天国に一番近い島!ニューカレドニア観光スポット&おすすめの離島4選

8,720

views

1

青い空に白い雲、透き通るようなブルーの海、純白の砂浜…。そう、それこそがニューカレドニアの代名詞!世界中の人々が憧れるビーチリゾートです。一度でいいからそんなところに行ってみたい…と思った方!意外と気軽に行けちゃいます。直行便あり、時差は2時間。さらに成田から出発の場合夜発朝着なので、飛行機の中でぐっすり眠っちゃえば目覚めたときにはニューカレドニアに到着しちゃいます。週末プラスアルファでの週末旅行先としてもおススメ!

「天国に一番近い島」への行き方

ニューカレドニアは「天国に一番近い島」と呼ばれています。その由来となったのは、森村桂氏の同名小説がきっかけです。1966年に出版され、さらには1984年には原田知世さん主演の映画にもなりました。今現在もなお、小説の世界と変わらない美しい世界が広がっています。

ニューカレドニアはオーストラリアの近く、南太平洋の島々のひとつに属しています。日本からは飛行機で約9時間。ニューカレドニアの航空会社「エア・カラン航空」が成田週4便、関空週2便の直行便を運航しています。
本島のグランドテール島を中心に大小の島々から構成されていて、美しいブルーの海と世界最大級のサンゴ礁が特徴です。では、さっそく各島々のアクティビティや見どころをご紹介♪

グランドテール島【ヌメア】

ココティエ広場(Place des Cocotiers)

ココティエ広場はヌメア市街地の中央にあるヌメア市民の憩いの広場。緑豊かな公園は、昼間になると現地の人たちがバゲットサンドウィッチをかじりながらのんびり過ごしている風景に出会えます。

ココティエ広場の周辺には免税店、お土産屋さん、レストランやカフェが多く、ショッピングや一服する場所に最適!毎週木曜日にはテーマを決めたマーケットが開かれるそうですよ!楽しそう♪

ココティエ広場(Place des Cocotiers)
住所:
Centre Ville,Noumea, Grand Terre, New Caledonia
アクセス:
ヌメア・トントゥータ国際空港より車で40分

セントジョセフ大聖堂(St. Joseph's Cathedral)

ヌメアのシンボル的な存在であるセントジョセフ大聖堂。19世紀にカトリック宣教師が布教し、ニューカレドニアはキリスト教が主な宗教になりました。セントジョセフ大聖堂内部にはステンドグラスやパイプオルガンもあり、ヨーロッパの教会さながら!
また、フランスの植民地であるニューカレドニアは、コロニアル風の建築と現地のメラネシアン文化がうまく融合して素敵な街並みになっていますよ。

セントジョセフ大聖堂(St. Joseph's Cathedral)
住所:
3 Rue Frederick Surleau, Noumea, New Caledonia
営業時間:
5:30~17:30
アクセス:
ココティエ広場より徒歩15分

アメデ島ツアー

ヌメアから高速船で45分のところにある無人島「アメデ島」。サンゴ礁でつくりあげた島ということでとても美しく、ここの日帰りツアーが大人気のビーチリゾートになっています!島内ではシュノーケリングやグラスボートで南国の魚たちと戯れることができますよ♪

ひとしきり遊んだら、お昼はニューカレドニアの伝統家屋でランチ。種類も豊富で新鮮な食材を使っているのでとても美味しいと評判です。食事と一緒に「タヒチアンダンスショー」で南国気分はさらに高まります!

アメデ島ツアー(Amedee)
営業時間:
7:45~17:30
催行日:
水・金・土・日曜日
料金:
大人15,750CFP / 小人9,200CFP
アクセス:
ポートモーゼル港より船で45分
ホテル送迎あり
電話番号:
+687-262-320(エス・ティー・ワールド ニューカレドニア支店)

ヘリコプター遊覧

せっかくこんなに美しい青い海に来たのだから、ちょっと贅沢に空の上から見てみるのも良いかもしれません。なんといっても、このラグーンは世界自然遺産に登録されているとっておきの海!長さ1600キロメートル、面積24,000平方キロメートル。これは、東京都11個分に相当する大きさなんです!

青い海の絶妙なグラデーションと島の緑、透き通った空という最高のロケーションが一望できちゃうヘリツアー、ぜひ試してみませんか?

ヘリコプター遊覧(HELISUD)
住所:
Magenta Airport, 130 Rue Roger Gervolino, 98800 Noumea Cedex, New Caledonia
営業時間:
7:30~17:00
定休日:
無休
料金:
30分 45,675CFP(コースにより異なる)
アクセス:
アンスバタより車で20分
電話番号:
(687) 26.96.62

その他おススメの離島

ウベア島(Ouvea)

ウベアは特に観光ポイントはなく、ただひたすら青い海を見るために行く島なんです。ひとくちに「青」と言ってもその中にさまざまなカラーが含まれていますが、まさにここウベアの青は、様々な表情を見せてくれるのです!時が経つのも忘れてしまうほどの美しい海にひたすら酔いしれてください♪

ウベア島(Ouvea)
住所:
Ouvea,new caledonia
アクセス:
マジェンタ空港から国内線エア・カレドニアで約35分

イルデパン島(Iledespins)

南太平洋の宝石箱と言われるイルデパン。現地の方が今も漁で使っている帆掛け舟(ピローグ)に乗ってさわやかな風を肌で感じてみるのも良いかもしれません♪

イルデパン島(Ildespins)
住所:
Ildespins,new caledonia
アクセス:
マジェンタ空港から国内線エア・カレドニアで25分

リフー島(Lifou)

リフー島は沖縄本島とほぼ同じ面積の、比較的大きな島。ニューカレドニアの中でも特に透明度の高い海、そして白い砂浜は穏やかに旅人を癒してくれます。そして、アクティビティーとしてはダイビングが外せません!世界中のダイバーたちから賞賛されるリフー島の海、訪れた際には絶対に潜ってみたいですね!

リフー島(Lifou)
住所:
Lifou,new caledonia
アクセス:
マジェンタ空港から国内線エア・カレドニアで約35分

マレ島(Mare)

マレ島はとても緑が豊かな島。島内の森はほぼ手つかずの自然のままの状態なので、ジャングル探検気分が味わえますよ!自転車でまわるのもおススメ♪

マレ島(Mare)
住所:
Mare,new caledonia
アクセス:
マジェンタ空港から国内線エア・カレドニアで35分

いかがでしたか?よくポストカードなどで目にする「南国のブルーの海」が本当にそのままの姿で見ることが出来るニューカレドニア。画像や映像で見るのも良いですが、せっかくだったら自分の目で見てみたい!と、思ったアナタ!次のバカンスはニューカレドニアで決まり!

yuddy

国内外問わず旅行によく行きます。
旅、音楽、写真、グルメ、インテリアを好み
湘南エリアでゆるく生活中。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ニューカレドニアでショッピング!プチフランスでお土産が買...

    青い空と海の美しさから「天国に一番近い島」と言われる南太平洋に浮かぶフランス領ニューカレドニア。プチ贅沢のできるグッズから憧れのブランドまで、フランスブランドのアイテムがゲットできるお店をご紹介します。

  • ニューカレドニアで人気のフレンチレストランおすすめ6選!...

    大自然に囲まれたニューカレドニア(Nouvelle Caledonie)には、天然素材を生かしたハイレベルなレストランが多数あります。今回は、その中でも本格的なフランス料理のお店を6つ厳選してご紹介!大自然の中で食べる本場仕込みのフランス料理はまた格別です。とびっきりおしゃれしてロマンティックなディナーを堪能してください。

  • ニューカレドニアのスーパーマーケットが熱い!おすすめのア...

    ニューカレドニアには「カジノ」というスーパーがあり、広い店内にはかなりの品数が取りそろえられています。お菓子や日用品はどれもカラフルな色使いでパッケージも可愛らしく、どれを買えばよいのか迷ってしまいそう…。今回は、自分用としてもお土産用としてもオススメの5点をご紹介します!

  • ニューカレドニア基本情報【気候・服装編】

    ニューカレドニアの一年の気候はどのようなかんじなのでしょう?持っていく服にも悩むところです。持って行った方がよいものは?現地ではフレンチレストランやカジノなどにも行きたいけれど、どのような服装がふさわしいのでしょうか?疑問はつきません。ニューカレドニア旅行に役立つ、気候や服装についてご紹介します!

  • フランス領ポリネシアの通貨パシフィック・フランが可愛すぎ...

    パシフィック・フラン(CFPフラン)は、フランス領ポリネシアの通貨です。単なる通貨ではありますが、世界中に通貨コレクターがいることを考えると、そうとは言い切れません。パシフィック・フランはポリネシアの自然や歴史を刻んだ、その国を1枚の紙幣やコインで象徴するものなのです。今回は、そんなカラフルで可愛いポリネシアの通貨パシフィック・フランをご紹介します。

  • マルシェで見つける!ニューカレドニアのカワイイお土産4選

    「プチ・パリ」と呼ばれるニューカレドニアのヌメアには、マルシェがあります。日曜日ともなると地元の人々と観光客が集まってにぎやかな雰囲気に。そして、マルシェではお土産にしたくなるすてきな雑貨が売られています。午前中に閉まるお店が多いので、少し早起きして地元の人々と楽しいひとときを過ごしてみませんか?

このエリアの新着記事
  • フランス領ポリネシアの通貨パシフィック・フランが可愛すぎ...

    パシフィック・フラン(CFPフラン)は、フランス領ポリネシアの通貨です。単なる通貨ではありますが、世界中に通貨コレクターがいることを考えると、そうとは言い切れません。パシフィック・フランはポリネシアの自然や歴史を刻んだ、その国を1枚の紙幣やコインで象徴するものなのです。今回は、そんなカラフルで可愛いポリネシアの通貨パシフィック・フランをご紹介します。

  • ニューカレドニアで人気のマリンアクティビティ5選!海の風を...

    美しい穏やかな海に囲まれたニューカレドニア。マリンスポーツに向いている最高の島です。今回は、ニューカレドニアの海をめいっぱい楽しむためにトライしたいアクティビティをご紹介します。

  • ニューカレドニアの人気ダイビングスポット7選! ヌメアの海...

    南太平洋に浮かぶニューカレドニアの最大都市・ヌメア(Noumea)は美しい海にダイビングスポットがたくさん!同じ海でも難易度や出会える海の生き物たちがそれぞれ異なるんですよ。今回はそんなヌメアの海に潜ってみたいアナタのために、特に人気のダイビングスポットをご紹介します。

  • ニューカレドニア旅行で無人島へ!イル・デ・パンの現地ツア...

    海の宝石箱と呼ばれるニューカレドニアのイル・デ・パン。そんな魅力あふれる島を存分に満喫したいのなら現地ツアーを利用するのが一番効率的!ピローグという伝統帆船で美しい海原をクルージングをしたり、無人島に行って真っ白のパウダーサンドのビーチを散策したり、スノーケリングを愉しんだり・・・楽しさ満載のオススメ現地ツアーを2つご紹介します。

  • ニューカレドニアの人気都市ヌメアのサントルヴィル地区に並...

    ニューカレドニアといえば、美しい珊瑚礁に囲まれた島として有名です。オーストラリア東方にあるため、日本からもニューカレドニアを訪れる人が多いと思います。今回は、そんなニューカレドニアのヌメアのサントルヴィル地区にある人気のお店を紹介していきましょう。

  • ニューカレドニアのお土産探し!ハイセンスなアイテムはここ...

    ニューカレドニアの首都・ヌメアには、ハイセンスでユーモアあふれるアイテムショップが多いです。日本語に対応しているショップもあるので、安心してショッピングを楽しむことも!今回は、ヌメアにあるハイセンスなアイテムショップを6選ご紹介します!

  • ニューカレドニアでフランスらしい素敵アイテムを探そう!オ...

    ニューカレドニアはフランスの海外領土であり、リゾート地として知られている国です。オセアニアエリアにいるのにフランスらしい空気を味わうことができます!今回は、ニューカレドニア・オルフェリナ湾にある、素敵なショップを3つ紹介します!

  • ニューカレドニア基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    世界中から多くの観光客が訪れるニューカレドニア。本記事では、リゾート地として有名なニューカレドニアのビジネスアワーや祝祭日についてまとめてみました。訪れる際の参考にしてください。

  • ニューカレドニア基本情報 【お金編】

    青い海と白いビーチが美しいニューカレドニアには世界中から多くの人が訪れます。本記事では、そんな素敵な国のお金についての情報を集めました。両替え、チップ、クレジットカードについて詳しく紹介しましょう。

  • ニューカレドニア・グランドテール島の北部&中部おすすめ自...

    ニューカレドニアの本島であるグランドテール島(Grande Terre)。フランスパンのような細長い形が特徴ですね。壮大な大自然を感じることができるおすすめエリアを4つ厳選してご紹介していきます。

このエリアの人気記事