ニューカレドニア基本情報【交通手段編】

7,242

views

0

真っ青な空と海。一面が海というイメージのニューカレドニアですが、朝市や、買い物、レストランでのお食事など、やりたいことがたくさんありますね!せっかくのバカンスなので、いろいろ欲張りに楽しみたいものです。そんなときに役にたつ、ニューカレドニアで便利に使える交通手段についてご紹介します!

ニューカレドニア交通手段を使ってできること

ビーチで過ごすことやマリーンスポーツで楽しむことがメインになりそうな、ニューカレドニアでのバカンスですが、機会があれば、いろいろな交通手段を使って移動してみることをオススメします。観光客中心のエリアから少し離れただけで、ニューカレドニアの一味違う大自然や、ゆったりとしたローカルの人々の生活が感じられます。市場まで買い物に行く途中の女性。学校帰りの子供たち。一つ一つが新鮮に目に飛び込んでくることでしょう。そんな経験に役立つ、ニューカレドニアでの交通手段についてまとめました。

離島へ向かう国内線の飛行機

ニューカレドニアへせっかく行くなら、本島だけで終わらすのはもったいない!離島の海の美しさは一味違います。一度その海に触れたら、忘れることのできない思い出になることは間違いなしです。離島への交通手段として、一番ポピュラーな方法は飛行機です。ヌメアのマジェンタ国内線空港からそれぞれの離島へ向けて、エア・カレドニアなどの国内線飛行機が出ています。

離島まではこんなに近い!

国内線飛行機は離島へ行くときに加え、ヌメアから離れている本島内で移動する場合にも使えます。ヌメアから離島までは飛行機で約1時間以内での移動ができます。小型の飛行機なので、離島や本島での移動で飛行機を使おうと、計画を立てるかたは前もって予約するのが得策です。

バスはローカルな雰囲気いっぱい!

ヌメア市内の移動でなんといっても便利なのは、市内を走る路線バスです。観光客が一番利用することが多い路線は、観光者が泊まることの多いアンスバタから朝市やココティエ広場まで海沿いを走るルートです。地元の人が一緒に使うバスは、ニューカレドニアのリゾートとは別のローカルな表情を垣間見ることができて、とても楽しい雰囲気です。中距離のバスもあります。

路線図

バスの運転手さんは気さくで親切な人が多いので、あらかじめ降りたい場所を言っておくと、その場所がきたら教えてくれます。


路線番号 色 路線経由地
10 11 緑 ウェントロ~アンス・バータ~シトロン湾~ポート・プレザンス~ココティエ広場~ヌーヴィル
20 青 サン・カンタン~マジェンタ空港~ココティエ広場
40 赤 モーゼル湾~~ココティエ広場~マジェンタ空港~ティナ・ゴルフ~チバウ文化センター
70 オレンジ リビエール・サレ~ココテイエ広場~アンス・バータ~ヴァル・プレザンス

出典:https://www.newcaledonia.jp/info/travel/noumea/

タクシーはバスが終わったあとの時間に便利!

タクシーは、バスが終わってしまった遅い時間に利用するといいでしょう。タクシー乗り場で乗る以外は、ホテルやレストランで呼び出してもらいましょう。ココティエ広場にはタクシー乗り場があります。日本のように流しのタクシーはありません。

タクシーボートで無人島へ

ニューカレドニア本島からは、飛行機で行く離島の他にも、ビーチから数分で行くことのできる無人島がいくつかあります。そのようなときに利用するのが、タクシーボートです。だいたいが往復のセット料金になっていて、ランチがセットになっているツアーなどもあります。無人島は海の透明度は高く、シュノーケリングを楽しみたい時にはぴったりです。

レンタカーでニューカレドニアの新しい魅力を発見!

慣れない場所での運転には注意が必要ですが、レンタカーはバスや徒歩で行くことができない場所まで行くことができるので、旅気分を味わうのにはおすすめしたい交通手段です。海だけではない、新たなニューカレドニアの大自然を発見することができるでしょう!レンタカーを借りる時には、国際免許証を忘れずに!保険の有無や、事故があったときにはどうしたらよいかなど、かならず確認しておきましょう!

かわいいプティトランでヌメアの景色を!

ヌメア市街を一周する”プティトラン”と呼ばれるかわいい乗り物に乗ってみましょう!FLOの丘からはヌメアの街が一望できます。おもちゃの電車のようなフォルムがなんとも言えずかわいいのが特徴です。ちなみに”プティトラン”とはフランス語で”小さい電車”という意味です。

いろいろな交通手段を使ってアクティブに楽しんで!

ニューカレドニアの移動はきわめてシンプルです。たいていの場合、ツアーでの送迎などで十分事足りてしまうかと思いますが、自由な時間がある場合には、是非参考にして、ニューカレドニアのバカンスを120パーセント満喫してみましょう!

Mari Max

現在フランス在住中。旅行と美味しいものが大好き。新しい文化や習慣に揉まれながら、日本人としてのアイデンティティを再確認する毎日です。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ニューカレドニアでショッピング!プチフランスでお土産が買...

    青い空と海の美しさから「天国に一番近い島」と言われる南太平洋に浮かぶフランス領ニューカレドニア。プチ贅沢のできるグッズから憧れのブランドまで、フランスブランドのアイテムがゲットできるお店をご紹介します。

  • ニューカレドニアで人気のフレンチレストランおすすめ6選!...

    大自然に囲まれたニューカレドニア(Nouvelle Caledonie)には、天然素材を生かしたハイレベルなレストランが多数あります。今回は、その中でも本格的なフランス料理のお店を6つ厳選してご紹介!大自然の中で食べる本場仕込みのフランス料理はまた格別です。とびっきりおしゃれしてロマンティックなディナーを堪能してください。

  • ニューカレドニアのスーパーマーケットが熱い!おすすめのア...

    ニューカレドニアには「カジノ」というスーパーがあり、広い店内にはかなりの品数が取りそろえられています。お菓子や日用品はどれもカラフルな色使いでパッケージも可愛らしく、どれを買えばよいのか迷ってしまいそう…。今回は、自分用としてもお土産用としてもオススメの5点をご紹介します!

  • ニューカレドニア基本情報【気候・服装編】

    ニューカレドニアの一年の気候はどのようなかんじなのでしょう?持っていく服にも悩むところです。持って行った方がよいものは?現地ではフレンチレストランやカジノなどにも行きたいけれど、どのような服装がふさわしいのでしょうか?疑問はつきません。ニューカレドニア旅行に役立つ、気候や服装についてご紹介します!

  • マルシェで見つける!ニューカレドニアのカワイイお土産4選

    「プチ・パリ」と呼ばれるニューカレドニアのヌメアには、マルシェがあります。日曜日ともなると地元の人々と観光客が集まってにぎやかな雰囲気に。そして、マルシェではお土産にしたくなるすてきな雑貨が売られています。午前中に閉まるお店が多いので、少し早起きして地元の人々と楽しいひとときを過ごしてみませんか?

  • ニューカレドニア基本情報 【お金編】

    青い海と白いビーチが美しいニューカレドニアには世界中から多くの人が訪れます。本記事では、そんな素敵な国のお金についての情報を集めました。両替え、チップ、クレジットカードについて詳しく紹介しましょう。

このエリアの新着記事
  • フランス領ポリネシアの通貨パシフィック・フランが可愛すぎ...

    パシフィック・フラン(CFPフラン)は、フランス領ポリネシアの通貨です。単なる通貨ではありますが、世界中に通貨コレクターがいることを考えると、そうとは言い切れません。パシフィック・フランはポリネシアの自然や歴史を刻んだ、その国を1枚の紙幣やコインで象徴するものなのです。今回は、そんなカラフルで可愛いポリネシアの通貨パシフィック・フランをご紹介します。

  • ニューカレドニアで人気のマリンアクティビティ5選!海の風を...

    美しい穏やかな海に囲まれたニューカレドニア。マリンスポーツに向いている最高の島です。今回は、ニューカレドニアの海をめいっぱい楽しむためにトライしたいアクティビティをご紹介します。

  • ニューカレドニアの人気ダイビングスポット7選! ヌメアの海...

    南太平洋に浮かぶニューカレドニアの最大都市・ヌメア(Noumea)は美しい海にダイビングスポットがたくさん!同じ海でも難易度や出会える海の生き物たちがそれぞれ異なるんですよ。今回はそんなヌメアの海に潜ってみたいアナタのために、特に人気のダイビングスポットをご紹介します。

  • ニューカレドニア旅行で無人島へ!イル・デ・パンの現地ツア...

    海の宝石箱と呼ばれるニューカレドニアのイル・デ・パン。そんな魅力あふれる島を存分に満喫したいのなら現地ツアーを利用するのが一番効率的!ピローグという伝統帆船で美しい海原をクルージングをしたり、無人島に行って真っ白のパウダーサンドのビーチを散策したり、スノーケリングを愉しんだり・・・楽しさ満載のオススメ現地ツアーを2つご紹介します。

  • ニューカレドニアの人気都市ヌメアのサントルヴィル地区に並...

    ニューカレドニアといえば、美しい珊瑚礁に囲まれた島として有名です。オーストラリア東方にあるため、日本からもニューカレドニアを訪れる人が多いと思います。今回は、そんなニューカレドニアのヌメアのサントルヴィル地区にある人気のお店を紹介していきましょう。

  • ニューカレドニアのお土産探し!ハイセンスなアイテムはここ...

    ニューカレドニアの首都・ヌメアには、ハイセンスでユーモアあふれるアイテムショップが多いです。日本語に対応しているショップもあるので、安心してショッピングを楽しむことも!今回は、ヌメアにあるハイセンスなアイテムショップを6選ご紹介します!

  • ニューカレドニアでフランスらしい素敵アイテムを探そう!オ...

    ニューカレドニアはフランスの海外領土であり、リゾート地として知られている国です。オセアニアエリアにいるのにフランスらしい空気を味わうことができます!今回は、ニューカレドニア・オルフェリナ湾にある、素敵なショップを3つ紹介します!

  • ニューカレドニア基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    世界中から多くの観光客が訪れるニューカレドニア。本記事では、リゾート地として有名なニューカレドニアのビジネスアワーや祝祭日についてまとめてみました。訪れる際の参考にしてください。

  • ニューカレドニア基本情報 【お金編】

    青い海と白いビーチが美しいニューカレドニアには世界中から多くの人が訪れます。本記事では、そんな素敵な国のお金についての情報を集めました。両替え、チップ、クレジットカードについて詳しく紹介しましょう。

  • ニューカレドニア・グランドテール島の北部&中部おすすめ自...

    ニューカレドニアの本島であるグランドテール島(Grande Terre)。フランスパンのような細長い形が特徴ですね。壮大な大自然を感じることができるおすすめエリアを4つ厳選してご紹介していきます。

このエリアの人気記事