岡山の名産20選!名物料理や地元民から愛される品々をご紹介

264

views

0

岡山の名産・名物料理は何ですか?という質問に答えられますか?三大フルーツの白桃等、果物やブランド野菜、ままかりという産物を知っていれば岡山観光がより楽しいものになります。贈り物・お土産にも喜ばれるおかずやご当地の特産品を使ったB級グルメの詳細もご紹介。秘話一杯の郷土料理もあって岡山通まっしぐら!

岡山の名産とは?

岡山の名産・名物料理は何ですか?と聞かれたら…

岡山の名産・名物料理は何ですか?と聞かれたら何と答えましょう。「晴れの国」「果物の王国」という愛称を持つ岡山県は降水量1ミリ以上の日が日本で一番少なく、日照時間が長い温暖な気候であることからマスカットや白桃など果物の一大生産地として知られています。

さらに瀬戸内海に面しているため、ご飯を借りてまで食べたくなるような特産の「ままかり」など魚介類の水揚げも豊富です。海の幸と山の幸、両方に恵まれた岡山県では古くから親しまれてきた郷土料理がたくさん。名物や名産の食べ物を使ったB級ご当地グルメの詳細も見ていきましょう。

岡山でおすすめ名産&名物料理:①白桃

岡山の名産・名物料理~果物~

岡山の名産として最初にご紹介したいのが果物。現在岡山県が果物王国と呼ばれるようになった理由には、明治20年頃から既に全国に先駆けて品種改良や害虫駆除を独自に研究していた岡山の先人たちの存在があります。

特に白桃、マスカット、ピオーネは栽培面積日本一を誇り、岡山の三大フルーツとして知られています。全国各地に100以上ある桃の品種も、もとをたどっていくと大半のルーツは岡山生まれの桃にあるんです。

安価なものからブランド化されたものまでバリエーションも豊かで贈り物にも喜ばれる岡山の名産・白桃。旬を迎える6月下旬から8月下旬には白桃の桃狩り体験をする観光客の姿が多く見られます。お中元として、そしてお土産として直売所で糖度の高い高品質の白桃を購入する人も多くいますね。

岡山県内には、この自然の恵みたっぷりのフルーツをふんだんに使ったパフェやゼリーなどスイーツを提供するカフェも、よりどりみどり。’岡山に行ったら食べるものリスト’に加えてほしい「マルゴデリ」の白桃ジュースは、なんと厳選された白桃を丸々1玉使用した豪華な季節限定スイーツ。例年7月初旬から8月中頃まで販売されています。岡山の名産を知ることで絶品フルーツめぐりがより楽しくなりそうです。

マルゴデリ イオンモール岡山店
住所:
岡山県岡山市北区下石井1-2-1 イオンモール岡山3階
電話番号:
086-227-7703
営業時間:
10:00~21:00
定休日:
不定休
アクセス:
JR吉備線「岡山駅」東口より徒歩4分

岡山でおすすめ名産&名物料理:②マスカット

岡山の名産そして三大フルーツのひとつ・マスカット。生産者が栽培方法を工夫することにより4月から12月まで全国へ出荷されているため、旬の時期が一番美味しい食材にもかかわらず、ほとんどの季節においしい一房が手に入るという特徴があります。

マスカットの品種ごとに甘さや酸っぱさ、皮の硬さが違うので色々と食べ比べをしてみると果物の奥深さにふれることが出来そうです。マスカットも白桃同様に果物狩りで楽しめる特産として有名ですね。

岡山名産のマスカットの中でも果物の女王という異名の「マスカット・オブ・アレキサンドリア」は紀元前からエジプトで食されてきた歴史ある品種。この栽培が日本で始まったのは130年前。上品な香り、たっぷりの果汁、深い甘み、宝石のような透明感をもつ高貴な見た目の粒をもち贈答品としても好まれています。

ですがクレオパトラが愛したというこの岡山の特産物は、日本に持ち込まれた当時には栽培が難しく足踏み状態に。やっとのこと岡山で考えだされた温室栽培で、生産が可能となったことを知っていると、口に含んだ時の美味しさにも感慨深いものが増します。全国でのシェアのうち9割が岡山県産。岡山での生産量第一位のマスカットです。

「農園カフェ湯郷」では8月中旬から、ぶどう狩りを楽しめるほか直営のカフェで新鮮な果物スイーツが食べられるとあって人気。こぼれんばかりのブドウの粒がのったフルーツパフェ「ぶどうマウンテン」はテイクアウトも可能で◎。

農園カフェ湯郷
住所:
岡山県美作市湯郷311-6
電話番号:
086-873-3380
営業時間:
10:00~17:30
定休日:
水曜日(祝日の場合は営業)
アクセス:
美作インターチェンジより林野方面へ車で10分

岡山でおすすめ名産&名物料理:③ピオーネ

岡山名産の三大フルーツが三種類並ぶとやはり、圧巻。温暖で日照時間が長いという果物栽培に適した土地であるとはいえパイオニアたちの工夫や、長年高品質の維持に試行錯誤してきたという農家の方の努力には頭が下がりますね。脈々と受け継がれてきた農作物への愛や経緯があってこそ、岡山の特産だよ、と胸をはって言う県民の方々もいるのかもしれません。

さて、岡山三大フルーツのピオーネは種がなく一粒が大きいのが特徴。黒光りするようにツヤツヤな見た目の濃紫の粒を皮ごと口の中にほうりこみ、弾力のある実を口いっぱいにほうばれば、甘さと酸味のバランスがよく病みつきになり、思わず言葉も失い次々と手がのびてしまいます。簡単にむけて食べやすいツルッとした皮も、この病みつき感に一役かっています。

岡山名産のご当地果物をスイーツで堪能したいのなら、ピオーネの味を人気町屋カフェ「くらしき桃子」のジェラートで味わっていくのがおすすめ。期間限定ではなく通年味わえるのも大きなポイント。

くらしき桃子 倉敷本店
住所:
岡山県倉敷市本町4-1
電話番号:
086-427-0007
営業時間:
10:00~17:00
定休日:
年中無休
アクセス:
JR山陽本線「倉敷駅」南口より徒歩13分

岡山でおすすめ名産&名物料理:④富有柿(フユウガキ)

岡山の名産といえる果物はマスカットなどの三大フルーツばかりではありません。続いてご紹介する富有柿(フユウガキ)も岡山で収穫できるフルーツのひとつ。例年約71トンが出荷されています。生産地があるのは岡山市市街地からわずか東へ5キロほど行った場所にある沢田という地区。

富有柿が収穫時期となる10月下旬になると、緩やかな丘陵に広がる10ヘクタールの柿畑の木々に点・点とオレンジ色の果実を見ることができます。まるで絵の中のような田園風景は牧歌的で、ゆったりとした気持ちにさせられます。

のんびりとした気持ちとは裏腹に大忙しなのは12月上旬まで収穫作業を続ける富有柿農家の方々。農園のオーナー制度を実施してリピーターも多かったという活動報告もあります。もしかしたら、いつか岡山の富有柿収穫期に畑で忙しくしているのは皆さんかもしれません。

さてこの富有柿の特徴は厚くジューシーな果肉にしっかりと糖度の高い甘さが閉じ込められているところ。通信販売では6キログラム・10,000円のお値段ですが、特産のご当地で購入すれば規格外品が1.5キロ・200円ほどの破格で手に入ることもあります。

この岡山の名産・富有柿は、毎年沢田で開催される沢田柿まつりや、岡山市農業協同組合はなやか中央店などで販売されています。

岡山市農業協同組合(JA岡山)はなやか中央店
住所:
岡山県岡山市北区大供表町4-5
電話番号:
086-226-1077
営業時間:
09:00~18:00
定休日:
年末年始
アクセス:
山陽自動車道岡山インターチェンジより池田動物園方面へ車で17分

岡山でおすすめ名産&名物料理:⑤あたご梨

もうひとつ、生産量全国第一位の岡山の名産果物をご案内しましょう。岡山県では、新高梨、鴨梨(ヤーリー)という種類の梨の栽培にも力を入れていますが、今回ご紹介するのは「あたご梨」というフルーツ。実際にあたご梨の栽培をしている石原果樹園では果物狩りの開催のほか、直売所として販売も行っています。

こちらは、あたご梨と鴨梨を中心にスーパーマーケットで販売会をおこなっているときの様子。皆さん、あたご梨は緑色の箱に入った下段にありますよ。

そう、驚かれた方も多いでしょう。あたご梨の一番の特徴はこの大きさ。平均的な大きさは赤ちゃんの頭ほどのサイズ。重さにすれば1キロほどで、さらに大きいものになれば2キロもあるそう。日本一大きい梨としても知られているんです。

あたご梨の収穫時期は11月上旬頃ですが収穫してひと月ほどそのまま寝かせておく、追熟というプロセスを出荷前に行うことで潤いが増します。同じくインパクトのある大きさで知られる新高梨よりも貯蔵性があり日持ちするという点があたご梨と新高梨の違いです。

あたご梨の価格は1玉1.3キロほどで2,500円程度。暗く涼しい場所で保管すればひと月ほど置いておくことも出来るので、特別な日に家族や仲間と一緒に食べて!という気持ちをこめた贈答品としても人気。果汁たっぷりで柔らかく香りも甘さもある、あたご梨…美味しくないと感じたら次回はもう少し熟させてから食べてみましょう!

石原果樹園
住所:
岡山県岡山市東区西隆寺893-6
電話番号:
086-944-0117
営業時間:
10:00~15:30
定休日:
収穫期間中無休
アクセス:
山陽自動車道山陽インターチェンジより南古都方面へ車で18分

岡山でおすすめ名産&名物料理:⑥黄ニラ

岡山の名産・名物料理~野菜・花~

岡山の名産は野菜も充実。お土産としてもご当地グルメとしても味わえる特産品ばかりでバラエティに富んでいます。皆さんの地元では見かけることのないような産物も登場するかもしれません。食べ方などの詳細も一緒に知っていきましょう。

それでは最初にこの黄ニラをご紹介。テレビ番組・鉄腕DASHでも取り上げられたことのある黄ニラにはビタミンA、B1、カロチン、アホエンが豊富に含まれており栄養価が高いうえにボケ防止予防にも効果があるといわれています。特に記憶力向上に良いとされているアホエンは受験生やご高齢の方には強い味方!

岡山で黄ニラの栽培が始まったのは明治時代ごろから。乾燥に強いという特徴があり一年中の栽培・収穫が可能な黄ニラは岡山県内の直売所やスーパーマーケットで手に入れることができます。黄ニラを使ったオススメのレシピは黄ニラのお味噌汁や黄ニラの卵とじ、黄ニラの豚そぼろ丼など。

ニラ独特の臭いがあるのかな?と生で食べてみると、シャキシャキの食感と控えめな甘さが味わえるだけで、特有の香りはあまり感じられません。ナムルやおひたし、スープにサラダなど、どんな料理にも応用がきく黄ニラは名産地・岡山なら100円で買えてしまうこともある野菜。ですが実は全国へ流通する際には、その希少性から500グラム・5,000円ほどにも価格が高騰する高級食材なのです。

ご当地岡山県のお寿司屋さんでは「黄ニラの握り」が並ぶことも!これは早速'岡山に行ったら食べるもの'リストに追加しなくては…。

夜寿司 天満屋本店地下店
住所:
岡山県岡山市北区表町2-1-1 天満屋岡山店地下1階
電話番号:
086-231-7749
営業時間:
10:00~19:30
定休日:
年中無休
アクセス:
東山線「県庁通り駅」より県庁通りを岡山ゴム会館方面へ徒歩4分

岡山でおすすめ名産&名物料理:⑦千両なす

市場に出回ると県外からも良い評価をもらう、と生産者も卸売業者も自信を持ってアピールする岡山名産のブランド野菜のひとつに千両なすがあります。なんとも縁起の良い名前の千両なす…一体どこからこのネーミングがきたのか気になりますね。

もともと生育の早いなすは、短期間で実が成ることから成す(なす)と呼ばれるようになった、といういわれがあります。何がしかが「成す」されるだけでも縁起が良いのですが、天下統一を成した徳川家康の大好物であったことからも、おめでたい野菜であると認識されることがあるそう。

元来比較的短い日にちで実をつけるなすですが千両なすには、千両箱からたくさんのお金が飛び出てくるように、目いっぱいの収穫が出来たら、という当時の生産者の気持ちが込められて、その名がついたというお話があります。

昭和40年代から本格的に始まった岡山での千両なすの栽培は、現在では一番生産額の多いブランド野菜として県外でも親しまれています。さて、ここで皆さんに問題です。この中で千両なすはどれでしょうか!?

正解は右から二番目。長卵形と呼ばれる形をしており色はツヤのある濃い紫色をしています。柔らかいながらしっかりとしまった果肉は漬物や炒めものなど色々な料理の材料となる万能野菜。岡山県内ではレストラン等、飲食店で旬の千両なすを使ったメニューを提供するフェアが開催されることもあり、反響を呼んでいます。

「みのるダイニング さんすて岡山店」では過去に千両なすを使用したレシピとして、千両なすと黄ニラの香味ソースや、コンポート入りの千両なすサワーがお品書きに掲載されていました。岡山観光のお土産としてだけでなく、ご当地で食べる名産グルメとしての千両なすにも注目してみてくださいね。

みのるダイニング さんすて岡山店
住所:
岡山県岡山市北区駅元町1-1 さんすて岡山南館2階
電話番号:
086-206-1442
営業時間:
11:00~22:00
定休日:
不定休
アクセス:
JR「岡山駅」直結

岡山でおすすめ名産&名物料理:⑧岡山パクチー

岡山の名産野菜には昭和から栽培が始まったものが多いですが、中にはごく最近生産が開始されて話題を集めている人気野菜もあるんです。それが日本人の味覚にも合うようなマイルドな味わいのマイルドパクチーこと岡山パクチー。2000年から栽培が始まった岡山パクチーは略して岡パクの愛称で親しまれるようになりました。

岡山パクチーの特徴は糖度が高いこと。パクチー独特の香りも出しゃばることなく遠慮がちなために食べやすい、と取り寄せや販売店への問い合わせも殺到しています。

岡山パクチーをここまで有名にしたのは岡山パクチー部会という、ふるさとおこしプロジェクトの発起人でもある専業農家の植田さん。実は植田さんは先にご紹介した黄ニラの栽培にも携わっている人物。農家や飲食店、そして消費者の橋渡し役的な役割を果たしており、岡山県内の飲食店では岡山パクチーを使ったたくさんのメニューが考案され、お客さんから好評を博しています。

現在、岡山パクチーの年間生産量は20トン。岡山パクチーアイスや岡山パクチーのモヒートを飲んでみませんか?北区の「ほうかん町 みつの」では岡山でしか食べられない岡パクを使った料理を様々な形で提供しています。

ほうかん町 みつの
住所:
岡山県岡山市北区奉還町3-9-5
電話番号:
086-289-5126
営業時間:
17:00~01:00
定休日:
木曜日
アクセス:
JR「岡山駅」西口より徒歩10分

岡山でおすすめ名産&名物料理:⑨スイートピー

優しい想い出、ほのかな喜び、門出…そんな花言葉を持つ花・スイートピー。淡いピンク色から優しい雰囲気の黄色、まるで千両なすのように濃い紫色などカラーバリエーションも豊かで贈り物用の花束にもブーケにもぴったりの花ですよね。

岡山の倉敷市船穂町はスイートピーの生産地として知られています。出荷の最盛期は11月から4月の間。「ファームたかお」では農薬を使用せずに土中の微生物と植物を活用した土壌改良に努めてきました。

無農薬野菜という概念は近年珍しいものではありませんが、花の無農薬生産は画期的ですよね。ふとスイートピー畑の足元をみると害虫である線虫から花を守るために黄色いマリーゴールドが植えられていました。満開になったスイートピーとマリーゴールドのコントラストは美しい!ですが、安定した無農薬栽培を続けるには繊細で丁寧な土壌管理が必要。

当たり前のように花屋さんで見かけるスイートピーにも、生産者の方たちの汗と努力があることを忘れてしまいがちですね。岡山名産のスイートピーづくりに日々奮闘する「ファームたかお」では、出荷後にスイートピー花摘み会を開催。もともとの特産品に無農薬という付加価値がついた、こちらのスイートピー摘みでは、ひと味違ったサステイナブルな時間を肌で体感することが出来そうです。

ファームたかお
住所:
岡山県倉敷市船穂町船穂8029-3
電話番号:
080-3057-5401
営業時間:
10:00〜17:00
定休日:
スイートピー花摘み会期間中無休
アクセス:
玉島インターチェンジより王子宮方面へ車で5分

岡山でおすすめ名産&名物料理:⑩ままかりの酢漬け

岡山の名産・名物料理~特産食材を使ったおかず~

ここまで岡山名産の果物と野菜そして花について知ってきました。皆さんの心を惹きつけるご当地名物はありましたか?さて、ここからは岡山県の特産食材を使ったおかずを紹介していきましょう。ご飯が何杯あっても足りないグルメばかりですよ。

まさにご近所へご飯(まんま・まま)を借りに行ってまで食べたいという気持ちがネーミングに表れた「ままかり」は続いてご案内する岡山名物の名前の由来です。他県ではサッパの名で知られるニシン科のままかりを漢字で表記すると「飯借」。そのおいしさがどのくらいのものか、更に印象が強くなりますね。

瀬戸内海で水揚げされた、ままかりは産卵前後の6月から8月そして10月と11月が旬の時期・一番美味しい季節です。小骨が多い小魚ですが甘酢に漬けこんでおくと日が経つごとに軟らかくなっていきます。下処理で取り除いた頭、鱗、背骨、はらわた以外は尾ひれを含めて丸ごと食べられる岡山を代表する、ご飯のおかずです。

岡山県内ではスーパーマーケットやお土産店で購入することができます。岡山市内の「割烹ままかり」では臭みがなく弾力が自慢の、ままかりの酢漬けを使った料理を食べられるとあって人気です。

割烹ままかり
住所:
岡山県岡山市北区表町3-9-2
電話番号:
086-232-1549
営業時間:
月~木 17:00〜 20:30
     金・土 【ランチ】11:
30〜13:00
         【ディナー】17:
00〜 20:30
定休日:
日曜日(来店予約可能の場合あり)
アクセス:
東山線「西寺大町駅」よりオランダ通り方面へ徒歩2分

岡山でおすすめ名産&名物料理:⑪サワラの味噌漬け

刺身と聞いて思い浮かべる食材といえばマグロやイカ、カンパチなど人それぞれですが、岡山では「刺身」といえばサワラ!というまでに、県民の食卓に定着している魚。というのも岡山県はサワラの消費量が全国で第一位という統計があります。4月から6月にかけて春に産卵のため旬の時期を迎えたサワラが瀬戸内海へやってきます。

とろけるように滑らかな食感と、淡白ながらクセのない上品な甘みのサワラの刺身を食べられるのはサワラの鮮度のよい岡山県ならではです。それではお土産や贈り物としても人気のサワラの味噌漬けとは、どのような一品なのでしょうか?詳細をみていきましょう!

出典: www.jalan.net

古来より岡山で愛されてきたサワラ。成長するごとに名前が変わる出世魚としても知られていますね。三枚におろして米味噌に漬けこむ…。レシピをきくと簡単そうに感じる料理ですが、身がほぐれないように注意を払いながら扱う作業は職人の技量があってこそ成せる工程。

古くからサワラを食し扱いに長けている岡山ならではの名産のおかずなんですね。何故岡山でサワラ?の疑問が解けました。焼きたてのサワラの味噌漬けの味噌の香りに誘われて、思わず炊き立てのご飯をおかわりにいってしまいそう。お酒のおつまみにもピッタリな岡山の特産食材を使ったおかずです。

志ほや 岡山本店
住所:
岡山県岡山市北区表町1-7-65
電話番号:
086-231-7704
営業時間:
09:00~17:00
定休日:
土曜・日曜・祝日(9月19日は営業)
アクセス:
東山線「県庁通り駅」よりオランダ通り方面へ徒歩2分

岡山でおすすめ名産&名物料理:⑫ピーナッツ豆腐

気温が高くなる夏には冷やし中華や喉越しの良いビールなど、あっさりサッパリした食べ物や飲み物が欲しくなりますよね。買い出しで出かけるスーパーマーケットに並ぶ食材の変化にも季節を感じます。岡山ではこの「ピーナッツ豆腐」が暑くなる夏にスーパーの棚に並びます。

しかも一種類ではなく何種類も販売されているのですから、その人気ぶりが覗えます。これは岡山でしか買えない名産として食べ比べをしてみたくなりますね!

こちらは「白神商店」のピーナッツ豆腐。材料をよく見てみると豆腐なのに落花生、と一番に表記されています!これは興味深いですね。落花生の生産が盛んな総社市で特によく食べられる、岡山の名産を使ったおかずですが、ご自宅でも調理が可能なのでぜひ手作りしてみて。

必要な食材は生の落花生と薄力粉、水、これだけ。皮をむいた落花生を一晩水につけておきミキサーにかけ、なめらかになるように裏ごしをしたら水と薄力粉を加えて、とろみがでるまで火にかけましょう。型に入れて冷やせばピーナッツ豆腐の完成。ねちっとした濃厚な舌触りと食感が独特です。お好みでネギやからし、わさび、醤油、タレをかけて召し上がれ。

有限会社白神商店
住所:
岡山県倉敷市水江871-1
電話番号:
086-465-9699
営業時間:
月~土 10:00~17:00
定休日:
日曜日
アクセス:
水島臨海鉄道「倉敷市駅」より県道60号方面を車で10分

岡山でおすすめ名産&名物料理:⑬どどめせ

岡山の名産・名物料理~特産食材を使った郷土料理~

岡山の名産を知るなら、やはり特産食材を使った郷土料理の世界にも足を踏み入れなくては!ということでご当地の特産と岡山県民の知恵がずしっと詰まった地域に根差したグルメをご紹介していきましょう。

こちら「どどめせ」は鎌倉時代末期より親しまれてきた岡山の味。だし汁で炊いた炊き込みご飯に酢を混ぜて蒸らした料理で、煮込み寿司という呼び方もあるそう。トッピングには目にも鮮やかなサヤエンドウや筍、人参、椎茸、錦糸卵などをのせます。

どどめせの発祥や、この味付けになった経緯も面白いんですよ。かつて水運が活発だった備前福岡には船頭たちのために毎日炊き込みご飯が用意されていたそうな。そこに現れたのが酔っぱらいの武士。「その炊き込みご飯をよこせ」と詰め寄りましたが船頭たちは拒否!怒った武士が、どぶろく(濁り酒)をご飯にかけたところ、より美味しくなったことから船頭たちも、この味を好むようになり、どぶろくを混ぜるのがメジャーになったのだとか。

「どどめせ」は「どぶろくめし」が方言でなまって伝わったものと言われています。因みに岡山の方言で凄いは「ぼっけぇ」、なくなるは「みてる」。凄い美味しいどぶろくがなくなるを岡山弁で言うと「ぼっけぇうめぇどぶろくみてる」!?

一度は食べてみたい岡山の郷土料理が食べられる「備前福岡 一文字うどん」のご主人は岡山愛にあふれる料理人。「どどめせ」についても何でも聞いてくださいとのこと。頼もしいお言葉に甘えて方言についても尋ねてみちゃいましょうか…!

備前福岡 一文字うどん
住所:
岡山県瀬戸内市長船町福岡1588-1
電話番号:
086-926-2978
営業時間:
月・火・木 10:00~15:00
     金・土・日・祝日 10:
00~19:00
定休日:
水、第1・3火曜日
アクセス:
備前インターチェンジより国道2号線を車で25分

岡山でおすすめ名産&名物料理:⑭岡山ばらずし

どどめせが進化してこの形となったのでは?と言われている「岡山ばらずし」は岡山名産の海の幸・山の幸をこれでもかと贅沢に使った、ちらし寿司。晴れの日・おめでたい日に食べる郷土料理ということもあって彩りも鮮やかで、見ているだけで幸せな気持ちになります。

寿司飯の上には、先にご紹介した、ままかりの酢漬けや特産のサワラが豪華に盛り付けられています。家庭ごとの伝統の味がありご飯をおおい尽くす数十種類もの食材には黄ニラがのることも。エビ、タコ、アナゴなど新鮮な海の産物、インゲンやレンコン、ミョウガ、山の食材もふんだんに…。

岡山ばらずしがこれほどまでにゴージャスな郷土料理となったのには歴史が深く関係しています。江戸時代、藩主をしていた池田光政は質素倹約をモットーとする姿勢を心がけた人物。民にも「一汁一菜」を強いていましたが、晴れの日ぐらいはお腹一杯華やかな食事をしたいと考えた人たちは「一つにすればこれも一菜」と、苦肉の策としてばら寿司を考案したのでした。

また、考えだされた当初は重箱の底に食材をしいて寿司飯で覆い隠すスタイルであったことから「隠し寿司」と呼ばれていたこともあったそう。お偉い方が去ったら重箱をヨッと丁寧にひっくり返して、いざいただきます!

岡山県民の知恵と名産がギッシリ詰まった郷土料理ですね。観光帰りの電車の中で食べられることから、駅弁の「桃太郎の祭りずし」も人気です。

おかやま駅弁
住所:
岡山県岡山市北区駅元町1-1
電話番号:
086-801-0043
営業時間:
06:30~20:30
定休日:
年中無休
アクセス:
新幹線改札内(2階)

岡山でおすすめ名産&名物料理:⑮タカキビのだんご汁

岡山の郷土料理で汁物といえば「タカキビのだんご汁」。県東の高梁市やお隣の新見市で特によく食べられている料理です。イネ科のタカキビはモロコシキビとも呼ばれていますが、岡山・桃太郎・キビ団子と連想するキビ団子のキビとは別の食材。

こちらは赤茶色に色づいた種が穂が垂れるまでにのびたタカキビ。3メートルにも成長する背の高い雑穀です。マグネシウムや鉄分など栄養が豊富で現在ではスーパーフードとしても注目を集めています。

ヒエやアワを主食としていた時代から団子状にして食べられていたタカキビ。弾力がありモチモチとした食感が味わえます。岡山の学校給食では献立の汁ものとしてタカキビのだんご汁が登場することもあり、子どもたちのお楽しみの一品なのだそう。

新見市の「味の庄 伯備本店」では岡山の名産を使ったタカキビの団子がゴロゴロと入った「野方汁」を味わうことも出来ますよ。

味の庄 伯備本店
住所:
岡山県新見市西方469-1
電話番号:
086-772-3125
営業時間:
11:00~22:00
定休日:
元日
アクセス:
伯備線「新見駅」高梁川方面出口より徒歩1分

岡山でおすすめ名産&名物料理:⑯えびめし

AoiMakoto

読者の皆さんとTapTripで世界1周を目指します!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 岡山の人気お土産おすすめ15選!岡山限定から定番のお土産ま...

    桃太郎伝説が有名な岡山には、きびだんごをはじめ名産品がたくさんあります。その中から、特に人気が高いお土産を厳選してご紹介します!

  • 岡山駅のお土産おすすめ15選!駅周辺で買えるおすすめのお菓...

    美しい瀬戸内海や蒜山三座など豊かな自然を楽しめる人気の岡山県。桃太郎伝説でもお馴染みですよね。そんな中国・四国地方の交通網の要である岡山駅周辺で購入できる人気のお土産をご紹介していきます。

  • 岡山県の鍾乳洞3選!大自然が創り上げた神秘の洞窟を探訪しよう

    鍾乳洞とは、永い年月の間に石灰岩が地下水の浸食のより削られ創り出された洞窟です。不思議で幻想的な光景が広がり、とても魅力的なんですよ。今回は、岡山県にある鍾乳洞を3つご紹介したいと思います。

  • 岡山県のB級グルメ "デミカツ丼" を食べよう!発祥店含むオス...

    岡山県のB級グルメ「デミカツ丼」とは、ごはんの上にキャベツを敷きカツをのせ、そこにデミグラスソースをかけたもの。カツをデミグラスソースにくぐらせるタイプもあり、トッピングもお店によっては、グリンピースや生卵がのっているものもあります。それでは、デミカツ丼が食べられるオススメのお店を5店舗ご紹介いたします。

  • 岡山アート旅行・犬島歩きでグルメ探訪!おすすめお食事処4選

    瀬戸内海に浮かぶ島民100人以下の小さな犬島。近年有名アーティストによる「犬島の家プロジェクト」や「犬島精錬所美術館」の開館で観光地として話題の、犬島諸島で唯一の有人島です。犬に似た形の岩がある事、また枕草子の中で一条天皇が犬を追放した島であると推測されることから「犬島」と呼ばれています。さて、そんな大自然に囲まれた素敵な島に行ったら、是非立ち寄っていただきたいお店が沢山あるんです☆都会で忘れ去られた「スローライフ」を体感できるカフェ、是非足を運んでみませんか?

  • 岡山県でおすすめの人気桃狩り農園4選!桃太郎で有名な桃の産...

    岡山県といえば桃太郎、そして桃の産地として全国的に有名です。岡山に行ったら体験してもらいたい、桃狩りが楽しめる観光農園をご紹介します。

このエリアの新着記事
  • 岡山でおすすめの人気お土産33選!伝統の和菓子や民芸品から...

    岡山で人気のお土産33種類を一挙紹介!おなじみのおみやげはもちろん、最近発売されたばかりの新商品も掲載!スイーツ、グルメ、雑貨などさまざまなジャンルのお土産を網羅しています!

  • 【2020年】岡山でおすすめの初詣スポットTOP17!人気の神社&...

    岡山には魅力的な初詣先がたくさん。特に人気の最上稲荷や吉備津神社、宗忠神社のほかにも初詣デートに最適な穴場スポットもご紹介。それぞれの神社やお寺でいただけるご利益や御朱印、パワースポット情報も事前に集めておきましょう。岡山の初詣のおすすめを知ったらホテルをおさえて観光がてらの参拝も検討してしまうかも!

  • 岡山女子旅ガイド!岡山&倉敷のおすすめ観光スポット15選!

    岡山・倉敷はインスタ映えする街並みが広がる美しい観光エリア!歩いて見てまわって楽しい観光スポットだけでなく、地元岡山のおいしいグルメもたくさん!今回は、初めて岡山県を訪れる方におすすめの「絶対おさえておきたい観光スポット」や「美味しい岡山グルメ」、「買うべきお土産」をご紹介します。

  • 岡山アート旅行・犬島歩きでグルメ探訪!おすすめお食事処4選

    瀬戸内海に浮かぶ島民100人以下の小さな犬島。近年有名アーティストによる「犬島の家プロジェクト」や「犬島精錬所美術館」の開館で観光地として話題の、犬島諸島で唯一の有人島です。犬に似た形の岩がある事、また枕草子の中で一条天皇が犬を追放した島であると推測されることから「犬島」と呼ばれています。さて、そんな大自然に囲まれた素敵な島に行ったら、是非立ち寄っていただきたいお店が沢山あるんです☆都会で忘れ去られた「スローライフ」を体感できるカフェ、是非足を運んでみませんか?

  • 岡山駅のお土産おすすめ15選!駅周辺で買えるおすすめのお菓...

    美しい瀬戸内海や蒜山三座など豊かな自然を楽しめる人気の岡山県。桃太郎伝説でもお馴染みですよね。そんな中国・四国地方の交通網の要である岡山駅周辺で購入できる人気のお土産をご紹介していきます。

  • 岡山観光はココへ行こう!鉄板の人気の観光スポットおすすめ...

    岡山県はさまざまな歴史を学ぶことができるスポットが多い県でお城や神社仏閣が豊富です。近年、ゲームの影響で刀剣に対する知識を深めようとする方が増え、注目度が高くなってきました。また、パワースポットも強力な場所が多く幅広い分野を観光できますので、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

  • 岡山の人気お土産おすすめ15選!岡山限定から定番のお土産ま...

    桃太郎伝説が有名な岡山には、きびだんごをはじめ名産品がたくさんあります。その中から、特に人気が高いお土産を厳選してご紹介します!

  • 岡山で温泉がおすすめの旅館20選

    桃太郎の地として有名な岡山県。実は、桃太郎だけでなく、昔から湯治の地としても有名なんです。そこで今回は、岡山県内にあるおすすめの宿を紹介したいと思います。宿泊だけでなく、日帰り入浴も可能なスポットを選んでみたので、忙しい人でも温泉を楽しめるのでは?

  • 岡山県の鍾乳洞3選!大自然が創り上げた神秘の洞窟を探訪しよう

    鍾乳洞とは、永い年月の間に石灰岩が地下水の浸食のより削られ創り出された洞窟です。不思議で幻想的な光景が広がり、とても魅力的なんですよ。今回は、岡山県にある鍾乳洞を3つご紹介したいと思います。

  • 岡山ご当地グルメ・ひるぜん焼きそば!人気のおすすめ店4選

    岡山県のご当地グルメ、ひるぜん焼そばをご存じですか?かしわ肉とキャベツが入ったパンチのある濃厚な味噌だれの焼きそばです。今回は、ひるぜん焼そばのおいしいお店を紹介させていただきます。

このエリアの人気記事
新着記事