カンボジア伝統舞踊アプサラダンスを楽しむなら!おすすめレストラン5選

19,332

views

0

世界中からアンコール遺跡を目当てに観光客が集まってくるカンボジアの一大観光地シェムリアップ。遺跡だけと思われがちですが、ここにはそれ以外にも素晴らしい伝統芸能、アプサラダンスがあります。一度は失われてしまったクメールの伝統舞踊は、毎夜カンボジアを訪れる人々の目を楽しませています。今回は、アプサラダンスを見ることができるレストランを5つご紹介します。

アプサラダンスとは

アプサラダンスは、9世紀に生まれた宮廷舞踊のひとつ。アプサラとは古代インドの神話に登場する天女のことで、「天女のダンス」という意味のこの伝統舞踊は、煌びやかで精緻な衣装に身を包んだ女性たちが艶やかに踊るもの。かつては、神への祈りとして捧げられており、アンコ-ル遺跡のモチーフにも見ることができます。

ポル・ポト派による知識人の虐殺により、一時期はアプサラの伝統も途絶えてしまいました。その後、カンボジアの人々の努力によりアプサラダンスは復活し、今では多くの観光客がこの伝統舞踊を楽しんでいます。

アプサラの魅力

しなやかな手の動きにうっとり!

アプサラのポイントのひとつが滑らかな手や指の動き。指の反り方でそのダンサーのレベルがわかると言われるほどなんです。アプサラを見る時には手先にも注目してみてください!

細緻で美しい衣装も魅力!

煌びやかな衣装のみならず、精妙な細工の施された冠や首飾り、腕輪など、とっても美しいですね!これを見ているだけでも楽しい気持ちになってしまいますが、美しい衣装に身を包んだ女性たちが妖艶に踊る様は、まさに「天女のダンス」というところでしょうか。

それでは、アプサラダンスを見ることができるお店をご紹介していきます。入場料ですが、シェムリアップではビュッフェなどにショー代金が含まれているのが一般的です。以下でご紹介しているお店についても、基本的に追加の料金はかかりません。

1.シェムリアップで最も有名な老舗クーレン2(Koulen 2)

まずは、シェムリアップでアプサラダンスのディナーショーと言ったら必ず名前が挙がるほど有名なクーレン2。最も古くからあるこちらのお店は立地もよく、市内から徒歩で行くことができます。

食事はカンボジア料理のビュッフェスタイル。シェムリアップに来たら、こちらのお店で色々なカンボジア料理を試してみるのもいいかもしれませんね。

クーレン2(Koulen 2)
住所:
Street 02, Sivatha Rd, Krong Siem Reap
アクセス:
シェムリアップ中心のパブ・ストリートから車で2~3分、徒歩でも10分程度
電話番号:
+855 92 630 090
営業時間:
10:00~20:30 ショーは毎晩19時半から1時間。
料金:
ビュッフェ12ドルなど

2.影絵ショーも楽しめるクリスタル・アンコール・レストラン(CRYSTAL ANGKOR RESTAURANT)

2軒目は2014年にオープンした比較的新しいクリスタル・アンコール・レストラン。国道6号線を空港方面へと進んだところにあるこちらは、白を基調としたこじんまりとした建物で、落ち着いた雰囲気になっています。このレストランでは、アプサラダンスはもちろん、スバエク・トーイという影絵芝居も楽しむことができます。

水牛の革で出来た人形を使い、即興台詞とコミカルな動きを特徴とするスバエク・トーイは昔から続く庶民の娯楽。意味をすべて理解するのは難しいかもしれませんが、影絵の細かな装飾やポイントで鳴らされる楽器の効果音など、外国人でも親しみやすく楽しめる作りになっています。

クリスタル・アンコール・レストラン(CRYSTAL ANGKOR RESTAURANT)
住所:
Krous Village, Svay Dangkum, Angkor Wat, Siem Reap
アクセス:
シェムリアップ中心のパブ・ストリートから車で10分
電話番号:
+855 12 786 786
営業時間:
10:30~21:00 なおショーは毎晩19時より1時間程度。
料金:
クメールセット、ウエスタンセット、シーフードセットいずれも10~35ドルなど

3.日本人に人気のアマゾン・アンコール・レストラン(AMAZON ANGKOR RESTAURANT)

3軒目は日本人に大人気のアマゾン・アンコール・レストラン。ビュッフェ形式のレストランであるこちらは、日本のツアーに組み込まれていることが多く、日本人で混みあっています。収容人数は600人という大規模なもので、初めてのカンボジアや海外はちょっと不安、という方でも気軽に訪れることができます。

レモングラスの入ったスープはさっぱりしていて日本人の舌に合いますよ!

アマゾン・アンコール・レストラン(AMAZON ANGKOR RESTAURANT)
住所:
Krous Village, Svay Dangkum, Angkor Wat, Siem Reap
アクセス:
シェムリアップ中心のパブ・ストリートから車で10分
電話番号:
+855 12 966 988
営業時間:
10:00~22:00 ショーは毎晩19時から1時間程度。
料金:
ビュッフェ12ドルなど。

4.落ち着いてアプサラを見るならポア・キュイジーヌ(POR CUISINE)

続いては、こちらも2014年に出来たモダンなガーデンレストラン、ポア・キュイジーヌ。アプサラダンスのディナーショーをやっているお店は大規模なところが多いのに対し、こちらは比較的こじんまりとしています。そのため近くでダンスを鑑賞することができるので、アプサラを見ながら落ち着いて食事をしたい人にオススメです。

もともとクメール料理を提供するレストランを経営していたためか、味も美味しいと評判です。クメールセットの他、イタリアンも楽しむことができます。

ポア・キュイジーヌ(POR CUISINE)
住所:
No. 298, St. 22, Wat Bo Village, Sangkat Sala Kamroeuk, Siem Reap City, Siem Reap
アクセス:
シェムリアップ中心のパブ・ストリートから車で10分
電話番号:
+855 12 356 585
営業時間:
6:00~22:30 ショーは19時から1時間程度。
料金:
クメールセット15ドルなど

5.無料でアプサラを見るならここ!テンプル・クラブ(TEMPLE CLUB)

最後にご紹介するのは、なんと無料でアプサラを見ることができるテンプル・バルコニー。シェムリアップ随一の繁華街バー・ストリートに位置するこちらでは、小規模ではありますが、毎晩19時半から2階でショーが開催されています。

メニューはアラカルトのみ。クメール料理からビール、カクテルの他、スイーツなど揃っています。ビール一杯だけでもアプサラが観賞できるのでコスパは抜群ですよ!

テンプル・クラブ(TEMPLE CLUB)
住所:
Street 08, Krong Siem Reap
アクセス:
シェムリアップ中心部のバー・ストリートに位置しており、空港からだと車で約20分。
電話番号:
+855 12 234 565
料金:
アイス3ドルなど

最後に

シェムリアップでアプサラダンスを見ることができるレストランを5つご紹介いたしましたが、いかがでしたか?大規模な老舗からこじんまりしたテストラン、無料のバーなど、観光客の集まるシェムリアップにはたくさんのレストランがありますので、用途次第で使い分けするのもいいかもしれません。シェムリアップで日中にアンコールワットを観光したら、夜はアプサラダンスに触れてカンボジアの伝統を目いっぱい楽しんでくださいね!

石塚皓

2014年7月より、元教師の妻と世界一周の旅を始め、2016年3月に無事、帰国した33歳の元会計士。1年8カ月かけ48カ国を回る中で出会った絶景やオススメのグルメ情報など、旅に関する情報を発信していきます。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 《レシピ付き》カンボジア・クメール料理6選!カンボジア料理...

    優しくてどこか懐かしい、そしてさっぱりした後味が日本人にも人気のカンボジア・クメール料理。たくさんの郷土料理の中から、特に筆者の好きだったものをピックアップしてみました。あの時の味をおうちで再現できるレシピ付きでご紹介したいと思います。

  • カンボジア基本情報 【トイレ編】~郷に入っても郷には従えな...

    カンボジアを旅行する際に気になるのがトイレ事情。日本のようにコンビニや公衆トイレが利用できるのか、衛生面には問題はないのか、どうやって使うのかといったカンボジアのトイレ事情についてご紹介。

  • カンボジアのお土産に!プノンペンでココナッツオイルが買え...

    カンボジア産のココナッツオイルは、品質とコストパフォーマンスの良さから現地の人や観光客に大変人気があります。しかし日本では入手が困難で、一部のマニアからなかなか手の届かないココナッツオイルとして注目されています。高品質で低価格と大人気というカンボジア産ココナッツオイルをほんの少しご紹介します。

  • カンボジア基本情報 【Wi-Fi事情編】

    カンボジアは果たしてどこまで進んでいるの?世界遺産のシェムリエップにも行ってみたいけど、ちょっと不安。でも大丈夫!ネット環境だけでいったら、日本よりも便利かもしれません。ホテルはもちろん、こんな所まで?とビックリしてしまうかも。

  • カンボジア料理はおいしい?おすすめクメール料理8種類

    遺跡のイメージが強いカンボジア。カンボジアには、遺跡だけでなくおいしいグルメもたくさん存在します。かぼちゃの語源でもあるカンボジア。実はエスニック料理のイメージを覆すほどに、日本人でも食べやすいものばかり!カンボジアには、一体どのような料理が存在するのでしょうか。

  • カンボジア基本情報 【お金編】

    日本のみならず、世界中から観光客が集まるアンコール遺跡。その拠点となるシェムリアップや、あるいは首都プノンペンを訪れる方も多いと思います。ではカンボジアを訪れる際、お金は何を持っていったらよいのでしょう?また両替はどこで出来るのか、ATMなどはあるのでしょうか?今回はカンボジアの基本情報として、お金にまつわる情報をまとめました。

このエリアの新着記事
  • 世界遺産だけじゃない!ホテルにいながらカンボジアの文化に...

    カンボジアと言えば、旅人として押さえておきたいのはやはりアンコールワットに代表される遺跡群!そんな遺跡群を見ながら遠い昔に滅んだ王朝へ思いを馳せるのも素敵ですが、一味違う旅の楽しみ方が注目されています。天候にも左右されず、ホテルでも気軽にできるその楽しみ方とは・・・?

  • アンコール遺跡で行くべきポイント5選!基本情報・定番から穴...

    トリップアドバイザーによる日本人対象の「行ってよかった観光地ランキング」で例年No.1に輝いているカンボジアのアンコール遺跡。1日では回りきれないほどの広大な敷地に、今まで見たことのないような独特の遺跡が、まるで異世界に来たような空間を作り出しています。そんな、人生で一度は行ってみたい観光名所、アンコール遺跡で必ず行くべき5つのスポットをご紹介。

  • カンボジアの人気観光スポットランキングBEST15!定番から穴...

    カンボジアには新旧の文化を堪能できる観光エリアがたくさんあります。発展し続ける首都プノンペン、数々のアンコール遺跡が残存するシエムリアップ。芸能分野では王宮古典舞踊、クメールの影絵劇などが人気。親しみやすいカンボジア料理、縦横無尽にバイクが行きかう道路など実際の生活を目の当たりにするのもおすすめですよ。

  • カンボジア基本情報 【トイレ編】~郷に入っても郷には従えな...

    カンボジアを旅行する際に気になるのがトイレ事情。日本のようにコンビニや公衆トイレが利用できるのか、衛生面には問題はないのか、どうやって使うのかといったカンボジアのトイレ事情についてご紹介。

  • カンボジア基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】~カン...

    海外旅行を計画する時点で注意すべきは訪問予定国の祝祭日。多くの国は祝祭日に休みとなる観光スポットやショップがあるため、その期間に旅行をする場合は日程変更を余儀なくされることもあります。本記事では、カンボジアの祝祭日&ビジネスアワーについてご紹介。

  • カンボジア基本情報 【言語・お役立ち会話編】~カンボジア流...

    海外旅行は楽しいものですが、一方その度に不安を抱くのが現地の言葉。英語が通じる国なら、カタコト英語でも多少の意思の疎通はできるものです。では、世界遺産“アンコールワット”のあるカンボジアの公用語はなんなのか、英語は通じるのかなど、本記事ではカンボジアの言語や会話についてご紹介します。

  • カンボジア料理はおいしい?おすすめクメール料理8種類

    遺跡のイメージが強いカンボジア。カンボジアには、遺跡だけでなくおいしいグルメもたくさん存在します。かぼちゃの語源でもあるカンボジア。実はエスニック料理のイメージを覆すほどに、日本人でも食べやすいものばかり!カンボジアには、一体どのような料理が存在するのでしょうか。

  • カンボジアのお土産に!プノンペンでココナッツオイルが買え...

    カンボジア産のココナッツオイルは、品質とコストパフォーマンスの良さから現地の人や観光客に大変人気があります。しかし日本では入手が困難で、一部のマニアからなかなか手の届かないココナッツオイルとして注目されています。高品質で低価格と大人気というカンボジア産ココナッツオイルをほんの少しご紹介します。

  • ダンスやお芝居で充実のカンボジア観光を!カンボジアの伝統...

    今回ご紹介するのはカンボジアの伝統芸能、アプサラ・ダンスとスバエクです。観光客向けに多くのレストランやホテルでショーが開催されています!魅力的な伝統芸能について、そしておすすめの鑑賞場所についてまとめました♪

  • 《レシピ付き》カンボジア・クメール料理6選!カンボジア料理...

    優しくてどこか懐かしい、そしてさっぱりした後味が日本人にも人気のカンボジア・クメール料理。たくさんの郷土料理の中から、特に筆者の好きだったものをピックアップしてみました。あの時の味をおうちで再現できるレシピ付きでご紹介したいと思います。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事