ニューカレドニア基本情報【気候・服装編】

11,815

views

0

ニューカレドニアの一年の気候はどのようなかんじなのでしょう?持っていく服にも悩むところです。持って行った方がよいものは?現地ではフレンチレストランやカジノなどにも行きたいけれど、どのような服装がふさわしいのでしょうか?疑問はつきません。ニューカレドニア旅行に役立つ、気候や服装についてご紹介します!

ニューカレドニアでの旅行に行く前に知っておきたい!

ニューカレドニアのバカンスに行く前に気になることは持っていく服のこと。気候はどのような感じなのでしょう?バカンスで思いの外寒かったり、こんなもの、あんな服をもってくればよかった!と現地に着いてから後悔するのは避けたいですね。カジノや食事のときにはどのような服装がよいでしょうか?場違いな格好だったら、居心地の悪い思いをしてしまうかもしれません。そのようなことのないように、ニューカレドニアの気候や、服装について、チェックしておきましょう!

一年の気温はこのように変化します!

ニューカレドニアの気温は、一年を通しての平均気温が24度と過ごしやすい気候です。ニューカレドニアの夏にあたる季節では最高気温が28度、冬にあたる季節では最高気温が22度と、温度差が少ないのが特徴です。雨や湿度が少なく全体的にカラッとした気候です。

ニューカレドニアは南半球に位置しています!

ニューカレドニアは南半球に位置するため、日本とは季節が反対になります。日本の夏に当たる時期はニューカレドニアでは冬、日本の冬に当たる時期がニューカレドニアの夏になります。ニューカレドニアで冬にあたる、6月から9月ごろまでは、日が落ちるとひんやりとすることがあります。

旅行にぴったりの服装は?

ニューカレドニアでの服装は、基本的にはカジュアルなTシャツと短パンで十分です。日が落ちてからや、船に乗ったときには、風が吹いて、肌寒く感じることがあるので、体温調節ができるようなジャケットや、カーディガンがあると便利です。

太陽の日差しを防ぐことを忘れずに!

日差しが強いので、サングラスや帽子はできれば持って行きたいアイテムです。海の上では風が強いので、船に乗るときは帽子がとばないように工夫しておきましょう!日差しはかなり強く、あっという間に日焼けをしてしまうので、日焼け止めは必ず塗ることをお勧めします。

泳げなくても、水着は持って行こう!

ニューカレドニアの旅行で、美しい海に触れないことなんか考えられられません。水着は必ず持って行きたいアイテムです。合わせて、ビーチサンダルも忘れずに。サンダルを履いたまま水に入ることも考えて、歩きやすいタイプのビーチサンダルがおすすめです。シュノーケルセットや、フィンなどはレンタルもありますが、サイズが合わないこともあるので、自分のものを持って行きたいという人は、持って行くと良いと思います。

ビーチでの食事にはお洒落なパレオで!

離島へのツアーでは、ツアー参加者のランチが付いていることもあります。食事の時には水着の上にパレオなどを巻いたりして、ビーチとは違ったファッションを楽しむのもお勧めです。

レストランでビーチサンダルはNG!

ファストフード店以外のレストランでお食事をする場合は、ある程度きちんとした服装が求められます。とはいってもリゾート地。男性は襟のあるシャツと、チノパンのようなパンツにできれば革靴であれば完璧です。女性はワンピースにサンダル(ビーチサンダルはNG)のような服装がふさわしいです。フレンチレストランなどでは、現地の人もある程度お洒落をしているので、場の雰囲気を壊さない服装を心がけましょう!

カジノでは雰囲気を盛り上げて!

カジノでは準正装が求められています。男性はできれば、ジャケットを着用したほうが好ましいです。女性も少しお洒落をして、雰囲気を楽しんでみましょう!

ニューカレドニアではファッションも楽しみたい!

ニューカレドニアでのバカンスでは、基本的にはカジュアルな服装で十分です。とはいっても、滞在中ずっと、短パンにTシャツだけではもったいないですね!思い切り海を満喫したあと、日が暮れてからはすこしのエレガントに優雅なバカンスの雰囲気を楽しむのがおすすめです。

Mari Max

現在フランス在住中。旅行と美味しいものが大好き。新しい文化や習慣に揉まれながら、日本人としてのアイデンティティを再確認する毎日です。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ニューカレドニアでショッピング!プチフランスでお土産が買...

    青い空と海の美しさから「天国に一番近い島」と言われる南太平洋に浮かぶフランス領ニューカレドニア。プチ贅沢のできるグッズから憧れのブランドまで、フランスブランドのアイテムがゲットできるお店をご紹介します。

  • ニューカレドニアで人気のフレンチレストランおすすめ6選!...

    大自然に囲まれたニューカレドニア(Nouvelle Caledonie)には、天然素材を生かしたハイレベルなレストランが多数あります。今回は、その中でも本格的なフランス料理のお店を6つ厳選してご紹介!大自然の中で食べる本場仕込みのフランス料理はまた格別です。とびっきりおしゃれしてロマンティックなディナーを堪能してください。

  • ニューカレドニアのスーパーマーケットが熱い!おすすめのア...

    ニューカレドニアには「カジノ」というスーパーがあり、広い店内にはかなりの品数が取りそろえられています。お菓子や日用品はどれもカラフルな色使いでパッケージも可愛らしく、どれを買えばよいのか迷ってしまいそう…。今回は、自分用としてもお土産用としてもオススメの5点をご紹介します!

  • ニューカレドニア基本情報【気候・服装編】

    ニューカレドニアの一年の気候はどのようなかんじなのでしょう?持っていく服にも悩むところです。持って行った方がよいものは?現地ではフレンチレストランやカジノなどにも行きたいけれど、どのような服装がふさわしいのでしょうか?疑問はつきません。ニューカレドニア旅行に役立つ、気候や服装についてご紹介します!

  • ニューカレドニア基本情報 【お金編】

    青い海と白いビーチが美しいニューカレドニアには世界中から多くの人が訪れます。本記事では、そんな素敵な国のお金についての情報を集めました。両替え、チップ、クレジットカードについて詳しく紹介しましょう。

  • マルシェで見つける!ニューカレドニアのカワイイお土産4選

    「プチ・パリ」と呼ばれるニューカレドニアのヌメアには、マルシェがあります。日曜日ともなると地元の人々と観光客が集まってにぎやかな雰囲気に。そして、マルシェではお土産にしたくなるすてきな雑貨が売られています。午前中に閉まるお店が多いので、少し早起きして地元の人々と楽しいひとときを過ごしてみませんか?

このエリアの新着記事
  • ニューカレドニアの人気ダイビングスポット7選! ヌメアの海...

    南太平洋に浮かぶニューカレドニアの最大都市・ヌメア(Noumea)は美しい海にダイビングスポットがたくさん!同じ海でも難易度や出会える海の生き物たちがそれぞれ異なるんですよ。今回はそんなヌメアの海に潜ってみたいアナタのために、特に人気のダイビングスポットをご紹介します。

  • ニューカレドニア旅行で無人島へ!イル・デ・パンの現地ツア...

    海の宝石箱と呼ばれるニューカレドニアのイル・デ・パン。そんな魅力あふれる島を存分に満喫したいのなら現地ツアーを利用するのが一番効率的!ピローグという伝統帆船で美しい海原をクルージングをしたり、無人島に行って真っ白のパウダーサンドのビーチを散策したり、スノーケリングを愉しんだり・・・楽しさ満載のオススメ現地ツアーを2つご紹介します。

  • ニューカレドニアの人気都市ヌメアのサントルヴィル地区に並...

    ニューカレドニアといえば、美しい珊瑚礁に囲まれた島として有名です。オーストラリア東方にあるため、日本からもニューカレドニアを訪れる人が多いと思います。今回は、そんなニューカレドニアのヌメアのサントルヴィル地区にある人気のお店を紹介していきましょう。

  • ニューカレドニアのお土産探し!ハイセンスなアイテムはここ...

    ニューカレドニアの首都・ヌメアには、ハイセンスでユーモアあふれるアイテムショップが多いです。日本語に対応しているショップもあるので、安心してショッピングを楽しむことも!今回は、ヌメアにあるハイセンスなアイテムショップを6選ご紹介します!

  • ニューカレドニアでフランスらしい素敵アイテムを探そう!オ...

    ニューカレドニアはフランスの海外領土であり、リゾート地として知られている国です。オセアニアエリアにいるのにフランスらしい空気を味わうことができます!今回は、ニューカレドニア・オルフェリナ湾にある、素敵なショップを3つ紹介します!

  • ニューカレドニア基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    世界中から多くの観光客が訪れるニューカレドニア。本記事では、リゾート地として有名なニューカレドニアのビジネスアワーや祝祭日についてまとめてみました。訪れる際の参考にしてください。

  • ニューカレドニア基本情報 【お金編】

    青い海と白いビーチが美しいニューカレドニアには世界中から多くの人が訪れます。本記事では、そんな素敵な国のお金についての情報を集めました。両替え、チップ、クレジットカードについて詳しく紹介しましょう。

  • ニューカレドニア・グランドテール島の北部&中部おすすめ自...

    ニューカレドニアの本島であるグランドテール島(Grande Terre)。フランスパンのような細長い形が特徴ですね。壮大な大自然を感じることができるおすすめエリアを4つ厳選してご紹介していきます。

  • ニューカレドニア・アンスヴァタビーチで人気のレストランお...

    「天国に一番近い国」と称されるニューカレドニア。日本人にも人気の観光スポットです。今回はニューカレドニアのアンヴァスタ(Anse Vata)ビーチで人気のレストランを紹介。おしゃれなカフェから、中華やベトナム料理まで各国レストランが勢ぞろい!まるでフレンチリゾートのようなニューカレドニアで絶品料理を楽しみましょう!

  • ニューカレドニア・ブーライユで人気観光スポット4選!世界...

    ヌメアから車で約3時間のところに、牧畜と農業の街ブーライユがあります。ちょっと足をのばせば青い海と白い砂浜、そして世界遺産まで。ヌメアからブーライユまでの道のりも牧歌的で素敵な風景が楽しめるので、ヌメアまで来たならぜひこのブーライユへも訪れてみませんか。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事