イタリア・ローマ旅行でおすすめの観光モデルプラン!ツウも納得のあこがれのローマ観光ルート

2,069

views

0

街そのものが見所と言ってもいいローマ。ただ散策するだけでも楽しいですが、やっぱり見ておくべき観光スポットは逃したくないですね。何度でも訪れたい、ローマ初心者じゃない方々も押さえておきたいスポットをまとめてみました。それぞれの場所の歴史や見所を予習しておくと倍楽しいはず!旅のご参考にして下さい。

①まずは、やっぱり、スペイン広場

まずはスペイン広場からスタートです。スペイン大使館が近くにあったことからその名が付いたその場所は、見所満載。4つの分野に分けてご紹介します。

■バルカッチャの噴水

広場中心には イタリアのバロック芸術の巨匠ベルニーニ(またはその父という説も)作、バルカッチャ(Barcaccia)の噴水があります。沈みかけた船のモチーフがとてもユニークですが、水圧が低く、噴き上げることができなかったのを工夫して、このようなデザインになったのだと言われています。

■スペイン階段

名作映画「ローマの休日」の有名すぎるシーンが撮られたのが、その東側に延びる階段です。オードリーヘップバーンが、ジェラートを食べていたその場所です。今は文化財保護のためここでの飲食は禁止されているので、同じようにジェラートを楽しむことはできません。
階段そのものが芸術性の高いもので、バロック芸術の特徴である波打つような迫力ある曲線と直線を組み合わせたデザインが印象的です。

135段の階段の途中には広い踊り場もあり、そこで一休みしたら教会まで登りましょう。ローマの街を見下ろせるビュースポットです。

■トリニタ デイ モンティ教会

階段を上った先にそびえる双塔の美しい教会。フランス王によって建てられた教会なので他のイタリア教会とは少し趣が違います。内部はその外観から比べると簡素な印象ですが、その礼拝堂にはミケランジェロの弟子であるダニエーレ ダ ヴォルテッラの描いたすばらしいフラスコ画が見られます。

■コンドッティ通り

そして、再び広場に降りて西には、 高級ファッション街であるコンドッティ通りが延びています。(散策も楽しいですがこちらを通ると次のトレヴィの泉には遠回りです。)

スペイン広場(Piazza di Spagna)
住所:
Piazza di Spagna, 00187 Rome
アクセス:
地下鉄A線スパーニャ(Spagna)駅すぐ

②トレヴィの泉へ向かう(スペイン広場から徒歩8分)

設計はコンテストに優勝したニコラ サルヴィによるもの。途中までベルニーニが手掛けていたと言われています。 古代ウィルゴ水道の終着点にあり、ポーリ宮殿の壁が一体化したデザインになったバロック様式のローマ最大級の噴水です。真ん中には海の神ネプトゥーヌス(ポセイドーン)が立ち、左右には豊穣の女神と健康の女神が。
トレヴィとは三又路の意味です。狭い路地を抜けて、突如目の前に広がる荘厳な大理石の泉には感動すること間違いなしです。

泉に背を向け肩越しにコインを投げてみましょう。一枚だとローマにまた帰って来られる 二枚だと恋愛成就 三枚だと縁切りの願いが叶えられると言われています。

トレヴィの泉(Fontana di Trevi)
住所:
Piazza di Trevi Roma
アクセス:
地下鉄A線スパーニャ(Spagna)駅 地下鉄A線バルベリーニ駅(Bernini) 下車 徒歩10分
電話番号:
39 06 06 08

③休憩がてらパンテオンを訪れる(トレヴィの泉から徒歩7分)

2000年も前に建てられた形がそのまま残っている貴重な神殿で、ミケランジェロが「天使の設計」と讃えたと言われる美しいローマ建築です。

内部も美しく、石造りのドームの真ん中には穴が空いていて、そこから漏れる光は時間によって照らす場所を変え、それによって時間の移り変わりを図ることができました。また驚くべきことに、その穴までの高さと、ドームの直径が同じ長さだそうです。ラファエロのお墓もあり、今は教会としての役割を果たしています。
無料なので、夏だと中はひんやりして一休みするのに最適です。夜にはライトアップもされるのでまた戻って観賞するのもいいですね。

パンテオン神殿(Pantheon)
住所:
Piazza della Rotonda, 00186 Roma
アクセス:
トレヴィの泉から徒歩7分
営業時間:
8:30-19:30 日曜日:9:00-18:00 祝日:9:00-13:00
定休日:
なし
電話番号:
39 06 68 30 02 30
料金:
無料

④ナヴォーナ広場で芸術鑑賞(パンテオンから徒歩7分)

曲線美のバロック式のファザードが優雅な聖アニェーゼ教会をバックに有する、縦に細長い広場です。広場には3つの噴水があり、北側から、デッラ ポルタ作「ネプチューンの噴水」、次にベルニーニの「四大河の噴水」、最後に「ムーア人の噴水」と、広場を四等分する形で並んでいます。

なんといっても最大の見所は、中央にある四つの大河(ナイル、ガンジス、ドナウ、ラプラタ)をイメージして擬人化した彫刻の施されたオベリスクの噴水です。ベルニーニの作で力強くユニークなデザインです。

ナヴォーナ広場(Piazza Navona)
住所:
Piazza Navona - Via S.Maria dell’Anima, 30/A - 00186 ROMA
アクセス:
パンテオンから徒歩7分

⑤名物パスタを食べる(ナヴォーナ広場から徒歩3分)

■トレ・アルキ

ナヴォーナ広場からすぐのアクセスで、地元でも人気のレストランがあります。お値段もリーズナブルで、ローマ中心部では珍しい良心的なお店として評判で、お味も裏切られることはありません。おすすめは アマトリチャーナのスパゲッティ(Spaghetti all'Amatriciana)。
日本人好みのトマトソースベースで、ベーコンではなく豚のほほ肉(グアンチャーレ)を使って旨味を出したソースは格別です。席数が少ないので、予約は必須でしょう。

トレ・アルキ (Ristorante Tre Archi)
住所:
Via dei Coronari 233, Roma
アクセス:
ナヴォーナ広場から徒歩3分
営業時間:
おおよそ、12:30-15:00、19:30-23:00
定休日:
日曜日
電話番号:
39 06 686 5890
料金:
飲み物別で、一人予算20ユーロ前後

⑥サンタンジェロ城(レストランから徒歩8分)

テヴェレ川岸にそびえる城塞、サンタンジェロ城は、123年に古代ローマ帝国皇帝ハドリアヌスの霊廟として建設されたものです。その後要塞化して牢獄として使われたこともありました。
サンタンジェロの名は「聖天使城」の意味で、590年に大流行したペストの終息を願った教皇グレゴリウス一世が、この城のてっぺんに大天使ミカエルの姿を見たという伝説からきたものとされています。頂点の大天使ミカエルの像はレプリカで本物は城内です。
そして城正面からの橋の欄干には、全部で10 体の天使の像が並んでいます。ベルニーニが企画デザインしたもので、弟子達の作品だと言われています。彼自身も2体の天使を掘りましたが、オリジナルはサンタンドレア デッレ フラッテ教会にあります。

サンタンジェロ城(Castel Sant’Angelo)
住所:
Lungotevere Castello, 50 00186 - Roma
アクセス:
地下鉄A線 レパント(LEPANTO)駅から徒歩13分 ナヴォーナ広場から徒歩10分
営業時間:
火~日 9:00~19:30(最終入場18:30)
定休日:
毎週月曜日、1月1日、12月25日
電話番号:
39 06 68 19 111
料金:
大人 10.5~ユーロ

⑦ヴァチカン市国(サンタンジェロ城から12分)

ローマにある世界最小の国家、ヴァチカン市国は、国全体が世界遺産に登録されています。小さな国土ですが外せない観光スポットの宝庫です。

■ サン・ピエトロ大聖堂

カトリック教会の総本山で、バロック様式の代表的な建築物です。

聖堂前の広場を取り囲むように配置された284本のドーリア式円柱がすばらしく、てっぺんには、140体の聖人の像が飾られています。 総面積は 約22,000m²もあり、6万人以上が収容できると言われています。

その内部で注目すべきは、まずは、ミケランジェロ設計と言われる大円蓋(クーポラ)です。直径42mのクーポラのその下には、ベルニーニ作の29mの高さの大天蓋があり、必見です。

ミケランジェロ作ピエタは、以前破壊されそうになるという事件がありガラスケースに入ってしまっていますが、その存在感は健在。見逃してはいけない傑作です。十字架から下ろされたキリストを抱くマリアの像です。

サン ピエトロ大聖堂(Basilica di San Pietro)
住所:
Piazza San Pietro, 00120 Città del Vaticano
アクセス:
地下鉄A線オッタヴィアーノ サン ピエトロ ムゼイ ヴァチカーニ(Ottaviano - S.Pietro Musei Vaticani) 駅から徒歩15分
営業時間:
7:00-18:30(4-9月は19:00)
定休日:
なし
電話番号:
39 06 69 88 3731
料金:
大人:クーポラへ エレベーター7ユーロ 階段5ユーロ

■ヴァチカン美術館

ローマ教皇の住居であるヴァチカン宮殿に隣接する、歴代ローマ教皇の収蔵品を展示する美術館です。

「ラファエロの間」

システィーナ礼拝堂

ハイライトは、「ラファエロの間」「ラオコーン像」、そしてミケランジェロの「アダムの創造」「最後の審判」がみられる、システィーナ礼拝堂です。

螺旋階段や美術館中庭の松ぼっくり(通称)も有名で、その気になれば一日過ごすことができる充実感です。

ヴァチカン美術館(Musei Vaticani)
住所:
Viale Vaticano, 00165 Roma
アクセス:
地下鉄A線 オッタビアーノ駅(Ottaviano)下車徒歩10分
営業時間:
月曜~土曜 9:00-18:00(チケット販売は16:00まで) 
     毎月最終日曜日9:
00-14:00
定休日:
日曜 毎月最終日曜日除く
1/1 6 2/11 3/19 復活祭 5/1 6/29 8/15 11/1 12/8 25 26
電話番号:
39 06 69 88 3332
料金:
大人 16ユーロ  子ども(6~18才) 8ユーロ  学割(26才未満) 8ユーロ
毎月最終日曜日は無料開放

⑧おすすめレストランで夜をしめる(ヴァチカン市国から徒歩21分)

■イル・コンヴィヴィオ

出典: flybee.com

ナヴォーナ広場からすぐの隠れ家風レストランですが、ガイドブックなどでも多く取り上げられ、すっかりローマの有名店に。しかしながらその味はやはり美味しい!と評判は衰えません。
イケメンシェフのアンジェロ氏の生み出す、伝統のローマ料理に独創的な新しいエッセンスを加えた絶品の一皿を、ぜひ味わってみてください。

イル・コンヴィヴィオ( Il Convivio)
住所:
Vicolo dei Soldati 31, Roma
営業時間:
20:00~23:00
アクセス:
トラム8号線ラルゴ・ディ・トッレ・アルジェンティーナ(Largo di Torre Argentina)から徒歩12分
定休日:
日曜日 ※夏期休暇あり
電話番号:
39 06 686 9432
料金:
一人100ユーロ前後
ドレスコート:
あり

いかがでしたでしょうか?目的地までの道のりも、歩くことによって、よりローマの美しさすばらしさに触れられることと思います。歴史の偉大さをエッセンスに、すてきなローマの旅を楽しんで下さいね。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • イタリアでおすすめの人気お土産TOP30!

    イタリアは歴史・ファッション・芸術の街として知られ、誰もが一度は訪れたい国の一つとして挙げる観光スポットです。そんなイタリアは観光だけでなくグルメやお土産品もたくさんあり、特にお菓子や食品類はその数の多さに驚くほど。今回はイタリアならではのお土産品30選を、おすすめメーカーもチョイスしお届けします。

  • ローマ周辺の世界遺産をまわり、古代ローマにふれよう!世界...

    ローマには古代ローマの遺跡など、世界遺産に登録されている地域や建物がたくさんあります。そんな世界遺産を巡り、古代ローマにふれる旅をしてみてはいかがでしょうか?人類の進化を肌で感じられるはずです。ローマ周辺の5つの世界遺産をご紹介します。

  • ハイシーズンのローマ観光は早起きが鍵!人混みを避けられる...

    海外旅行先として大人気の街ローマですが、夏休みのハイシーズンはどこに行っても人だらけ。有名スポットで写真を撮りたくても沢山の観光客が写りこんでしまう…そんな状況を回避するなら、早朝観光がオススメ☆まだ人の少ない朝のローマをお散歩して楽しい思い出を作りませんか?

  • イタリア・ローマ旅行なら絶対行くべき人気定番観光スポット...

    憧れのヨーロッパ旅行、中でも代表的な人気都市の一つがイタリアの首都ローマ。古代から栄え、遺跡が多く残るこの街には数多くの見どころがあります。これらはすべて訪れるべき必見スポットばかりですが、時間に限りのある滞在の場合は綿密な計画を練る必要がありますね。そんな時にぜひ参考にしていただきたい、ローマ観光超必見スポットをご紹介します。

  • 【イタリア】世界遺産フォロ・ロマーノの攻略ガイド!古代ロ...

    世界遺産フォロ・ロマーノを知っていますか? フォロ・ロマーノとは、イタリアのローマにある古代ローマ時代の遺跡です。 1980年に世界文化遺産に登録された、フォロ・ロマーノの魅力をご紹介します!

  • イタリア・ローマ観光におすすめの史跡めぐりコース!厳選5...

    イタリアの首都であり今なおイタリアの政治・経済・文化の中心であるローマ。ローマ帝国時代には、世界最大の都市として繁栄していたローマは、現在も街の至る所に、その当時を彷彿とさせる歴史的建造物が多く残されています。今回はそんなローマの歴史的建造物や史跡をご紹介したいと思います。

  • ローマで無料鑑賞できる!イタリア芸術の宝庫・教会巡りのすすめ

    芸術の国と称されるイタリアにはさまざまな美術館が存在しています。その中には、案外知られていない「無料で見られる名画や彫刻を収めた教会」がいくつもあるんです!今回はその中からおすすめの教会をご紹介してみたいと思います。町全体が遺跡のローマでイタリア芸術に浸ってみましょう…♪

  • ローマっ子御用達!日本未上陸のラザニア専門店「LASAGNAM」...

    ファーストフード店の少ないローマで今話題のオシャレなラザニア専門店「LASAGNAM」! 食にこだわるローマっ子や世界中のトラベラーに支持されるその美味しさと魅力をたっぷりご紹介!

  • 【イタリア】ローマのB&B「モシモシ」日本人スタッフ在中&...

    B&Bを知っていますか。ヨーロッパで流行中のベッド&ブレックファーストという意味の宿泊施設です。小規模の家族経営で、民家を使用しての営業が多く、アットホームな雰囲気を旅先で味わえる場所となっています。その上、日本人スタッフがいるとなると、安心感は抜群です。そんなローマのB&Bをご紹介いたします。

  • イタリア・ローマで名作「ローマの休日」のロケ地を巡るプラ...

    1953年に公開された「ローマの休日」には、ローマのあらゆる観光名所が登場することで知られています。ロケ地を巡って街を歩けば、ローマの魅力をあますことなく堪能できることでしょう。今回は、ローマの休日のストーリーに沿っておすすめのスポットをご紹介します。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事