ニューカレドニアで出会える海の生き物・動物5選!透き通った海で一緒に泳ぎたい!

6,201

views

0

ニューカレドニアは美しい海で知られる島。ここではダイビングなどのマリンスポーツを楽しむことができます。今回は、そんなマリンスポーツで出会える海の生き物たちをご紹介していきましょう!

1.マンタ (Manta birostris)

マンタの正式名称はオニイトマキエイ。英語名がマンタ・レイなので、日本でも通称マンタと呼ばれます。エイとしては世界最大で、体盤幅(胸びれの端から端までの長さ)は平均で3~5m、大きなものでは8mにも達します。体重はなんと3t。この巨体がひれを使って、海の中を悠々と飛ぶように泳ぐ姿には圧巻の一言。しかし大きな身体で天敵も少ないためか性格は穏やかで、毒針も持っていません。

魚の中ではかなり高い知能指数を持ち、好奇心旺盛で人懐っこいので、きっと一緒に泳いでくれることでしょう。サンゴ礁の周りなど、あたたかい海を泳ぎ回りながらプランクトンを食べて暮らしています。マンタがプランクトンを吸い込む時の大きな口は大迫力です。

マンタはときにジャンプして海面から飛び出す行動を見せます。これがどういう意味を持つ行動なのかは、まだよく分かっていません。

2.マダラトビエイ(Aetobatus narinari)

マダラトビエイはエイの一種。IUCNにより準絶滅危惧に指定されています。その名前のとおり背中は黒に白のまだら模様。体盤幅は最大3m、体重は200kgほどと、マンタほどではありませんが大きいエイです。

おもに海底で貝やカニなどの餌を探して食べます。あたたかく浅い海でよく見られますが、尾の付け根には毒針をもっているので不用意に触るのは危険! 臆病なため自ら人に危害を加えることは少ないですが、海面から飛び出したエイがボートに着地して暴れ、女性が毒針で刺されて死亡してしまった事故もあります。

3.トラフザメ(Stegostoma fasciatum)

トラフザメは、薄黄色の身体に黒い斑点があり、非常に長い尾びれをもつサメ。幼魚はトラのような縞模様で、トラフザメという名前はここから来ました。成体は全長2.5 mほど。浅い海に生息し、夜行性で、昼間にはサンゴ礁付近の砂地で休んでいます。

魚や貝、ウミヘビなどを食べ、人に危害を加えることはありません。性格は大人しく、動きも遅いので近づきやすいですが、尾やヒレを引っ張ったり上に乗ったりすると攻撃してくることもあるので、そっと観察しましょう。肉やフカヒレ、油のために魚獲されているために個体数の減少が危ぶまれ、IUCNにより危急種に指定されています。

4.ネムリブカ(Triaenodon obesus)

ネムリブカは最大1.6mほどの小型のサメ。他の多くのサメとは違い、泳がなくとも呼吸をすることができます。ギョロリとした猫のような目が特徴的です。海底のサンゴ礁に生息し、昼の間は洞窟などで休んで、夜になると活動を開始。鋭敏な嗅覚、聴覚、電気感覚を用いて狩りをし、餌の魚やカニ、タコなどを捕食します。おとなしい性質ですが、好奇心が強く大胆で、釣りをしている人の獲物を横取りしようとして人に噛み付いてしまった事故の報告もあり。IUCNにより準絶滅危惧に指定されています。

5.ウミガメ(Sea turtle)

浦島太郎でもお馴染み、ウミガメ。ウミガメにもさまざまな種類があり、外洋を回遊するアカウミガメやオサガメ、あまり移動を行わないヒメウミガメやタイマイなど、生活サイクルもさまざまです。

小さなものでも60cmを超え、最大種であるオサガメは2mにもなります。種類により食べるものは異なりますが、おもに海草やクラゲ、魚やカニなどを食べます。ヒラタウミガメを除き、多くのミガメはIUCNにより絶滅危惧種に指定され、特にオサガメ、タイマイ、ケンプヒメウミガメは絶滅寸前に追い込まれている貴重な種です。

いかがでしたか? ニューカレドニアで出会える海の生き物たちをご紹介しました。大きなマンタやおとなしいサメ、優雅なウミガメたちとともに、ニューカレドニアの美しい海を泳いでみたいものです。すてきな生き物たちとともに最高のバカンスを過ごしましょう♪

キリトビ

二十代。ヨーロッパ在住でしたが、現在は主に日本国内を旅行しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ニューカレドニアでショッピング!プチフランスでお土産が買...

    青い空と海の美しさから「天国に一番近い島」と言われる南太平洋に浮かぶフランス領ニューカレドニア。プチ贅沢のできるグッズから憧れのブランドまで、フランスブランドのアイテムがゲットできるお店をご紹介します。

  • ニューカレドニアで人気のフレンチレストランおすすめ6選!...

    大自然に囲まれたニューカレドニア(Nouvelle Caledonie)には、天然素材を生かしたハイレベルなレストランが多数あります。今回は、その中でも本格的なフランス料理のお店を6つ厳選してご紹介!大自然の中で食べる本場仕込みのフランス料理はまた格別です。とびっきりおしゃれしてロマンティックなディナーを堪能してください。

  • ニューカレドニアのスーパーマーケットが熱い!おすすめのア...

    ニューカレドニアには「カジノ」というスーパーがあり、広い店内にはかなりの品数が取りそろえられています。お菓子や日用品はどれもカラフルな色使いでパッケージも可愛らしく、どれを買えばよいのか迷ってしまいそう…。今回は、自分用としてもお土産用としてもオススメの5点をご紹介します!

  • ニューカレドニア基本情報【気候・服装編】

    ニューカレドニアの一年の気候はどのようなかんじなのでしょう?持っていく服にも悩むところです。持って行った方がよいものは?現地ではフレンチレストランやカジノなどにも行きたいけれど、どのような服装がふさわしいのでしょうか?疑問はつきません。ニューカレドニア旅行に役立つ、気候や服装についてご紹介します!

  • マルシェで見つける!ニューカレドニアのカワイイお土産4選

    「プチ・パリ」と呼ばれるニューカレドニアのヌメアには、マルシェがあります。日曜日ともなると地元の人々と観光客が集まってにぎやかな雰囲気に。そして、マルシェではお土産にしたくなるすてきな雑貨が売られています。午前中に閉まるお店が多いので、少し早起きして地元の人々と楽しいひとときを過ごしてみませんか?

  • ニューカレドニア基本情報 【お金編】

    青い海と白いビーチが美しいニューカレドニアには世界中から多くの人が訪れます。本記事では、そんな素敵な国のお金についての情報を集めました。両替え、チップ、クレジットカードについて詳しく紹介しましょう。

このエリアの新着記事
  • フランス領ポリネシアの通貨パシフィック・フランが可愛すぎ...

    パシフィック・フラン(CFPフラン)は、フランス領ポリネシアの通貨です。単なる通貨ではありますが、世界中に通貨コレクターがいることを考えると、そうとは言い切れません。パシフィック・フランはポリネシアの自然や歴史を刻んだ、その国を1枚の紙幣やコインで象徴するものなのです。今回は、そんなカラフルで可愛いポリネシアの通貨パシフィック・フランをご紹介します。

  • ニューカレドニアで人気のマリンアクティビティ5選!海の風を...

    美しい穏やかな海に囲まれたニューカレドニア。マリンスポーツに向いている最高の島です。今回は、ニューカレドニアの海をめいっぱい楽しむためにトライしたいアクティビティをご紹介します。

  • ニューカレドニアの人気ダイビングスポット7選! ヌメアの海...

    南太平洋に浮かぶニューカレドニアの最大都市・ヌメア(Noumea)は美しい海にダイビングスポットがたくさん!同じ海でも難易度や出会える海の生き物たちがそれぞれ異なるんですよ。今回はそんなヌメアの海に潜ってみたいアナタのために、特に人気のダイビングスポットをご紹介します。

  • ニューカレドニア旅行で無人島へ!イル・デ・パンの現地ツア...

    海の宝石箱と呼ばれるニューカレドニアのイル・デ・パン。そんな魅力あふれる島を存分に満喫したいのなら現地ツアーを利用するのが一番効率的!ピローグという伝統帆船で美しい海原をクルージングをしたり、無人島に行って真っ白のパウダーサンドのビーチを散策したり、スノーケリングを愉しんだり・・・楽しさ満載のオススメ現地ツアーを2つご紹介します。

  • ニューカレドニアの人気都市ヌメアのサントルヴィル地区に並...

    ニューカレドニアといえば、美しい珊瑚礁に囲まれた島として有名です。オーストラリア東方にあるため、日本からもニューカレドニアを訪れる人が多いと思います。今回は、そんなニューカレドニアのヌメアのサントルヴィル地区にある人気のお店を紹介していきましょう。

  • ニューカレドニアのお土産探し!ハイセンスなアイテムはここ...

    ニューカレドニアの首都・ヌメアには、ハイセンスでユーモアあふれるアイテムショップが多いです。日本語に対応しているショップもあるので、安心してショッピングを楽しむことも!今回は、ヌメアにあるハイセンスなアイテムショップを6選ご紹介します!

  • ニューカレドニアでフランスらしい素敵アイテムを探そう!オ...

    ニューカレドニアはフランスの海外領土であり、リゾート地として知られている国です。オセアニアエリアにいるのにフランスらしい空気を味わうことができます!今回は、ニューカレドニア・オルフェリナ湾にある、素敵なショップを3つ紹介します!

  • ニューカレドニア基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    世界中から多くの観光客が訪れるニューカレドニア。本記事では、リゾート地として有名なニューカレドニアのビジネスアワーや祝祭日についてまとめてみました。訪れる際の参考にしてください。

  • ニューカレドニア基本情報 【お金編】

    青い海と白いビーチが美しいニューカレドニアには世界中から多くの人が訪れます。本記事では、そんな素敵な国のお金についての情報を集めました。両替え、チップ、クレジットカードについて詳しく紹介しましょう。

  • ニューカレドニア・グランドテール島の北部&中部おすすめ自...

    ニューカレドニアの本島であるグランドテール島(Grande Terre)。フランスパンのような細長い形が特徴ですね。壮大な大自然を感じることができるおすすめエリアを4つ厳選してご紹介していきます。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事