カトマンズで絶対外さない人気観光スポット8選!ここは欠かせないおすすめ!

8,335

views

1

ネパールは、ヒンドゥー教や仏教が篤く信仰されている国。そのため、ネパールの首都であるカトマンズには、多くの僧が学び、参拝客の絶えない寺院がたくさんあります。ネパールの文化色を強く彩る宗教に触れることで、十分にこの国の空気を感じられることでしょう。

カトマンズ観光1.ボダナート・ストゥーパ -Boudhanath Stupa-

ボダナート(Boudhanath)は、チベット仏教の巨大仏塔です。高さ約36m、三重の基壇と直径27mの石造りドームからなり、塔の壁面にはブッダの知恵の目が描かれています。塔頂から掛かっているのはタルチョーという旗。この塔はネパール最大であり、「カトマンズの渓谷」の一部としてユネスコの世界遺産に登録されています。塔の中心にブッダのお骨(仏舎利)が埋められている、世界的なチベット仏教の中心地です。

ボダナート・ストゥーパ(Boudhanath Stupa)
住所:
Boudhanath (Boudha)、Kathmandu 44600、ネパール
アクセス:
バアダ・バス・スタンドより徒歩1分
電話番号:
+977 1-4256909
料金:
100ルピー

カトマンズ観光2.スワヤンブナート寺院 -Swayambhunath Temple-

スワヤンブナート(Swayambhunath)もボダナートと同様、「カトマンズの渓谷」の一部としてユネスコ世界遺産に登録されています。400段弱の急な石階段を上ったところが寺院の中心になっていて、寺院中央には仏塔が。大きさはボダナートの仏塔より小さいですが、ネパール仏教にとって最も重要な仏塔です。

この寺院は別名モンキー・テンプルと呼ばれるほど猿が多く、寺院では猿も信仰の対象となっています。猿に旅行客の荷物を奪われることもあるので要注意!

スワヤンブナート寺院(Swayambhunath Temple)
住所:
Swoyambhunath Temple Marg, 44600 ネパール
アクセス:
Swayambhu Bus Stopより徒歩16分
料金:
外国人料金で200ルピー

カトマンズ観光3.ハヌマーン・ドカ (旧王宮) -Hanuman Dhoka-

ここはかつて、ネパール国王が住む宮廷のあった場所。1886年に国王は現在の王宮のあるダルバール・マルグに移り、今では博物館になっています。ハヌマーン・ドカは「ハヌマーン門」を意味し、本来は正面の門のみを指す呼び名だったようです。ハヌマーンは猿の神様の名前で、その像が門の脇に建っています。門の両脇を獅子が守り、その背中にはシヴァ神とその妻パルバティ。門をくぐると、そこには悪魔を倒そうする神様、ナラシンハの像があります。

ハヌマーン・ドカ (旧王宮)(Hanuman Dhoka)
住所:
Kathmandu 44600
アクセス:
NAC バス停より徒歩11分
料金:
外国人料金で250ルピー

カトマンズ観光4.ダルバール広場 -Durbar Square-

ダルバール広場 (Durbar Square)は、カトマンズ渓谷内の3つの主要都市であるカトマンズ、パタン、バクタプルにそれぞれある王宮広場の名称です。周辺にはチベット仏教の寺院が集中し、ネワール人の芸術家や工芸師が製作した展示品等が多くあります。

ダルバール広場(Durbar Square)
住所:
Ganga Path, Kathamndu 44600 ネパール
アクセス:
NAC バス停より徒歩12分
電話番号:
+977 984-9602800
料金:
無料

カトマンズ観光5.パシュパティナート寺院 -Pashupatinath Temple-

パシュパティナート(Pashupatinath)は、シヴァ神を祭るネパール最大のヒンドゥー教寺院。シヴァが滞在したという言い伝えがあり、1500年以上も昔から巡礼の地となっています。ヒンドゥー教を国教とするネパールでは最高の聖なる地です。寺の前を流れるバグマティ川のほとりには、火葬場があります。このバグマティ川もヒンドゥーの聖地であり、ガンジス河へと流れる支流にあたるため、ここから遺灰を流すことで母なる大河ガンガーへと戻ってゆくと考えられているのです。寺院はヒンズー教徒以外が立ち入ることはできませんが、火葬場は入場料を払えば誰でも入ることができます。

パシュパティナート寺院(Pashupatinath Temple)
住所:
Pashupati Nath Road, Kathmandu 44621 ネパール
営業時間:
04:00~21:00
アクセス:
Jayabageshworiバス停より徒歩7分
電話番号:
+977 1-4256909
料金:
1000ルピー

カトマンズ観光6.コパン僧院 -Kopan Monastery-

ボダナートの北、静かな丘のうえにあるコパン僧院は、チベット仏教ゲルク派の寺院です。併設されているブックストアでは、教典や宗教に関する本を販売しています。10日~数ヶ月間で瞑想を学ぶことが出来る体験コースもあるそうです。

コパン僧院(Kopan Monastery)
住所:
Kopan, Kathmandu, ネパール
アクセス:
Dhaulagiri Chowk バス停より徒歩
営業時間:
ブックストア 9:30-11:30、事務所 13:00-17:00
休業日:
土曜日
電話番号:
+977 1-481268
料金:
無料

カトマンズ観光7.ガーデン・オブ・ドリームス -Garden of Dreams-

カトマンズの喧騒から少し離れたいときには、このガーデン・オブ・ドリームスがぴったり。中に入ると別世界が広がります。美しく手入れされた庭園のベンチでゆったりと寛ぐのもよいでしょう。庭園の中ではカフェも営業しています。

ガーデン・オブ・ドリームス -Garden of Dreams-
住所:
Tridevi Sadak, 44600 ネパール
営業時間:
09:00~22:00
アクセス:
Dhaulagiri Chowk バス停より徒歩10分
休業日:
なし
電話番号:
+977 1-4425340
料金:
外国人料金で3000ルピー

カトマンズ観光8.ダッチンカリ寺院 -Dakshinkali Temple-

ダッチンカリ寺院(Dakshinkali Temple)では、巡礼者が週に二度、毎週火曜日と土曜日に、生贄となる鶏やヤギなどの喉を裂いて、血に飢えた女神カーリーに捧げています。しかしダッチンカリ寺院の中に入れるのはヒンズー教徒だけのため、生贄を捧げる様子を近くで見ることはできないようです。

ダッチンカリ寺院(Dakshinkali Temple)
住所:
Kathmandu 44621, Nepal
アクセス:
Tangaalバス停より徒歩8分
料金:
1000ルピー

いかがでしたか? 神への信仰が生活に根付く国、ネパール。その寺院には、観光地としてではなく、深い信仰心のある人々が日常的に足を運んでいます。そこではきっと、日本のものとは全く異なった、強い宗教色を感じることができるでしょう。

キリトビ

二十代。ヨーロッパ在住でしたが、現在は主に日本国内を旅行しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • カトマンズのお土産おすすめ15選!人気のパシュミナや、ネパ...

    栄光の都市という別名もあるネパール・カトマンズ。1979年にはユネスコの世界文化遺産に指定されるなど世界的な観光スポットとして有名ですよね。そんなカトマンズで手に入れたいおすすめのお土産をご紹介。

  • 超絶日本人好み!ネパールで絶対食べたいウマすぎるネパール...

    お出汁のきいた、優しいほっこり味のネパール料理。”インドの疲れはネパールで癒す”をキーワードに超絶重要必須項目「ごはん!」をテーマにしてみたいと思います。ご存知のものもあるかと思いますが、筆者の愛してやまないネパール料理をご紹介します♡

  • ネパール基本情報【言語・お役立ち会話編】

    旅行に行きたいと思っても、現地の言葉が分からないとなかなか一歩を踏み出せないものですよね。ネパールの場合はどうでしょうか?ネパール語なんて分からないし……と躊躇しているあなたに役立つ情報と簡単なネパール語をお教えします。

  • ネパール基本情報【お金編】

    旅行に行った時には、買い物が楽しみのひとつになりますよね。しかし、買い物するためには、現地の通貨についてある程度の知識を持っていることも大切です。そこで、今回はネパールの通貨や両替など、お金についての情報を取り上げます

  • ネパールにそびえる8,000m級の山アンナプルナ!その魅力とは?

    ネパールにそびえるアンナプルナ。登頂が非常に困難なことで知られていますが、トレッキングで行くベースキャンプやポカラから山を眺めることはできるかもしれません。ここではそのアンナプルナについて紹介しましょう。

  • ネパール基本情報【トイレ編】

    海外へ旅行に行った時に、困る事のひとつにトイレがあると思います。日本では、どこにでも快適なトイレがありますが、海外はそうではありません。ネパールのトイレも初めての旅行では少し戸惑うかもしれません。そのため、ネパールのトイレ事情と注意点に付いて取り上げます。

このエリアの新着記事
  • ネパールの首都カトマンズで泊まりたい!おすすめホテル15選

    南アジアにあるネパール。ヒマラヤ山脈にあるエベレストが有名ですね。日本ではネパール料理のレストランも人気です。そんな今回は、ネパールの首都、カトマンズにあるおすすめホテルを紹介したいと思います。

  • ネパール基本情報【言語・お役立ち会話編】

    旅行に行きたいと思っても、現地の言葉が分からないとなかなか一歩を踏み出せないものですよね。ネパールの場合はどうでしょうか?ネパール語なんて分からないし……と躊躇しているあなたに役立つ情報と簡単なネパール語をお教えします。

  • カトマンズのお土産おすすめ15選!人気のパシュミナや、ネパ...

    栄光の都市という別名もあるネパール・カトマンズ。1979年にはユネスコの世界文化遺産に指定されるなど世界的な観光スポットとして有名ですよね。そんなカトマンズで手に入れたいおすすめのお土産をご紹介。

  • ネパールにそびえる8,000m級の山アンナプルナ!その魅力とは?

    ネパールにそびえるアンナプルナ。登頂が非常に困難なことで知られていますが、トレッキングで行くベースキャンプやポカラから山を眺めることはできるかもしれません。ここではそのアンナプルナについて紹介しましょう。

  • 世界最高峰エベレストを仰ぎ見る!エベレスト街道トレッキン...

    世界最高峰のエベレストをこの目で見てみたい!と思う方も多いのではないでしょうか?エベレスト街道は現地の人々が生活に使う道。特別な登山の技術が無くてもエベレストを見ることができるんです。一度は訪れたい、エベレスト街道の魅力をご紹介します。

  • 初心者ヒマラヤトレッキングガイド!綺麗なゲストハウスも!

    8000m級の山が連なるヒマラヤ山脈にトレッキングってハードル高すぎ…なんて、思いませんか? もちろんのこと8000m級の山を登るには、それなりのトレーニングや経験が必要で、一般人には危険です。 一般にヒマラヤトレッキングというと、ヒマラヤ山脈を見るためにトレッキングすることを言います。 コースは色々とありますが、今回はアンナプルナ連山の初級者から中級者向けのコース、3泊4日のプーンヒルトレッキングをご紹介したいと思います。

  • 【ネパール旅行記】噂のローカルバスに乗車してみた!

    インドの疲れはネパールで癒す!!噂のイイ国♡ネパール! しかしながら、まだまだインフラも整っていないし、観光大国にもかかわらず、未だにアジア最貧国の1つ。友人からも”ネパールのバスはヒドイ!”とはよく聞いてはいたものの、東の国境から西の国境まで、横断してきました。もちろん手段はバスのみ!ローカルバス・ツーリストバス、乗車レポです。

  • 長居したくなる癒しの町!ネパール・ポカラの魅力とは

    ヒマラヤ山脈、アンナプルナトレッキングの玄関口の町ポカラ。カトマンドゥに続くネパールで2番目に大きい町です。 といっても、喧騒のカトマンドゥとは真逆の、とてものんびりした癒しの美しい町。高いビルなどはもちろんありません。 フェワ湖でボートを漕いだり、湖畔をお散歩したり、カフェでお茶をしたり、お買い物をしたり。。。 トレッキングで疲れた身体をも癒してくれる、そんなポカラの魅力をご紹介したいと思います。

  • 超絶日本人好み!ネパールで絶対食べたいウマすぎるネパール...

    お出汁のきいた、優しいほっこり味のネパール料理。”インドの疲れはネパールで癒す”をキーワードに超絶重要必須項目「ごはん!」をテーマにしてみたいと思います。ご存知のものもあるかと思いますが、筆者の愛してやまないネパール料理をご紹介します♡

  • 仏教とヒンドゥー教が共存!ネパール神秘の地・カトマンズの谷

    「人間よりも神々が多い地」と呼ばれる、ネパールのカトマンズの谷。仏教とヒンドゥー教両方の聖地であり、土着宗教の神々がたくさん息づいている神秘の地です。日本人にとっては驚きの文化があるこの地に、さっそく足を踏み入れてみましょう。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事