川越一人旅でおすすめの観光&グルメスポット15選!

19,029

views

0

城下町として栄えた川越は、都心からアクセスしやすく、少しだけ日常を離れたい一人旅にぴったりの旅行先。レトロな趣のある小江戸、一人でも気軽に楽しめる、オススメの川越の観光&グルメスポットをご紹介します!

1. 川越氷川神社

1500年の歴史を持つ「川越氷川神社」には、縁結びの神様として有名な出雲大社の大己貴命のほかに、素盞嗚尊と奇稲田姫命、脚摩乳命と 手摩乳命という2組の夫婦神様が祀られていることから、夫婦円満と縁結びの神様として信仰されている神社です。広い意味で人と人との縁を結ぶご利益があることから、友人関係や仕事関係の良縁にもご利益があると考えられています。小さい釣り竿で釣るかわいい「鯛みくじ」には、ピンク色の「あい鯛みくじ」と赤色の「一年安鯛みくじ」の2種類があります。いずれも尻尾のところにおみくじがはさまっています。

夏の間に催される「縁結び風鈴」という祭事には、回廊に飾られた色とりどりの風鈴が風にゆられて涼しげな音をだす「風鈴回廊」が出現します。夜には美しいライトアップも楽しむことができますよ。一日に20個限定の「縁結び玉」は、午前8時に、社務所に置いてある整理券と引き換えに「縁結び玉」と交換することができます。その後、生涯を共に歩む相手と巡り会うことができたなら、二人で一緒に川越氷川神社にお参りして、いただいた「縁結び玉」を返納しましょう。そうすることで、二人の縁が続くように特別なお守りをいただくことができるという風習があります。

川越氷川神社
住所:
埼玉県川越市宮下町2丁目11−3
営業時間:
08:00~18:00
電話番号:
049-224-0589
アクセス:
宮下町バス停から徒歩1分
料金:
自由参拝

2.蔵造りの町並みと時の鐘

出典: www.jalan.net

かつて城下町として栄えた川越には今も当時の面影を感じさせる「蔵造りの町並み」が残っています。「小江戸」と呼ばれ親しまれた川越の町並みには、重厚感のある黒漆喰の壁と瓦屋根のお店が軒を連ねています。通りには電線がなく、時代劇の一幕に登場しそうな美しい町並みが特徴です。江戸時代に迷い込んだかのように、歴史を感じさせる町並みは風情たっぷり。観光案内所で観光マップをもらって、お店を覗きながらゆっくりと散策してみましょう。「蔵造りの町並み」は多くの人が訪れる川越を代表する観光スポットです。

蔵造りの町並み
住所:
埼玉県川越市幸町2
電話番号:
049-222-5556
アクセス:
一番街バス停下車

出典: www.jalan.net

蔵造りの町並みにひときわ高くそびえ立つ「時の鐘」は、川越のシンボルとも言える代表的な観光スポットです。城下町の頃に時を告げる役目担ってきた鐘つき堂で、木造の建物には三層のトタン屋根がついています。過去に度重なる火事で消失した後にも、度々建て替えられてきました。4代目となる現在の時の鐘は午前6時、正午、午後3時、午後6時の4回、時を告げています。情緒ある町並みに響く「時の鐘残」は「残したい日本の音風景100選」に選ばれ、川越の人々や訪れる人々に親しまれています。

時の鐘
住所:
埼玉県 川越市幸町15−7
電話番号:
049-224-6097
アクセス:
一番街バス停から徒歩1分
料金:
なし

3.あぶり珈琲

出典: tabelog.com

「あぶり珈琲」は「時の鐘」から一本奥に入った静かな通りに建つ喫茶店。観光客で賑わうメインストリートを一歩入っただけで、全く違う雰囲気の静かな通りがあることに驚くことでしょう。フランス語で隠れ家を意味する「あぶり珈琲」はその名の通り、賑わいから逃れてホッと一息つきたいときにぴったりの場所です。歴史のある川越の町にマッチしたお店はレトロな雰囲気が魅力です。ダークブラウンが基調の店内にはアンティーク家具が置かれ、木のぬくもりを生かした内装と絶妙な統一感を醸し出し、落ち着く空間が魅力です。

お店専属の珈琲鑑定士から仕入れた豆を、自家焙煎し淹れられるコーヒーは、何種類ものロースト方法から選ぶことができるのが特徴です。こだわりのコーヒーは香りが高く、コーヒー通にもおすすめです。ケーキセットはチーズケーキ、ショコラ、コーヒーゼリー、スコーンと組み合わせることができます。また軽食メニューもあり、チーズたっぷりの「クロックムッシュ」や分厚い「パテサンド」、シンプルな「トースト」をコーヒーと一緒にいただくのもおすすめです。本を読みながらゆったりとした時間を楽しむのにぴったりのお店です。

あぶり珈琲
住所:
埼玉県川越市大手町15−8
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
049-226-8556
定休日:
火曜日
アクセス:
本川越駅から1,117m
料金:
1000円以下

4.菓子屋横丁

出典: www.jalan.net

郷愁をそそる川越の人気観光スポット「菓子屋横丁」には、色とりどりでどこか懐かしいお菓子が並ぶお菓子屋さんが20店舗ほど軒を連ねています。日本人の誰もが不思議と懐かしさを感じてしまう庶民的な駄菓子の数々。醤油の焦げる香りや、飴の甘い香りやニッキの香りが漂う通りは、平成13年度環境省の「かおり風景100選」に選定されました。一昔前に戻ったような、人情味のある温かみのある通りを歩けば、大人も子供も我を忘れて、お菓子選びに夢中になってしまうことでしょう。「菓子屋横丁」は小江戸川越らしい観光スポットです。

明治時代はじめ鈴木藤左衛門が川越で菓子づくりをはじめたことがきっかけの「菓子屋横丁」は、関東大震災の折に、菓子製造が難しくなった江戸に菓子を製造し供給したことで発展したと言われています。駄菓子屋で不動の人気を誇る「麩菓子」や焼きたての「せんべい」、「たい焼き」や「焼きだんご」など、庶民的なあらゆるお菓子が揃っています。お店ごとに特徴があり、自家製の飴を販売している店やバームクーヘンの店なども人気です。童心にかえって、懐かしいお菓子を色々探してみましょう。かさばらないお土産探しにもおすすめのスポットです。

菓子屋横丁
住所:
埼玉県川越市元町2丁目
営業時間:
00:00~23:59
電話番号:
049-224-5940
定休日:
店により異なる
アクセス:
菓子屋横丁バス停からすぐ

5.福呂屋の和菓子

出典: tabelog.com

川越のシンボル、時の鐘のとなりにある風情のある「福呂屋」は、明治8年創業の川越の老舗和菓子店です。看板商品の「きんつば」は、創業当時のこだわりを守り続けながら、時代にマッチするように変化した商品。「生きんつば」はお芋と紫色の2種類。もち米と小麦粉に芋粉を混ぜて焼かれた生地が使われています。それぞれの商品にはこだわりの素材を使用して、素材の味を生かす工夫がされています。添加物を一切使用せず、シンプルな素材で作られる和菓子は混じり気のない素朴の味の中に、職人の技が活かされていることを感じるでしょう。

2階のカフェ「鐘つき茶房」はシンプルで清潔感のある空間です。畳のスペースもあり、町歩きに疲れたらホッと一息つくのにぴったりです。「芋ドラアイス」はメディアにも度々取り上げられる人気の商品で、どら焼きの皮は一枚一枚お店で焼かれており、ふわふわの食感がたまりません。時の鐘がモチーフになっている「鐘つき最中」は、川越のお土産におすすめの商品。町歩きにはテイクアウトできる「抹茶ラテ」や「ほうじ茶ラテ」、ホイップクリームがたっぷりのった「抹茶ホイップラテ」など、和に洋のエッセンスを加えた新しい感覚の商品を味わうことができます。

福呂屋
住所:
埼玉県川越市幸町15-1
営業時間:
10:00~19:00
電話番号:
049-222-1103
定休日:
月曜日
アクセス:
本川越駅から1,069m
料金:
約1000円以下

6.喜多院

出典: www.jalan.net

関東の三大師に数えられる「川越大師 喜多院」には、小江戸川越七福神の大黒天が祀られています。830年、慈覚大師円仁が開いた無量寿寺が始まりと言われており、徳川家とのゆかりが深いお寺として知られています。1638年の川越大火で大きな被害を受けたのちに再建され、江戸城から「家光誕生の間」と「春日局化粧の間」が移築されており見学することもできます。「川越大師 喜多院」はパワースポットとしても知られ、厄除けや開運のご利益があると言われています。人の喜怒哀楽を表した「五百羅漢」は一軒の価値があります。

「川越大師 喜多院」の有名なイベントは何と言っても一月三日に行われる恒例の「だるま市」です。だるまを売るお店が参道いっぱいに出て、華やかな雰囲気に包まれます。大きなだるまから小さなだるま、干支にちなんだだるまなど様々なだるまが並びます。一年のはじめに縁起物のだるまに目を入れて願いをかけ、願いが叶ったら両目を入れましょう。春には見事な桜を楽しむことができる「川越大師 喜多院」は、季節ごとに違った雰囲気を楽しむことができます。厄除けのお守りは大切なご家族へのお土産にもおすすめです。

喜多院
住所:
埼玉県川越市小仙波町1丁目20−1
電話番号:
049-222-0859
拝観時間:
平日8:50〜 16:30 (3/1〜 11/23)
       8:
50 16:00 (11/24〜 2月末)
     日・祝日 8:
50〜 16:50 (3/1〜11/23)
          8:
50 〜16:20 (11/24〜 2月末)
アクセス:
川越駅から徒歩20分
拝観料:
大人400円
料金:
自由参拝

7.小江戸オハナ

出典: tabelog.com

川越の一人旅で立ち寄りたいグルメスポット「小江戸オハナ」で、とびきりの卵料理をいただきましょう。信頼できる契約養鶏場から仕入れる卵はこだわりがいっぱい。美味しい卵を産む鳥に与えられるエサから厳選されています。メディアに度々登場する有名店で、ランチタイムには行列ができることを覚悟で出かけましょう。お店の看板商品、ふわふわの優しい食感と味が病みつきになる「貴婦人の卵サンド」は、出汁と合わせ一晩おいた卵汁で作られた卵焼きがサンドされています。上品な味わいの卵サンドを味わってみてください。

出典: tabelog.com

人気メニューの「貴婦人の卵サンド」やシンプルな味を楽しみたい「卵焼き」をいただいた後には、メインディッシュ、絶品の「極上 親子丼」を味わいましょう。親子丼に使われる鶏肉は平飼いで飼育された岩手産の地鶏が使われており、しっかりとした鶏肉の味と歯ごたえを感じることができます。7種類の魚介を使ったこだわりの出汁は見事に計算され、甘辛のたれとコクのある濃厚な卵がからみ、ハーモニーが絶妙な一品です。お好みで七味をかけて召し上がれ。卵の美味しさを味わい尽くしたいお店です。一人でも入りやすい店構えです。

小江戸オハナ
住所:
埼玉県川越市仲町2-2
電話番号:
049-225-1826
営業時間:
(平日)11:15〜16:30
     (土日祝日)11:
00~16:30
       ※ 売り切れ次第終了
定休日:
なし
アクセス:
本川越駅から814m
料金:
1000円〜

8.中院

本川越駅から「喜多院」へ行く途中にある「中院」、正式名「天台宗別格本山 中院」は、平安時代に創建された由緒あるお寺です。重厚感のある山門は長い歴史を持つ風格を感じさせます。また島崎藤村ゆかりのお寺、狭山茶発祥の地としても知られ、境内には 、島崎藤村が茶道の師匠であった義理の母に送ったとされる 「茶室・不染亭」という茶室があり、有名です。茶室の入り口には、藤村の書「不染の碑」を観る事ができます。ここでは今でも茶道を楽しむ方によって使われています。見学は外からする事ができます。

中院の趣のある境内では、季節ごとに美しい花や紅葉を楽しむことができます。特に見事な桜が美しく春になると、寒緋桜、枝垂れ桜、エドヒガシ桜、ソメイヨシノが次々に見頃を迎え、たくさんの観光客が訪れます。特に枝垂れ桜の名所としても有名です。狭山茶の発祥地でもある「中院」にはかつて茶畑があり、薬用の目的でお茶が栽培されていたそうです。「中院」は散策を楽しみたい方にもオススメしたいお寺で、手入れの行き届いた境内の庭園は風情があり、ひとり心静かに訪れるのがぴったりです。

中院
住所:
埼玉県川越市小仙波町5丁目15-1
電話番号:
049-222-2170
アクセス:
本川越駅から徒歩12分
料金:
自由参拝

9.いちのや

出典: tabelog.com

川越は美味しい鰻屋が多い土地柄。肉類を食べることが禁じられていた江戸時代から、荒川や入間川で獲れるうなぎが重宝された歴史を持つため、川越の町を歩けば、うなぎ屋さんがたくさんあることに気づくはずです。なかでも1832年創業の老舗「いちのや」のうなぎは、絶品の美味しさと多くの人に支持されてきました。まずは老舗らしい、歴史を感じさせる外観に期待が高まります。店内にはいくつかの個室もあり、掘りごたつがあるお部屋や坪庭があるお部屋など、好みや目的に合わせて選ぶことができるのが特徴です。

出典: tabelog.com

「いちのや」で出されるうなぎの蒲焼は、白焼きをせず、国産の上質の生うなぎを蒸してからタレをつけて焼き上げられる製法が特徴です。肉厚でふんわりと柔らかなうなぎには、180年もの間、代々受け継がれてきたタレがよく合います。炭火の香りが程よく香り、絶品のうなぎを味わうことができます。少し苦味のある肝吸いと一緒にいただきましょう。メニューはうなぎの蒲焼の他に「ひつまぶし」や、どぜう料理、刺身や天ぷらを使った日本料理を召し上がることができます。お土産用の蒲焼もあります。「蔵造りの町並み」からも近いロケーションは、観光途中に寄るのにもぴったりです。

いちのや
住所:
埼玉県川越市松江町1-18-10
電話番号:
050-5868-8349
営業時間:
11:00 20:30 (日・祝)
11:
00 21:00 (平日)
定休日:
不定休
アクセス:
本川越駅から695m
料金:
平均 3000円〜

10.小さな旅川越温泉

出典: www.jalan.net

気軽に立ち寄って温泉を楽しめる「小さな旅川越温泉」は、地下1200メートルの深さから採取した直源泉で、その名も「川越天然温泉美肌の湯」と呼ばれています。かすかに黄色がかった乳白色のお湯は保湿力が高く肌にやさしいお湯が特徴。館内には、お食事処をはじめ、カットサロンまであります。「ほぐし処」というボディケア施設では、整体や垢すり、ボディトリートメントやヘッドスパなど様々なコースを選ぶことができます。一人旅を利用して、川越の日帰り温泉で日頃の疲れ取ってリフレッシュしてみませんか?

出典: www.jalan.net

9種類のそれぞれ特徴のある温泉は、木の香りとぬくもりが感じられる「木の湯」、ひんやりとした石の肌触りが心地よい「石の湯」に分けられ、異なった雰囲気を楽しむことができます。香りのリラックス効果も期待できる「替わり湯」は週ごとに香りが変わります。高濃度の炭酸ガスを加えた「源泉高濃度炭酸風呂」は、ドイツでは「心臓の湯」として、心臓病や高血圧に効果があると言われているお湯です。「小さな旅川越温泉」にはその他、高温サウナやハーブサウナなど、3種類のサウナと水風呂があります。色々な効果のあるお風呂に使って心からリラックスしましょう。

小さな旅川越温泉
住所:
埼玉県川越市上野田町41-7
電話番号:
049-249-4126
営業時間:
10:00〜 25:00 (平日)
9:
00〜 25:00 (土・日・祝)
定休日:
なし
アクセス:
本川越駅からバスで20分
料金:
大人700円(平日)

11.大正浪漫夢通り

出典: www.jalan.net

レトロな雰囲気が魅力の「大正浪漫夢通り」をブラブラ散歩してみましょう。200メートルほどの通りには瓦屋根の日本風の建物に混ざって、大正ロマンを感じさせる西洋風の建物が並び、当時モダンと言われただろうハイカラな雰囲気がどこか郷愁をさそう商店街です。映画のロケ地としてもよく利用される通りだけあって、ふらっと入ってみたくなるようなカフェやレストラン、お土産物を探してみたいお店など魅力的なお店が並んでいます。大正時代にタイムスリップしたような気分になって、ショッピングやお食事を楽しみましょう。

大正浪漫夢通り
住所:
埼玉県川越市 連雀町15−9
営業時間:
00:00~23:59
電話番号:
049-222-1198
定休日:
なし
アクセス:
本川越駅から徒歩10分

出典: tabelog.com

大正浪漫通りにある「ウッドベイカーズ」は、モチモチの石釜ピッツァが美味しいお店。大谷石の重厚な蔵造りの建物は温かみがあり、どこか懐かしいのに新しい魅力的な店内の作りです。大谷石の石釜を使い、550度の高温で焼き上げられるピッツァ外側はカリカリ、内側はもっちりとした食感で食べ応えがあります。「定番マルゲリータ」は不動の人気のメニュー。シンプルだけど、ピザ本来の味を楽しめます。「ホエー豚のベーコンとラクレットのプレート」はお店のおすすめ。口の中にトロトロのチーズにベーコンの旨味が広がります。

ウッドベイカーズ
住所:
埼玉県川越市連雀町11-8
電話番号:
050-5590-1362
営業時間:
ランチ・カフェ 11:30~15:00 
     ディナー 17:
00~22:00
定休日:
不定休
アクセス:
本川越駅から698m
料金:
約1000円〜

12.川越 熊野神社

出典: www.jalan.net

蔵造りの町並みの入り口近くにある「川越 熊野神社」は、こぢんまりとした神社です。地元民からは「おくまんさま」と呼ばれ親しまれています。古事記に妻とともに登場する「イザナミノミコト」が祀られており、開運、縁結びのご利益があると信じられています。また、サッカー日本代表のシンボルともなっている八咫烏は、熊野神社の神様をお守りする存在で、熊野神社の社紋として、提灯や絵馬にもモチーフとして使われています。また境内では、日本サッカー協会公認のお守りとしても知られる「勝守」も売られています。

熊野神社の境内、本殿のすぐ隣の「川越銭洗弁財天厳島神社」は、宝池のご神水で所持するお金を洗い清めることで、心身が清められ金運アップのご利益を望めます。行いを慎み、ご神水で洗い清めたお金は大切に有意義に使うことでご利益があるそうですよ。また、熊野神社の境内にある「加祐稲荷神社」では、恋愛運、仕事学業運、健康運、金運、心願成就運と5つの運試しのできる「輪投げ」があります。お参りをしたあとに遊び感覚で試してみてはいかがでしょうか?熊野神社は12月には酉の市が開かれ、縁起物の熊手を求める人たちで賑わいます。

川越 熊野神社
住所:
埼玉県川越市連雀町17−1
営業時間:
10:00~17:00
電話番号:
049-225-4975
アクセス:
西武新宿線本川越駅から徒歩で7分
料金:
自由参拝

13.甘味処 川越 あかりや

出典: koedo.info

川越で美味しい和スイーツをいただきたいなら「甘味処 川越 あかりや 」へ直行しましょう!こだわりいっぱいの「あんみつ」はお店の看板メニュー。寒天の代わりにトコロテン( 生寒天 )を使ったあんみつは、ほんのり海の香りがするのが特徴です。黒蜜はトコロテンの味に負けないようにとコクのある仕上がり。一つ一つの具材から黒蜜までこだわり抜いたあんみつは、バランスが良く口の中で絶妙なハーモニーを醸し出します。また川越名物のさつまいもを使ったスイーツもおすすめです。夏の暑い日には、和パフェやかき氷も人気です。

店内で美味しい甘味を味わった後には店頭販売されているお土産をゲットしましょう。「甘味処 川越 あかりや 」の自慢メニューのあんみつはお土産としてテイクアウトすることができます。「桜もち」や「草もち」、「柏餅」などの定番人気の和菓子から、つるんとした食感が美味しい「わらび餅」、見た目もかわいい「いちご大福」もお土産として人気の商品です。「みたらし団子」やあっさりとした「焼きだんご」は食べ歩きにもぴったりです。癖になる美味しさを自宅に帰ってからも味わいたい方やご家族のお土産にもぴったりの商品が揃っています。

甘味処 川越 あかりや
住所:
埼玉県川越市新富町1-9-2
電話番号:
049-222-0413
営業時間:
[店頭販売] 11:00~19:00
     [甘味処] 11:
00~18:30
定休日:
水曜日
アクセス:
本川越駅から徒歩4分
料金:
約1000円以下

14.川越城本丸御殿

出典: www.jalan.net

江戸時代に17万石の力を誇り、川越藩の藩庁であった「川越城本丸御殿」で当時の侍の暮らしを知ることができるのは貴重な体験になります。1848年に藩主であった松平斉典により建てられた「川越城本丸御殿」は、1025坪の土地に16棟の建築物の規模でしたが、明治時代に移築や解体が行われたことにより、現在は玄関部分と大広間・家老詰所だけが残されています。関東七名城、日本100名城のひとつで、埼玉県の指定文化財として指定されています。どっしりと重厚感のある玄関は威厳を感じさせる風格があります。

御殿内では当時の重厚な建築や調度品、本丸御殿の模型などを鑑賞することができます。廊下は御殿内の公的な場所と私的な場所を分ける目的で、3種類の木材が使われています。御殿内にある松、林、蘆雁が描かれる11の杉戸絵が見事。家老詰所には、当時の侍の様子を想像することのできる人形が置かれています。縁側からは美しい庭園を鑑賞しましょう。また100名城スタンプラリーのスタンプは受付でもらうことができます。川越の歴史を知ることのできる貴重な川越本丸御殿。当時の歴史に思いを馳せるのも良い旅の思い出になりますよ。

川越城本丸御殿
住所:
埼玉県川越市郭町2-13-1
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
049-222-5399
休館日:
月曜日 ( 祝日の場合は翌火曜日が休館)
12月28日~1月4日
第4金曜日(館内整理日) ただし、祝日は除く
アクセス:
本丸御殿バス停からすぐ
料金:
100円

15.小江戸蔵里

出典: www.jalan.net

川越一人旅の締めくくりは、埼玉県の地酒を楽しめる「小江戸蔵里」へ行きましょう!かつて120年以上もの長い間、川越で酒造りを営んだ「鏡山酒造」の3つの蔵を利用して建てられた「小江戸蔵里」は国の有形文化財にも登録されています。瓦屋根の白い壁の重厚感のある蔵は歴史と趣を感じさせます。「おみやげ処明治蔵」では、川越の地酒「鏡山」をはじめ、川越のお土産がたくさん揃っています。「ききざけ処昭和蔵」では、埼玉県の地酒を試飲することができます。ユニークな自動試飲機でお好みの日本酒を探してみましょう。

出典: r.gnavi.co.jp

「まかない処大正蔵」では地元の新鮮な食材を使った料理を味わうことができます。「小江戸 蔵里 八州亭 」では、川越の地酒と一緒に川越産のブランド豚「三元豚」を使ったメニューや鏡山酒造の酒粕で漬けた「魚の特製粕漬け焼き」が人気メニューです。川越の地酒と味わえばまた格別です。手軽に味わえる定食メニューや懐石料理など様々なメニューが揃っています。「くら市場昭和蔵」では、地元で採れた新鮮な野菜や、お惣菜やお弁当などが売られています。川越観光の前に寄っても川越観光の締めくくりにお土産を手に入れるのもどちらも便利です。

小江戸蔵里
住所:
埼玉県川越市新富町1-10-1
電話番号:
049-228-0855
営業時間:
10:00~18:00 ( 明治蔵 )
11:
00~22:00 ( 大正蔵 )(平日は11:00~15:00,17:00~22:00)
営業時間:
10:00~19:00 ( 昭和蔵 )
定休日:
なし
アクセス:
本川越駅から徒歩3分

さいごに

いかがでしたでしょうか。川越で訪れたいスポット15選をお送りしました。
関東からフラッと気軽に行ける川越は、誰にも気を使わずに楽しみたい一人旅にぴったりの旅行先です。心のおもむくままに、自分の感性に響く川越を見つけてみてください!

川越のおすすめ記事はこちら

Mari Max

現在フランス在住中。旅行と美味しいものが大好き。新しい文化や習慣に揉まれながら、日本人としてのアイデンティティを再確認する毎日です。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 川越の女子に人気のお土産15選♪お芋スイーツが人気です!

    都内からの観光客も多く、日帰りで楽しめる埼玉の観光名所といえば、川越。小江戸とよばれ、情緒のある街並みはぜひ一度は行きたい場所です。そんな川越の名物といえば、やっぱりお芋。みんなに人気の、お芋スイーツ&お土産をたっぷりご紹介します。

  • 埼玉・川越の菓子屋横丁のお店7選駄菓子好きにはたまらない♪

    みなさんは、甘い物が好きですか?甘党か辛党かって結構人によっても好みがあると思いますが、今回は特に甘党の人が喜ぶ場所として、埼玉県川越市にある菓子屋横丁のお店について紹介したいと思います。気軽に食べられる駄菓子から伝統和菓子まで色々あるので必見です!

  • 川越はふらり女子旅にぴったり♪川越おすすめ観光スポット15選...

    埼玉県川越は、小江戸といわれ江戸時代から残る建物があり情緒あふれる街並みが人気ので女子旅にもピッタリ。 日帰り観光ができ、ふらっと立ち寄れる川越。ノープランで出かけても楽しめますし、定番スポットやパワースポットもおすすめです。女子旅で楽しめる川越をご紹介します。

  • 川越で人気のお土産15選!これを買ったら間違い無し!食べ歩...

    情緒あふれる町並みが人気の小江戸「川越」。のんびり散策を楽しみながら、食べ歩きや名物のお買い物を楽しめるスポットです。魅力的なお店が軒を連ねる中、お土産にしたいおすすめ商品15選をまとめてみました。

  • 川越の人気パワースポット4選!観光にもぴったり♪

    埼玉県の川越には有名なパワースポットがいくつかあります。そこで今回は、心を静かにできてパワーをいただける川越の人気おすすめパワースポットを写真付きで詳しくご紹介します。

  • 川越観光はココに行けば間違いない!必ず行くべきおすすめ観...

    埼玉県川越市は、関東を代表する城下町だったので、そのゆかりあるスポットが満載の町です。また、その他にも歴史ある神社仏閣や、大正~昭和初期にタイムスリップしたような錯覚を覚える町並みなどがあり、現代というより少し昔の懐かしさを感じられます。歴史に興味がある方にお勧めの観光地ですので、ご旅行の候補にしてみてください。

このエリアの新着記事
この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事