オーストリア・ウィーンでオペラ鑑賞を!人気オペラ作品5選

4,240

views

0

音楽の都とも名高い都市オーストリア・ウィーン。毎年9月から翌年の6月までは音楽シーズンとして多くのオペラやコンサートが開催されています。ウィーン国立歌劇場やウィーン国立オペラ座など、オペラ鑑賞ができる歌劇場も様々。ウィーンに行くなら一度は鑑賞してみたい人気オペラ作品を5つご紹介します。

フィガロの結婚

出典: photopin.com

「フィガロの結婚」は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのオペラの中で最も人気が高い作品の1つです。初演は1786年5月、ウィーンのブルク劇場で行われました。

「フィガロの結婚」の舞台は19世紀のスペイン。アルマヴィーヴァ伯爵の家来であるフィガロと屋敷の小間使いのスザンナは結婚を間近に控えていました。しかし、2人の雇い主であるアルマヴィーヴァ伯爵は、スザンナに対し初夜権を行使しようとします。

フィガロは早く結婚式をあげようとしますが、伯爵に邪魔され上手くいかないため様々な手を使ってスザンナから気をそらそうとします。しかし、伯爵の元に届いたスザンナからの手紙が事態を一転させました。指定された逢引の場所へ行くと、伯爵夫人とフィガロが逢引していたのです。

ところが、伯爵夫人だと思った人物はなんと伯爵夫人のドレスを着たスザンナでした。自分の妻をスザンナと勘違いして迫った伯爵は、伯爵夫人にもう浮気はしないと許しを請い、伯爵夫人も謝罪を受け入れハッピーエンドで幕を閉じます。

ブルク劇場(Burgtheater)
住所:
Universitätsring 2, 1010 Wien
営業時間:
プログラムによって異なる
アクセス:
トラム1、D線Burgtheater駅(ブルグシアター駅)からすぐ
定休日:
プログラムによって異なる
電話番号:
+ 43 1 51 444/4140
料金:
曜日や席によって異なる

ドン・ジョヴァンニ

出典: photopin.com

「ドン・ジョヴァンニ」は「フィガロの結婚」と並んでヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの三大オペラの1つに数えられています。1787年10月29日、プラハの国民劇場で初演され、「オペラ中のオペラ」と評されています。

17世紀のスペイン。女たらしのドン・ジョヴァンニは、騎士長の娘であるドンナ・アンナの屋敷へ忍び込みますが、アンナが騒ぎ立て、様子を見に来たアンナの父を殺してしまいます。懲りないジョヴァンニは、それでも女性を誘惑することをやめず、召使レオポロと衣装を交換し、またもや女性を誘惑しに行ってしまいます。

父の仇がジョヴァンニだと気づいたアンナは、婚約者ドン・オッターヴィオとともに村人たちに協力を仰ぎ、ジョヴァンニに復讐をしようと誓いました。

一方、レオポロはアンナと村人たちにジョヴァンニと間違えられ囲まれてしまいます。なんとか逃げ出したレオポロは墓場でジョヴァンニと落ち合いましたが、ジョヴァンニに全く反省の色が見えません。すると、墓場の石像が口を聞き、その声が自分が殺した騎士長のものだとわかるとジョヴァンニは石像を晩餐に招待しました。

晩餐にやってきた石像は、ジョヴァンニに悔い改めるように迫りました。しかしジョヴァンニは受け入れなかったため、地獄へと落ちてしまします。

トスカ

出典: photopin.com

「トスカ」は、画家カヴァラドッシと歌手トスカの悲運な恋の物語です。ジャコモ・プッチーニ作曲の全3幕のオペラで、1900年にはローマのコスタンツィ劇場で初演されました。

舞台は1800年のローマ。画家カヴァラドッシが教会で絵を描いていると、友人で前領事のアンジェロッティが脱獄し、助けを求めてきます。その時、ちょうど恋人であるトスカが来たため、アンジェロッティを匿うことになりました。

脱獄犯を追う監視総監スカルピアは、トスカに横恋慕していて、カヴァラドッシに疑いを持っていました。スカルピアは脱獄犯をかくまった罪でカヴァラドッシを連行し、トスカの前で拷問に掛けます。彼を助けるためにトスカは隠れ家を告げますが、カヴァラドッシは死刑が決まりました。

カヴァラドッシを助けたければ自分の女になれというスカルピアをトスカはナイフで刺殺してしまいます。塔の上ではカヴァラドッシの処刑が行われようとしている中、トスカは助けに向かいますが、トスカの目の前で処刑は決行され、絶望したトスカは塔の屋上から身を投げるのでした。

魔笛

「魔笛」は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト最晩年のオペラです。初演は1791年9月30日、ウィーンのアン・デア・ウィーン劇場で行われました。

山の中で大蛇に襲われているタミーノ王子を助けてくれたのは、夜の女王に仕える3人の侍女。夜の女王の娘パミーナ姫が邪悪な魔法使いザラストロに捕らえられていることを知り、助けに向かいます。3人の侍女はタミーノ王子に魔法の笛を、お供をするパパゲーノには魔法の鈴を渡しました。

ザラストロの屋敷に辿り着いたタミーノ王子とパパゲーノは、ザラストロは邪悪な魔法使いではなくいい人であることがわかり、既に惹かれあっていたタミーノ王子とパミーナ姫はザラストロの試練を受けることとなります。パパゲーノも恋に憧れ、試練を受けることとなりました。

タミーノ王子とパミーナ姫は無事試練を乗り越え、パパゲーノも恋人ができます。ザラストロへの復讐に燃える夜の女王は侍女を連れ屋敷に乗り込もうとするが、雷鳴と共に消え去り、世界は平和となりました。

アン・デア・ウィーン劇場(Theater an der Wien)
住所:
Linke Wienzeile 6, 1060 Wien
営業時間:
10:00~18:00(月曜日~土曜日)、10:00~13:00(日曜日)
アクセス:
メトロU1、U2、U4線Karlsplatz駅(カールスプラッツ駅)から徒歩約3分
定休日:
無休
電話番号:
+43 1 58830660
料金:
プログラムや席によって異なる

こうもり

「こうもり」は、1874年にワルツ王といわれるヨハン・シュトラウス2世が作曲したオペレッタの代表的作品です。同年4月5日にウィーンのアン・デア・ウィーン劇場で初演が行われ、大晦日という設定から海外では大晦日の定番となっています。

公務員を侮辱した罪で牢屋に入ることとなったアイゼンシュタイン。牢屋に入る前に友人のファルケ博士の誘いで、妻ロザリンデには内緒でオルロフスキー公爵の夜会に参加することとなりました。

ロザリンデは元恋人であるアルフレートに今も夢中で夫が留守の合間にディナーを楽しんでいると、そこに刑務所長フランクがやってきてアルフレートを間違えて連行してしまいます。そこにファルケ博士から手紙が届き、アイゼンシュタインが夜会に行ったことを知り大激怒。自分も仮面を付けて夜会へ乗り込むことを決めます。

3人は偽名を使って鉢合わせとなりました。アイゼンシュタインは妻とも知らず口説き、ロザリンデはアイゼンシュタインの時計を取り上げました。翌日、彼の浮気はばれ、大騒ぎとなっているところにファルケ博士があらわれ、全ては「こうもりの復讐」というお芝居であったことを打ち明けました。

オペラ作品を5つご紹介しましたが、いかがでしたか?どれも有名な作品で、何度も上演されています。是非オーストリアで本場のオペラを鑑賞してみてください。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ウィーンの伝統的なお土産まとめ!買って嬉しい!もらって嬉...

    オーストリアの首都であるウィーン。英語表記ではVIENNA(ヴィエナ)と言います。メインストリートは、「リング」という、環状の珍しい形をした都市。「音楽の都」とも呼ばれ、沢山の音楽家が活躍した街です。洋菓子や伝統工芸品も名高く、貰う方も感動するほどお土産品のクオリティは高いです!

  • 本場オーストリア・ウィーンで必ず観るべきミュージカルと劇...

    ウィーンで楽しめる音楽というと、オペラだったりクラシックコンサートだったりがすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。実はミュージカルも制作され、上演されているのです。ミュージカルはアメリカのブロードウェイやイギリスのウエストエンドだけではないのです!そこで本場で見てほしいウィーン・ミュージカルについて、紹介します。

  • オーストリア・ウィーンで人気のカフェ6選!本場の可愛いスイ...

    オーストラリアの首都、そしておしゃれな街ウィーンにあるカフェのとびきりキュートなスイーツを徹底調査!ウィーンといえば有名カフェ「ゲルストナー」を筆頭に、憧れを抱かせる王宮のようなカフェ「ザッハー」までとにかくバリエーション豊か。今回はウィーンの中でも特に人気の6店をご紹介していきます。 見たら行きたくなる!あなたを甘美な世界へご招待!

  • オーストリア・ウィーン国際空港(VIE)完全ガイド!市内へのア...

    ウィーン国際空港はオーストリアの首都ウィーンから18キロと市内へのアクセスが抜群。市内アクセスは色々あるけれどSバーン、鉄道、レイルジェット、リムジンタクシー…結局どれを使えば良い?乗り方や運賃を徹底比較!併せて知りたいウィーン国際空港の乗り継ぎ時の空港での過ごし方やラウンジについてもまとめました。

  • オーストリア・ウィーンでおすすめの高級レストラン5選!名店...

    芸術の都オーストリア、ウィーン。その枠は絵画や音楽にとどまりません。今回ご紹介するのは「食べる」芸術品たち! 街そのものがうっとりするような美しいウィーンで芸術的かつ美しい料理を味わってみませんか?

  • ウィーンで遊ぶならここ!最高の遊び場「プラーター公園」の...

    ウィーンで「遊びたい!」と思ったら、まずはここに行ってみるべきでしょう。「プラーター公園」ではシンボリックな観覧車でウィーンの風景を楽しんだり、それ以外の250ものアトラクションで遊ぶこともできるのです。 カジュアルなレストランも多いので、思い出作りにピッタリ!

このエリアの新着記事
このエリアの人気記事