山形駅周辺のおすすめ観光スポット10選!アクセス方法や見所をご紹介

145

views

0

山形県の玄関口・山形駅。山形新幹線の停車駅ということもあり多くの観光客が訪れます。ゆっくり山形を観光するのもいいですが、ちょっと空いた時間に駅周辺の観光地を訪れるのもおすすめ。歴史的な観光地、美しい公園、山形市街地を一望できるスポットなど、山形駅周辺の観光地をご紹介します。

山形駅近くのおすすめ観光地をご紹介

山形県は東北6県の1つで、日本海に面した東北地方の南西部に位置しています。86パーセントが山地であるため、自然に恵まれた土地です。有名な蔵王をはじめ、月山、飯豊など日本百名山に数えられる優美な山々に囲まれ、米沢、山形、新庄の盆地と庄内平野を最上川が流れる美しい自然に恵まれた地域です。

山形県の中心・山形市にある県の玄関口・山形駅は山形新幹線の停車駅で、東京から新幹線で約3時間の距離にあります。そのほか福島県から青森県を走る奥羽本線、仙台行きの仙山線、左沢方面行きの左沢線が乗り入れる大きな駅です。

山形県の特産品と言えばさくらんぼをまず思い浮かべますが、全国生産量の7割を占めるという豊富さ。そのほかにもメロン、ぶどう、すいか、桃、りんご、かき、ラフランスなど、まさしく果物大国。そして米、牛肉、酒、ワインもよく知られている特産品。

山形のソウルフードの芋煮、玉こんにゃく、お酒のおつまみに最適なただちゃ豆など素朴な郷土料理も見逃せません。山形県は自然豊かでおいしいものが豊富なところ。そんな山形の旅行のはじまりに山鹿駅の周辺をまずは巡ってみましょう。

山形駅周辺のおすすめ観光スポット:1 霞城公園

山形駅から約900メートル、自転車で7分、観光地を巡るのに便利なベニちゃんバスで12分の場所にある「霞城公園」。市街地のほぼ中央に位置し、広大な山形城跡を整備した公園です。1356年に斯波兼頼により築城され、現在の城郭は第11代城主最上義光が築いたものが原型とされています。

大規模な輪郭式の平城で、長谷堂合戦で城郭が霞で隠れて見えなかったことから霞ケ城とも呼ばれていました。現在は堀や土塁、石垣が残り、二ノ丸東大手門と本丸一文字門が復元されています。1986年に国の史跡、2006年に日本100名城に認定された名所です。

春は桜の名所としても有名で、園内にある約1500本の桜が咲き誇り、毎年「霞城観桜会」のイベントが開催されます。開花期間中にはライトアップが行われ、ライトに浮かび上がる桜の幻想的な光景に多くの観光客が魅了されます。

公園内には山形市郷土館、山形県立博物館、山形美術館、最上義光歴史館など多くの文化施設があるので、時間があるのであれば、一緒に見学しておきましょう。歴史建造物が好きな人にはおすすめの観光スポットですよ。

霞城公園
住所:
山形県山形市霞城町1番7号(管理事務所)
営業時間:
5:00~22:00(4月~10月)5:30~22:00(11月~3月)
定休日:
なし
アクセス:
ベニちゃんバス「霞城公園前」下車徒歩3分、山形駅から徒歩20分

山形駅周辺のおすすめ観光スポット:2 山形市郷土館(旧済生館)

歴史的建物と郷土の歴史を知りたいという人におすすめなのが山形市郷土館(旧済生館)です。旧済生館本館は1878年に建築された病院で、長年市民に利用されてきた建物を移築・復元し、あわせて館内に郷土資料・医学資料を展示したものです。

最初は県立病院として使用されていましたが、その後市立病院済生館の本館として使用されていました。1966年に重要文化財に指定され、1971年に現在の霞城公園内に移し「山形市郷土館」として生まれ変わりました。山形駅から徒歩10分ぐらいで無料なので、ちょっとした時間の隙間に行きやすい場所です。

4階3層の擬洋風建築で、明治の面影が残る擬洋風の病院建築物です。館内には郷土資料や、山形の医学発展に大きな功績を残したオーストリアの医師・ローレツ博士の医学資料が展示がされ、昔の医療器具や人体解剖図などは非常に興味深い内容です。

1階が八角形で2階が十六角形の広間で屋根はドーム型、3階は八角形の小部屋で広いベランダが付いた特徴的な形。外観は3階ですがベランダが4つあることから内部は4階建てとなっています。洋風建築の回廊に囲まれた中庭には枯山水が造られ、和洋折衷のここでしか見られない光景です。

山形市郷土館(旧済生館)
住所:
山形県山形市霞城町1-1
営業時間:
09:00~16:30
電話番号:
023-644-0253
定休日:
なし
アクセス:
「山形」駅より徒歩10分

山形駅周辺のおすすめ観光スポット:3 山形県立博物館

「山形県立博物館」では、山形県の自然や歴史、文化を総合的に展示しています。郷土館と同じく霞城公園内にあり、入館料は大人300円、学生150円、高校生以下は無料と、お手頃なのも人気の秘密でしょう。

本館では山形県の成り立ちから現在までの流れを、地学・植物・動物・考古・歴史・民俗の6つのテーマで展示しています。教科書などに掲載されているような岩石や鉱物、化石の実物標本を見ることができ、子供たちにも興味深い内容になっています。実物に触れる体験広場もあり、楽しみながら学びを深められる工夫もされています。

国宝となっている「縄文の女神」は高さ45センチあり、全体がしっかりそろっている土偶としては日本最大。少しお尻が後ろに突き出ていることから「出尻形土偶」とも呼ばれているユニークな土偶です。全体的に洗練された形をしているのが特徴です。

最上川で見つかった、世界的発見でもあり県の指定天然記念物の「ヤマガタダイカイギュウ」の化石も見逃せません、山形県立博物館は本館のほかに国指定の重要文化財の教育資料館と、附属自然学習園(琵琶沼、県指定天然記念物)も併設しているので合わせて見学しましょう。

山形県立博物館
住所:
山形県山形市霞城町1‐8
営業時間:
09:00~16:30
電話番号:
023-645-1111
営業日:
月曜(祝日の場合翌平日)
アクセス:
「山形」駅から徒歩約10分

山形駅周辺のおすすめ観光スポット:4 山形美術館

霞城公園東大手門の北向いにある「山形美術館」は、1964年開館の美術館で、国の重要文化財に指定された絵画をはじめ、日本国内、東洋美術、西洋美術を調査・研究し、収集、展示を行っています。現在の建物は1985年に完成した新館で、鉄筋コンクリート造の多層民家を思わせる特徴的な造りになっています。

地元の偉大な資産家長谷川家が長年収集した美術品の数々が展示されています。国の重要文化財、与謝蕉村「奥の細道図屏風」、県の重要文化財、渡辺崋山「湲間野雉図」、横山華山「紅花図屏風」など貴重な作品ばかり。また高橋由一、新海竹太郎らの山形出身作家の絵画、工芸、彫刻も見どころです。

美術館で最も注目したいのは、吉野石膏コレクションで、素晴らしいフランス近代絵画を数多く展示しています。モネの「睡蓮」、ルノワール「赤いブラウスを着た花帽子の女」、ほかにもセザンヌ、ピカソ、シャガール、ルオー、ロダンといった、世界的にも名前の知れた画家のの作品が着られるのは大変貴重!

また、定期的にテーマに基づいた企画展やイベントも開催しているので、ホームページをチェックして足を運んでみてはいかがでしょうか。山形駅からはレンタサイクルで7分、バスと徒歩で14分ほどで到着できます。入館料は一般600円、高大生300円、子供100円です。特別展はその都度異なります。

山形美術館
住所:
山形県山形市大手町1-63
営業時間:
10:00~17:00
電話番号:
023-622-3090
定休日:
月曜 展示替えなどのため臨時休館あり
アクセス:
「山形」駅から徒歩15分、ベニちゃんバス「霞城公園(大手門パルズ)前」下車徒歩4分

山形駅周辺のおすすめ観光スポット:5 最上義光歴史館

山形の基礎を作ったとされる最上家11代当主最上義光並びに最上家、山形城の歴史資料をはじめ、この地方の歴史と文化について展示する歴史館です。霞城公園からほど近く、山形城の二の丸東大手門前の一等地にあたる場所にあります。

最上家の中でも特に多くの偉大な功績を残した義光(よしあき)。羽州57万石まで押し上げた戦国大名で、山形を知るうえでこの名将は外せません。城下町の整備、紅花栽培の奨励、最上川舟運ルート整備など、山形の発展に尽力しました。あの伊達政宗とは伯父と甥の関係にあたります。

館内には義光が上杉勢との長谷堂合戦の際に身につけていた弾痕の跡が残る「最上義光公所用三十八間総覆輪筋兜」や甲冑、指揮棒などの遺品や、東北地方唯一の合戦図屏風「長谷堂合戦図屏風」、山形城本丸のふすま絵などの絵画類や調度品など、貴重な資料が多数展示されています。

また、和歌や連歌を嗜む文化人でもあった素顔も垣間見られます。山形城址には最上義光の騎馬像が建っていますので合わせて見学しておきましょう。最上義光歴史館は山形駅から自転車で7分、バスで12分、無料なので少しの時間の隙間に立ち寄れる場所です。

最上義光歴史館
住所:
山形県山形市大手町1-53
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
023-625-7101
定休日」月曜(祝日の場合は翌日)
アクセス:
山形駅より徒歩約15分、「霞城公園前」バス停から徒歩1分

山形駅周辺のおすすめ観光スポット:6 文翔館

文翔館(ぶんしょうかん)は、かつての県庁者と旧県会議事堂から成る建物の愛称で、正式名を山形県郷土館と言います。復元保存されているのは2代目で、1877年に完成したものです。山形駅からは少し離れますが、国の重要文化財に指定される貴重な建物です。

旧県庁舎と旧県会議事堂の2棟は、近世復興様式を基調としたレンガ造りの建物。現在は県郷土館として一般公開されているほか、映画のロケ地としても活用される人気の観光スポット。英国近世復興様式のレンガ造りの建物で時計台もお洒落で洋風建築が好きな人におすすめです。

創業当時を忠実に復元された建物はイギリス・ルネサンス様式を貴重としており、左右対称で重厚感のある花崗岩の石張りが圧巻!豪華な内装は、大正の古き良き時代を彷彿とさせます。復元の様子や山形の歴史・文化を紹介する展示室も設けられています。

文翔館は、中庭、ギャラリー、会議室の貸出を行っており、議場ホールではコンサートや演劇、展覧会などさまざまなイベントが行われています。フォトジェニックな外観と内装、装飾品など見どころが随所に!山形駅から自転車で11分、バスで10分、無料で見学できるので気軽に訪れてみましょう。

山形県郷土館 文翔館
住所:
山形県山形市旅篭町3-4-51
営業時間:
09:00~16:30
電話番号:
023-635-5500
定休日:
第1・第3月曜(祝日の場合は翌日)
アクセス:
「山形」駅から徒歩30分、バス「市役所南口」下車徒歩5分

山形駅周辺のおすすめ観光スポット:7 山形まるごと館 紅の蔵

山形駅周辺で観光するなら、「山形まるごと館 紅の蔵」で、山形の旬の食材を味わってみませんか?山形まるごと館 紅の蔵では、レストランや特産物の販売など、「山形の歴史、文化を活かした新たな魅力とにぎわいの創造」をコンセプトに、旬産旬食をテーマにした山形の魅力あふれる食や文化の共演が楽しめます!

かつて紅花商人であった長谷川家の蔵屋敷を活用した歴史のある佇まい。館内には2つのレストランとおみやげ処、農産物直売所、観光案内所があります。そば処「紅山水」では、山形県産のそば「でわかおり」「最上早生(もがみわせ)」の石臼挽きの絶品手打ちそばが毎日味わえます。おいしい山形の水を使った香り高いそばが大人気!

また、「Cafe&Dining990」では、モダンな店内で、山形の食材をふんだんに使用したフランス郷土料理をベースにしたクラシカルフレンチが堪能できます。パリパリ香ばしい生地に、山形産の生のりんごを使用した季節限定のアップルパイなどのオリジナルスイーツも要チェックです!

「おいしさ直売所」では、伝統野菜をはじめとする、生産者こだわりの安心、安全、そして採れたて新鮮な農産物の直売を行っています、里芋の詰め放題や新米まつり、さくらんぼやぶどうの販売など各種イベントも開催。駅からも近く入場無料なので、山形のお土産探しにぜひ立ち寄ってみては?

山形まるごと館 紅の蔵
住所:
山形県山形市十日町2-1-8
電話番号:
023-679-5103
営業時間:
店舗により異なる
定休日:
店舗により異なる
アクセス:
「山形」駅から徒歩14分、ベニちゃんバスで約5分「十日町紅の蔵前」下車徒歩1分)

山形駅周辺のおすすめ観光スポット:8 もみじ公園

山形市の中心部にある「もみじ公園」は、県内でも特に人気の高い紅葉スポットの一つです。もみじ公園はかつて真言宗の寺院宝幢寺(ほうどうじ)があった場所に開かれた公園で、宝幢寺の庭園でした。現在も残る池泉回遊式の庭園は、江戸初期に改修されたものと言われています。

宝幢寺は奈良時代に行基によって開かれた古刹で、室町時代に山形城下に移されました。心の文字をかたどった心字池を巡ることができる池泉回遊式の庭園は、江戸の庭師によって造られたもので、山形城主松平忠弘も自ら石組みなどに手を入れたと伝わります。

園内には中央公民館分館の清風荘、宝紅庵(茶室)が併設されており、秋の時期の紅葉が非常にすばらしいことで知られています。周囲の建物と重なり、色が濃く染まる秋の紅葉は、息をのむほどの絶景。和風庭園ならではの風情のある風景を堪能できます。

紅葉は毎年11月上旬~11月中旬ごろが見ごろで、毎年多くの観光客が訪れます。入園は無料、駅から自転車で10分以内、バスを利用しても15分ほどの季節を問わない癒しスポットです。ちなみに宝幢寺の本堂は、薬師公園に薬師堂として移築されているので、時間があれば併せて見ておくといいでしょう。

もみじ公園(旧宝幢寺)
住所:
山形県山形市東原町2-16-7もみじ公園
営業時間:
00:00~00:00
電話番号:
023-641-1212(山形市公園緑地課)
定休日:
清風荘の休館日 月曜
アクセス:
バス「東原三丁目」下車徒歩5分

山形駅周辺のおすすめ観光スポット:9 清風荘

紅葉と池泉回遊式の庭園として有名なもみじ公園の中に建つ施設で、もとは真言宗寺院・宝幢寺の書院として使用されていました。現在は中央公民館分館「清風荘」として山形市が運営し、芸術文化活動に利用され、一般にも貸し出されています。

のちに数寄屋造りの本格的な茶室「宝紅庵」も併設され、併せて純和風の施設としてさまざまな催しに使用されています。内部は和室や茶室になっているので、茶道や華道、戯曲などの伝統文化的内容が多く、大きな茶会や結婚式も行われることがあります。

清風荘が建つもみじ公園は、秋になると紅葉の名所として人気があります。山形城を建設したときに余った石を使って造られたとされる池泉回遊式庭園を見ながらの散歩も風情があります。館内からも美しい紅葉の景色が見渡せます。

住宅地の中にあるとは思えない美しい景色と歴史が感じられる清風荘。催しがない限り無料で見学が可能です。山形駅からバスで15分くらいで行けるので、少しの時間で観光できます。四季折々の風景が楽しめますよ。

清風荘
住所:
山形県 山形市東原町2-16-7
営業時間:
08:00~22:00
電話番号:
023-622-3690
営業時間:
8:00~22:00(見学は17:00まで)
定休日:
月曜
アクセス:
バス「東原三丁目」下車徒歩5分

山形駅周辺のおすすめ観光スポット:10 霞城セントラル

山形駅に直結した「霞城セントラル」は、地下2階・地上24階建ての複合ビルです。館内にはホテル、レストラン、映画館、企業オフィス等、さまざまなテナントが入居していて、山形のランドマーク的存在。駅直結なので、ちょっとした時間に食事や暇つぶしができて便利です。

観光案内所で情報を入手したり、2階から4階には山形県産業科学館が入っています。山形県産業科学館は、山形県の先端企業の優れた技術や最新設備などを紹介しています。体験コーナーも充実しており、エコロジーや環境が学べる実験装置や簡単に工作が楽しめるコーナーなど、子供だけではなく大人でも学べるスポットです。

霞城セントラルの一番のおすすめと言えば、最上階24階からの景色でしょう。24階には展望ロビーがあり、大きな窓からは山形の景色が見渡すことができ、山形城全景も眺められます。24階はワシントンホテルのロビーとレストランになっていますが、展望ロビーとしても無料開放されています。

展望ロビーは23時までの利用が可能で、主に北側の景色が楽しめます。南方向に位置するホテルのロビーは山形駅方向になり、夜には迫力満点の夜景を楽しむことができます。入場は無料なので気軽に訪れてみてください。

霞城セントラル
住所:
山形県山形市城南町1丁目1-1
電話番号:
023-647-7211
営業時間:
店舗により異なる
定休日:
なし
アクセス:
「山形」駅から徒歩1分

山形駅に来たらぜひ観光地まで足を運んでみてください!

山形駅周辺には、歴史的スポットが多くあります。山形駅から近いので、気軽に歴史散策をしたいという人におすすめ。歴史が苦手な人にも楽しめるような工夫もされているところが多いので、子供でも楽しめるのではないでしょうか。

山形を観光するうえで知っておきたい知識も習得して巡ると、もっと楽しめるかも知れません。山形駅周辺や街中散策に便利な「ベニちゃんバス」やレンタサイクルをうまく活用して、効率よく山形駅周辺を観光しましょう。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 山形のそばを食べ比べ!三大そば街道のおすすめ店6選

    上質なそばを育てるのに適した気候の山形県は、全国でも有数のそばを食べる文化が根付いた地域。県内には蕎麦屋の名店が軒を連ねる「そば街道」と呼ばれる地域が三つあり、「三大そば街道」と呼ばれています。今回は6店ピックアップしてご紹介したいと思います。

  • 実はラーメン日本一!山形のご当地ラーメン「酒田ラーメン」...

    ラーメン消費量日本一の県はどこだと思いますか? 博多ラーメンが有名な福岡県が日本一だと思われがちですが、実は1位は山形県なんです!(※平成25年) そんなラーメン県である山形県にはご当地ラーメンが色々ありますが、今回は「酒田ラーメン」と「鶴岡市のラーメン」をご紹介いたします。

  • 山形に行ったら!庄内浜の海鮮を鮮度抜群でいただけるお店6選

    山形は海鮮が美味しいことでも有名ですよね。寒さが厳しい地方の魚は身が引き締まり、一層美味しいものです。今回は、山形県の庄内浜の海鮮を、抜群の鮮度で食べることが出来るお店を6店ご紹介します。

  • 山形deさくらんぼ狩り・おすすめ果樹園3選!食べ放題で大満足!

    山形県の果物といえばサクランボ。収穫時期の6月は雨が少ない地域のため、甘くて上質なサクランボが収穫できるのだそう。今回は山形でサクランボ食べ放題が楽しめるおすすめ果樹園をご紹介します。車のアクセスも抜群なので思い立ったら是非行ってみて!

  • 山形県内の天然日帰り温泉スポット25選!ドライブがてらに寄...

    さくらんぼで有名な山形県。実は、山形県内には、たくさんの天然温泉スポットがあります。今回はその中でも、高速道路に近く、車で行くにはピッタリの天然の温泉が利用できる日帰りスポットを紹介したいと思います。

  • 地元・山形の郷土料理がたのしめるおすすめ居酒屋3選!

    ラーメン消費量日本一・滝の数日本一などユニークな日本一が多いことで有名な山形県!今回こちらでは山形県の郷土料理、芋煮や美味しい地酒が飲める居酒屋をピックアップしていきます。山形県へ足を運んだ際は是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

このエリアの新着記事
  • 山形でおすすめの人気お土産32選!老舗の銘菓や名物グルメを紹介

    果樹園や牧場など豊かな自然が多い山形には、名物のさくらんぼを使った「お菓子」をはじめ、和菓子や洋菓子などたくさんの商品があります。そうしたたくさんのお菓子やグルメの中からお土産を選んでいただくために、厳選したおすすめの32個をご紹介します。

  • 山梨・河口湖元湯野天風呂天水の魅力を教えます!

    今、爆発的人気スポット、富士山周辺にある観光地は毎日多くの観光客でにぎわっています。暖かな日差しに湖畔にはたくさんの花が咲き、湖ではカナディアンカヌーや本栖湖遊覧船なども人気の一つ。たくさん遊んで、たくさん汗をかいたら、日帰り温泉でサッパリしませんか?今回は河口湖にある元湯野天風呂天水を紹介していきます。

  • 地元・山形の郷土料理がたのしめるおすすめ居酒屋3選!

    ラーメン消費量日本一・滝の数日本一などユニークな日本一が多いことで有名な山形県!今回こちらでは山形県の郷土料理、芋煮や美味しい地酒が飲める居酒屋をピックアップしていきます。山形県へ足を運んだ際は是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

  • 山形ワイナリー特集!フランスのコート・デュ・ローヌと同じ...

    山形県は、フランスのコート・デュ・ローヌと同じワイン産地の気候区分だということ、皆さんご存じですか?ワイン産地の気候区分は、アメリカの学者アメリン博士とウインクラー博士が定めたワインのぶどう栽培に適した気候のレベルで、REGIONⅠからREGIONⅤまでを表しているそうです。ワインを造るのに最適な気候の山形県には、たくさんのワイナリーがあります。

  • 山形deさくらんぼ狩り・おすすめ果樹園3選!食べ放題で大満足!

    山形県の果物といえばサクランボ。収穫時期の6月は雨が少ない地域のため、甘くて上質なサクランボが収穫できるのだそう。今回は山形でサクランボ食べ放題が楽しめるおすすめ果樹園をご紹介します。車のアクセスも抜群なので思い立ったら是非行ってみて!

  • 山形県内の天然日帰り温泉スポット25選!ドライブがてらに寄...

    さくらんぼで有名な山形県。実は、山形県内には、たくさんの天然温泉スポットがあります。今回はその中でも、高速道路に近く、車で行くにはピッタリの天然の温泉が利用できる日帰りスポットを紹介したいと思います。

  • 春の山形に行くなら見逃せない!置賜お花見めぐり

    山形県置賜地方には伝説をもつエドヒガンザクラの古木があります。その他にも桜の名所があり置賜お花見めぐりのスポットとして人気です。今回はそんな人気スポット5つをご紹介します。

  • 【山形】静かな山間の肘折温泉で疲れを癒そう!おすすめ旅館5選

    肘折は昔ながらの湯治風情を色濃く残す、鄙びた風情の温泉です。観光地のような賑やかな雰囲気はありませんが、澄んだ空気と、素朴で温かな人情を感じられる落ち着く温泉郷。ここでは、そんな肘折温泉のおすすめの宿を紹介しましょう。

  • 山形の赤湯温泉郷で泊まりたいおすすめ宿6選

    美味しいぶどうの栽培発祥の地と知られる山形県。そんな山形県には、約900年以上前から地元の人達の間で親しまれている赤湯温泉があります。今回は、そんな赤湯温泉郷に行ったらぜひ宿泊していただきたい、おすすめの宿について紹介したいと思います。

  • 山形のそばを食べ比べ!三大そば街道のおすすめ店6選

    上質なそばを育てるのに適した気候の山形県は、全国でも有数のそばを食べる文化が根付いた地域。県内には蕎麦屋の名店が軒を連ねる「そば街道」と呼ばれる地域が三つあり、「三大そば街道」と呼ばれています。今回は6店ピックアップしてご紹介したいと思います。

このエリアの人気記事