沖縄で絶対ゲットしたい人気のお土産15選!おすすめのお土産はこれ!

16,308

views

0

独自の文化を育んできた琉球の国、沖縄県には独特で魅力的なお土産がたくさん!今回は沖縄で絶対に買い求めてほしい人気おみやげをご紹介します。

オリオンビール

沖縄を代表するオリオンビール。
「名護の水」とも呼ばれ、手軽に飲める美味しさが大評判。

味は軽めのライトビールなのでとっても飲みやすいです。
お値段も他のビールと比べてわりと安めに設定されています。
沖縄県内でのシェア数は圧倒的な数字を誇るほど大人気。
「オリオンビールは県民の宝」と呼ばれるほど崇められているんだとか。笑

酒好きの友人知人へのおみやげには、もってこいですね。

のー饅頭

那覇三大饅頭と呼ばれる有名なおまんじゅう。
大きなあんまんの表面に、赤字で書かれた平仮名の「の」が特徴。
100年以上の歴史があり、縁起のいい食べ物として地元でも長く愛されています。

沖縄県内ではスーパやお菓子屋さんなどで幅広くみかけることができるご当地グルメ。
気になる中身はあんまんで、沖縄の祝い事などで多用されるんだとか。
ちなみにこの赤字は食紅なのでご安心を。

ぎぼまんじゅう

「の」まんじゅうは沖縄のスーパーでも売られていますが、元祖は「ぎぼまんじゅう」で売られているもの。
昔ながらの甘い味をリーズナブルなお値段でいただけます。
1個150円で買えますが、一個のサイズがとっても大きいので腹持ちも抜群。
餡がしっかり詰まっていて、月桃の葉の匂いが食欲を増す絶品です。
持ち帰るときに気をつけなければ「の」の文字が消えてしまったりするので要注意。

一日の販売数に限りがあり、売切れ次第閉店となるので来店はお早めに。

ぎぼまんじゅう
住所:
那覇市首里久場川町2丁目109-1 ベリエールヒガ1階
営業時間:
9:00~18:00
アクセス:
ゆいレール首里城駅から徒歩約30分
定休日:
日曜日
電話番号:
098-884-1764
料金:
「の」まんじゅう 1個120円(売切れ次第終了)

紅いもタルト

沖縄で盛んに栽培されている紅芋は、1605年に中国から伝来して以来栽培され続けています。
現在は読谷村という場所が特に紅芋の名産地となりました。
現地では蒸したり焼き芋にして食べられたりしています。
しかし、旅行者たちにとっては生のまま県外へ持ち出しは禁止。

そんな背景もあるせいか、沖縄のおみやげに迷ったらまず思いつく紅いもタルト。
以前は「紅いも菓子ポルシェ」と呼ばれていました。
沖縄通には定番のお菓子ですが、行ったことのない人には意外と珍しいおみやげでもあります。

紅いもで作られた、甘さ控え目の餡が絶品のタルト。
地元の優しい味わいを楽しめる高級菓子です。

初めはその独特なカラーにギョッとしてしまいがちですが、お味はとってもおいしいです。
一度食べたら忘れられず、ハマってしまう人が続出するほど!

御菓子御殿

出典: photozou.jp

元祖紅いもタルトを作った沖縄の会社、御菓子御殿。
沖縄各地や離島にも店舗を展開する有名店です。
工場が併設されている店舗では、製造の様子を見学することもできます。

御菓子御殿 国際通り松尾店
住所:
沖縄県那覇市松尾1-2-5
営業時間:
9:00~22:00
アクセス:
ゆいレール県庁前駅から徒歩約10分
定休日:
年中無休
電話番号:
098-862-0334
料金:
紅いもタルト 6個入り648円

スナックパイン

スナックパインとみて、パイナップルのお菓子だと思った方が多いはず。

実はスナックパインとは、ボゴールパインという品種の別称。
酸味が少なくて柔らかく、芯まで千切って食べられる。
また甘さが強いので、いっぱい食べても舌が痛くなるという現象がおきません。

まさにスナック感覚のパインなのです。

沖縄で盛んに栽培されるスナックパインは、おみやげにも好評な名産品。
南国定番のフルーツを、ぜひ本土に持って帰ってみては?

安く手に入れるのであればスーパーもしくは八百屋がおすすめ。
空港内やお土産屋さんではやはりどうしても値上がりしてしまいます。
スーパーでの平均価格は1玉で400円から500円が相場。

普通のパイナップルとの食べ方や切り方が異なるのでしっかり調べてから食べましょう。

サンライズひがし

沖縄北部にある、特産品の加工販売所「サンライズひがし」。
売店やレストランもあり、ドライブの途中に立ち寄る休憩所としても好評です。
側にはビーチもあるので、気軽に海水浴も楽しめますよ!

サンライズひがし
住所:
沖縄県東村字平良550-23
営業時間:
10:00~18:00
アクセス:
沖縄自動車道 許田ICから 車で約 1時間15分
定休日:
年中無休
電話番号:
0980-43-2270
料金:
スナックパイン 1玉400~500円

シーサー

沖縄の家には必ず置かれているシーサー。
建物の門の上や屋根の上などで見かけることが多く、県内のいたるところで発見できます。
沖縄のイメージといえばシーサーのイメージを強く持っている人も多いはず。

家を火事や災害から守ってくれる、魔除けのご利益がある獅子の守り神です。
「獅子」を沖縄語で発音したものが「シーサー」という音なんだとか。

もちろん、そんな沖縄を代表するシーサーグッズのおみやげは多くあります。
大きさはピンからキリまで。
小型のものはアクセサリーとしておみやげにも大人気。
表情やポーズ、模様も豊富なバリエーションが作られています。

人気キャラクターのキティちゃんやチョッパーのシーサーコラボバージョンも喜ばれるはず。
他にもシーサーふなっしーやシーサードラえもんなど種類は様々なようです。

持ち帰って、色々な身の回りの危険から守ってもらいましょう。

大当シーサー屋 大当窯(うふどうがま)

出典: www.onb.jp

大当と書いて「うふどう」と読みます。沖縄の地名のひとつ。
大当窯では沖縄各地の工房で手作りされたシーサーを販売。
本格的な沖縄シーサーを買い求めたいときは、ぜひこちらのお店へ。

大当シーサー屋 大当窯
住所:
沖縄県 中頭郡読谷村波平1821-2
営業時間:
9:00~19:00
アクセス:
那覇空港から車で約1時間
定休日:
不定休
電話番号:
098-958-1253
料金:
手作りシーサー 500円~65000円(大きさ、形状によって異なる)

35COFFEE

普段からよく立ち寄るお馴染みのコーヒーショップももちろんいいけれど、やっぱり、旅先ではその場所ならではのローカルなお店は特別感があって、行ってみたくなりますよね。
この「35COFFEE」は沖縄県内で展開しているコーヒーショップです。
「35=サンゴ」というネーミングにあるように、一番の特徴は、"珊瑚で焙煎しているコーヒー"だということです。
沖縄といえば思い浮かぶ「紅いも(未加工のもの)」と同様、サンゴも沖縄県外への持ち出しが禁じられているもののひとつなので、35COFFEEのコーヒーはまさにここ沖縄件でしかつくることのできない特別なコーヒーなのです。

風化サンゴをつかってローストしたコーヒーは、雑味がなくすっきりとした、それでいてまろやかな味わいです。
また、35COFFEEが特別なのは、サンゴで焙煎しているからというだけではありません。
35COFFEEでは、売り上げの3.5(サンゴ)%を活用して、サンゴの再生プロジェクトに取り組んでいます。
地球温暖化をはじめとする様々な環境の変化により風化していってしまっているサンゴ礁を守り育むため、ベビーサンゴを移植しているのです。
店内で楽しむことができるほか、お土産に嬉しいドリップパックタイプもあります。
お店は県内各所にあり、那覇空港でもゲットすることができますよ。

35COFFEE LCC那覇空港ターミナル店
住所:
〒901-0142 沖縄県那覇市鏡水400番地 LCC那覇空港ターミナル構内
営業時間:
11:00~19:30
電話番号:
0120-70-8930
アクセス:
那覇空港LCCターミナル内の国内線保安検査場隣にあります。
料金:
35COFFEE(Hot)220円~

雪塩ちんすこう

沖縄に行ったらハズせない定番のお土産のひとつが、沖縄銘菓「ちんすこう」ですよね。
サクッとかろやかな食感とホロホロとほどけていくようななめらかなくちどけがとっても美味しい沖縄名物です。
なかでもこちらの「雪塩ちんすこう」は、さかのぼること琉球王朝時代の昔から愛され続けてきた「ちんすこう」と沖縄県の離島である宮古島の地下海水からつくられている「雪塩」とのコラボレーションによって生まれた沖縄らしいお菓子です。
塩味がきいてさっぱりとした味わいになるだけでなく、ちんすこう本来の甘さをも引き立てます。
3年連続でモンドセレクション金賞を受賞した実績もある実力派です。

さらさらのパウダースノーのようなきめ細やかな雪塩は、ギネスブックにも認定されるほど多くのミネラルを含んでいることでも知られており、宮古島の海の豊かな恵みを感じることができます。
お土産としてだけでなく地元のひとびとからも支持を集めているということからも、その美味しさはまさに折り紙つきといえますね。
賞味期限も70日間と比較的長めで、またふたつずつの個包装になっているので、学校の友だちやオフィスの同僚たちなどに配りたいときにもぴったりです。
たくさんのひとに配りたいときはお値段1,000円(税抜き)の48個入りがおすすめ。
6個入りの少量パックもありますよ。

宮古島の雪塩 国際通り店
住所:
〒 900-0015沖縄県那覇市久茂地3丁目1-1
営業時間:
10:00~22:00
電話番号:
098-860-8585
定休日:
なし
アクセス:
ゆいレール県庁前駅より徒歩約5分
料金:
雪塩ちんすこう(小)は12袋入り594 円(税込み)

マーサンミッシェル

沖縄県産生キャラメルの専門店「マーサンミッシェル」の生キャラメルもオススメ。
沖縄県土産の新定番として、今スウィーツ好きのあいだでブームになりつつあるのがこの生キャラメルなんです。
濃厚なのにしつこさを感じさせないなめらかなくちどけが、心をつかんではなしません。
粒タイプの「ソフトキャラメル」のほか、瓶に入っている「クリームタイプ」もあります。
沖縄テイストたっぷりのフレーバーは5種類(粒タイプ・クリームタイプ共通)。
北谷(ちゃたん)の天然塩が活きている「ソルト」は甘いものがちょっと苦手な方に、沖縄県大宜味村(おおぎみそん)産のマンゴーを贅沢に使用した「マンゴー」は女性へのお土産にぴったり。

その他に沖縄のサトウキビをつかった「ブラウンシュガー」などもあり、どれも沖縄の恵みがたっぷり詰まっています。
迷ってしまった場合やたくさんのひとに配りたいときには、5種類のフレーバーがすべて入った「チャンプルー」がおすすめです。個包装になっているので、”ばらまき”用のお土産としてもぴったりですね。
気になるお値段は、粒タイプは5個入って580円(税込み)から、クリームタイプはミニサイズの35グラムで880円から。
海外の雑貨屋さんのような可愛らしい内装も楽しい国際通り店は、お土産店の立ち並ぶ国際通りから少し中道に入ったところにあります。ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

マーサンミッシェル 国際通り店
住所:
〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地3丁目29-70
営業時間:
12:00~21:00
電話番号:
098-863-8989
※16〜17:
00の間は閉まっている場合があります
アクセス:
ゆいレール県庁前駅より徒歩約6分
料金:
ソフトキャラメル5個入580円(税込み)

沖縄ソーキそば

お土産のなかでも特に喜ばれるということで最近人気が高まっているのが、ご当地即席めん。ご当地麺は全国各地にありますが、沖縄県のソーキそばはその代表格と言えますよね。
沖縄県に行ったら必ず食べたくなってしまうあの味を自宅で簡単に再現できてしまうというのがとっても嬉しいお土産です。
旅行中時間がなくてお店に行けなかったという場合にも、旅先から帰ってソーキそばを楽しむことができますよ。
お好みでネギや紅ショウガをトッピングすると、より一層美味しく、おすすめです!
沖縄県各地のお土産屋さんや地元のスーパーマーケットでも取り扱っているので、手軽に手に入れることができます。

ソーキそばは沖縄そばの一種ですが、使用しているお肉によって呼び名が異なります。
ソーキ、つまり豚肉のあばら骨の部分を煮込んだものが載っているのが「ソーキそば」で、これに対して三枚肉(豚バラ肉)が載っているのが「沖縄そば」、という違いがあるのです。
ソーキそばだけでなく沖縄そばの即席めんもあるので、好みに合わせて選びましょう。もちろん、両方を買って帰って食べ比べてみるのも◎。
二人前や四人前など容量がいろいろあるので、渡す相手のライフスタイルに合わせて選べるのもありがたいですね。
休みが合わなくて一緒に旅行に来られなかった友だちへのお土産としてもぴったりです。

キッドハウス1号店
住所:
〒900-0013 沖縄県那覇市牧志2-6-2
営業時間:
09:00~23:00
電話番号:
098-862-9713
アクセス:
ゆいレール牧志駅より徒歩3分
料金:
サン食品のソーキそば二人前は税込み698円から

ロイズ石垣島

「ロイズ石垣島」は、北海道を代表するチョコレートブランド「ロイズ」の姉妹ブランドです。
そんなロイズ石垣島が贈る沖縄県限定のスウィーツがこちらの「黒糖チョコレート」です。
沖縄県産の黒糖をたっぷり使用していて、どこか懐かしさのある素朴な黒糖のコク深い風味がしっかりと感じられます。
なかは便利な個包装になっていて、サトウキビやハイビスカスといった沖縄らしさあふれるイラストも可愛く、食べる前からテンションが上がります。シーサーは阿吽がそろっていて、細かいリアリティがさらに嬉しいですね。
学校の友だちやオフィスの同僚たちなどたくさんのひとに配りたいときにもぴったりです。

包み紙を開くと、チョコレートの表面には伝統的な沖縄の織物の一つ「ミンサー織り」の文様が入っているのも可愛いポイント。細やかなこだわりが感じられますね。
ロイズ石垣島公式サイトによると、黒糖は生産された地域や収穫した年などによって微妙に風味や色合いに違いが出るのだとか。
沖縄県へ行くたびにまた少しずつ違った「黒糖チョコレート」が味わえると思うと楽しみになりますね。
気になるお値段は、32枚入りで720円(税込み)ととってもリーズナブル。
この他、「石垣の塩」をつかった人気商品のポテトチップチョコレートや、南国らしいトロピカルフレーバーの生チョコレートもあります。

徳村商店(徳村菓子店)
住所:
〒907-0004 沖縄県石垣市真栄里230-10
営業時間:
09:00~20:00
電話番号:
0980-83-1177
定休日:
なし
アクセス:
石垣島離島ターミナルから車で約10分(駐車場有)
料金:
黒糖チョコレートは一箱702円(税込み)から

紅包

先ほど紹介した沖縄県土産の定番「紅いもタルト」でお馴染みの「御菓子御殿」には、まだまだ美味しい銘菓がいっぱい。
御菓子御殿の選りすぐりの商品のなかから、ぜひご紹介しておきたいのがこちらのスイートポテト、「紅包(べにつつみ)」です。
こちらも紅いもタルトと同じく沖縄県らしく紅いもをつかったお菓子ですが、タルト部分がないぶん、紅包の方が"紅いも感"がより強く感じられます。
紅芋の餡がさつま芋の餡を包み込んでいて、色合いのコントラストが見た目にも美しいお菓子です。
しっとりとした食感とお芋本来の自然な甘みは、日本茶によくマッチして、お茶うけのお菓子としてもぴったり。

目に良いことで知られる成分「アントシアニン」が含まれている紅いもには多少の苦みがあるのですが、そこにさつま芋の甘みが合わさることで、味わいに奥行きが生まれました。
さらに、二種類のお芋の餡だけでなく、バターやクリームを加えたことで、しっとりなめらかな極上食感に仕上がっています。
ぽろぽろと崩れる心配もなく、小さな子どもでも食べやすいところもありがたいですね。
全国菓子博覧会農林水産大臣賞を受賞した実績もあり、その美味しさはまさに折り紙つき。
個包装になっているので、職場や学校など、たくさんのひとに配りたいときにも便利ですよ。
6個入りは626円(税込み)。
御菓子御殿などで購入可能です。

紅芋ケーキおもろ

数ある紅芋スウィーツのなかでも、これだけはぜひともご紹介しておきたい!というのがこちら、「紅芋ケーキおもろ」です。
こだわりの地元沖縄県産の素材を原料につくられた餡と香ばしいパイ生地がコクのある濃厚なクリームチーズを包み込んでいて、食べごたえは十分。
洋と和のコラボレーションから生まれた新たな名作です。
しっとりなめらかな食感のなかにパイ生地の軽やかさがよいアクセントになっています。素朴なやさしい味わいにクリームチーズがマッチして、くせになる美味しさです。
紅いも餡のほどよくマイルドな優しい甘さにはどこか懐かしさが感じられ、ほっこりほくほくと癒されます。

個包装になっているので、学校の友だちなどに配りたいときにも便利なのが嬉しいですね。
日本茶だけでなくコーヒーにもよく合いますから、オフィスの同僚たちへのお土産にすると、コーヒーブレークタイムのお茶うけのお菓子として喜ばれそうです。
賞味期限は30日間とおよそ一ヶ月間は日保ちがするので、お土産を手渡せるまでに期間のあいてしまいそうな場合にもよいでしょう。
直営店なら、同じく沖縄県産の素材にこだわった「おもろたんかんケーキ」と「おもろ黄金芋(おうごんいも)ケーキ」も取り扱っています。
ここでしか手に入らない貴重な限定商品なので、ぜひ三種類の味を合わせてどうぞ。

ファッションキャンディ メインプレイス店
住所:
〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち4丁目4−9サンエー那覇メインプレイス内1F
営業時間:
09:00~22:00
電話番号:
098-951-3328
定休日:
年中無休
アクセス:
ゆいレールおもろまち駅より徒歩8分
料金:
6個入りは972円(税込み)

沖縄塩サイダー

沖縄テイストいっぱいのラベルが可愛いらしいこちらの「沖縄塩サイダー」も、地元沖縄県産の素材にこだわってつくられたサイダーです。
沖縄塩サイダーにつかわれている「ぬちまーす」は、沖縄本島の東側に浮かぶ宮城島(みやぎじま)で取水した海水を原料に、特許も取得した「常温瞬間空中結晶製塩法」という製法で製塩されています。
ぬちまーすに含まれているミネラル成分はその数なんと21種類で、これはギネス世界記録にも認定されているほど!
沖縄の海がそのまま塩になったという言い方をしても過言ではないくらい、ぬちまーすには沖縄の海の多様なミネラルがぎゅっと凝縮されているのです。

沖縄県の方言で「命(ぬち)の塩(まーす)」という意味。
ぬちまーすはそんな特別な塩なのです。
沖縄塩サイダーにも、そんな沖縄の海の恵みがたっぷりと含まれています。
なんといってもミネラル分がとにかく豊富なので、熱中症対策にもおすすめですよ。
キャップを開ければほんのりと甘いサイダーの香りがします。
甘さ控えめでありながら、塩味が甘みを引き立てるとともに、すっきりとした爽やかなのど越しに仕上げています。
暑い真夏の盛りに、琉球ガラスでできた涼やかなグラスに注いで飲み干したくなる、そんな味わいです。
200mlでガラス瓶入りなので、持ち運びの際は注意してくださいね。
わしたショップなどで購入可能です。

トータル天然だし

「トータル天然だし」は、天然素材だけでできた、粉末の"だし"です。
化学調味料も酸化防止剤も一切つかっていないのはもちろん塩分も無添加なので、赤ちゃんからお年寄りまで安心して使うことのできる、究極に健康志向の商品です。
1983年に誕生して以来、トータル天然だしはご家庭や学校で、家族みんなの健康を支えてきました。
なるべくなら料理のたびに自分で出汁をとれたら理想ですが、忙しい毎日ではなかなか十分手間ひまをかけるのは難しいですよね。
そんなとき、このトータル天然だしがあれば、手間を省きながらも健康にも美味しさにも妥協をせず、毎日の食事を一層引き立ててくれますよ。

トータル天然だしには天然素材が贅沢にたっぷりとつかわれています。
主要原料は7種類で、タピオカ澱粉以外は、イワシ、カツオ、こんぶ、しいたけ、無臭ニンニク、サトウキビ食物繊維のいずれも国産にこだわっています。
天然素材から抽出した旨味成分は、どんな料理をも引き立ててくれる優秀な名脇役。
安心安全なだけでなく、粉末の粒子がとても細かいので冷たい水にもサッと溶けて使いやすいのも魅力です。
食物繊維も含まれているほか、カルシウムの吸収をよくしてくれる効果もありますよ。
このトータル天然だしと沖縄が誇るぬちまーすをつかって沖縄料理を作ってみるのもいいかもしれませんね。
わしたショップなどで購入可能です。

なまこ石けん

数々のおすすめの沖縄土産のなかでも、最後にこれだけはぜひ紹介しておきたい!というのがこちらの「なまこ石けん」です。
食材としてのイメージの方が強い「なまこ」ですが、なまこ特有の"ぬめり"にはコラーゲンがたっぷりと含まれており、そんな成分を活かしてつくられているのがこのなまこ石けんなのです。
なまこ石けんには、お肌(顏・全身)用の「白なまこ石けん」と頭髪用の「黒なまこ石けん」の二種類があります。
白なまこ石けんは特に、女性の方や、スキンケアに関心の高い方向けのお土産にすると、きっと喜ばれることでしょう。
コラーゲンの塊とも称されるほど、コラーゲンがたっぷり。

添加物や防腐剤を一切使用せず、天然成分にこだわって、手間ひまをかけてじっくり手作りされているところも魅力ですね。
一般的な石けんと比べると泡立ちにくいという特徴がありますが、これも泡立ちをよくするための成分なども一切加えていないため。
気になる場合は、「専用スポンジ」がセットになった「白なまこせっけんセット」がおすすめです。お値段は4,410円(税込み)と決して安くはありませんが、試してみる価値ありです。
また、天然成分でつくられているために一般的な石けんに比べて溶けやすいので、試用したあとは風通しのよい場所で保管し、水気を切るように注意してくださいね。

那覇空港わしたショップ
住所:
〒901-0142 沖縄県那覇市鏡水150 那覇空港ターミナルビル2階
営業時間:
06:30~20:30
電話番号:
098-840-1197
定休日:
年中無休
アクセス:
ゆいレール那覇空港駅下車、那覇空港ターミナルビル2階(ANA出発ロビー側
料金:
白なまこ石けん(単体)3500円(税別)から

沖縄の魅力が存分に詰まったおみやげは、満足のいく名品ばかり。
レジャーや観光を楽しんだ後は、沖縄発祥の人気おみやげを探して島を巡ってみませんか?

沖縄のおすすめ記事はこちら

mikki0723

主に関西地方を徘徊。
落ち着いて羽根を伸ばせる場所を開拓するため、旅をしております。
美術館や博物館巡りが好きです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 沖縄の本当に地元の人が通う居酒屋おすすめ6選!定番沖縄料...

    沖縄ならではの居酒屋って一体どんなところなのでしょうか。本土の居酒屋とは一味違う、人気の「うちなー居酒屋」を紹介します。ローカル度100%!沖縄のうちなー居酒屋でお酒とおつまみを堪能しましょう!

  • 沖縄トロピカルスイーツがおいしい!かき氷&スムージー人気...

    夏の暑い中食べるかき氷は格別だけど、冬場でも食べられるのは沖縄ならでは。シロップだけじゃなく南国の新鮮なフルーツが山盛りで美容にもよさそうなかき氷や沖縄独特の冷やしぜんざい、話題のヘルシースムージーなど沖縄名物スイーツの名店をご紹介!

  • 沖縄おすすめローカルフード「ジューシー」でオススメのお店5...

    沖縄に行ったら是非食べていただきたいのがご当地グルメの「ジューシー」なんです!そもそもジューシーってなんなのかというと、沖縄の方言で雑炊をヤファラジューシー、炊き込みご飯のことをクファジューシーといい、ジューシーとはその2つの総称。味の決め手は豚のだし汁!地域や家庭によってだし汁や具材はさまざまで、バリエーションにも富んでいます。その中でも沖縄に行ったならぜひ食べたい、オススメの5店舗をご紹介したいと思います。

  • 【沖縄】そんなバカな!? 特殊ヘルメットを被って「水中スクー...

    最近話題になってきている「潜水・水中スクーター」をご存知でしょうか?子どもから大人まで気軽に楽しめるという人気急上昇中のマリンスポーツなんです。今回は、沖縄の「潜水・水中スクーター」を体験できる”思い出販売所 美ら海”にスポットを当ててご紹介したいと思います。

  • 沖縄のレストラン「The Rose Garden」を徹底調査!異国情緒漂...

    沖縄の北中城にあるアメリカンなレストラン、The Rose Garden(ザ・ローズガーデン)をご存知ですか?アメリカ人のお客さんも多いこちらのレストランは、外観も内装もアメリカにある昔ながらのレトロなレストランといった雰囲気。朝食からディナーまでボリューム満点の料理が揃います。今回は日本に居ながら、まるでアメリカに居るような気分にさせてくれるこちらのレストランをご紹介します。これを読めばあなたもきっと行きたくなる事間違いなし!

  • 沖縄おでんがおいしい!沖縄でおすすめのおでん屋5選

    沖縄の食べものと言えば沖縄そばやマンゴーなどの果物が思い浮かびます。ですがそれらと並び、沖縄ではおでんもメジャーなんです。今回は沖縄おでんの名店を5つ、ご紹介します。

このエリアの新着記事
  • 沖縄おすすめローカルフード「ジューシー」でオススメのお店5...

    沖縄に行ったら是非食べていただきたいのがご当地グルメの「ジューシー」なんです!そもそもジューシーってなんなのかというと、沖縄の方言で雑炊をヤファラジューシー、炊き込みご飯のことをクファジューシーといい、ジューシーとはその2つの総称。味の決め手は豚のだし汁!地域や家庭によってだし汁や具材はさまざまで、バリエーションにも富んでいます。その中でも沖縄に行ったならぜひ食べたい、オススメの5店舗をご紹介したいと思います。

  • 沖縄で空中散歩!感覚アクティビティーフォレストアドベンチ...

    森の中を飛んでいるような感覚に陥るフォレストアドベンチャー。沖縄以外にもありますが、 是非森と海が楽しめる沖縄でチャレンジしてみては?これであなたもターザンになれる?!

  • 沖縄おでんがおいしい!沖縄でおすすめのおでん屋5選

    沖縄の食べものと言えば沖縄そばやマンゴーなどの果物が思い浮かびます。ですがそれらと並び、沖縄ではおでんもメジャーなんです。今回は沖縄おでんの名店を5つ、ご紹介します。

  • 【沖縄】沖縄のおすすめホテル15選!日本屈指のリゾートでス...

    美しいビーチに世界遺産、日本屈指のリゾート地である沖縄。リゾートだけでなく、歴史が深いところも沖縄の魅力のひとつです。ショッピングやグルメ、アクティビティ満載の南国を楽しむために最適のホテル15選をご紹介します!

  • 沖縄・古宇利島で絶景&カフェ飯が美味しいおすすめ人気カフ...

    エメラルドグリーンの海に美しい自然。沖縄本島の北西部にある古宇利島は本島から車で行くことができ、近年恋人たちの聖地として人気が上昇。たくさんの観光客が訪れるようになりました。今回はそんな古宇利島で行ってみたい美しい景色が見られるおすすめカフェをご紹介します。

  • 沖縄・古宇利島 最高のロケーションで美味しいランチ! おす...

    沖縄本島の北西にある古宇利島は恋愛の聖地として人気上昇中の離島です。エメラルドグリーンの海に多くの自然が残る島内は風光明媚なスポットも多く、たくさんの観光客が訪れるようになりました。今回はそんな古宇利島でランチの美味しい店をご紹介します。

  • 手付かずの自然と美しい海! 沖縄・古宇利島おすすめビーチ3選

    手付かずの自然と美しい海がある古宇利島はテレビCMで人気上昇中の沖縄本島北西部にある離島です。この島の白い砂浜に透き通ったエメラルドグリーンのビーチは沖縄で一番美しいともいわれます。今回は古宇利島内の選りすぐりの3つのビーチをご紹介します。

  • 沖縄在住者が選ぶ絶対外せない人気観光スポットおすすめ25選...

    日本で最も南にある沖縄県。日本国内とは思えない景色が広がるリゾート地であり、戦争と大きく関わる歴史的建造物が残る地でもあります。訪れたことのない人でも聞き覚えのある知名度の高いスポットがたくさんありますよ。今回は、1度は訪れてほしい沖縄の観光スポットを25カ所に厳選してお届けします!

  • 沖縄のシンボル!首里城のみどころ大解剖

    今回ご紹介するのは日本にあり世界遺産のひとつ“首里城跡”!!沖縄のシンボルともいえる首里城跡(首里城公園)の歴史的かつ神秘的な魅力をとことん大解剖しちゃいます。

  • 沖縄の人気お土産おすすめ30選!最新の人気お土産から定番の...

    人気の観光地・沖縄。グルメも観光もショッピングも楽しい場所ですね。ここでは沖縄を訪れたら、ぜひとも手に入れたいお土産を紹介しましょう!

この記事のキーワード
このエリアの人気記事