アメリカで絶対ゲットしたい人気のお土産15選!おすすめのお土産はこれ!

217,874

views

0

世界の中心であるアメリカ!あまりにもお土産の種類が多く、どれをお土産に持って帰ったら喜ばれるのかなと悩んでいませんか。ここでは、アメリカの数あるお土産の中でも特に人気の間違いなしのアイテムをピックアップしてみました。

スーパーで購入できるお土産!

職場の同僚や仲の良い友達グループにまとめてお土産をゲットしたいという人には、スーパーがおすすめです。安くて、ボリュームたっぷりのアイテムが多いので、重宝すること間違いなし。アメリカ全土にわたるほどの大きなスーパーチェーンもあるので、アメリカのどこの地域を訪れても利用することができます。スーパー毎に特色があり、はしごしてみるのも◎。
とにかく安く済ませたいけど、女子受けのアイテムを探しているという人は、ウォルマートがおすすめ。激安に加えて、商品の品数も流石アメリカという規模に度肝を抜かれることでしょう。食料品だけでなく、洋服や家電、普段使えるアイテムも勢ぞろいします。ユニークなアメリカ人も多く出没するスポットなので、アメリカの人の普段の生活を観察したい人にもおすすめ。

アメリカにはウォルマートの他には、高級スーパーであるホールフーズマーケット、自社製品が多くキュートさが目立つトレーダージョーズなどがおすすめです。アメリカ人は、週末にまとめて食材を買いに行く人が多いです。そのため、スーパーのカートは超巨大。レジの数も多いので、どのレジがスムーズに会計しているのか注意深く観察する必要があります。さらに、スーパーマーケットの多くは、コンベアに自分の購入したい商品を乗せていく方式が取られている所が多いです。上手に買い物出来るか不安という人は、日本でもコンベア式の会計を導入しているアメリカ生まれの倉庫店「コストコ」などで練習しておくと安心。果物や野菜などは量り売りになっている場合も多いで、戸惑わない様にしましょう。レジで店員さんから英語で話しかけられる場合もあるので、簡単な英会話ができると良いかも。

リーセス

アメリカの定番のお土産と言えば、リーセスのピーナッツバターカップを連想する人も多いのでは。ピーナッツバターチョコのチョコの甘さとピーナッツの歯ごたえに癖になってしまう女子が多発しています。1つ食べれば止まらなくなってしまうので、アメリカのお土産話と共に友人にバラマキすると◎。リーセスのピーナッツバターカップとアイスクリームをクッキーで挟むレシピもアメリカで大人気。アメリカナイズされたパーティーなどを開催する際に、パーティフードとして提供してみることもおすすめ。リーセスには、ピーナッツバターカップ以外にも、キャンディーやプレッツェルとピーナッツバターカップがミックスされているアイテムも販売しています。ピーナッツバターカップだけでなく、様々な味を楽しみたい人にぴったり!

リーセスを展開しているのは、アメリカでも歴史のあるチョコレート会社ザ・ハーシー・カンパニー。リーセス ピーナッツバターカップも1928年に開発されるなど、アメリカでも老若男女問わず知名度抜群のお土産です。コーティングされているチョコレートは、開けると溶けやすいので夏にお土産として渡す際には注意しましょう。甘いだけでなく、しょっぱさも感じることができるので、甘いものがあまり得意でない人も案外ハマってしまう可能性もあります。1つのパッケージに2個入っています。サイズも職場などで食べるのにぴったりなサイズという点もおすすめポイントです。バレンタインの季節で、ばらまき用の義理チョコや友チョコを探している人にもリーセスがおすすめです。アメリカンな味に贈られた相手も満足することでしょう。

スナイダーズ

ビールが好きという方へのお土産としておすすめなのが、日本でも大人気のスナイダーズです。形もハート型に見えて◎。スナイダーズは、1909年誕生したアメリカ合衆国のペンシルベニア州ハノーヴァー生まれのプレッツェルをメインで取り扱う会社です。塩味が効いていて、食べ応えがあるスナイダーズは、ビールのお供に最適。元々ドイツ発祥のプレッツェルなので、アメリカでもドイツ系の人から特に人気のあるアイテムです。フレーバーの種類も豊富なので、贈る相手をイメージしながら購入してみてはいかがでしょうか。おすすめは、チェダーチーズフレーバー。チーズ好きにはたまらない美味しさで、ビールだけでなくワインと一緒に食べても◎。お値段もお手頃で、自分用にもまとめ買いしたいと思う人もいるはず。

全米のシャアは、驚きの35%!アメリカでプレッツェルと言えば、スナイダーズを連想する人も多いでしょう。チーズ味以外にも、ハニーマスタード&オニオン味や甘いものが好きな人におすすめのプレッツェルミルクチョコレート、辛いものが大好きという人へのお土産にぴったりなハラペーニョ味、ガーリックブレッド味などがアメリカでも大人気です。スーパーのスナイダーズのコーナーへ行って、全種類購入して食べ比べをお土産にしてみるということもおすすめ。小さな袋に入っているスナイダーズがスーパーの定番ですが、巨大サイズのスナイダーズが販売されている場合もあります。大きいものだと5倍程度の大きさになります。ばらまき用のお土産には小さいサイズ、自分が気に入ったフレーバーは大きいサイズをゲットすると良いですね。

ステイシーズ・ピタ・チップス

アメリカ人は、チップス系のスナックが大好き。スーパーでもかなり多くの種類が販売されています。そんなチップス激戦区のアメリカで支持されているのがステイシーズ・ピタ・チップスです。ステイシーズ・ピタ・チップスは、新感覚が売りのチップス。1度オーブンで焼かれたチップス生地にフレーバーをふりかけ、再度火で焼いているというところが特徴的。食感が最高で、食べ始めると止まらなくなること間違いなし。チップスには目が無いという人にも納得の美味しさです。原材料にもこだわっていて、オイルにはヒマワリオイルとキャノーラオイルが採用されています。スナックに使われているオイルにも気を配るという人にも喜ばれるお土産です。シナモンシュガー味やパルメザンガーリーック&ハーブ味が定番なので、まずはあなたがお試しあれ。

他にもフレーバーが強すぎる味は困るという人には、塩味だけのフレーバーで人気のシンプリーネークト味も販売されています。シンプリーネークト味は、チーズやワインと一緒に食べても◎。興味がある人は、全種類を試して美味しいものだけをお土産にしてみるということもありです。ステイシーズ・ピタ・チップスの誕生は、サンドイッチ店。待ち時間を持て余すゲストに対する心遣いからりチップ型のピタパンをサービスで提供したことがきっかけなのだとか。当初は、残り物を利用して作られていたそうです。会社名にちなみ全米のステーシーさんに向けて、ステイシーズ・ピタ・チップスを贈るキャンペーンをするなどユニークさもピカイチ。ぜひ日本でも友達とその美味しさを分け合ってみては。

ラッフルズ

ラッフルズもポテトチップス大好きという人へのお土産に最適です。日本のポテトチップスの様に薄くてぱりぱりというタイプではなく、厚めで歯ごたえ抜群という点が特徴的。日本のポテトチップスに比べて塩辛いという口コミもありました。こちらもビールのお供にも最適。切り方もクリンクルカットなので、アメリカらしさを感じることでしょう。フレーバーも特徴的で、チェダーチーズ&サワークリーム味といった定番から、バッファローウイング味やハニーマスタード味など日本のメーカーでは販売されないような味があるところも魅力的。アメリカらしさを味から友人に伝えることができますよ。ドレッシングをディップして食べても美味しいので、アレンジしてサラダなどと一緒に食べる方法もおすすめです。ソーダにもよく合います。

1枚1枚が大きいので、ポテトチップスを”食べている”という感覚が存分に味わえるラッフルズ。ダイエットのことを忘れて、ストレス発散したい時にはぴったりです。初めて食べる際には、想像しているよりも塩気が強い場合がるので、飲み物の用意をお忘れなく。アメリカでは、クリームチーズやサワークリームと一緒に食べると美味しいと言われているみたいです。アメリカの味を再現したいという人は、試してみてください♪ギザギザのチップスの形はディップするのに最適!何を付けて食べると美味しいのかを研究してみる価値もありそうです。日本ではなかなかお見かけしないポテトチップスのブランドである点も評価が高いです。まとめ買いしても、ばらまき用として重宝することでしょう。

キスチョコ

ハーシー社の『キスチョコ』は、アメリカお土産の定番中の定番。1907年にアメリカで誕生し、年配の方から子供まで愛され続けている超ロングセラーのチョコレートです。見た目もキュートで、種類も豊富。どうしてキスチョコという名前なのかというと、まるでキスをしたような『チュッ』という音が、キスチョコ製造機から鳴るからという説があります。缶入りタイプや袋入りのタイプなどバリエーションも豊か。ばらまき用には袋に入ったキスチョコを購入し、特別なお土産にはアメリカらしい絵柄の缶入りをチョイスすると良いでしょう。巨大サイズのキスチョコもあるので、キスチョコが大好きという人のお土産に◎。味の種類も豊富で、定番はミルクチョコレート味。独特の香りに五感でキスチョコを楽しめます。何個でも手が伸びる美味しさです。

甘いキャラメルソースや意外に甘いダーク味、好きな人にはたまらないミント味、アーモンド入りの物など種類は様々。日本人にとっては、不思議な味のフレーバーもありますが、全ての種類を購入して味の食べ比べをしてみるのもおすすめです。キスチョコを販売しているハーシー社は、1894年創業の老舗メーカー。ペンシルバニアでミルクチョコレート作りを手掛け、アメリカの庶民にチョコレート文化を根付かせた企業の1つでもあります。ラスベガスには、ハーシー チョコレート ワールドというオリジナルのショップも展開しているのでそちらも要チェックです。キスチョコの可愛い形を真似したアクセサリーや日用雑貨なども販売されているので、もし見かけた時には自分用のお土産や結婚式の二次会の景品など用に購入するとSNS映えして面白いですよ。

m&m’s

m&m’sもアメリカでは知らない人はいない人気のチョコレート菓子。砂糖菓子で包まれているチョコレートがとてもカラフル。「m」と書かれた刻印もお馴染みですよね。一口食べると止まらない美味しさで定番のお土産になっています。夏場でも溶けにくいので、暑い時期にアメリカを訪れた人でチョコレートを大量にお土産にしたいという人に◎。m&m'sの誕生秘話は、夏場でもチョコレートが食べたいというアメリカ兵の欲求を満たすため。フォレスト・マースが、内戦中のスペインで砂糖で包まれたチョコレートを暑い季節にも関わらず楽しんでいるところを見てインスピレーションを得たそうです。1941年から製造が開始されたm&m’s。その誕生の由来からから、現在もm&m’sはアメリカ軍で支給されるアイテムの1つになっています。

m&m’sのMはどんな意味か気になっている人も多いと思います。スペインでアイディアを思いついたフォレスト・マースと友人でハーシー社の社長の息子だったブルース・ムリーの頭文字から取ったそうです。Mの頭文字を持つ友人へのお土産にも良いですね。m&m’sは、スーパーでも手に入れることができますが、時間がある人は、フロリダやラスベガス、ニューヨークにあるm&m’s worldに足を運んでみると良いでしょう。巨大なキャラクターの像などがあなたをお出迎えしてくれます。m&m’s n量り売りされているコーナーも人気があるので、好きな分をお土産にすることも可能です。m&m’s をモチーフにしたキャラクターのぬいぐるみなども販売されているので、m&m’s のシニカルなキャラクターが好きという友達へのお土産にも◎。

ポップタルト

アメリカで超定番のお菓子であるポップタルト。いかにもアメリカらしい色合いもキュート!朝食や夜食として食べられることが多く、スーパーで手軽にゲットすることができます。タルト生地にジャムなどの様々な味がサンドされています。上から甘いトッピングがされているところもアメリカらしさを感じて◎。子供向けの給食にも登場することがある超定番の保存食です。食べ方はそのまま食べても美味しいですが、トースターなどで温めてから食べるとさらに美味しくなるのでおすすめ。あまり温めすぎると、中のフレーバーが溶けてしまうこともあるので、2分前後の短い時間にしておくと良いでしょう。日本には無い味で、アメリカに留学経験のある人などへお土産で渡すと、懐かしいと喜ばれること間違いなしです。クセになる美味しさは◎。

スーパーでポップタルトのコーナーへ行くと、30種類ほど展開されていてどれが美味しいのか迷ってしまうかもしれません。初めてポップタルトを食べるという人へのお土産には、定番のストロベリー味やチョコ味、ブルーベリー、チェリー味などがおすすめ。フルーツ系のフレーバーは、適度な酸味は朝ごはんにぴったりです。冒険したい人や受け狙いのお土産を探している人は、バニラアイスにホットファッジサンデーがかかっているホットファッジサンデー味や日本では見ないような色合いのワイルドベリ―味を購入してみるのもおすすめです。タルト生地なので、崩れやすいという難点がありますが、持ち運びに便利なケースも販売されているようです。ポップタルト好きにはケースも一緒にお土産にしてみると良いかもしれません。

ライスクリスピートリート

ライスクリスピーもアメリカでは定番の朝食。米のシリアルになっていて、牛乳にかけて柔らかくして食べるのがアメリカキッズの大好物です。そんなライスクリスピーをマシュマロで絡めて持ち運びに便利にしたのが、ライスクリスピートリートです。マシュマロの甘さとサクサク感が堪らないと癖になる人が続出しています。鞄に入れて小腹がすいた時にさっと食べるのに便利!カロリーも90カロリーと頭の回転を促進するのに最適です。日本でも注目を集めつつあるアイテムなので、流行に敏感な友人へのお土産にしてみても良いですね。職場へのばらまき用のお土産にするのも◎です。ライスクリスピーズを使って、ハンドメイドすることも大人気。まずはライスクリスピートリートの美味しさを身近な人にお裾分けしましょう。

あまり甘すぎないので、男性へのお土産にも◎。パッケージも鮮やかなブルーで、鞄に入れておいてもすぐに見つけることが可能です。ニューヨーカーも大好きで、ライスクリスピー専門店Treat Houseがニューヨークでオープンするほど。ライスクリスピートリートを現地の人はどのように食べるのか気になった人は足を運んでみるのもおすすめです。フレーバーやトッピングもバリエーション豊かで◎。自分用にまとめ買いをして、専門店で試したトッピングを自宅でも再現してみると美味しいですよ。先ほどご紹介したm&m’sと一緒に食べると甘さが口いっぱいに広がり、食感も楽しむことができるのでおすすめです。日本で言うとおこしに食感が似ているので、年配の方へのユニークなお土産として選んでみても良いかもしれません。

ベアネイキッドグラノーラ

日本でも大人気のグラノーラ。健康志向の方へのアメリカのお土産におすすめなのが、キュートなクマのパッケージが魅力的なベアネイキッドグラノーラ。フレーバーもバリエーション豊かで、フルーツ&ナッツグラノーラ味は、ナッツやドライフルーツがたっぷり入っていて、朝から元気が出そう。甘いものが好きという人には、チョコレートがたっぷり入ったカカオ&カシューナッツバター ソフトベイクグラノーラ味が大人気。どちらもたっぷり入っていて、大満足間違いなしです。グルテンフリーなので、グルテンをなるべく取らないようにしているダイエット中の友人にも気軽に手渡すことができます。そのまま食べても良いですが、豆乳や牛乳と一緒に食べるとさらに美味しいです。噛み応えもあるので、少しの量でも満足できますよ。

日本のグラノーラでは物足りないと感じている人へのお土産にも最適なベアネイキッドグラノーラ。環境のこともしっかり考えられていて、フェアトレードに認証された素材が使われているところも魅力的。甘い味わいは子どもでも食べることができるので、幼い子どもがいる友人へのお土産にしても良いでしょう。アメリカ人は、グラノーラが大好きで、スーパーにもベアネイキッドグラノーラ以外にも様々な種類が展開しています。アメリカ映画やドラマでもグラノーラやシリアルを常備している光景を観ることがあります。オーガニック専門店などでも販売されているような高級グラノーラから、とにかく安いグラノーラまでバリエーション豊か。アメリカに長期滞在するという人は、お気に入りのグラノーラを見つけてそれをお土産にしてみても良いですね。

ウォルマート(walmart )
住所:
全米各地にあり
電話番号:
全米各地にあり
アクセス:
店舗により異なる
営業時間:
店舗により異なる

スターバックス1号店で手に入れたいお土産

日本でも大人気のスターバックス。そんなスターバックスの故郷であるアメリカ・シアトルには、スターバックス1号店があります。世界中からスターバックスファンが集まる聖地になっています。全米のスターバックスでもアメリカ限定のマグカップなどが展開されているのでそちらをお土産にするのも良いですが、シアトル周辺を滞在するという人はせっかくの機会なので1号店に足を運んでみましょう。90の国で22,500店以上経営しているスターバックスの原点に触れることができて、感動すること間違いないです、スターバックスは、1971年にコーヒー焙煎会社としてスタートします。その後、現在のスターバックスの会長兼CEOのハワード・シュルツがテイクアウトメニューを考案し、現在のスターバックスの礎を作りました。

スターバックス1号店は、他のスターバックスのロゴとは違い茶色をベースにしている点が印象的。人魚絵もかなりリアルに描かれています。とても小さなお店なので、行列は必死。スターバックス1号店でゆっくりしたいという人はオープンしたばかりの早朝が比較的空ているという口コミもあるので、朝早く起きてみるのもあり。座ってゆっくりする時間が無いという人は、お土産とコーヒーをテイクアウトして雰囲気を味わうだけでも良いでしょう。スターバックス生誕の地であるシアトルには、ファースト&パイク店でや焙煎工場など魅力的なスターバックスに関連するスポットが他にもあります。シアトルで時間が取れるというスターバックス好きは、そちらもチェックしてみても◎。SNSにアップすれば、スターバックス好きファンから羨ましがられること間違いなしです。

マグカップ

ご当地スターバックスのマグカップを収集している方も多いはず。そんなご当地スターバックスマグカップの頂点に立つレア度で人気なのが、1号店限定のマグカップです。クラシックなスタバのロゴがとても上品で自分用と友人用に買いたくなることでしょう。専用ボックスも用意されているので、日本まで割らずに持ち替えることができるか心配という人にも◎。限定マグカップも種類が豊富。1号店が入っている「PIKE PLACE MARKET」という文字が印刷されているものもあるので、シアトルの1号店に行ってきたということを飲むたびに実感できるものもあります。シンプルなデザインで1号店の住所が書かれているタイプのマグカップも大人気です。眺めていれば、1号店の住所もすらすらと言えるようになるかもしれませんよ。

シアトルデザインもマグカップもあるので、1号店限定デザインのマグカップとともに購入しておきたいところです。他にも、ブラウンを基調にしたレアなマグカップも展開されています。お値段も$12.95程度と比較的お求めやすい値段であるところもポイント。お土産用と自分で使う用、インテリアや保管しておく用と複数購入してみるのも◎。アメリカで販売されているスターバックスのご当地マグカップ「You Are Here」ですが、1号店外にも全米各地で展開されています。ホワイトハウスが描かれているワシントンD.C、夜の街並みが描かれたマグカップが印象的なニューヨーク、ハワイバージョンのマグカップなどラインナップ豊かです。残念ながらシアトルは足を運ばないという人は、訪れた都市のご当地マグカップを探してお土産にしてみましょう。

タンブラー

ご当地マグカップと並んで人気なのが、スターバックスらしいご当地タンブラー。陶器質のタンブラーなど日本のスターバックスでは見かけないような種類も販売されている点が魅力的です。デザインも1号店をモチーフにしているので◎。お土産には持ち帰るのに割れないか心配ですが、上手く包装して日本に持ち帰ると喜ばれること間違いなしです。陶器質のものは、保温にも優れているので寒い日本の冬にも重宝すること間違いなし。こちらも自分用に購入して、日本のスターバックスで利用すると周囲から熱いまなざしで見られること間違いなし。もちろん、持ち運びに便利なステンレス製のタンブラーも1号店デザインのものが用意されています。冷たい飲み物用のタンブラーもあるので、フラペチーノ好きにはそちらをお土産にしてみては。

タンブラーの良いところは、繰り返し何度も使うことができる点。初代ロゴが入っているものは、魔法瓶感覚て日常使いできる点もおすすめポイントです。飲みやすいように取っ手が付いたタンブラーも発売されているので、そちらも要チェック。スターバックスにはあまり行かないという人でももらうと嬉しいお土産と言えるでしょう。スターバックス1号店では、他にもコーヒーの量を計ることができる専用スプーンも展開しています。デザインも随時更新され、微妙に違うアイテムも次々と発売されています。以前にスターバックス1号店に足を運んだことがあるという人も、再度足を運べばまた違ったデザインのタンブラーやマグカップに出会えるかもしれません。気に入ったアイテムはすぐにゲットしておくことをおすすめします。

スターバックス1号店(STARBUCKS COFFEE)
住所:
1912 Pike Place, Seattle, WA
営業時間:
06:00~21:00
電話番号:
+1 206-448-8762
アクセス:
Westlake Stationから徒歩5分

アメリカンガール

女の子のお子様やもちろん女子にもおすすめなのが、アメリカンガールです。アメリカンガールは、バビ―やリカちゃんよりもやや大きめの女の子が対象の人形。抱き心地が良く、小学生の年代のアメリカの女の子たちの憧れの存在でもあります。日本のお人形との大きな違いは、種類の多さ。様々な人種の人が暮らしているアメリカで髪の毛の色や目の色、アジア系、ヨーロッパ系などのバリエーションがあります。友達によく似た人形をお土産にすると喜ばれるでしょう。専用のショップも全米の主要な都市にあり、NY5番街では人形用の美容院や専用のカフェもあります。アメリカンガールは小物も充実していて、人形と同じ服なども販売されているのでそちらもチェック。

元々アメリカンガールが誕生したのは、元教師をしていた女性が教育目的で女の子が登場する物語を作ったことがきっかけ。ストーリーにあった人形を販売したところ、爆発的なヒット。義足の女の子に義足の人形をカスタマイズするなど感動的な秘話でもお馴染みの会社に成長しました。本体価格は日本円で1万6000円程度と高額ですが、アメリカではほとんどの女の子が持っているというデータも。高校生ぐらいの女の子も夢中になっているようなので、かなり本格的。特別な女友達へお土産にすると喜ばれることでしょう。アメリカンガールプレイスはニューヨークだけでなく、ロサンゼルスにも大きな店舗があります。アメリカの女の子の文化が知りたいという人が覗いてみても面白いですよ。なんと、着物などの小物もあるそうです。今話題のアメリカンガールの人形で、しばしば童心に返ってみませんか。

アメリカンガールプレイス(American Girl Place - New York)
住所:
75 Rockefeller Plaza, New York, NY 10019 アメリカ合衆国
営業時間:
10:00~19:00
電話番号:
+1 877-247-5223
アクセス:
バスターミナル5 Av/ w 52 Stから徒歩2分
営業時間:
土曜日:09:00~21:00
     日曜日:
09:00~17:00

バス&ボディーワークス

ボディケア用品のお土産は、安くて女子受け抜群。なかでも日本未上陸のブランド「バス&ボディーワークス」がアメリカ旅行のお土産におすすめです。パッケージも乙女心をくすぐるようなカラフルなデザインで◎。値段もばらまき用にもぴったりなお得なプチプラから、自分用のお土産に購入したいエレガントなアイテムまで幅が広いところも人気のポイント。香りのバリエーションも豊かで、お気に入りの匂いがきっと見つかるはず。友人をイメージした香りのアイテムをお土産にすれば喜ばれること間違いなしでしょう。まとめ買いをすれば、割引いてくれるキャンペーンも度々行われている点も魅力的。アメリカ本土だけでなく、ハワイを代表するショッピングセンター「アラモアナセンター」にもお店があります。ハワイ限定アイテムも◎。

実は、メンズラインも展開しているバス&ボディーワークス。彼氏へのお土産選びにも最適です。アイテムの香りで悩んだのなら、Japanese Cherry Blossumがおすすめ。日本人にもなじみ深い匂いなので、喜ばれることでしょう。他にもアメリカらしい匂いも展開しています。おしゃれな持ち運べる除菌ハンドジェルも大人気なので、綺麗好きのあの子へのお土産にも最適です。さらにあの人気俳優チャングンソクさんや平子理沙さんなどもバス&ボディーワークスの商品を利用しているのだとか。バス&ボディーワークスの匂いで憧れの芸能人と同じ香りを楽しむということも可能です。商品開発の際には、環境や動物にも配慮した作り方をされている点も高評価。季節の香りもあるので、アメリカを訪れる度にチェックしてみて。

バス&ボディーワークス(Bath & Body Works)
住所:
441 Lexington Ave, New York, NY 10017 アメリカ合衆国
営業時間:
08:00~21:00
電話番号:
+1 212-297-0901
アクセス:
グランド・セントラル・ステーションから徒歩2分
営業時間:
土曜日10:00~21:00
     日曜日:
10:00~20:00

ヴィクトリアズ シークレット

日本ではなかなか手に入りにくいアメリカの人気ファッションブランド「ヴィクトリアズ シークレット」も女子受け抜群のお土産です。下着のイメ―ジが強いヴィクトリアズ シークレットですが、洋服のラインナップも充実。オシャレな小物をお土産に持ち帰れば、あなたのセンスの良さに女友達も大満足間違いなしでしょう。香水や美容アイテムなども販売しているのでそちらも要チェック。ミニ香水やリップクリームなど10ドル程度で販売されているアイテムもあり、ばらまき用としても最適です。発色もアメリカらしくて雰囲気がでるはず。ヴィクトリアシークレットの『エンジェルズ』と呼ばれるモデルになりきって大胆な下着などをお土産にしてみるのも面白いですね。自分用と親しい友人でお揃いのアイテムも購入してみても◎。

ヴィクトリアズ シークレットは、1977年にロイ・レイモンドがサンフラシスコで立ち上げた企業が始まり。ニューヨークやハワイなどアメリカの主要な観光都市に大きなショップが展開しています。フラッグシップ店がニューヨークにあり、ビクトリアズ・シークレット・ミュージアムもオープンしています。かつてショーで有名モデルが着用したヴィクトリアズ・シークレットのアイテムが展示されているので、おしゃれに興味がある人はそちらも覗いてみましょう。ニューヨーク店オリジナル商品も人気です。日本では購入しないような派手なデザインの下着も、アメリカでは大人気の場合も。自分用の旅の思い出に、思い切って購入してみてはいかがでしょうか。自分に自信が付くかもしれませんね。おしゃれなお土産を探している人にぴったりです。

ヴィクトリアズ シークレット(Victoria's Secret)
住所:
1328 Broadway, New York, NY 10001 アメリカ合衆国
営業時間:
09:00~21:30
電話番号:
+1 212-356-8380
アクセス:
34 Street-Herald Sq Stationから徒歩1分
営業時間:
10:00~21:00

ベネフィット

ベネフィットも日本にまだ入ってきていないアメリカの人気ブランドです。コスメ好きや珍しいものが大好きという女子に最高のアイテムと言えるでしょう。サンフランシスコで誕生したベネフィットは、ハリウッドのスターからも大人気。日本でも有名モデル梨花さんや平子理沙さん、紗栄子さんなどが愛用していることで有名です。1976年に美人姉妹であるジーンとジェーン・フォードが開始したブランドで、現在世界30カ国で展開しています。早く日本にも店舗が展開されないかなとヤキモキしている人も多いはず。雑誌などでも取り上げられることが多いので、コスメ情報に敏感な人などに土産として購入すると重宝されますよ。パッケージもガーリーな雰囲気で大人気。どの年代の女性からも支持される大人気のコスメです。

可愛いだけでなく、化粧品としてのクオリティーの高さはお墨付き。ビューティアワードも獲得しているなど、全米でも注目を集めているコスメブランドです。コスメは試してみないと分からないという人には、試供用のコスメも用意されています。店内では、メイクアップもしてくれるのでベネフィットのアイテムを使ったメイク方法なども学ぶことができますよ。自分用のお土産も欲しくなることでしょう。ベネフィットでは、男性スタッフも多く男性にも化粧を施してくれます。化粧に興味のあるメンズがいれば、お土産にしてあげると良いでしょう。自分だけでなく、周りも綺麗になれるお土産に大満足間違いなしです。

ベネフィット(Benefit)
住所:
262 Sutter St.
営業時間:
09:00~20:00
電話番号:
(415)749-9073
アクセス:
ユニオンスクエアより徒歩5分
営業時間:
月曜日、火曜日:10:00~19:00
     土曜日10:
00~18:00
     日曜日:
11:00~16:00

まとめ

アメリカでおすすめのお土産をご紹介してきました。アメリカで買い物する際に注意したいことは、意外にレジの打ち間違えが多いことです。特にばらまき用のお土産で大量にまとめ買いするという時には、お店を出る前にレシートをよく確認しましょう。さらに意外によく店員さんから話しかけられます。英語は苦手という人も笑顔で応対できるようにしておきたいものです。洋服などをお土産に購入する場合にも、サイズが日本の物とは違うのでよく確認してから購入するようにしましょう。さらにアメリカはクレジットカードが生まれた国。現金で支払うよりもクレジットカードを利用した方が便利な場合もあります。アメリカを旅行する際には、忘れないで持って行くようにしましょう。楽しい買い物をアメリカで楽しんでください。

さとひろろ

鉄道好きの夫と全国を鉄道で飛び回っています。娘と息子を鉄子にするか悩んでいる今日この頃。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • アメリカで開催される5大セールの時期はいつ?クリスマスや...

    国土やスーパーの大きさも有名なアメリカ。田舎であればあるほどスーパーに行く回数は減り、そのせいか、飲み物や食べ物一つひとつが大きいです。そんなアメリカはセール大国でもあり、主婦の皆様は毎日が大変!今回はそんなアメリカの年に5回ある大きなセールをご紹介します。

  • アメリカでおすすめのアイスクリームチェーン店!発祥店で食...

    アイスクリームはアメリカで多くの方に食べられているいわば国民食です。そのため、アメリカ発祥のアイスクリームチェーン店はたくさんあります。 そこで、おすすめなアイスクリームチェーン店をご紹介します。

  • 日本と比べてココが違う!アメリカのコンビニ事情

    日本のコンビニって、ちょっとした買い物をする時に近くにあってとても便利ですよね。ところがアメリカでは、店名は同じでもコンビニのタイプが全然違う事、ご存知でしたか?今回は、日本とは少し違ったアメリカのコンビニ事情をご紹介していきます!

  • アメリカ・ロサンゼルス発日帰りルート66お楽しみプラン!観...

    ルート66を走る!って夢のようなプラン。ルート66は全長3,700km、日本を縦断してもまだ足りないくらい。観光旅行の中に組み込むのは難しいですよね。そ・こ・で、ロサンゼルスのRoute66だけ日帰りで楽しんでしまおうという欲張りプランをご紹介。

  • 死ぬまでに見るべき! グランドサークルの奇観7選!

    グランドサークルと聞いて連想するのはどこでしょう? グランドキャニオン? モニュメントバレー?それともアーチーズでしょうか?実はグランドサークルには、それらの有名どころを遥かに凌ぐ秘境がまだまだあるんです!それは、「地球上にこんなところがあるの!?」と思わず目を疑うような奇観。死ぬまでに絶対に行ってみたくなる、世にも不思議な絶景をご紹介します。

  • サンフランシスコ観光ならアラモ・スクエアへ!「フルハウス...

    オルセン姉妹が子役として知名度をあげたアメリカのシットコム「フルハウス」のロケ地でも有名なペインテッド・レディース(19世紀のビクトリア建築)の家並みとその向こうに見えるダウンタウンを一枚の写真に収めなきゃ、サンフランシスコ観光は語れない!?

このエリアの新着記事
  • 日本と比べてココが違う!アメリカのコンビニ事情

    日本のコンビニって、ちょっとした買い物をする時に近くにあってとても便利ですよね。ところがアメリカでは、店名は同じでもコンビニのタイプが全然違う事、ご存知でしたか?今回は、日本とは少し違ったアメリカのコンビニ事情をご紹介していきます!

  • アメリカでおすすめのアイスクリームチェーン店!発祥店で食...

    アイスクリームはアメリカで多くの方に食べられているいわば国民食です。そのため、アメリカ発祥のアイスクリームチェーン店はたくさんあります。 そこで、おすすめなアイスクリームチェーン店をご紹介します。

  • アメリカ基本情報 【お水事情編】

    海外旅行中に気になる飲み水の安全性。世界最大の国家であり、観光大国でもあるアメリカのお水は安心・安全なのか調べてみました!

  • 必見!アメリカ在住者が選んだ人気観光スポット15選

    日本人の海外旅行の行き先として人気のアメリカ。広大な国土を持ち、様々な人種の人達が住んでいることから、それぞれの州に異なった特色があるユニークな国です。今回は、現在アメリカ在住の筆者が実体験と統計をもとに、ぜひみなさんに訪れていただきたいスポットを選んでみました!

  • アメリカ基本情報 【トイレ編】

    海外旅行に行く前は観光スポットを下調べしますが、いざというときに困るのがトイレですよね。今回はアメリカのトイレ事情についてまとめました!

  • アメリカ基本情報 【言語・お役立ち会話編】現地で役立つ英会...

    アメリカへの旅行で悩むポイントが英会話。ガイドブックの指差しやスマートフォンのアプリなどでも通じますが、できれば自分の力で現地の人と話してみたいですよね。そこで今回は、アメリカへ旅行する前にチェックしたい、お役立ちフレーズを集めてみました。

  • アメリカ基本情報 【交通手段編】

    広大なアメリカを移動する場合は飛行機を選びがちですが、鉄道やバスを使って移動することも可能です。本記事では飛行機以外の交通手段について紹介しましょう。

  • アメリカで開催される5大セールの時期はいつ?クリスマスや...

    国土やスーパーの大きさも有名なアメリカ。田舎であればあるほどスーパーに行く回数は減り、そのせいか、飲み物や食べ物一つひとつが大きいです。そんなアメリカはセール大国でもあり、主婦の皆様は毎日が大変!今回はそんなアメリカの年に5回ある大きなセールをご紹介します。

  • アメリカ基本情報 【お金編】

    広大な国土面積を誇るアメリカは、雄大な大自然も華やかな大都市も楽しめる観光大国です。ここでは、そんなアメリカの通貨や為替レート、両替、チップなど、アメリカのお金に関する基本情報を紹介します。アメリカに行かれる前には、ぜひご一読くださいね!

  • ラスベガス人気ホテル「アリアホテル&カジノ」特集!3つ星...

    ラスベガスを代表するホテルといえば、アリアホテル アンド カジノ (ARIA Resort & Casino)。夜遅くまでカジノを楽しんで、そのあとホテルの部屋に直帰できるだなんて至福ですね!シティーセンター内にあるこのホテルの魅力を徹底解剖します!

この記事のキーワード
このエリアの人気記事