本場オーストリア・ウィーンで必ず観るべきミュージカルと劇場特集

13,481

views

0

ウィーンで楽しめる音楽というと、オペラだったりクラシックコンサートだったりがすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。実はミュージカルも制作され、上演されているのです。ミュージカルはアメリカのブロードウェイやイギリスのウエストエンドだけではないのです!そこで本場で見てほしいウィーン・ミュージカルについて、紹介します。

ウィーン・ミュージカル

日本を始め、世界中で上演されているウィーン・ミュージカル。その代表的な脚本家と作曲家といえば、ミヒャエル・クンツェとジルベスター・リーヴァイ。この2人のコンビは大ヒットミュージカルを次々と生み出しています。

エリザベート(Elisabeth)

当時、宝塚歌劇団雪組のトップスターだった一路真輝の退団公演として日本で紹介されたエリザベート。今では宝塚を代表する人気演目のひとつに!また、その後東宝でも上演されるようになり、何度も再演されています。

物語はオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に見初められ、彼の皇后となったシシィことエリザベートの生涯を、彼女を暗殺したルイジ・ルケーニを狂言回しにして描きます。この物語の最大のポイントとなるのはトートと呼ばれる存在。ドイツ語で死を意味するトートは、エリザベートの人生のところどころに現れては彼女を死の世界へと誘います…。

私の人生は私だけのものと歌う「私だけに(Ich gehör nur mir)」や、エリザベートの息子ルドルフに皇帝になれとトートがそそのかす「闇が広がる(Die Schatten werden länger)」、ルキーニが民衆を扇動する「ミルク!(Milch!)」などのナンバーがあります。

ダンス・オブ・ヴァンパイア(Tanz der Vampire)

ヴァンパイアの実在を追い求めるアブロンシウス教授と、その助手アルフレートがたどり着いたのはトランシルバニアの小さな村。アルフレートは宿屋の娘サラに恋をしますが、自由を求めるサラには吸血鬼クロロック伯爵の魔の手が迫っていました…。

ロマン・ポランスキーの映画「The Fearless Vampire Killers」を原作にした作品で、ミヒャエル・クンツェが脚本を担当し、ジム・スタインマンが作曲を行いました。スタインマンが過去に作曲した曲も使われており、フィナーレで流れるのは「今夜はエンジェル」のタイトルで日本でもヒットした曲!

モーツァルト!(Mozart!)

18世紀後半に活躍した作曲家モーツァルトの生涯を追った作品です。時代を越えて語り継がれる有名人ですが、父親との葛藤だったり自由に生きたいと願う自分自身と周囲とのあつれきだったり、現代にも通じるテーマがあります。

モーツァルトの側につねに寄り添う「アマデ」。才能を擬人化した存在で、モーツァルトにしか見えません。セリフはまったくなく、子役が演じます。何よりも音楽が1番!のアマデが舞台でどんな動きを見せるのかも注目です。

レベッカ(Rebecca)

主人公の「わたし」はイギリス人の富豪マキシムと出会って恋に落ち、結婚します。恵まれない環境で育ったわたしはマキシムの奥方として彼の広大な屋敷マンダレイへ行くのですが、そこには1年前に亡くなった前妻レベッカの影がいたるところに…。

シンデレラストーリーかと思いきや、サスペンス色の強い作品で、原作はダフネ・デュ・モーリアの「レベッカ」。ヒッチコック監督が映画にしたことでも知られています。クンツェ&リーヴァイが手掛けており、タイトル名でもある「レベッカ(Rebecca)」のナンバーが印象的です。

ライムント劇場

ミュージカルを上演する劇場として知られており、ダンス・オブ・バンパイアやレベッカはここで初演されました。

ライムント劇場(Raimund Theater)
住所:
Wallgasse 18-20, 1060 Wien
電話番号:
+43 1 588 85
定休日:
公演スケジュールによる
アクセス:
ウィーン西駅(Wien Westbahnhof)から徒歩6分

ブロードウェイやウエストエンドとは違った魅力を持つ、ウィーン・ミュージカル。本場で見る舞台は格別です。一度劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ウィーンの伝統的なお土産まとめ!買って嬉しい!もらって嬉...

    オーストリアの首都であるウィーン。英語表記ではVIENNA(ヴィエナ)と言います。メインストリートは、「リング」という、環状の珍しい形をした都市。「音楽の都」とも呼ばれ、沢山の音楽家が活躍した街です。洋菓子や伝統工芸品も名高く、貰う方も感動するほどお土産品のクオリティは高いです!

  • オーストリア・ウィーンで人気のカフェ6選!本場の可愛いスイ...

    オーストラリアの首都、そしておしゃれな街ウィーンにあるカフェのとびきりキュートなスイーツを徹底調査!ウィーンといえば有名カフェ「ゲルストナー」を筆頭に、憧れを抱かせる王宮のようなカフェ「ザッハー」までとにかくバリエーション豊か。今回はウィーンの中でも特に人気の6店をご紹介していきます。 見たら行きたくなる!あなたを甘美な世界へご招待!

  • オーストリア・ウィーン国際空港(VIE)完全ガイド!市内へのア...

    ウィーン国際空港はオーストリアの首都ウィーンから18キロと市内へのアクセスが抜群。市内アクセスは色々あるけれどSバーン、鉄道、レイルジェット、リムジンタクシー…結局どれを使えば良い?乗り方や運賃を徹底比較!併せて知りたいウィーン国際空港の乗り継ぎ時の空港での過ごし方やラウンジについてもまとめました。

  • ウィーンで行くべき人気観光スポット20選!おすすめの劇場や...

    オーストリアの首都であり、古くから「音楽の都」としても発展した美しい都市ウィーン。そのウィーンで、世界最高峰の音楽をお気軽に楽しめるスポットや世界遺産、雄大な自然などの見どころをご紹介します!

このエリアの新着記事
  • オーストリア・ウィーンで人気のカフェ6選!本場の可愛いスイ...

    オーストラリアの首都、そしておしゃれな街ウィーンにあるカフェのとびきりキュートなスイーツを徹底調査!ウィーンといえば有名カフェ「ゲルストナー」を筆頭に、憧れを抱かせる王宮のようなカフェ「ザッハー」までとにかくバリエーション豊か。今回はウィーンの中でも特に人気の6店をご紹介していきます。 見たら行きたくなる!あなたを甘美な世界へご招待!

  • ウィーンの伝統的なお土産まとめ!買って嬉しい!もらって嬉...

    オーストリアの首都であるウィーン。英語表記ではVIENNA(ヴィエナ)と言います。メインストリートは、「リング」という、環状の珍しい形をした都市。「音楽の都」とも呼ばれ、沢山の音楽家が活躍した街です。洋菓子や伝統工芸品も名高く、貰う方も感動するほどお土産品のクオリティは高いです!

  • ウィーンで行くべき人気観光スポット20選!おすすめの劇場や...

    オーストリアの首都であり、古くから「音楽の都」としても発展した美しい都市ウィーン。そのウィーンで、世界最高峰の音楽をお気軽に楽しめるスポットや世界遺産、雄大な自然などの見どころをご紹介します!

  • オーストリア・ウィーン国際空港(VIE)完全ガイド!市内へのア...

    ウィーン国際空港はオーストリアの首都ウィーンから18キロと市内へのアクセスが抜群。市内アクセスは色々あるけれどSバーン、鉄道、レイルジェット、リムジンタクシー…結局どれを使えば良い?乗り方や運賃を徹底比較!併せて知りたいウィーン国際空港の乗り継ぎ時の空港での過ごし方やラウンジについてもまとめました。

この記事のキーワード