カンボジアのお土産に!プノンペンでココナッツオイルが買える雑貨店&カフェ4選

9,482

views

0

カンボジア産のココナッツオイルは、品質とコストパフォーマンスの良さから現地の人や観光客に大変人気があります。しかし日本では入手が困難で、一部のマニアからなかなか手の届かないココナッツオイルとして注目されています。高品質で低価格と大人気というカンボジア産ココナッツオイルをほんの少しご紹介します。

日本の店では見ることのないカンボジア産ココナッツオイル

海外のモデルが使用し、テレビや雑誌で紹介されたことから日本でもブームに火が付いたココナッツオイル。今や定番のアイテムになりつつありますね。タイ産やフィリピン産のものは多く見られますが、カンボジア産のものは日本ではまだ流通しておらず、また、ネット通販でも手に入れることは難しい状況です。

カンボジア唯一のココナッツオイルメーカー「ココ・クメール」

思わず手に取りたくなるような洗練されたパッケージ。どれもカンボジアのココ・クメール社によるココナッツオイルを使った製品です。カンボジアでココナッツオイルを作っているのはこの一社だけ。ココ・クメールは2013年8月に設立されたばかりですが、品質の良さなどから人気が高く、カンボジアの土産店やカフェ等での販売を広げています。

現地の人によるハンドメイド

ココ・クメールのココナッツオイルは全て現地の人の手によって抽出されています。人気の製品だと聞くと大がかりな工場生産を想像しがちですが、たった1つの小さな工房で一つ一つ丁寧に作業されているのです。写真からもわかるように工房はアットホームな雰囲気で、ココ・クメールの公式フェイスブックでは、大量のココナッツとともに楽しげかつ真剣に仕事と向き合う人々を窺い知ることができます。

日々の研究が高品質を生む

小さな工房ながらもココ・クメールは研究に時間と労力を惜しまず、日々試作品が工房の棚に積み上げられていきます。その成果は、高品質のココナッツオイル製品を生産し提供することで証明され、製品の満足度へとつながっているのです。

「赤ちゃんの肌にも安心」という絶対の信頼

製品はすべて自然素材なので敏感肌の人にも安心です。特に、「ベイビー・バーム」というハンドクリームは、ココナッツオイルとビーワックス(蜜ろう)とラベンダーエッセンスの3種のみでできており、赤ちゃんにも使うことができます。また、赤ちゃんの口に入ってしまっても心配いりませんとのこと。

見た目の印象とつり合わない低価格

出典: krorma.com

安いとの評判ですが実際はどうなのでしょうか。エクストラバージンココナッツオイル500mlの値段を例にとると、13.75ドルとなっているので、大まかに日本円に直すと1500円強という計算になります。センスの良いパッケージからはもちろん、工房で働く人々などの背景を知った後だとずいぶん謙虚な値段だと思わざるを得ません。

カフェや雑貨店、土産店で購入ができる

Digby’s Grocer & Cafe

ソーセージやハムの販売を取り扱うオシャレなカフェ。スイーツからしっかり食べたい人の食事メニューまで豊富に取りそろえられています。ココ・クメールの製品は、店内の輸入食品などを扱うコーナーで販売中。朝早くから夜遅くまでやっているので便利ですね。

ディグビーズグローサー&カフェ (Digby’s Grocer & Cafe)
住所:
street 306, Phnom Penh 12203 Cambodia
アクセス:
プノンペンロイヤル駅より車で約17分
営業時間:
日・月・水・木・金・土:7:00~ 22:00/火:7:00~21:00
電話:
+855-(70)-340-096
e-mail:
info@dnakcompany.com

very berry

カンボジア各地からセレクトされたオリジナルの手作り雑貨の店。かごバッグ、デニムやコットン素材のバッグが豊富に並んでいます。個性的なアクセサリーも充実。店内の棚に行儀良く置かれたココ・クメールの製品も「ハンドメイド」ですね。ここにしかない一点物もあり、ハンドメイド雑貨が好きな人なら絶対に行ってみたいお店です。

ベリーベリー(very berry)
住所:
Old Market Area,Siem Reap Cambodia
営業時間:
10:00~19:30
アクセス:
シェムリアップ国際空港より車で約30分
電話:
+855-(077)-850-602
年中無休

AMAZING CAMBODIA Presented by WakaNa

プノンペンのイオンモール内にあるカンボジア雑貨を取り扱うショップ。2015年10月から店名をWakaNaからAMAZING CAMBODIA に変えリニューアル。手がけているのはなんと日本人女性!お土産だけでなく、自分用として欲しいものが沢山見つかりそうです。ここでもやはりココ・クメールは人気商品の1つだとか。

アメイジング・カンボジア・プレゼンテッド・バイ・ワカナ (AMAZING CAMBODIA Presented by WakaNa)
住所:
#132 Street Samdach Sothearos, Sangkat Tonle Bassac, Khan Chamkamon, Phnom Penh Cambodia (イオンモールプノンペンG階)
営業時間:
9:00~22:00
アクセス:
プノンペンロイヤル駅より車で約20分
電話番号:
099 439 879(Khmer, English) / 078 589 551(Japanese)
e-mail:
cs@amazing-cambodia.com

ARTillery Cafe

カンボジアのオーガニック野菜を使った料理を提供するカフェ。白と青を基調とした外観が目を引きます。健康志向のローフードメニューは胃に優しく、体の中から綺麗になることができそうです。このお店とココ・クメール、パッケージの雰囲気やコンセプトに共通するものを感じますね。

カンボジアの人々によって大事に作られたココナッツオイル。一つ持っていると自慢になりそうですね。
ここではココ・クメールを取り扱っているお店を4件紹介しましたが、他にもまだまだあります。詳しくは、ココ・クメール公式フェイスブックよりご確認下さい。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • カンボジア伝統舞踊アプサラダンスを楽しむなら!おすすめレ...

    世界中からアンコール遺跡を目当てに観光客が集まってくるカンボジアの一大観光地シェムリアップ。遺跡だけと思われがちですが、ここにはそれ以外にも素晴らしい伝統芸能、アプサラダンスがあります。一度は失われてしまったクメールの伝統舞踊は、毎夜カンボジアを訪れる人々の目を楽しませています。今回は、アプサラダンスを見ることができるレストランを5つご紹介します。

  • 《レシピ付き》カンボジア・クメール料理6選!カンボジア料理...

    優しくてどこか懐かしい、そしてさっぱりした後味が日本人にも人気のカンボジア・クメール料理。たくさんの郷土料理の中から、特に筆者の好きだったものをピックアップしてみました。あの時の味をおうちで再現できるレシピ付きでご紹介したいと思います。

  • カンボジア基本情報 【トイレ編】~郷に入っても郷には従えな...

    カンボジアを旅行する際に気になるのがトイレ事情。日本のようにコンビニや公衆トイレが利用できるのか、衛生面には問題はないのか、どうやって使うのかといったカンボジアのトイレ事情についてご紹介。

  • カンボジア基本情報 【Wi-Fi事情編】

    カンボジアは果たしてどこまで進んでいるの?世界遺産のシェムリエップにも行ってみたいけど、ちょっと不安。でも大丈夫!ネット環境だけでいったら、日本よりも便利かもしれません。ホテルはもちろん、こんな所まで?とビックリしてしまうかも。

  • カンボジアで日本を感じる!シェムリアップのオススメ日本食...

    世界でもトップクラスの人気を誇る世界遺産、アンコール遺跡。その観光拠点シェムリアップには、毎日のように訪れる大勢の日本人観光客のためか、美味しい日本食レストランがいくつもあります。今回は、筆者が実際に足を運んだシェムリアップのオススメ日本食レストランを3つご紹介します。

  • カンボジア基本情報 【お金編】

    日本のみならず、世界中から観光客が集まるアンコール遺跡。その拠点となるシェムリアップや、あるいは首都プノンペンを訪れる方も多いと思います。ではカンボジアを訪れる際、お金は何を持っていったらよいのでしょう?また両替はどこで出来るのか、ATMなどはあるのでしょうか?今回はカンボジアの基本情報として、お金にまつわる情報をまとめました。

このエリアの新着記事
  • カンボジア伝統舞踊アプサラダンスを楽しむなら!おすすめレ...

    世界中からアンコール遺跡を目当てに観光客が集まってくるカンボジアの一大観光地シェムリアップ。遺跡だけと思われがちですが、ここにはそれ以外にも素晴らしい伝統芸能、アプサラダンスがあります。一度は失われてしまったクメールの伝統舞踊は、毎夜カンボジアを訪れる人々の目を楽しませています。今回は、アプサラダンスを見ることができるレストランを5つご紹介します。

  • アンコール遺跡で行くべきポイント5選!基本情報・定番から穴...

    トリップアドバイザーによる日本人対象の「行ってよかった観光地ランキング」で例年No.1に輝いているカンボジアのアンコール遺跡。1日では回りきれないほどの広大な敷地に、今まで見たことのないような独特の遺跡が、まるで異世界に来たような空間を作り出しています。そんな、人生で一度は行ってみたい観光名所、アンコール遺跡で必ず行くべき5つのスポットをご紹介。

  • カンボジアの人気観光スポットランキングBEST15!定番から穴...

    カンボジアには新旧の文化を堪能できる観光エリアがたくさんあります。発展し続ける首都プノンペン、数々のアンコール遺跡が残存するシエムリアップ。芸能分野では王宮古典舞踊、クメールの影絵劇などが人気。親しみやすいカンボジア料理、縦横無尽にバイクが行きかう道路など実際の生活を目の当たりにするのもおすすめですよ。

  • カンボジア基本情報 【トイレ編】~郷に入っても郷には従えな...

    カンボジアを旅行する際に気になるのがトイレ事情。日本のようにコンビニや公衆トイレが利用できるのか、衛生面には問題はないのか、どうやって使うのかといったカンボジアのトイレ事情についてご紹介。

  • カンボジア基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】~カン...

    海外旅行を計画する時点で注意すべきは訪問予定国の祝祭日。多くの国は祝祭日に休みとなる観光スポットやショップがあるため、その期間に旅行をする場合は日程変更を余儀なくされることもあります。本記事では、カンボジアの祝祭日&ビジネスアワーについてご紹介。

  • カンボジア基本情報 【言語・お役立ち会話編】~カンボジア流...

    海外旅行は楽しいものですが、一方その度に不安を抱くのが現地の言葉。英語が通じる国なら、カタコト英語でも多少の意思の疎通はできるものです。では、世界遺産“アンコールワット”のあるカンボジアの公用語はなんなのか、英語は通じるのかなど、本記事ではカンボジアの言語や会話についてご紹介します。

  • カンボジア料理はおいしい?おすすめクメール料理8種類

    遺跡のイメージが強いカンボジア。カンボジアには、遺跡だけでなくおいしいグルメもたくさん存在します。かぼちゃの語源でもあるカンボジア。実はエスニック料理のイメージを覆すほどに、日本人でも食べやすいものばかり!カンボジアには、一体どのような料理が存在するのでしょうか。

  • ダンスやお芝居で充実のカンボジア観光を!カンボジアの伝統...

    今回ご紹介するのはカンボジアの伝統芸能、アプサラ・ダンスとスバエクです。観光客向けに多くのレストランやホテルでショーが開催されています!魅力的な伝統芸能について、そしておすすめの鑑賞場所についてまとめました♪

  • カンボジア・アンコールワット遺跡&シェムリアップおすすめ...

    カンボジアというと何を思い浮かべますか?きっと多くの方が「アンコール・ワット」と答えるはずです。 確かにアンコール・ワットは有名ですが、その周辺にもたくさん観光スポットがあります。 そこで、アンコール・ワットとその周辺のおすすめの観光スポットを教えます。

  • カンボジア・シェムリアップでおもしろアクティビティを体験...

    遺跡巡りだけがシェムリアップじゃない!そう、例えばこんなふうに。 普通に観光するだけではなかなか体験できないこと、見られないもの、食べられないもの、気づきと出会いがたくさんあります。一風変わった体験もありますが、やりたい!と思ったらぜひ、体験してみましょう!すてきな思い出つくっていってね!

このエリアの人気記事