ウィーンで行くべき人気観光スポット20選!おすすめの劇場や博物館も!

4,593

views

0

オーストリアの首都であり、古くから「音楽の都」としても発展した美しい都市ウィーン。そのウィーンで、世界最高峰の音楽をお気軽に楽しめるスポットや世界遺産、雄大な自然などの見どころをご紹介します!

シェーンブルン宮殿(Schonbrunn Palace)

「美しい泉」という名を持つシェーンブルン宮殿は、17世紀に時の皇帝がこの場所で泉を発見したことが名前の由来と言われています。外壁の黄色はテレジア・イエローと呼ばれ、たくさんの観光客が訪れる人気のスポットです。

部屋数は全部で1,441室もあるのだそう。公開されているのはその一部で、「中国の部屋」や「青い陶器の部屋」「鏡の間」などがあります。1996年には宮殿と庭園群が世界遺産に登録されました。

宮殿のほかにも、敷地内には迷路庭園や動物園、温室などがあります。温室はフランツ・ヨーゼフ1世の命によって建てられ、大きさは建物の面積だけでも2,500平方メートル。見どころは、高さ23mにもなるヤシの木や葉の直径が1.2mもある世界最大のハスです。

また、小高い丘の上にはグロリエッテというギリシャ風の建物があり、中にはカフェが併設してあるので、ちょっと頑張って登ってみてはいかがでしょうか。 シェーンブルン宮殿だけでなく、ウィーンの街が一望できます。

シェーンブルン宮殿(Schonbrunn Palace )
住所:
Schönbrunner Schlossstraße, 1130 Wien
電話番号:
(01)81113-239
営業時間:
8時30分~17時30分(4月~6月・9月・10月)
      8時30分~18時30分(7月・8月)
      8時30分~17時(11月~3月)
料金:
12.9ユーロ~(大人)
アクセス:
シェーンブルン(Schönbrunn)駅から歩いて5分

ホーフブルク宮殿(Hofburg Palace)

かつてハプスブルク家の宮殿として使われていたホーフブルク宮殿。現在はオーストリア連邦の大統領公邸や図書館、乗馬学校として使用されているこの宮殿は、18の棟と19の中庭から構成されています。宮殿内には博物館が多くあり、シシィ博物館や王宮宝物館、王宮家具博物館などが人気です。

なかでも特に人気なのがシシィ博物館(Sisi Museum)。シシィとは皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の皇妃エリーザベトの愛称で、絶世の美貌を持っていたとされています。美しいシシィの肖像画や抜群のプロポーションを保つために使われていたトレーニング機器、ドレスなどが展示されているほか、ミュージアムショップも人気です。

13世紀に作られた「古い砦」が原型となっています。その後増改築を繰り返し、スイス宮殿やアマリア宮殿といった建物が作られました。観光客向けに公開されているだけでなく、オーストリア大統領の公邸としても使われています。

このホーフブルク宮殿を見たい方におすすめなのがシシィチケット!これはホーフブルク宮殿やシェーンブルン宮殿が並ばずに入れるお得なチケット。利用可能な施設はシェーンブルン宮殿のグランドツアーとホーフブルク宮殿の皇帝の部屋、シシィ博物館、銀器コレクション、王宮家具博物館です。

ホーフブルク宮殿で購入でき、価格は23.50ユーロ。1年間有効ですが、各施設には1度ずつしか入れないので注意してください。

ウィーン市内では、フィアカーが何カ所か営業していますが、王宮の広場からも乗ることができます。クラシカルな馬車に乗って、古き良きウィーンを体験してみては。

ホーフブルク宮殿(Hofburg Palace)
住所:
Hofburg, 1010 Wien
電話番号:
+43 1 533 75 70
営業時間:
9時~17時30分
    9時~18時(7月・8月)
料金:
12.5ユーロ~
アクセス:
ヘーレンガッセ(Herrengasse)駅から歩いて1分

ナッシュマルクト(Naschmarkt)

野菜や果物、肉類などの食料品だけでなく、レストランなどが軒を連ねるナッシュマルクトは「ウィーンの胃袋」ともいわれる青空市場です。その範囲は全長約1.5km!

色とりどりの果物が所狭しと並んでいます。ナッシュマルクトには世界各国からありとあらゆる食材が集まるので、見たことがない食材を手に入れることができるかもしれません。

毎週土曜日にはフリーマーケットが開催されています。ウィーンで掘り出し物を見つけたいなら、ナッシュマルクトに行ってみましょう。

ナッシュマルクト(Naschmarkt)
住所:
Wienzeile, 1060 Wien
アクセス:
ウィーン国際空港から車で約20分
営業時間:
店舗により異なる
定休日:
店舗により異なる
電話番号:
店舗により異なる

シュピッテルベルク(Spittelberg)

石畳の道と歴史的な建物が残るオシャレな街並みを楽しめるシュピッテルベルクは、雑貨屋やカフェ、レストランが軒を連ねるウィーンの若者に人気のエリアです。

シュピッテルベルクで最も有名なイベントがクリスマス市です。
クリスマスシーズンになると、道にはクリスマスグッズを売る屋台が立ち並び、その賑わいはさらに増します。

シュピッテルベルク(Spittelberg)
住所:
Spittelberggasse 3, 1070 Wien(Culture Forum Spittelberg)
電話番号:
+43 1 5224678
営業時間:
店舗により異なる
アクセス:
ウィーン国際空港から車で約22分
定休日:
店舗により異なる

ウィーン大学(University of Vienna)

ドイツ語圏に数ある大学の中でも最も古い歴史を持つウィーン大学。2015年に創立650周年を迎えています。多くの学生が通うこの大学も見学することが可能。見どころは緑豊かな中庭と、154人の大学関係者の胸像が並ぶ回廊。多くのノーベル賞受賞者を輩出したウィーン大学の歴史を感じられます。

ウィーン大学(University of Vienna)
住所:
Doktor-Karl-Lueger-Ring 1, 1010 Wien
営業時間:
随時
定休日・休業日:
なし
ガイドツアー営業時間:
木 18:00~(独語) 土 10:30~(英語) 11:30~(独語)
料金:
無料(ガイドツアーは5.00ユーロ)
アクセス:
地下鉄ショッテントーア(Schottentor)駅から徒歩200m

ミュージアムクォーター(MuseumsQuartier)

ミュージアムクォーター(通称MQ)は、かつて帝国厩舎だった6万平方キロメートルの敷地内に、バロック建築や近代建築などの様式で造られた文化施設が集まるエリアです。

カラフルなロボットが目立つ、ズーム子ども博物館(ZOOM Children's Museum)です。
作品に手を触れてはいけない博物館とは異なり、作品に触って楽しむことができる子どものための博物館です。

歩き疲れたら中庭のベンチで足を伸ばしたり、ミュージアムショップやレストラン・カフェでひと息つくのもオススメです。一日中楽しむことができますね。

ミュージアムクォーター(MuseumsQuartier)
住所:
Museumsplatz 1, 1070 Wien
電話番号:
+43 1 5235881
営業時間:
10:00~19:00(インフォメーション)
アクセス:
ウィーン国際空港から車で約22分
定休日:
施設により異なる
入館料:
施設により異なる。複数の施設を見学する場合はコンビチケットがお得なので、HP要確認。

カプツィーナ教会(Capuchin Church)

教会の地下には納骨堂があり、マリア・テレジアとその夫フランツ・シュテファンや、フランツ・ヨーゼフ1世と皇后エリーザベト、非業の死をとげた皇太子ルドルフなど、皇帝を始めとするハプスブルク家の一族149名の棺が納められています。

カプツィーナ教会(Capuchin Church)
住所:
Tegetthoffstraße 2, 1010 Wien
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
+43 1 512 68 53
休館日:
11月1日・2日
料金:
5ユーロ(納骨堂)
アクセス:
カールプラッツ(Karlsplatz)駅から歩いて5分

シュテファン大聖堂(St. Stephen’s Cathedral)

ウィーンのランドマーク的建物で、ゴシック様式の教会です。大聖堂の高さは107.2m。塔が4つあります。最も高い塔は南塔で、136.44mもの高さを誇ります。内部には343段の階段があり、上った先から見下ろすウィーン市街の眺望は絶景といえるでしょう。

皇帝が眠る場所といえば、カプツィーナ教会の地下にある納骨堂が有名ですが、シュテファン大聖堂にもフリードリヒ3世やルドルフ4世といった皇帝が永遠の眠りについています。また地下にはカタコンベがあり、ペストで亡くなった約2,000人の市民が埋葬されています。

シュテファン大聖堂(St. Stephen’s Cathedral)
住所:
Stephansplatz, 1010 Wien
電話番号:
+43 1 515 52 3054
営業時間:
6時~22時(月~土)
     7時~22時(日・祝)
アクセス:
シュテファンプラッツ(Stephansplatz)駅から歩いて1分

ベルヴェデーレ宮殿(Belvedere)

青緑の屋根が美しい豪華な宮殿がベルヴェデーレ宮殿です。ここはかつてオスマントルコの侵略からウィーンを守ったオイゲン公の夏用の離宮として使われた建物。住居として使われた上宮と迎賓館の役割をしていた下宮から成り、今では美しい芸術作品を飾る博物館になっています。

上宮にはグスタフ・クリムトの「接吻」などが展示され、下宮はロットマイヤー作のフレスコ画などが展示されています。また、博物館と同様に見どころなのが上宮と下宮の間にある庭園。美しく手入れされた庭園には見事な噴水やスフィンクスを模した像があり、ゆっくり散策するのにぴったりです。

ベルヴェデーレ宮殿(Belvedere)
住所:
MPrinz Eugen-Straße 27, 1030 Wien
電話番号:
(01) 795 570
営業時間:
10:00~18:00(下宮は水曜日のみ10:00~21:00)
定休日・休業日:
なし
料金:
上宮、下宮どちらかのみ見学 7ユーロ~12ユーロ。上宮・下宮ともに見学 19ユーロ
アクセス:
トラムD線 Schloss Belvedere駅(シュロス・ベルヴェデーレ駅)、Wien Südbahnhof駅(ウィーン南駅)よりすぐ 地下鉄U2号線Südtiroler Platz駅(ストティローラープラッツ駅)

美術史美術館(Museum of Art History)

収蔵品のうち、古いものは先史時代にまでさかのぼるという、ヨーロッパの芸術を集めた美術館。建物そのものも芸術品になっています。15世紀後半の皇帝マクシミリアン1世から続く歴代皇帝のコレクションは収蔵量も膨大で、圧巻の一言です。

デューラーやルーベンス、ブリューゲルといった画家の作品や、ハプスブルク家の肖像画も多く展示されています。1日がかりでじっくりと味わいたいスポットです。

美術史美術館(Museum of Art History)
住所:
Maria-Theresien-Platz, 1010 Wien
電話番号:
+43 1 521 77
営業時間:
10時~18時 9時~21時(水)
料金:
15ユーロ
アクセス:
バーグリンク(Burgring)駅から歩いて5分

分離派会館(Secession Building)

分離派会館(Secession Building)

建築家ヨゼフ・マリア・オルブリッヒの設計で建てられた建物は、天井部分にある月桂樹のドームがひときわ目を引きます。その形から「黄金のキャベツ」と呼ばれているのだそう。クリムトの「ベートーヴェン・フリーズ」が展示されているので、一見の価値がありますよ。

分離派会館(Secession Building)
住所:
Friedrichstraße 12 1010 Wien 営業時間:
電話番号:
+43 1 5875307
営業時間:
10:00~18:00
     10:
00~16:00(12月24日)
     12:
00~18:00(1月1日)
定休日:
月曜日・12月25日
入場料:
9.5ユーロ
アクセス:
カールスプラッツ(Karlsplatz)駅から徒歩約5分

モーツァルトハウス(Mozarthaus Vienna)

有名なこちらの通りにある、モーツァルト・ハウス。

モーツァルトはウィーンでの生活の中で、特に一生で最も恵まれた時期を長期間ここで過ごしていたそうです。ここに住んでいた時期、モーツァルトは優れた作曲家として華やかな親交をがあり、貴族たちに愛され、多くのコンサートが催されました。

モーツァルトの手がけたオペラ「フィガロの結婚」も有名ですが、これもこのハウスに住んでいた時期に作曲されたものと考えられています。
2006年にリニューアルされたモーツァルトハウスで、天才作曲家の色々な面を知るのもいいですね!

ウィーンに訪れたら、外さずに訪れたいスポットのひとつです。

モーツァルトハウス(Mozarthaus Vienna)
住所:
Domgasse 5, 1010 Wien
営業時間:
10:00~19:00
電話:
+43 1 512 17 91
アクセス:
地下鉄「Stephansplatz」「Stubentor」駅から徒歩すぐ
定休日:
なし
※下記のハウス・デァ・ムジークとのコンビチケット:
18ユーロ

ウィーン中央墓地(Zentralfriedhof)

ウィーン中央墓地には名立たる作曲家たちの墓が並ぶ区画があり、シューベルトもそこで眠っています。

左からベートーベンの墓、モーツァルトの記念碑、シューベルトの墓。
シューベルトは生前ベートーベンを大変尊敬しており、死後は彼の隣で永遠の眠りにつきたいと望んでいたのだそうです。その希望がかなえられたのですね。

ウィーン中央墓地(Zentralfriedhof)
住所:
Simmeringer Hauptstrasse 234, A-1110 Wien, Austria
電話番号:
(01)5346928405
開園時間:
4~9月7:
00~19:00、3月・10/1~11/2 7:00~18:00、11/3~2月末 8:00~17:00、5~8月の木曜日は20:00まで
アクセス:
市電71番「ZENTRALFRIEDHOF 2.TOR」停留所から徒歩約5分

ハウス・デァ・ムジーク(Haus der Musik)

「音楽の家」と名づけられたこの施設は、元はカール大公の宮殿でした。その歴史的な建物には、ウィーンの音楽史に貢献した偉大な音楽家たちの紹介がされています。

さすが音楽の家、クラシックにとどまらず著名なアーティストたちが演奏しています。
どんなイベントをしているのか、好きなアーティストのイベントがないか調べてから行くのもいいかもしれません。

自分で観て聞いて試すことができるのも大きな特徴。

小さな子供さんも参加できるので、お子様連れの方はそれも楽しみにしましょう。なにしろ音に関する情報がてんこ盛りなのです。

ハウス・デァ・ムジーク(Haus der Musik)
住所:
Seilerstätte 30 , 1010 Wien
営業時間:
10:00~22:00
電話:
+43 1 513 48 50
アクセス:
ライトレール「Schwarzenbergplatz 」駅から徒歩すぐ
定休日:
なし
料金:
おとな:
13ユーロ
こども:
5,50ユーロ(4才から11才まで )
※0才から3才までは無料
家族で28ユーロ
※上記のモーツァルト・ハウスとのコンビチケット:
18ユーロ
この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ウィーンの伝統的なお土産まとめ!買って嬉しい!もらって嬉...

    オーストリアの首都であるウィーン。英語表記ではVIENNA(ヴィエナ)と言います。メインストリートは、「リング」という、環状の珍しい形をした都市。「音楽の都」とも呼ばれ、沢山の音楽家が活躍した街です。洋菓子や伝統工芸品も名高く、貰う方も感動するほどお土産品のクオリティは高いです!

  • 本場オーストリア・ウィーンで必ず観るべきミュージカルと劇...

    ウィーンで楽しめる音楽というと、オペラだったりクラシックコンサートだったりがすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。実はミュージカルも制作され、上演されているのです。ミュージカルはアメリカのブロードウェイやイギリスのウエストエンドだけではないのです!そこで本場で見てほしいウィーン・ミュージカルについて、紹介します。

  • オーストリア・ウィーンで人気のカフェ6選!本場の可愛いスイ...

    オーストラリアの首都、そしておしゃれな街ウィーンにあるカフェのとびきりキュートなスイーツを徹底調査!ウィーンといえば有名カフェ「ゲルストナー」を筆頭に、憧れを抱かせる王宮のようなカフェ「ザッハー」までとにかくバリエーション豊か。今回はウィーンの中でも特に人気の6店をご紹介していきます。 見たら行きたくなる!あなたを甘美な世界へご招待!

  • オーストリア・ウィーン国際空港(VIE)完全ガイド!市内へのア...

    ウィーン国際空港はオーストリアの首都ウィーンから18キロと市内へのアクセスが抜群。市内アクセスは色々あるけれどSバーン、鉄道、レイルジェット、リムジンタクシー…結局どれを使えば良い?乗り方や運賃を徹底比較!併せて知りたいウィーン国際空港の乗り継ぎ時の空港での過ごし方やラウンジについてもまとめました。

  • オーストリア・ウィーンでおすすめの高級レストラン5選!名店...

    芸術の都オーストリア、ウィーン。その枠は絵画や音楽にとどまりません。今回ご紹介するのは「食べる」芸術品たち! 街そのものがうっとりするような美しいウィーンで芸術的かつ美しい料理を味わってみませんか?

  • ウィーンで遊ぶならここ!最高の遊び場「プラーター公園」の...

    ウィーンで「遊びたい!」と思ったら、まずはここに行ってみるべきでしょう。「プラーター公園」ではシンボリックな観覧車でウィーンの風景を楽しんだり、それ以外の250ものアトラクションで遊ぶこともできるのです。 カジュアルなレストランも多いので、思い出作りにピッタリ!

このエリアの新着記事
このエリアの人気記事