沖縄のブルーシールアイスおすすめ商品20選!人気メニューや価格、店舗情報をご紹介

159

views

0

沖縄でアイスといえば、ブルーシール!本記事では、ブルーシールで定番のフレーバーだけでなく、ブルーシールならではの珍しいフレーバーやギフト、オリジナルグッズなどの情報をたっぷりお届け。沖縄では外すことのできないブルーシールアイスのおすすめを20種類、厳選して紹介します!

沖縄のアイスといえば、ブルーシール!

国道58号線沿いで一際目立つアイスクリームの看板。そんな印象的な外観を持つブルーシールは1948年、沖縄県うるま市にて誕生したアイスクリーム専門店です。アメリカ生まれであるブルーシールは、当初は米軍基地内に設立され、米軍関係者に供給され貴重な存在となりました。必要不可欠な栄養素である、乳製品の供給源だったようです。その後、浦添市へ拠点を移し、地元の人の多くの人たちに愛されるアイスクリーム店へと発展していったのです。

1年を通して気温が高く、特に夏期は湿度も高いので、爽快で滑らかさが特徴のブルーシールのアイスクリームは、沖縄の気候にピッタリ。瞬く間に沖縄県民中に広まり、大人気となりました。現在、牧港本店含め、直営店は9店舗、フランチャイズは13店舗と県内外合わせて22店舗を運営。その人気は、沖縄の人だけでなく、日本中にファンを持つほどの大切なスポットとなり、欠かせない沖縄のソウルフードとなっています。

インテリアなどで1970年代のアメリカを再現された明るく広い店内は、レトロアメリカン、レトロポップなおしゃれな雰囲気が漂い、その時代にタイムスリップしたかのような体験もできます。通称ジョニーと呼ばれる人気のマネキンと一緒に、記念撮影をする人も多いんだとか。店外にある、大きなネオンサイン看板も写真スポットも人気。昼間だけでなくライトアップされた夜の看板も素敵でおすすめです。クリスマスのイルミネーションも綺麗で、デートスポットとしても人気があります。キラキラしたイルミネーションは、お子さんも大喜びしそうですね。

本店である牧港本店は、 9時~24時、金・土曜は25時までと営業時間も長く、夕食後の「締めアイス」をこちらで楽しむ人も多いようですよ。(現在は時短営業:10時~23時)

また、店頭には限定商品も含め、常に30種類以上のフレーバーが揃っているので、アイスケースに並ぶカラフルなアイスに目移りしてしまいます。アイスクリーム以外にもクレープやパフェ、アップルパイなどのデザートは勿論、バンズやパテも手作りされたボリューム満点の絶品ブルーシールバーガーなどのフード系もあるので、カフェ感覚で楽しめますよ。

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:①サンフランシスコミントチョコ

それでは早速、ブルーシールアイスでおすすめのメニューを紹介していきましょう。ここからは、おすすめのフレーバーを9種類、順番に紹介します。

まず最初は、「サンフランシスコミントチョコ」。創業当初から発売されているフレーバーの1つです。それだけ長い期間、人気を誇る定番の味となっています。根強いファンもいるようですよ。爽やかなミントの香りに、チョコチップの程よい甘さがバランスよくマッチしています。

見た目も爽やかで、この鮮やかな色合いはブルーシール発祥の地、カリフォルニア・サンフランシスコの美しい空をイメージされたもの。ミント味と聞くと、少しクセがありハードルが高そうですが、ブルーシールのサンフランシスコミントチョコは、その色味ほどパンチの効いた激しい味ではなく、ミルク感もしっかりとある絶妙な味わいに仕上がっています。ミントアイス初心者でも、美味しく食べれますよ。アイスバーとして、コンビニやスーパーでもお買い求めいただけます。100gあたり228kcalとなっています。

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:②ブルーウェーブ

次に紹介するのは、これまた鮮やかで沖縄の海のような写真映えする色合いの、アメリカンな雰囲気を感じられる「ブルーウェーブ」。ラムネを加えた爽快なソーダシャーベットに、甘酸っぱいパイナップルアイスの組み合わせ。小さなお子様にも人気で、夏の定番商品に。100gあたり164kcalとブルーシールの中では低めのカロリーも嬉しいところ。先ほど紹介した、サンフランシスコミントチョコとダブルにしてオーダーする人も多いようです。どちらも爽やかなので、あつーーーい沖縄の夏にはピッタリな組み合わせですね。

そしてなんと、こちらのフレーバーは人気すぎて、あの有名なオリオンとのコラボまで果たしています!人気のチューハイシリーズ「WATTA(ワッタ)」にブルーウェーブ味を誕生させちゃったんです。沖縄県産のパイナップル果汁とソーダの爽やかな味わい。そこに、ブルーシールのミルキーなアイスクリーム感もしっかり加えてデザート感覚な楽しいお酒になっています。海辺で飲めば、気分爽快間違いなし!

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:③塩ちんすこう

次に紹介する「塩ちんすこう」は、沖縄土産でも非常に人気のある塩ちんすこうを合わせたフレーバーです。塩のしょっぱさとミルク感強めのバニラの甘みが、とてつもなくマッチしていてます!ふわっと濃厚でありながら、ザクザクしたちんすこうの食感も楽しめて、クセになりそうです。ちんすこう好きには堪らない一品!

カロリーは100gあたり230kcalとなっています。コーンで食べるとサクサク感も増すので、より食感を楽しむことができます。観光客には勿論、地元の人々や米軍関係者たちにも人気の高いフレーバーです。沖縄ならではの珍しいフレーバーなので、この甘じょっぱい特別な感覚を、ぜひ一度試してみてください。

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:④紅芋

こちらは、沖縄県産の紅イモを100%使用した、その名の通り「紅芋」。歴史深く、沖縄グルメの代表の1つでもある紅芋は、紅芋タルトなどのスイーツにも多く使用されていますが、その他、天ぷらやフライ、そのまま蒸しても美味しく食べられるので、沖縄ではあらゆるシーンで食べられています。そんな定評のある沖縄産の紅芋から作らているアイスクリームは、素朴な味わいの中にも強い甘みとコクがあり、美味しいとリピーターも多く、意外なことに男性にも人気があるようです。サーターアンダギーとの組み合わせも絶品だそうですよ。100gあたり197kcal。

この紅芋のフレーバーは、ソフトクリーム(340円)でも人気があります。アイスクリームとソフトクリームでは食感が異なり、ソフトクリームは少しねっとりとした食感が特徴なので、お好きな方を選ぶのもオススメです。ソフトクリームでは、塩ミルクとミックスにすることもできます。よりコクが深まり、甘さに癒されるでしょう。子どもから大人まで楽しめるフレーバーの紅芋を、ご堪能ください。

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:⑤沖縄田芋チーズケーキ

次に紹介するフレーバーは、沖縄だからこそ味わえる「沖縄田芋チーズケーキ」です。田芋とは、タームと読ばれる里芋の一種です。沖縄では、田楽(ディンガク)といった、蒸かした芋を潰して砂糖を混ぜ、ペースト状にした栗金団に似た料理で親しまれています。その他、唐揚げにもされているようです。ブルーシールでも沖縄産の田芋を使用しており、アイスでもそのねっとりした粘り気を味わえるのが特徴となっています。

中には大きめに砕かれたチーズケーキのクッキー部分が入っていて、食感も楽しめます。田芋の味はほんのりと、それでいて奥深さを出してくれています。食べていくうちにチーズケーキの塩気と甘さも合わさって、まさにデザート感覚で食べられる贅沢なフレーバー。チーズケーキ好きの人に、ぜひ味わってほしいメニューです。100gあたり198kcal。

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:⑥シークヮーサーシャーベット

次に紹介するこちらも、沖縄県産品を使用したフレーバー「シークヮーサーシャーベット」です。シークヮーサーの程よい酸味が効いた果汁と、皮の苦みが程よくマッチしています。これも沖縄の味!という感じで、柑橘系の爽やかな後味がスッキリしているので、脂っこい食事をした後にさっぱりと、口直しにいただきたいフレーバーです。

シャーベットですが軽い口当たりで滑らか。暑い夏には嬉しい爽やかフレーバーは、食べ出したら止まりません。100gあたり129kcal。柑橘系が好きな方やアイスをさっぱりとお召し上がりになりたい方、また男性にもオススメです。

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:⑦ショコラクッキースワール

こちらは、深みのあるチョコレートアイスに香ばしいキャラメルとクッキーを合わせた「ショコラクッキースワール」です。しっとりと滑らかなアイスクリームの中に、サクサクのクッキーの食感が楽しめます。チョコレートの甘さとコクもあり、美味しいと評判です。

チョコレート×キャラメルの組み合わせは、甘いもの好きの女の子にはたまらない♡バレンタインの時期にはフェアも開催されるようで、このようなチョコレート系のフレーバーはより人気が高まるようです。100gあたり199kcal。アーモンドやポッキーなどをトッピングすれば、デザート感がグンとアップ!ショコラクッキースワールで、アメリカンな気分も味わえちゃうかも?!

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:⑧サトウキビ

おすすめフレーバーの1つである「サトウキビ」は、沖縄産のサトウキビから取れる黒糖を使用したフレーバーです。サトウキビはイネ科の植物で、砂糖の原料です。その為、少し植物のような独特な香りがありますが、ブルーシールではこの香りを、うまくアイスクリームに取り入れています。

黒糖を使用していますが、甘さは控えめでシンプル且つ上品な仕上がりに。一見、モカアイスに見えますが、これは黒糖から出る風合いで、風味も黒糖の香りがほんのり漂います。優しい味わいになっているので、数あるフレーバーの中でも最後まで飽きのこない、食べやすいフレーバーです。100gあたり195kcal。アイスクリームは各種、カップとコーン、ワッフルコーンから選べます。

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:⑨マンゴー

色鮮やかで見るだけで元気になれるようなマンゴーフレーバー。マンゴー果肉と果汁がたっぷり入っているので、ジューシーなのにあっさりテイストなのが、魅力的。まるでマンゴーをそのまま食べているような感覚に。ステーキや焼肉など、ジャンキーな食事の後に食べるとさっぱりしそうですね。お風呂上がりに食べるのも、贅沢感を味わえそうです。夏にピッタリの南国フレーバーをお楽しみください。100gあたり124kcal。

このマンゴーはソフトクリームでも美味しくいただけます。更には、アイスクリームとソフトクリームを一度に楽しめる「ブルーシールサンデー(560円)」という食べ方もあるので、アイスもソフトも食べたい欲張りさんにおすすめ。アイスクリームとソフトクリーム各1種類、コーンはブルーシールコーン・ワッフルコーン・カップから選ぶことができるので、ぜひお試しを。

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:⑩クレープ

ブルーシールでは、アイスクリームやフルーツを挟んで食べるクレープも販売されているんです。季節限定のクレープも発売されるので、季節のフルーツと好きなアイスフレーバーを合わせて、特別なクレープもオーダーできます。限定モノって、なぜか惹かれますよね。

実施店舗は、ブルーシール豊崎店、デポアイランド店、デポアイランド シーサイド店、パレットくもじ店、名護店、沖縄ライカム店、横浜ワールドポーターズ店の7店舗。お近くにお立ち寄りの際は、クレープを食べにブルーシールへ行ってみてください。

おかず系のクレープメニューもあります。フランクサラダやアボカドハンバーグ、ロコなど南国らしいラインナップです。店舗によってメニューが少し異なるようなので、色々なお店に行って、お気に入りをみつけてみるのもいいですね。

また、毎月9,19,29日と9の付く日は「クレープの日」としてクレープ全品90円引きに!9のつく日は、ブルーシールへGO♪

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:⑪カップ入りパッケージ バニラ

ブルーシールでは、カップアイスも人気で、スーパーやコンビニでも手軽に買えるので、より身近な存在になっています。ここからは、カップアイスのおすすめを5種類、紹介していきます。

カップアイスはどこでも気軽に楽しめるので、見つけるとついつい買ってしまいたくなりますよね。中でも、王道のバニラは安定の美味しさで、色々試したけどやっぱりバニラ!なんて人も多いのではないでしょうか?濃厚でクリーミーですが、サッパリとしていて甘すぎない。そんな完璧なバニラはどこか懐かしく、何度でもいくらでも食べられる最強バニラです。

1個110mlあたり157kcal、価格は250円(税別)。他にも、72ml、135ml、500mlとサイズも豊富。ちょっとだけ食べたい時、ホームパーティなどでみんなと分け合いたい時など、色々な用途に合わせてサイズもチョイスすることができるのは嬉しいですね。

また、更にバニラビーンズを加えてより濃厚で奥深く、リッチな風味に仕上げたフォーモストバニラもオススメです。乳成分が多い分、よりミルキーで優しい味わいになっているそうですよ。「フォーモストシリーズ」は、バニラ以外にもチョコレート、ストロベリー、ラムレーズンの4種類あります。牧港本店、北谷店、豊崎店の3店舗で購入可能です。

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:⑫カップ入りパッケージ ウベ

次のおすすめパッケージアイスは、「ウベ」です。ウベって何?と思う人も多いはず。ウベとはフィリピン産の山芋の一種で、紅芋よりも濃厚で山芋特有の粘り気があります。紅芋よりも濃い鮮やかな紫色で、まろやかな風味が特徴的。“だいじょ”とも呼ばれます。紅芋よりクセがなく、濃厚でまったりとした味わいの中に、コクも感じられます。

お芋のこっくりとした感じはありますが、後味はさっぱり。これも沖縄ならではのブルーシールらしいフレーバーなので、是非、お試し頂きたいです。友人と一緒に行った沖縄旅行で、自分だけウベをオーダーしたら、沖縄通!と一目置かれるかもしれませんよ。1個110mlあたり149kcal。

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:⑬カップ入りパッケージアイス 塩ミルク

こちらは「塩ミルク」です。沖縄の海塩として有名な、ぬちまーすを使用した贅沢なミルクアイスで、乳白色の美しい見た目は、ミルクやバニラに見えます。蓋を開けた時の白さに驚くかもしれませんが、見るだけで心が洗浄されるような、綺麗なホワイト。

味も一口食べると、塩気の中にクリーミーなミルクが混ざり合い、甘じょっぱくて濃厚な味が楽しめます。この甘みと塩気のバランスがよく、濃厚でもさっぱりとした口当たりで、変な後味が残らないので、クセになる美味しさです。バニラ派の人でも、一度食べたらハマっちゃうかも?!1個110mlあたり152kcal。

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:⑭カップ入りパッケージアイス 琉球ロイヤルミルクティー

次にご紹介するのは、沖縄で無農薬栽培された紅茶葉をそのまま使用した「琉球ロイヤルミルクティー」。沖縄で紅茶?と思う人もいると思いますが、実は沖縄はスリランカやインドなどに続く、紅茶の優良生産地なんです。沖縄の気候や赤土など、色々な生産条件が揃った沖縄だからこそできる紅茶葉は、香りも豊かです。紅茶好きには是非試していただきたいフレーバーです。

粉末にされた茶葉をそのままアイスクリームに練り込んでいるので、豊穣な香りで大人な味わい。茶葉たっぷりなので、粒々感がありますが、まろやかでコクもあります。塩気が良いアクセントとなり、高級感も感じられる上品なミルクティーフレーバーです。100gあたり194kcalとなっています。

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:⑮カップ入りパッケージアイス バニラ&クッキー

パッケージアイスのおすすめで最後に紹介するのは、「バニラ&クッキー」。安定した人気フレーバーのこちらには、パッケージタイプもちゃんとあります。パッケージも何度がリニューアルされ、このようなデザインだった時もありました。また、本島では、以前は百貨店などで開催される九州や沖縄物産展でしか購入機会はなかなかありませんでしたが、都内含め、沖縄県外にも本格的に出店するようになり、より身近なアイスチェーン店へと発展しています。

肝心なお味はというと、クリーミー且つ濃厚なバニラに、ほろ苦いココアクッキーがゴロゴロとたっぷり入っていて存在感抜群。アメリカンな甘さはありますが、後味がさっぱりとしていて飽きない美味しさも人気の理由でしょう。定番ですが変わらず根強い人気を誇る、子供から大人まで幅広い世代に好まれているフレーバー。迷ったら、これを選べば失敗知らずです!1個110mlあたり、173kcal。

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:⑯ポーラベアー バニラ

次のおすすめは、「ポーラベアーバニラ」です。バニラ風味のアイスがココアビスケットで挟まれている人気のビスケットサンドアイス。2020年8月にリニューアルされ、ビスケットにガーナ産のカカオを加え他ことで旨味とコクがアップし、より香り豊かなサンドアイスへと改良されたようです。

元々、ブルーシール創業当初には、サンフランシスコミント味のみ販売されており、パッケージに描かれたシロクマにちなんで、“シロクマ”という愛称で親しまれていました。その後、バニラ味が誕生し、手軽さと美味しさから人気を呼び、世代を超えて多くの人たちに愛されるロングセラー商品となっています。

パッケージも人気を集めている1つで、浦添市牧港本店の隣にあるアイスパークでは、発売当時からのポーラベアーのパッケージラインナップが展示されています。ブルーシールの歴史にも触れられて、新しい発見がありそうですね。サンフランシスコミント味のポーラベアーもリニューアルされ、ビスケットとの相性がより抜群になっているようです。

小さなお子様でも食べやすいサンドアイスは、なめらかなバニラアイスとココアビスケットの2つのバランスが絶妙でとにかく美味しい!と味も好評です。定番人気のバニラ&クッキーを丸ごと食べているようなそんな贅沢な感覚になります。

1個あたり196kcal、価格は130円(税別)で沖縄県内のスーパーやコンビニ、ホテルなどブルーシール取扱店で販売されています。ミニサイズになったポーラベアーが6個入った、“マルチミニポーラベアーバニラ”も販売(550円(税別))されているので、家族や友達ともシェアして楽しんでくださいね。

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:⑰アイスギフト 詰合せギフト

ブルーシールでは、アイスギフトとしてのセット商品も充実しているので人気があり、お中元や内祝い、ちょとしたお礼や贈り物など、様々なシーンでの贈り物に選ばれています。その中から2つ、おすすめのアイスギフトを紹介します。

1つ目は、アイス好きにはたまらない「詰め合わせギフト」です。店頭でも購入可能ですが、公式通販サイトがあり、店舗で購入する時と同じ送料で送ることができるので便利です。楽天やAmazonでも購入可能なので、近くにお店がない方も手軽に購入できます。大切な方へのギフトとして、とても喜ばれることでしょう。箱を開けた瞬間、お子さんたちのはしゃいで喜ぶ姿も目に浮かびますね。

ラインナップは、12個入、18個入、24個入、36個入の4種類。定番のバニラ、チョコ、ストロベリーは勿論、おすすめフレーバーとして紹介した、紅芋・ウベ・シークヮーサーシャーベット・塩ちんすこう・サトウキビ・サンフランシスコミントチョコ・塩ミルク・マンゴー・琉球ロイヤルミルクティーなども入っている、なんとも贅沢なギフトセットです。

ギフトで贈るのも良し、お取り寄せして家族や友人と楽しむのも良し、ブルーシールアイスを自宅で食べてハッピーな気分に♪沖縄を気軽に感じられるのも、魅力の1つですね。これだけ種類が多いと、どれから食べようか迷っちゃいそう。そんな時は、家族や友人とジャンケンやあみだくじで選んでみるのも、ゲーム感覚で楽しめるかも!?独り占めして、全制覇!なんていうのも面白そうですね。

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:⑱アイスギフト hug 3do サンドアイスギフトセット

おすすめギフト2つ目は、ブルーシールの新業態となる、サンドアイス専門店「hug 3do(ハグサンド)」のサンドアイスギフトセットです。自家製クッキーにブルーシール定番アイスをサンドし、各種贅沢なトッピングをした食べ応えのあるサンドアイスに仕上がっています。これらひとつひとつ、ブルーシールのアイスパークで丁寧に手作りされているそうです。

トッピングも様々で、チョコチップクッキーやストロベリーホワイトチョコクッキー、カラーチョコスプレー、珍しいオートミールクッキーなどなど。見た目が鮮やかで、見ているだけで幸せな気分になれます。熨斗対応も可能なので、大切な方への贈り物にもできます。8個入で8種類、価格は3,680円 (税込)。別途1,320円(税・クール代込)の送料がかかります。店頭では、牧港本店・北谷店・豊崎店の3店舗限定で販売中です。

箱を開けた瞬間から笑顔が溢れそう。インスタ映え間違いなし!女子ウケバッチリな、見た目も超キュートなアイスサンド。アイスをギフトでもらうととっても嬉しいですが、こんな可愛いアイスアソートギフトをもらったら、ついつい友達に自慢したくなっちゃいますね。友達や知り合いに贈ったら、センスがいい!と褒められちゃうかも♡

沖縄ブルーシールのおすすめメニュー:⑲オリジナルグッズ ブルーシール POCHI(ポチ)

ブルーシールでは、オリジナルグッズも販売しています。カラフルなので、持っているだけでテンションが上がるグッズがたくさん♪アイスだけでなく、グッズの種類も豊富なので、選ぶのに迷ってしまいそうです。沖縄土産にもピッタリですね!ここからは、おすすめのブルーシールグッズを2つ、紹介します。

まず1つ目は、「ブルーシール POCHI(ポチ)」(1,320円 (税込))。グッドデザイン賞を受賞した株式会社GMCトイズフィールドの“シリコン製がまぐちシリーズ POCHI ”と完全コラボを果たした、ガマ口です。ホワイト、ブルー、オレンジの3色展開で、ブルーシールのロゴが入ったインパクトあるデザイン。コロンとした丸いフォルムに何とも癒されます。シリコン素材なので柔らかく、プニプニとした触り心地もキュンとします。水に濡れても大丈夫なので、海でもアウトドアでも大活躍!カラビナも付いているのでバッグや腰に提げて、小銭入れやアクセサリーケースとしても使いやすいグッズです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 沖縄の本当に地元の人が通う居酒屋おすすめ6選!定番沖縄料...

    沖縄ならではの居酒屋って一体どんなところなのでしょうか。本土の居酒屋とは一味違う、人気の「うちなー居酒屋」を紹介します。ローカル度100%!沖縄のうちなー居酒屋でお酒とおつまみを堪能しましょう!

  • 沖縄おでんがおいしい!沖縄でおすすめのおでん屋5選

    沖縄の食べものと言えば沖縄そばやマンゴーなどの果物が思い浮かびます。ですがそれらと並び、沖縄ではおでんもメジャーなんです。今回は沖縄おでんの名店を5つ、ご紹介します。

  • 沖縄で絶対ゲットしたい人気のお土産15選!おすすめのお土産...

    独自の文化を育んできた琉球の国、沖縄県には独特で魅力的なお土産がたくさん!今回は沖縄で絶対に買い求めてほしい人気おみやげをご紹介します。

  • 沖縄おすすめローカルフード「ジューシー」でオススメのお店5...

    沖縄に行ったら是非食べていただきたいのがご当地グルメの「ジューシー」なんです!そもそもジューシーってなんなのかというと、沖縄の方言で雑炊をヤファラジューシー、炊き込みご飯のことをクファジューシーといい、ジューシーとはその2つの総称。味の決め手は豚のだし汁!地域や家庭によってだし汁や具材はさまざまで、バリエーションにも富んでいます。その中でも沖縄に行ったならぜひ食べたい、オススメの5店舗をご紹介したいと思います。

  • 沖縄トロピカルスイーツがおいしい!かき氷&スムージー人気...

    夏の暑い中食べるかき氷は格別だけど、冬場でも食べられるのは沖縄ならでは。シロップだけじゃなく南国の新鮮なフルーツが山盛りで美容にもよさそうなかき氷や沖縄独特の冷やしぜんざい、話題のヘルシースムージーなど沖縄名物スイーツの名店をご紹介!

  • 【沖縄】そんなバカな!? 特殊ヘルメットを被って「水中スクー...

    最近話題になってきている「潜水・水中スクーター」をご存知でしょうか?子どもから大人まで気軽に楽しめるという人気急上昇中のマリンスポーツなんです。今回は、沖縄の「潜水・水中スクーター」を体験できる”思い出販売所 美ら海”にスポットを当ててご紹介したいと思います。

このエリアの新着記事
  • 沖縄の出るとウワサの心霊スポット20選!ガチで怖いスポット...

    沖縄で有名な心霊スポット20か所をご紹介!それぞれのスポットの歴史や特徴、さらに過去にあった心霊体験についても詳しく掲載しています!心霊の噂のあるホテルについても掲載!

  • 沖縄でおすすめのマッサージ店TOP20!

    観光やビジネスなど多くの人が訪れる「沖縄」。多くの人達に人気の沖縄には、日頃の疲れを取り除いてくれるマッサージ店がたくさんあります。今回は、そんな観光地に点在するおすすめのマッサージ店をランキングにして20ヶ所ご紹介していきます。

  • 沖縄でおすすめのパラセーリングランキングTOP12!綺麗な海を...

    エメラルドグリーンの海が広がる沖縄。きれいな海は北から南まで続き、美しい景色を見下ろすことができる「パラセーリング」は、人気のアクティビティです。そんな、パラセーリングを思う存分楽しむために、おすすめのパラセーリングショップをランキングにしてご紹介します。

  • 沖縄県、真栄田岬でシュノーケル体験!「青の洞窟」を見に行こう

    真栄田岬は、沖縄県屈指の人気シュノーケルポイントです。南国の透き通ったスカイブルーの海で可愛い熱帯魚たちと泳ぎませんか?また、真栄田岬最大の魅力「青の洞窟」は幻想的な世界へ連れて行ってくれます。そんな魅力満載の真栄田岬をぜひご覧ください。

  • 沖縄一人旅でおすすめの観光&グルメスポット15選!南国でリ...

    南国ムードが漂い、開放的な雰囲気たっぷりの沖縄。国内の訪れたい観光地で常に上位を占めている沖縄には年間を通して大勢の観光客が訪れます。今回は、一人でのんびりと旅をしてみたいという方のために、沖縄の一人旅におすすめの観光スポットとグルメスポットをまとめました。ぜひ一人旅プランの参考に役立ててくださいね。

  • 沖縄天ぷらを食べるならこの島で!奥武島で名物の天ぷらを食...

    皆さんは沖縄にある奥武島が、沖縄天ぷらの聖地とも呼ばれているのをご存知ですか?のんびりとした空気が漂うこの島に、今ではおいしい天ぷらを求めて観光客がいっぱい!そんな奥武島の人気の天ぷら店をご紹介します。

  • 沖縄でおすすめのシュノーケリングランキングTOP20!

    沖縄のシュノーケリングを案内します。沖縄本島から離島、宮古、八重山諸島まで、沖縄の海には、シュノーケリングをするために適したポイントが数多くあります。そして個性的なプランを出している業者も多数存在。その中から特におすすめを20か所厳選しました。わかりやすいランキング形式で紹介します。

  • 沖縄でおすすめのダイビングランキングTOP20!

    沖縄のおすすめダイビングを紹介します。日本屈指のリゾート地沖縄には、本島をはじめ沖合のケラマ、離島の宮古、石垣といったダイビングスポットが数多くあります。参加者のニーズに応じたダイビングプランを提供しているダイビングショップのおすすめを20か所厳選しました。わかりやすいランキング形式で紹介します。

  • 【沖縄】沖縄のおすすめホテル15選!日本屈指のリゾートでス...

    美しいビーチに世界遺産、日本屈指のリゾート地である沖縄。リゾートだけでなく、歴史が深いところも沖縄の魅力のひとつです。ショッピングやグルメ、アクティビティ満載の南国を楽しむために最適のホテル15選をご紹介します!

  • 沖縄でおすすめのホエールウォッチングランキングTOP6!

    沖縄のおすすめのホエールウォッチングをご紹介します。普段は北の海に生息するホエール(鯨)は、冬の時期になると温かい沖縄の海に南下し、そこで滞在します。ホエールたちの海の中での豪快な動きは、見ているだけで迫力ある感動を伝えてくれます。そんなホエールウォッチングができるおすすめを6カ所厳選しました。

このエリアの人気記事
新着記事