カンボジア基本情報 【お金編】

5,621

views

0

日本のみならず、世界中から観光客が集まるアンコール遺跡。その拠点となるシェムリアップや、あるいは首都プノンペンを訪れる方も多いと思います。ではカンボジアを訪れる際、お金は何を持っていったらよいのでしょう?また両替はどこで出来るのか、ATMなどはあるのでしょうか?今回はカンボジアの基本情報として、お金にまつわる情報をまとめました。

1.通貨

カンボジアの通貨はリエル

使われている通貨はリエル(Riel)と言い、使用されているのは紙幣のみでコインはありません。紙幣は50、100、200、500、1000、2000、5000、1万、2万、5万及び10万。なお100リエルや1000リエル札のようにデザインが複数あるものもあり、少しややこしいので間違えないように注意が必要です。なお2016年6月現在のレートは1リエル=約0.025円、1ドル=約4100リエルとなっています。

アメリカドルも広く流通している

旅行代理店やホテル、観光客向けのレストランなどではUSドルが使われるケースがほとんどです。またトゥクトゥクや長距離バスについても、基本的にはドルでの支払いと考えていいと思います。リエルを使うのはローカルな食堂やバイクタクシーなどですが、ここでもドルで支払うことは可能な場合がほとんどです。その場合お釣りはリエルで受け取るケースが一般的でしょう。わざわざリエルに両替しなくとも、このお釣りを回せば十分、というケースも多いと思いますよ。

少額のドル紙幣が便利!

偽ドル札が広がっていることや、そもそも物価が安いことから、100ドル札など高額紙幣は使えないケースがあります。そこで便利なのが小額紙幣。1ドル札や10ドル札などがあると便利ですよ。なおリエルは変動しますが、コンビニなどでは「1ドル=4000リエルで固定」などと決められているのもよく見かけます。

2.両替事情

どこで両替できるか

空港を始めとして、ホテルや町中の両替所で行うことができます。但し一般的に空港ではレートが悪いため、飛行機で到着したのであれば移動費等、最低限だけにとどめるのがオススメです。なおリエルに関しては先述の通り、必要性もあまりないので、あえて両替はせずお釣りとしてもらったリエルを支払いに回せば十分だとも思います。

レートがいいところ

他の多くの国と同様、カンボジアでもレートがいいのは町の両替所で、ホテルや空港は悪いことが多いです。どの町でも大体、市場(マーケット)の近くに両替所があると考えていいと思います。なおプノンペンやシェムリアップでは日本円も両替できますが、郊外に行くと扱われていないこともあります。

通貨は何を持っていくべき?

ドルの小額紙幣を多めに持っていくのがベストです。日本の空港や銀行で事前にドルを調達しておくのがいいでしょう。また訪れるのがプノンペン、シェムリアップなどだけであれば日本円でも両替は可能です。

ATMについて

空港や大きなホテルにはATMが備え付けられており、またプノンペン、シェムリアップなどであれば町中にたくさんあります。ドルを引き出すことも出来る機械も多いので、国際キャッシュカードやクレジットカードがあれば現金を引き出すことも出来ます。但し故障しているケースも多いので、いくつも回る可能性もあります。

3.両替にまつわるトラブル、注意事項

ボロボロのお札は受け取らないように!

両替やお釣りで受け取ったお札がひどく汚れていたり、あまりにもボロボロだったりすると、それを使おうとしても受け取りを拒否されてしまうケースがあります。そのため、手渡されたお札はその場でチェックし、こういったものが紛れていた場合は別のものに交換してもらいましょう。

リエルから外貨への両替はレートが悪い!

カンボジア出国時、手元のリエルをドルや円に再両替しようとすると、レートがかなり悪いことに気付くはずです。再両替で損してしまうことを避けるため、大金を両替するのではなく、必要な金額だけにするようにしましょう。

3.チップ事情

カンボジアはチップの文化です。基本的に気持ちの良いサービスを受けた際は、チップを渡すようにしましょう。ここではシーンごとに見ていきます。

レストラン

レストランでも、基本的にチップを置いて帰りましょう。ただし、US$1~と気持ち程度の少量で構いません。まれにサービス料に含まれており、チップ不要なお店もあります。

ホテル

こちらも観光客向けのホテルの場合、ベルボーイやルームサービスを頼んだ場合にUS$1~US$3ほどを手渡します。一方、ゲストハウスなどでは不要です。

ガイド、専属ドライバー

遺跡の観光やツアーなどでガイドや専属のドライバーを雇った場合、それぞれ一日当たり1~3ドル程度を支払うのが相場のようです。人によっては5ドルくれ、10ドルくれと言ってくる輩もいますが、平均月収が70~80ドル程度の国の人に渡すチップとしては多すぎると感じた場合、キチンと断るようにしましょう。

なお、上記以外のタクシー、バイクタクシー、トゥクトゥクなどについてはチップは不要です。

4.最後に

どこの国に行っても必ず必要になってくるお金の情報をまとめてきました。偽札が出回っていたり、高額紙幣が使いづらいといった特徴はありますが、それでもアメリカドルが使えることから、カンボジアのお金に関する状況は、比較的シンプルだと思います。カンボジアを訪れる時にはぜひ多くの小額ドル札を持って行き、支払などのストレスをなくしてアンコール遺跡やプノンペンの夜を楽しんでくださいね!

石塚皓

2014年7月より、元教師の妻と世界一周の旅を始め、2016年3月に無事、帰国した33歳の元会計士。1年8カ月かけ48カ国を回る中で出会った絶景やオススメのグルメ情報など、旅に関する情報を発信していきます。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • カンボジア伝統舞踊アプサラダンスを楽しむなら!おすすめレ...

    世界中からアンコール遺跡を目当てに観光客が集まってくるカンボジアの一大観光地シェムリアップ。遺跡だけと思われがちですが、ここにはそれ以外にも素晴らしい伝統芸能、アプサラダンスがあります。一度は失われてしまったクメールの伝統舞踊は、毎夜カンボジアを訪れる人々の目を楽しませています。今回は、アプサラダンスを見ることができるレストランを5つご紹介します。

  • 《レシピ付き》カンボジア・クメール料理6選!カンボジア料理...

    優しくてどこか懐かしい、そしてさっぱりした後味が日本人にも人気のカンボジア・クメール料理。たくさんの郷土料理の中から、特に筆者の好きだったものをピックアップしてみました。あの時の味をおうちで再現できるレシピ付きでご紹介したいと思います。

  • カンボジア基本情報 【トイレ編】~郷に入っても郷には従えな...

    カンボジアを旅行する際に気になるのがトイレ事情。日本のようにコンビニや公衆トイレが利用できるのか、衛生面には問題はないのか、どうやって使うのかといったカンボジアのトイレ事情についてご紹介。

  • カンボジアのお土産に!プノンペンでココナッツオイルが買え...

    カンボジア産のココナッツオイルは、品質とコストパフォーマンスの良さから現地の人や観光客に大変人気があります。しかし日本では入手が困難で、一部のマニアからなかなか手の届かないココナッツオイルとして注目されています。高品質で低価格と大人気というカンボジア産ココナッツオイルをほんの少しご紹介します。

  • カンボジア基本情報 【Wi-Fi事情編】

    カンボジアは果たしてどこまで進んでいるの?世界遺産のシェムリエップにも行ってみたいけど、ちょっと不安。でも大丈夫!ネット環境だけでいったら、日本よりも便利かもしれません。ホテルはもちろん、こんな所まで?とビックリしてしまうかも。

  • カンボジア料理はおいしい?おすすめクメール料理8種類

    遺跡のイメージが強いカンボジア。カンボジアには、遺跡だけでなくおいしいグルメもたくさん存在します。かぼちゃの語源でもあるカンボジア。実はエスニック料理のイメージを覆すほどに、日本人でも食べやすいものばかり!カンボジアには、一体どのような料理が存在するのでしょうか。

このエリアの新着記事
  • 世界遺産だけじゃない!ホテルにいながらカンボジアの文化に...

    カンボジアと言えば、旅人として押さえておきたいのはやはりアンコールワットに代表される遺跡群!そんな遺跡群を見ながら遠い昔に滅んだ王朝へ思いを馳せるのも素敵ですが、一味違う旅の楽しみ方が注目されています。天候にも左右されず、ホテルでも気軽にできるその楽しみ方とは・・・?

  • カンボジア伝統舞踊アプサラダンスを楽しむなら!おすすめレ...

    世界中からアンコール遺跡を目当てに観光客が集まってくるカンボジアの一大観光地シェムリアップ。遺跡だけと思われがちですが、ここにはそれ以外にも素晴らしい伝統芸能、アプサラダンスがあります。一度は失われてしまったクメールの伝統舞踊は、毎夜カンボジアを訪れる人々の目を楽しませています。今回は、アプサラダンスを見ることができるレストランを5つご紹介します。

  • アンコール遺跡で行くべきポイント5選!基本情報・定番から穴...

    トリップアドバイザーによる日本人対象の「行ってよかった観光地ランキング」で例年No.1に輝いているカンボジアのアンコール遺跡。1日では回りきれないほどの広大な敷地に、今まで見たことのないような独特の遺跡が、まるで異世界に来たような空間を作り出しています。そんな、人生で一度は行ってみたい観光名所、アンコール遺跡で必ず行くべき5つのスポットをご紹介。

  • カンボジアの人気観光スポットランキングBEST15!定番から穴...

    カンボジアには新旧の文化を堪能できる観光エリアがたくさんあります。発展し続ける首都プノンペン、数々のアンコール遺跡が残存するシエムリアップ。芸能分野では王宮古典舞踊、クメールの影絵劇などが人気。親しみやすいカンボジア料理、縦横無尽にバイクが行きかう道路など実際の生活を目の当たりにするのもおすすめですよ。

  • カンボジア基本情報 【トイレ編】~郷に入っても郷には従えな...

    カンボジアを旅行する際に気になるのがトイレ事情。日本のようにコンビニや公衆トイレが利用できるのか、衛生面には問題はないのか、どうやって使うのかといったカンボジアのトイレ事情についてご紹介。

  • カンボジア基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】~カン...

    海外旅行を計画する時点で注意すべきは訪問予定国の祝祭日。多くの国は祝祭日に休みとなる観光スポットやショップがあるため、その期間に旅行をする場合は日程変更を余儀なくされることもあります。本記事では、カンボジアの祝祭日&ビジネスアワーについてご紹介。

  • カンボジア基本情報 【言語・お役立ち会話編】~カンボジア流...

    海外旅行は楽しいものですが、一方その度に不安を抱くのが現地の言葉。英語が通じる国なら、カタコト英語でも多少の意思の疎通はできるものです。では、世界遺産“アンコールワット”のあるカンボジアの公用語はなんなのか、英語は通じるのかなど、本記事ではカンボジアの言語や会話についてご紹介します。

  • カンボジア料理はおいしい?おすすめクメール料理8種類

    遺跡のイメージが強いカンボジア。カンボジアには、遺跡だけでなくおいしいグルメもたくさん存在します。かぼちゃの語源でもあるカンボジア。実はエスニック料理のイメージを覆すほどに、日本人でも食べやすいものばかり!カンボジアには、一体どのような料理が存在するのでしょうか。

  • カンボジアのお土産に!プノンペンでココナッツオイルが買え...

    カンボジア産のココナッツオイルは、品質とコストパフォーマンスの良さから現地の人や観光客に大変人気があります。しかし日本では入手が困難で、一部のマニアからなかなか手の届かないココナッツオイルとして注目されています。高品質で低価格と大人気というカンボジア産ココナッツオイルをほんの少しご紹介します。

  • ダンスやお芝居で充実のカンボジア観光を!カンボジアの伝統...

    今回ご紹介するのはカンボジアの伝統芸能、アプサラ・ダンスとスバエクです。観光客向けに多くのレストランやホテルでショーが開催されています!魅力的な伝統芸能について、そしておすすめの鑑賞場所についてまとめました♪

このエリアの人気記事