ニューカレドニアの首都ヌメアの中心街を歩いてみよう!コンパクトサイズのサントルヴィル観光名所5つ!

5,807

views

0

オーストラリアの東にある島であり、リゾート地でもあるニューカレドニア。その珊瑚礁は世界遺産にも認定されるほど海がきれいです。首都であるヌメアは南太平洋で最も都市化された町であり、アメリカやヨーロッパなど沢山の観光客が訪れています。そんなヌメアに行ったら訪れるべき観光名所を5つ紹介します!

①サンジョセフ大聖堂(Cathedral St. Joseph)

1894年に建てられ、カトリック教最大且つ最古の教会。
鉄塔が美しく、教会の入り口には巨大なシャコ貝で作られた聖水盤がありますよ!
正午になると鐘の音が鳴り響き、夜はライトアップされるためとても美しいです。
ヌメア市内のどこからでも見ることができますが、近くで見るとカメラに収まりきらないほどの高さに圧巻されるでしょう。

教会の中にはステンドグラスがあり、ニューカレドニア産ニッケルで作られたシャンデリアが輝きます。

サンジョセフ大聖堂(Cathedral St. Joseph)
住所:
Centre Ville 3 Rue Frederic Surleau
営業時間:
6:00~17:30
土曜日6:
00~16:30
日曜日6:
00~11:00
アクセス:
ココティエ広場から徒歩5分
定休日:
なし
電話番号:
27-9173
料金:
無料
おススメの時期:
通年

②F.O.Lの丘(F.O.L)

サンジョセフ大聖堂の裏にある丘で、ヌメアの街とモーゼル湾を見渡すことが出来ます。
ちなみにF.O.Lは"Federation Des Oeuvres Laques"の略で、公民館があります。
絶好の写真スポットで、日没にはここから黄金色に染まるヌメアの街を見て欲しい!
ニューカレドニアのシンボルにもなるので、サンジョセフ大聖堂と一緒に訪れてみてください。

景色もいいですが、落書きでも有名なところで建物だけでなくゴミ箱にも落書きがされているんです。その落書きも上手なんですよね!
バスかタクシーで来られるほうが無難かもしれません。
夏だと日差しが強いので、帽子と飲み物は忘れないように!

F.O.Lの丘(F.O.L)
住所:
Rue Pasteur Marcel Ariege
営業時間:
0:00~0:00
アクセス:
サンジョセフ大聖堂から徒歩10分
定休日:
なし
料金:
無料
おススメの時期:
通年

③ココティエ広場(Place des Cocotiers)

ヌメア市街の中心にあり、音楽堂やカフェ、植物園もあります。
観光案内所もここにあるので、困ったときはここに来ましょう!
地元の人たちにとっては憩いの場所で、日陰でのんびり座ることが出来ます。
ヌメア市内を散策する起点にもあり、タクシー乗り場やバス乗り場が近くにありますよ。

観光客向けのお土産やさんもあり、中でもMIKAショップというところはオーナーが日本人なので日本語で喋れて買いやすいかも!
トイレもあり、無料wi-fiも飛んでいます。

以前はこの広場の由来となるヤシの木が沢山植えられていましたが、今は「フランボワイヤン」という赤い花が咲いています。
キレイなので見てみてくださいね!

ココティエ広場(Place des Cocotiers)
住所:
Place des Cocotiers, Noumea
営業時間:
0:00~0:00
アクセス:
ニューカレドニア博物館から徒歩5分
定休日:
なし
電話番号:
28-7580
料金:
無料
おススメの時期:
通年

④ニューカレドニア博物館(Musee de Nouvelle-Caledonie)

ニューカレドニアの先住民とされているメラネシアの人々の文化遺産を展示しています。
たとえば船、家、仮面、魔除けとして使われていた木彫りの作品や、カヌー、アクセサリーなど。
ニューカレドニア近隣の島々についても知ることができ、日本語の説明も一部ありますよ!
トイレももちろんありますし、冷房がきいていて涼しいです。

中庭には伝統的な家屋である「カーズ」があり、中に入ることも出来ます。
まるで日本でいう縄文時代の竪穴住居みたいですよね!
週末になると特別イベントが開催されることもあるので、確認してみてください。

ニューカレドニア博物館(Musee de Nouvelle-Caledonie)
住所:
45 Avenue du Marechal Foch, Noumea, Grand Terre
営業時間:
9:00~11:30
12:
30~16:30
アクセス:
ココティエ広場から徒歩5分
定休日:
火曜日、祝日
電話番号:
27-2342
料金:
200CFP 学生(12~17歳)50CFP 子供(11歳以下)無料
おススメの時期:
通年

⑤海洋歴史博物館(Musee de L'Histoire Maritime)

海と人との繋がりや歴史、そして船の模型と漂流物を主に展示しています。
モーゼル湾に面した新しい博物館で、過去に座礁して残った遺品などもあり当時の欧州文化を知ることができますよ。

船だけでなく、植民地時代にされた流刑の歴史も知ることができ、ここにくるとニューカレドニアの海について一通り知ることができます!

海洋歴史博物館(Musee de L'Histoire Maritime)
住所:
Centre Ville 11 Av JamesCook
営業時間:
10:00~17:00
アクセス:
ココティエ広場から徒歩10分
定休日:
月曜日
電話番号:
26-3443
料金:
400CFP
おススメの時期:
通年

終わりに・・・

出典: city.0932.ru

とーっても美しいニューカレドニアの海を感じながら、文化も一緒に勉強してみてください。
ココティエ広場ではきっと気に入るお土産物が手に入るかもしれませんよ?
暑さに負けないように、気をつけていってらっしゃい!

maporinn

海外旅行、国内旅行どちらも大好き!一人でふらっと海外に行けたらいくことも。
英語が好きでイギリスには留学経験もあり。
色々な国に行って見たいです!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ニューカレドニアでショッピング!プチフランスでお土産が買...

    青い空と海の美しさから「天国に一番近い島」と言われる南太平洋に浮かぶフランス領ニューカレドニア。プチ贅沢のできるグッズから憧れのブランドまで、フランスブランドのアイテムがゲットできるお店をご紹介します。

  • ニューカレドニアで人気のフレンチレストランおすすめ6選!...

    大自然に囲まれたニューカレドニア(Nouvelle Caledonie)には、天然素材を生かしたハイレベルなレストランが多数あります。今回は、その中でも本格的なフランス料理のお店を6つ厳選してご紹介!大自然の中で食べる本場仕込みのフランス料理はまた格別です。とびっきりおしゃれしてロマンティックなディナーを堪能してください。

  • ニューカレドニアのスーパーマーケットが熱い!おすすめのア...

    ニューカレドニアには「カジノ」というスーパーがあり、広い店内にはかなりの品数が取りそろえられています。お菓子や日用品はどれもカラフルな色使いでパッケージも可愛らしく、どれを買えばよいのか迷ってしまいそう…。今回は、自分用としてもお土産用としてもオススメの5点をご紹介します!

  • ニューカレドニア基本情報【気候・服装編】

    ニューカレドニアの一年の気候はどのようなかんじなのでしょう?持っていく服にも悩むところです。持って行った方がよいものは?現地ではフレンチレストランやカジノなどにも行きたいけれど、どのような服装がふさわしいのでしょうか?疑問はつきません。ニューカレドニア旅行に役立つ、気候や服装についてご紹介します!

  • フランス領ポリネシアの通貨パシフィック・フランが可愛すぎ...

    パシフィック・フラン(CFPフラン)は、フランス領ポリネシアの通貨です。単なる通貨ではありますが、世界中に通貨コレクターがいることを考えると、そうとは言い切れません。パシフィック・フランはポリネシアの自然や歴史を刻んだ、その国を1枚の紙幣やコインで象徴するものなのです。今回は、そんなカラフルで可愛いポリネシアの通貨パシフィック・フランをご紹介します。

  • マルシェで見つける!ニューカレドニアのカワイイお土産4選

    「プチ・パリ」と呼ばれるニューカレドニアのヌメアには、マルシェがあります。日曜日ともなると地元の人々と観光客が集まってにぎやかな雰囲気に。そして、マルシェではお土産にしたくなるすてきな雑貨が売られています。午前中に閉まるお店が多いので、少し早起きして地元の人々と楽しいひとときを過ごしてみませんか?

このエリアの新着記事
  • フランス領ポリネシアの通貨パシフィック・フランが可愛すぎ...

    パシフィック・フラン(CFPフラン)は、フランス領ポリネシアの通貨です。単なる通貨ではありますが、世界中に通貨コレクターがいることを考えると、そうとは言い切れません。パシフィック・フランはポリネシアの自然や歴史を刻んだ、その国を1枚の紙幣やコインで象徴するものなのです。今回は、そんなカラフルで可愛いポリネシアの通貨パシフィック・フランをご紹介します。

  • ニューカレドニアで人気のマリンアクティビティ5選!海の風を...

    美しい穏やかな海に囲まれたニューカレドニア。マリンスポーツに向いている最高の島です。今回は、ニューカレドニアの海をめいっぱい楽しむためにトライしたいアクティビティをご紹介します。

  • ニューカレドニアの人気ダイビングスポット7選! ヌメアの海...

    南太平洋に浮かぶニューカレドニアの最大都市・ヌメア(Noumea)は美しい海にダイビングスポットがたくさん!同じ海でも難易度や出会える海の生き物たちがそれぞれ異なるんですよ。今回はそんなヌメアの海に潜ってみたいアナタのために、特に人気のダイビングスポットをご紹介します。

  • ニューカレドニア旅行で無人島へ!イル・デ・パンの現地ツア...

    海の宝石箱と呼ばれるニューカレドニアのイル・デ・パン。そんな魅力あふれる島を存分に満喫したいのなら現地ツアーを利用するのが一番効率的!ピローグという伝統帆船で美しい海原をクルージングをしたり、無人島に行って真っ白のパウダーサンドのビーチを散策したり、スノーケリングを愉しんだり・・・楽しさ満載のオススメ現地ツアーを2つご紹介します。

  • ニューカレドニアの人気都市ヌメアのサントルヴィル地区に並...

    ニューカレドニアといえば、美しい珊瑚礁に囲まれた島として有名です。オーストラリア東方にあるため、日本からもニューカレドニアを訪れる人が多いと思います。今回は、そんなニューカレドニアのヌメアのサントルヴィル地区にある人気のお店を紹介していきましょう。

  • ニューカレドニアのお土産探し!ハイセンスなアイテムはここ...

    ニューカレドニアの首都・ヌメアには、ハイセンスでユーモアあふれるアイテムショップが多いです。日本語に対応しているショップもあるので、安心してショッピングを楽しむことも!今回は、ヌメアにあるハイセンスなアイテムショップを6選ご紹介します!

  • ニューカレドニアでフランスらしい素敵アイテムを探そう!オ...

    ニューカレドニアはフランスの海外領土であり、リゾート地として知られている国です。オセアニアエリアにいるのにフランスらしい空気を味わうことができます!今回は、ニューカレドニア・オルフェリナ湾にある、素敵なショップを3つ紹介します!

  • ニューカレドニア基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    世界中から多くの観光客が訪れるニューカレドニア。本記事では、リゾート地として有名なニューカレドニアのビジネスアワーや祝祭日についてまとめてみました。訪れる際の参考にしてください。

  • ニューカレドニア基本情報 【お金編】

    青い海と白いビーチが美しいニューカレドニアには世界中から多くの人が訪れます。本記事では、そんな素敵な国のお金についての情報を集めました。両替え、チップ、クレジットカードについて詳しく紹介しましょう。

  • ニューカレドニア・グランドテール島の北部&中部おすすめ自...

    ニューカレドニアの本島であるグランドテール島(Grande Terre)。フランスパンのような細長い形が特徴ですね。壮大な大自然を感じることができるおすすめエリアを4つ厳選してご紹介していきます。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事