ウィーンで行くべき観光スポット5選!劇場や博物館も!

1,331

views

0

クラシック音楽を扱った漫画や小説などでも、よく舞台になるのがウィーン。それくらい、今でもクラシック音楽を愛する人々のメッカになっているようです。モーツァルトやベートーヴェン、シューベルトも愛した街・ウィーンでぜひクラシック音楽に触れてみましょう!

モーツァルト・ハウス

有名なこちらの通りにある、モーツァルト・ハウス。

モーツァルトはウィーンでの生活の中で、特に一生で最も恵まれた時期を長期間ここで過ごしていたそうです。ここに住んでいた時期、モーツァルトは優れた作曲家として華やかな親交をがあり、貴族たちに愛され、多くのコンサートが催されました。

モーツァルトの手がけたオペラ「フィガロの結婚」も有名ですが、これもこのハウスに住んでいた時期に作曲されたものと考えられています。
2006年にリニューアルされたモーツァルトハウスで、天才作曲家の色々な面を知るのもいいですね!

ウィーンに訪れたら、外さずに訪れたいスポットのひとつです。

モーツァルトハウス(mozarthaus)
住所:
Domgasse 5, 1010 Wien
営業時間:
10:00~19:00
電話:
+43 1 512 17 91
アクセス:
地下鉄「Stephansplatz」「Stubentor」駅から徒歩すぐ
定休日:
なし
※下記のハウス・デァ・ムジークとのコンビチケット:
18ユーロ

ハウス・デァ・ムジーク

「音楽の家」と名づけられたこの施設は、元はカール大公の宮殿でした。その歴史的な建物には、ウィーンの音楽史に貢献した偉大な音楽家たちの紹介がされています。

さすが音楽の家、クラシックにとどまらず著名なアーティストたちが演奏しています。
どんなイベントをしているのか、好きなアーティストのイベントがないか調べてから行くのもいいかもしれません。

自分で観て聞いて試すことができるのも大きな特徴。

小さな子供さんも参加できるので、お子様連れの方はそれも楽しみにしましょう。なにしろ音に関する情報がてんこ盛りなのです。

ハウス・デァ・ムジーク(Haus der Musik)
住所:
Seilerstätte 30 , 1010 Wien
営業時間:
10:00~22:00
電話:
+43 1 513 48 50
アクセス:
ライトレール「Schwarzenbergplatz 」駅から徒歩すぐ
定休日:
なし
料金:
おとな:
13ユーロ
こども:
5,50ユーロ(4才から11才まで )
※0才から3才までは無料
家族で28ユーロ
※上記のモーツァルト・ハウスとのコンビチケット:
18ユーロ

ウィーン国立オペラ座

規模が大きく、世界から多くの人々が訪れるオペラ座。公演日は、1年でなんと約300日間。世界でNo.1の公演数を誇ります。
また、隣の「ヘルベルト・フォン・カラヤン広場」ではライブ中継もあるそうです。(4月、 5月、6月、9月、10月)

内観の様子です。
2015年・2016年には新しい演出の作品が公演されるそう。

ラウンジでは、ドレスアップした人たちで賑わいます。お洒落にも念を入れて、観劇の夜をゆっくり堪能しましょう。

国立オペラ座(Wiener Opernball)
住所:
Opernring 2, 1010 Wien
電話:
+43 1 514 44 2250 / +43 1 513 1 513
アクセス:
ライトレール「Kärntner Ring. Oper」駅から徒歩すぐ

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

世界最高とも評価されているウィーン・フィルハーモニー。クラシックに詳しくなくても知っている方が多いのではないでしょうか。
ニューイヤー・コンサートや夏のコンサートは特に注目されているイベントです。
画像はシェーンブルンで開催される、夏の入場無料のオープエア・コンサート。

夏のコンサートの様子。演奏者たちも楽しそうです。オペラ座オーケストラで3年演奏して、初めてウィーン・フィルに申請が出せるそう。

ウィーン楽友協会

通称「楽友協会」。1812年に設立されたクラシック音楽関係者の建物。ウィーン・フィルの本拠地。大ホールは「黄金のホール」と呼ばれています。

ウィーン楽友協会(Wiener Musikverein)
住所:
Musikvereinspl. 1, 1010 Wien
電話:
+43 1 5058681
アクセス:
ライトレール「Schwarzenbergplatz」駅から徒歩すぐ
地下鉄「Karlsplatz」駅から徒歩すぐ
※営業時間・イベントは要確認

いかがでしたか?
クラシック音楽というと、昔の音楽だという印象を持たれる方もいるかもしれません。しかしこのような本場の土地で出会ってみると、新鮮な気持ちでクラシックを楽しめるかもしれません。詳しい方もそうでない方も、ぜひ訪れてみてください。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

今週の人気記事

  • 岩手県名物「わんこそば」体験できる店おすすめ14選

    岩手県の名物といえば「わんこそば」。チャレンジしてみたいけど、どこのお店へ行けばいいのかわからないということもありますよね?ですので今回は、宮沢賢治も愛したという、わんこそばにチャレンジできるオススメのお店を5店舗ご紹介いたします。

  • 新宿駅で絶対買うべき!東京のお土産おすすめスイーツ15選

    新宿駅といえば日本一利用者の多い駅です。当然そんな駅の中に、お土産屋さんは数知れず。その中でも駅周辺で買うことができる特におすすめなお土産屋さんを15店舗ご紹介します。東京土産の参考にしていただければと思います。

  • ニッポン東西南北の面白い「すごいラブホ」を集めました!2人...

    ジャグジー付、カラオケ付、映画見放題…そんなのは当たり前になってきた日本のラブホ業界には、続々新しいジャンルのラブホが登場しています。まるでリゾートホテルのようなラブホから、なんじゃこれ?!と疑ってしまうほどのラブホまで全国の面白おかしく変わった「すごいラブホ」を集めました!いざチェック!!

  • 新大久保の激安コスメがおすすめ・人気韓国コスメショップを...

    日本国内でも韓流文化の根強い町・新大久保。韓流料理やアイドルグッズのお店など多々あります。その中でも韓流コスメショップが多いのも有名です。安くて種類も豊富な韓流コスメは日本人にも大人気。今回はそんな新大久保の人気韓国コスメショップを厳選紹介します。

  • 横浜中華街で占いするならココ!本当によく当たると評判のお...

    一年中多くの人で賑わう横浜中華街にはたくさんの占いの館があります。中華圏では古くから占いや風水が生活に根付いているというだけあって、やっぱりここは激戦区!「占いに興味はあるけれど、どこに行ったらいいのかわからない」という人のために、人気の占いの館5店をピックアップしてご紹介します!

  • 札幌で絶対ゲットしたいお土産15選!人気のオススメお土産を...

    北海道は美味しい食べ物が豊富に揃っています。札幌は北海道一大きい都市。観光地としても人気が高く、お土産屋さんも多数あります。実際に行くと何を買えばいいのか悩んでしまうことも…。今回はスイーツからお酒まで、地元の知る人のみぞ知る、札幌で買える最新お土産情報をご紹介します。

  • 静岡・浜松に行ったら買いたい!もらって嬉しいお土産15選!

    浜松は日照時間が長く温暖な気候で、海、川、山、湖に囲まれた自然豊かなスポット。徳川家康ゆかりの地としても有名で、観光地としても人気があります。そんな浜松には名産がたくさん!まだ浜松を訪れたことがないという方におすすめの定番土産から、珍しいお土産まで厳選してご紹介します。自分用にも欲しくなるものばかりですよ。

  • 神戸で絶対お得なステーキランチを食べよう!有名店から安く...

    神戸牛が有名な神戸に来たら、一度はステーキを食べておきたいですよね。数あるお店の中から外してはならない、絶対お得なステーキランチがいただけるお店をご紹介します。

  • おすすめの淡路島のお土産15選!本当に買いたいアイテムはこれ!

    海に囲まれ、自然にも恵まれた淡路島には特産品を使った様々淡路島のお土産が販売されています。その中から淡路島のお土産にぜひ買って帰って頂きたい商品を厳選してご紹介します♪ サービスエリアなどには売っていない、そのお店でしか買う事の出来ない物もあるので、こちらを参考にして頂きお土産選びに役立てて頂ければ幸いです♡