ジャイプールの観光スポット特集!ピンクシティの異名をもつ魅惑の城塞都市見学

2,478

views

0

インド西部の砂漠地帯ラジャスタン州の州都ジャイプール。18世紀にこの地を治めたマハラジャ、サワイ・ジャイ・シン2世によって造られた城塞都市がこの街の発端です。碁盤目のよく整備された計画的に造られた街で、当時を彷彿させる美しい建物が立ち並んでいます。宝石や伝統工芸においてもインドを代表する世界的に有名な地域です。多くの人々を魅了してやまないジャイプールの魅力についてご紹介します。

1.ジャイプールとは  Jaipur

ジャイプールは別名「ピンクシティ」と呼ばれており、現地の大通りに並ぶ建築物から、その由来は見てとれます。赤砂岩でできた城壁に囲まれた旧市街の街は、淡紅色に塗装されており非常に風情があって美しい街並みです。その南西には新市街が発展しており、たいへん賑わっています。かつてのマハラジャが強大な力を誇った時代の建築物などを見ることができる街です。

ジャイプールはヒンディー語で「जयपुर」と書きます。
インドの観光地では英語表記の看板があることがほとんどですが、街歩きの際はヒンディー語表記も念のためにどこかに控えておくと安心です。

ジャイプールとは「ジャイの町」という意味。
「ジャイ(जय)」はこの地を築いた王「サワイ・ジャイ・シン2世」のこと、「プル( पुर)は「城壁に囲まれた街」を意味します。
1876年(当時、インドはイギリス領でした)、英国ヴィクトリア女王の息子、アルバート王が来訪するのにあたり、歓迎を意味を込めてピンク色に街中の建物を塗ったことがきっかけとなり、その後も街並みをピンクに塗装されるのが伝統となって現在の形を成しています。

2.ジャイプールへのアクセス

ジャイプールはニューデリーから約250kmの距離にあります。一般的には列車の旅が良いでしょう。所要時間は約4時間30分です。インドの列車はお国柄か2、3時間遅れるのは当たり前ですので、時間が許すなら始発の列車に乗るのが無難です。その場合は、ほぼ定刻に出発することができます。インドの列車はそれぞれ値段と乗車時間に幅がありますので、念のため人気のある列車は早めに予約しておくと良いでしょう。

列車への乗り方は日本と同じで、駅中央付近に掲げられている大きな電光掲示板を見ながら列車番号と出発時刻を頼りに、何番線から自分の乗車予定の列車が出るのか確認します。
語学がわからなくとも、数字を頼りに確認することが出来ますので落ち着いて確認してくださいね。

駅構内に入る時は日本のように改札はありません。
切符確認は乗車後に車掌さんが回ってきて行いますので、切符は買った後は無くしたり取られたりしないよう、大切にしまっておきましょう。
特に列車の時刻確認の際は注意散漫になりがちなのでご注意を!
ホーム内には食べ物や飲み物が買える売店もありますので、必要に応じて購入し、その後はホーム内の電光掲示板の車両番号表示を頼りに、自身が乗る車両番号が書いてある掲示板の下付近で列車を待ちましょう。

3.ジャンタル・マンタル The Jantar Mantar

ジャンタル・マンタルは18世紀に造られた巨大な天文台です。様々な形状の観測器が設置されており、当時の技術を垣間見ることができます。
これらの機器は巨大ですが、想像以上に精密な機能を有しており、天文学のレベルの高さが伺えます。

ジャンタル・マンタルを造ったのはサワイ・ジャイ・シン2世。
彼は優れた天文学者でもありました。ジャンタル・マンタルは現地の言葉で「計測器」を意味し、ここ以外にデリー等にもジャンタル・マンタルはございます。

ジャイプールのものは、元はシティ・パレス(後述)の一角にあったそうですが、現在はシティ・パレスと風の宮殿(後述)との間に設置されています。
観測器は全部で16つあり、当時はこれらをもとに暦をつくったり、天候予測を行ったりして、政治等に活用していたそうです。
ダイナミックな世界遺産はそれだけで心奪われますが、ガイドブッグで下調べをしたりガイドツアーで案内を受けたりすると計測器の仕組みがより深く理解できるのでおすすめです。

ジャンタル・マンタル (The Jantar Mantar)
住所:
Jaipur, Rajasthan, インド
営業時間:
9:00~16:30
アクセス:
ジャイプル駅からタクシーで17分
定休日:
なし
電話番号:
(0141)2610494 /
料金:
大人:200ルピー(学生:100ルピー) 子供:無料(7歳以下)
おススメの時期:
10月~3月がベストシーズン

4.シティ・パレス The City Palace of Jaipur

ジャイプール旧市街地の中心に位置するシティ・パレス。
当時のマハラジャである、サワイ・ジャイ・シン2世によって建造され、のちの後継者たちによって様々な建物の増築が行われ、現在に至ります。
ラジャスタンとムガールという2つの建築様式が融合した珍しい建物として、その名を各国に知られています。
内部は一部が博物館として一般に開放されており、豪華な建物とともにエレガントなマハラジャの生活を実感できる展示物が飾られています。
いかにもマハラジャの宮殿にふさわしいこのパレスは必見です。

なおシティ・パレスにはなんと現在もマハラジャの末裔が暮らしております。
一族は敷地内奥にあるピラミッドのような7階建てのクリーム色の建物「チャンドラ・マハール(月の宮殿)」に住んでおり、もちろん中に入ることはできませんが、手前の中庭「ピタム・ニワス・ チョウク」までは見学可能です。住まいの上には旗があり、在宅か不在かどうかはこちらの旗を使って示されます。

ピタム・ニワス・ チョウクを囲むようにして設置されている異なるデザインの門や、その先に続く敷地内中央の謁見の間「ディワニ・カース」もこの上なく豪華絢爛で、思わず見とれてしまうことでしょう。
ディワニ・カースには「世界で一番大きな銀製品」として登録されている銀の壺が置かれておりますのでどうぞお見逃しなく!

シティ・パレス (The City Palace of Jaipur)
住所:
Jalebi Chowk, Near Jantar Mantar, Tripolia Bazar, Jaipur, Rajasthan 302002 インド
営業時間:
9:30~17:00
アクセス:
ジャイプル駅からタクシーで17分
定休日:
なし
電話番号:
+91 141 408 8888
料金:
大人:400ルピー ビデオ持ち込み:300ルピー 公式英語ガイド:300ルピー オーディオガイド(日本語):90ルピー
おススメの時期:
10月~3月がベストシーズン

5.風の宮殿(ハワー・マハール) Hawa Mahal - Palace of Wind

風の宮殿はその名の通り、見晴らしと風通しの良い小部屋がいくつも組み合わさってできた宮殿です。
当時、姿を見られることを禁止されていたハレムの女性のためにマハラジャが建築した建物で、女性たちはその小窓から街の様子を眺めて暮らしたと言われています。
ジャイプールでは最も有名な建物のひとつです。

風の宮殿は土産物店などの建ち並ぶ大通り「ハワー・マハール・ロード」に面しているので、ジャイプール滞在中は何度も外観を目にすることでしょう。
昼間の佇まいも素晴らしいですが夜、953つある窓がライトアップされた時が最も艶めかしく美しいという人も多いので見逃せません。5階建ての建物は、中に入ることも出来ます。思ったよりも奥行きはないのですが、女性の心をくすぐるようなカラフルなステンドグラスや細かな装飾が沢山施されていて、外から見た時とのギャップにまた、新鮮な驚きを感じることでしょう。
建物は上まで上がることが出来、そこから眼下にジャイプールの町はもちろん、ジャンタル・マンタルなども見ることができます。

風の宮殿(ハワー・マハール) (Hawa Mahal - Palace of Wind)
住所:
Hawa Mahal Rd, Badi Choupad, Pink City, Jaipur, Rajasthan 302002 インド
営業時間:
9:00~17:00
アクセス:
ジャイプル駅からタクシーで18分
定休日:
なし
電話番号:
+91 141 261 8862
料金:
大人:50ルピー
おススメの時期:
10月~3月がベストシーズン

アンベール城

ビルラ・マンディル寺院

Monkey Temple

Sheesh Mahal

ガルタジ テンプル

セントラル パーク

ハワー マハル

ジャンタル マンタル

エレファント ライド

最後に

いかがでしたでしょうか。ジャイプールには、当時のマハラジャの強大な力と、その豪華で優雅な生活が垣間見れるスポットが多くあります。数字の国と言われるインドの建築や天文学など、技術、学問のレベルの高さも伺えますよね。インドへ旅行された際には、この魅惑の都ジャイプールまで、是非足を延ばしてみてください。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • インドの人気のお土産ランキングTOP15選!絶対おすすめはこれ!

    インドに旅行に行ったら購入したいインドのお土産を厳選してみました。魅惑のインドならではの欲しくなるアイテムばかりです。これからインドへ旅行に行く人は要チェック。インドのお土産と併せて、人気のインドのお土産の買い物スポットもご紹介しています。

  • 甘いインドのデザート特集!激甘がくせになる絶品スイーツ

    スパイスやナッツ、ドライフルーツなどが入った甘いデザートがたくさんあるインドのデザートは、世界一甘いと言われています。インドの人たちはどんなデザートを食べているのかご紹介します。

  • インドの鉄道に乗ってみた!電車予約・乗車方法教えます

    インド旅行で切っても切れない(と思う)電車移動!インド鉄道に乗ってきました。ほんの一例ではありますが、チケットの予約システム・窓口・乗車までの流れを紹介してみたいと思います。

  • インドだけどインドにあらず?南インドを激推しする3つの理由...

    インド旅行経験者の中でも好き嫌いがバッチリ分かれるインド。いい噂ばかりではないのに”インドに行ってくる!”という旅行者の絶えないインド。そんな不思議の国インドの中にも、ごはんがおいしくて、人が鬱陶しくなくて、リゾート感覚まで味わえるスポットが”南インド”にあるんです。今回はそんな南インドのオススメスポットを紹介しますッ!

  • インド・デリーのスーパーでワクワクお土産探し!ちょっと多...

    インドを旅行先に選ぶということは、結構旅行慣れした方ではないでしょうか?たくさんの世界遺産や独特の文化に触れることができるインド旅行は、インパクトにあふれた濃厚な時間を過ごせます。せっかくなら、モスクや遺跡などを見るベーシックな観光コースだけではなく、市井のお店をのぞいてみてはいかがでしょうか?

  • インド・デリー空港は本当に危険?実際に自分の身を守る方法...

    悪名高きデリー空港!!空港メトロの開通で、随分マシになったとは聞いていたのですが、三十路バックパッカー・初インド。ビビりまくりで乗り込んできました。現地レポです。

このエリアの新着記事
  • インドのお土産に!デリーで買うべき手作り工芸品おすすめ6選

    インドは手工芸品の故郷です。あちこちに手工芸品を扱う雑貨屋さんがありますので、お土産選びには困らないはず。今回は、インドの都市デリーにたくさんある手工芸品の中でも特におすすめのものをご紹介します。

  • インドの人気のお土産ランキングTOP15選!絶対おすすめはこれ!

    インドに旅行に行ったら購入したいインドのお土産を厳選してみました。魅惑のインドならではの欲しくなるアイテムばかりです。これからインドへ旅行に行く人は要チェック。インドのお土産と併せて、人気のインドのお土産の買い物スポットもご紹介しています。

  • インド旅行で行くべき人気観光スポットおすすめ20選!バック...

    インドへ行って人生が変わった!?なんてよく耳にしますが、本当に人生変わっちゃうかもしれません! そんな旅行をするためには外せない5つの観光スポットをご紹介します

  • インドのリゾート地!ゴアで買いたいお土産15選!おすすめは...

    インドでも有数のリゾート地であるゴア!美しいビーチとかつてポルトガル領であったことからインドとポルトガルの文化が混ざり合い独特の雰囲気を醸し出しています。ロングバケーションをゴアで過ごす欧米の人も多く観光客向けのショップがたくさん!そんなゴアで買いたい人気のお土産をご紹介していきます。

  • インド・デリーの実力派紅茶専門店はここだ!紅茶生産量は世...

    インドといえば、世界最大の紅茶生産国です。生産された紅茶は自国で大量に消費されるため輸出量は少なく、日本ではインド産紅茶は高級品として取り扱われます。そんな高級な紅茶を現地で手に入れませんか?お土産にも最適なインドの紅茶をご紹介します!

  • ムンバイのお土産を買うなら!人気のアパレル&雑貨ショップ...

    インドの大都会、高層ビルが立ち並ぶ街、ムンバイ。セレブが多く住む街でもあります。おしゃれで綺麗なお店が集まり、ショッピングを楽しむにも最適です。そんなムンバイで、味のあるご当地アイテムを取り扱う、とっておきのお店をピックアップしてみました。

  • ムンバイ観光はココに行けば間違いない!必ず行くべき人気観...

    インド屈指の大都会ムンバイは南アジアを代表する世界都市でもあります。かつてはイギリスの植民地だったこともあり、独特の様式美の建築物に代表されるヨーロッパの文化が感じられる街でもあります。そんなイギリス統治時代の面影が残るムンバイを肌で感じることのできるスポットをご紹介します。

  • デリーでインドのお土産買うならここ!おすすめ人気ショップ4選

    今やインドだけに留まらず世界の女性たちから人気のブランドがひしめき合うインドのデリー。その中でも実力と人気を兼ね備えた4つのブランドをご紹介。おしゃれに敏感な方にも、きっと満足のいくアイテムが手に入るはずです。

  • インド・ジャイプールでお土産を買うなら!おすすめ人気ショ...

    ジャイプールは別名を「ピンク・シティ」といい、かつてのエレガントなマハラジャたちが住んでいた、ジュエリーや伝統工芸品で有名な街です。この街で手に入るファッションアイテムやアクセサリー、陶器などの品々は、世界中のセレブからも定評があるクオリティです。ここジャイプールを訪れたならば、必ず押さえておきたいお店5選をご紹介します。

  • 【体験レポート】南インド・ケララ州で本場のアーユルヴェー...

    世界三大伝統医学のひとつ、インド大陸に伝わるアーユルヴェーダ。 ケララ州は古くから教育水準が高く、インドの中でも一番アユールヴェーダを正しく伝承し、実施、開発されている地でもあります。トリヴァンドラム郊外のクリニックで、リラクゼーション・トリートメント3日間プログラムに参加した様子をお伝えしたいと思います。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事