日本人にもわかりやすい英語を話してくれますよ。

スウェーデン旅行で使いたい!便利なスウェーデンのフレーズ

英語が通じるスウェーデンとはいっても、せっかく旅行にいくならあいさつ程度は現地の言葉を使いたいもの。ここからは、スウェーデン旅行で使える簡単なフレーズをまとめてみました。

Hej!(ヘイ!)やぁ

スウェーデン語の一番簡単なあいさつが、「Hej!(ヘイ!)」。日本語で、「やぁ」とか「こんにちは!」を意味する表現で、時間帯を問わずに使える便利な言葉です。お店やレストランを訪れた際は、まず店員さんに「Hej!(ヘイ!)」と声をかけてみましょう。

God morgon!(グモロン)おはよう

スウェーデン語の「おはよう」は、「God morgon!(グモロン)」。お気づきですか?英語の「Good morning」によく似ていますね。発音もカタカナ読みのまま「グロモン」でOKなので簡単にマスターできそうですね。ちなみに「こんにちは」は「God dag!(グダーグ)」、「こんばんは」は、「God natt!(グナッ)」と言いますよ。

Tack så mycket!(タック ソー ミッケ)どうもありがとう

スウェーデン語で感謝の気持ちを伝える「Tack så mycket!(タック ソー ミッケ)」。お店などで手短に感謝を伝えたいときは、「Tack!(タック)」だけでもOKです。

Ursäkta.(ウーシェクタ)すみません

「Excuse me」を表す「Ursäkta.(ウーシェクタ)」。店員さんや街の人に話しかけるときは、まずこのフレーズを使いましょう。

Vad kosta det? (ヴァード コスタ デ?)おいくらですか?

買い物の際に覚えておくと便利なフレーズです。お店で値段がわからない時に使ってみてくださいね。

Snälla(スネーラ)お願いします

こちらも買い物の際に使えるスウェーデン語。「(欲しいもの)+Snälla(スネーラ)」で「(欲しいもの)をお願いします」という表現になります。

スウェーデン旅行に役立つ、スウェーデンの言語事情と便利なフレーズをまとめてみました。英語が話せれば不便のないスウェーデンですが、せっかくなら現地の言葉でコミュニケーションをとってみてくださいね。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • スウェーデン・ストックホルム近郊、ぶらり日帰り旅でお気に...

    北欧最大の都市、ストックホルム。その巨大都市から日帰りで旅することが出来る素敵な町が沢山あります。大都市の喧騒から少しだけ外れて、お気に入りのスポットを見つけにいきませんか?

  • ストックホルムで絶対手に入れたい!人気のスウェーデンのお...

    北欧を代表する世界都市ストックホルム!美しい街並みや治安の良さは、女子旅にも最適!可愛い雑貨で知られる北欧ならではお土産はインスタ映えすること間違いなし!そんなストックホルムイチオシのお土産をピックアップしてみました。

  • ストックホルムおすすめ観光スポット14選♡地元民おすすめまとめ

    モダンな北欧デザイン、フィーカ(アフタヌーンティー)の文化、そして美しい風景——これらは、スウェーデンと聞いて頭に浮かぶもの。そして、スウェーデンっ子たちが幼い頃から慣れ親しんできたものです。首都ストックホルムでスウェーデンっ子たちが大好きなモノを見つけてみませんか?

  • スウェーデン基本情報 【お金編】

    北欧デザインや豊かな自然が魅力のスウェーデン。今回はそんなスウェーデンに行く前に確認しておきたい通貨やクレジットカード事情、チップについてご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

  • スウェーデン基本情報 【治安・情勢編】事前にチェックして...

    「世界一美しい首都」と称されるストックホルムで知られるスウェーデン。国民の幸福度ランキングでも常に上位に位置し、世界的に見ても治安が良く安全度の高い国ですが、渡航に際しては注意も必要です。スウェーデンでの滞在を楽しいものにするために治安情勢について調べておきましょう。

  • スウェーデン基本情報 【お水事情編】

    水質が良いことで知られているヨーロッパですが、スウェーデンの水道水はそのまま飲んでも大丈夫なのでしょうか?今回はスウェーデンのお水についてまとめてみました。

  • スウェーデン基本情報 【交通手段編】

    北欧好きにとってスウェーデンは、一度は訪れてみたい憧れの国ですよね。美しい自然やかわいいデザインなど見てまわりたいものがたくさん。そこで今回はスウェーデンの旅で欠かせない交通手段についてご紹介します。

  • スウェーデン基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】お店...

    北欧の王国スウェーデン。豊かな自然やすばらしいデザインなどさまざまな魅力があるスウェーデンに行きたいという方も多いですよね。今回はそんなスウェーデンに行く前に知っておきたい祝日・祭日・ビジネスアワーについてご紹介します。

  • スウェーデン基本情報 【気候・服装編】

    スウェーデンは北欧最大の国。「水の都」と呼ばれる美しい都市ストックホルムやジブリ映画の舞台にもなったゴットランド島のヴィスビーなど、見どころ満載の国です。ここではそんなスウェーデンの気候とスウェーデンを訪れる際の服装について紹介しましょう。

  • スウェーデン流のデザイン雑貨をハンティングするならここが...

    北欧のデザイン雑貨は、豊富な種類がたくさんあります。北欧スタイルは、日本でも大人気。デザイン雑貨をハンティングして、お部屋のレイアウトを北欧スタイルで楽しみませんか?スェーデン・ストックホルムのショップを6選ご紹介。

このエリアの人気記事