ネパール基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

2,986

views

0

ネパールに旅行に行ってみたい!でも、ビザはどうやって取ったらいいの?まずそんな疑問にお答えしたいと思います。 また、ネパールに来ると、その居心地の良さに長く滞在したいと思われる方も多くいます。そんな方のために、長期で滞在できるビザについての情報も取り上げます。

ビザの取得について

ネパールに入国する際には、10才未満の子供などの例外を除き、ビザが必要になります。観光ビザで滞在できるのは、1年間で最大150日までです。
前もって日本でビザを取得してから来ることもできますし、現地で取得することもできます。

空港でのビザ取得

ネパールでは、空港ですぐに観光ビザを取得することができます。種類は、15日間25USドル、30日間40USドル、90日間100USドルの三種類があります。日本円での支払いも可能なようですが、スムーズに手続きを行なうためにも、ドルを持参することをお勧めします。こちらのビザは、マルチプルエントリーで、滞在可能期間内であれば、何度でも出入国が可能です。

2013年12月より、オンラインビザ申請が開始されました。このシステムにより、ビザ取得に要する時間が大幅に短縮されました。ここで、方法をご紹介しますね。
まず、オンライン申請方法は2通りあります。ご自宅のパソコンで申請してから来るか、空港の申請機を利用するかのどちらかです。どちらも申請方法に変わりはありません。空港にある機械は、数に限りがありますので、できれば自宅で済ませて来るのがお勧めです。

まず、ネパールイミグレーションのサイトから、ビザ目的の申請ページを開き、ツーリストビザの用紙に必要事項を入力します。顔写真も必須です。細かい数字など分からないところは「00」と記入します。すべての入力し申請後、バーコード付の画面をプリントアウトして持参します。忘れると、同じ手続きをもう一度空港ですることになりますので、お気を付けくださいね。

空港に到着し、オンライン申請と入国カードの記入が済んだら、まずは銀行でビザ代の支払いを行います。その後、領収証、パスポート、ビザの申請用紙、入国カードを持ってカウンターに提出します。そこで、ビザのシールを張ってもらって完了です。

このとき、申請通りのビザのシールが貼られているか、きちんとサインがされているかをすぐに確認するようにしましょう。うっかりミスがなかなか多い国です。後で、面倒なことにならないためにも、ぜひしっかり見るようにしてくださいね。

日本でビザを取得

ネパールの空港でビザを取るのは難しくありませんが、やっぱり到着してからビザを取るのは不安という方は、日本のネパール大使館でビザを取得してから来ることもできます。大阪と東京の二か所での申請が可能です。
その際には、パスポート、申請書、証明写真が必要です。料金は、15日間3000円、30日5000円、90日間12000円です。そのほかに、遠方にお住いの方は、郵送料金も必要になります。総合的に考えると、やはり現地でのビザ取得がお勧めかと思います。

ビザを延長するとき

最初は2週間ほどの予定だった人も、ネパール旅行が思った以上に楽しく、延長したいと考えるかもしれません。延長方法は簡単です。
ネパールに入国するときと同じことをもう一度します。申請用紙を持って、イミグレーションオフィスに行き、お金を払って、ビザのシールを張ってもらいます。このとき、申請用紙とお金のほかに必要なのが、パスポート、パスポートの写真のページと現在のビザのページのコピーです。ビザのページのコピーは必要のないこともありますが、念のため持参することをお勧めします。

延長料金は、15日間までは一律で30USドル、それ以降は1日2USドルです。ドルでもルピーでも支払いが可能です。たった1日でも15日の延長でも30ドルかかりますから、折角なら、がっちり2週間滞在を延ばすと、お金も無駄なくネパールを楽しむことができますね。

イミグレーションオフィスは、カトマンズとポカラの2箇所にあります。

観光以外のビザの種類

ネパールに魅了され、しばらくネパールに住みたいと思ったあなた。観光ビザは年に150
日まで、ではどうしましょうか?観光ビザ以外には、ビジネスをする人のための商用査証、学生査証、結婚した人などのための特別査証などがあります。

そこで、有力なのが学生ビザということになるでしょう。多くの旅行者が利用しているのが、ビショバサキャンパスという言語学校への入学です。一度に半年から一年のビザを取得できます。ネパール語を勉強しながらネパール生活も楽しめるので外国人に人気があります。

しかし、これにはいくつか注意点があります。入学時期が2月と7月の年に2回のみであること、ネパールの銀行にドル口座を作りお金を入れておく必要があることです。残念ながら思い立ってすぐに入校できるというものではありません。本気で長期滞在を検討するときには、しっかり考えて準備するようにしてくださいね。

日本大使館

在ネパール日本国大使館は、カトマンズのパニポカリという場所にあります。基本的に土日が休み、平日も13時から1時間ほど休憩時間があります。もちろん日本語で対応してくれますので、パスポート紛失などをはじめ、何かあれば親切に対応してくれます。基本的な情報などは、大使館のホームページから情報を得ることができます。情報は定期的に更新されますので、旅行前に確認することをお勧めします。

税関について

ネパールに入国する際、個人の私物であれば問題なく税関を通過できます。また、タバコ200本、葉巻50本、アルコール類1.15リットル入り1本まで、フィルム15本までであれば、無税で持ち込むことができるという規定があります。厳密にチェックされるかは不明ですが…。
それ以外の荷物に関しては、その時の担当者の気分によって、無税だったり課税だったりするようです。善意からネパール支援のために荷物を持ち込んでも、税金を要求されることもあります。
担当者の気分によって対応が異なるのが、ネパールの残念な点ですね…。

最後に

いかがでしたか?
ネパールは不便も多いですが、魅力あふれる国でもあります。ビザの取得が難しくないので、旅行者にとってうれしい国ですね。日本とは違った、ゆったりした時間の流れをネパールでぜひ味わってみてくださいね。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • カトマンズのお土産おすすめ15選!人気のパシュミナや、ネパ...

    栄光の都市という別名もあるネパール・カトマンズ。1979年にはユネスコの世界文化遺産に指定されるなど世界的な観光スポットとして有名ですよね。そんなカトマンズで手に入れたいおすすめのお土産をご紹介。

  • 超絶日本人好み!ネパールで絶対食べたいウマすぎるネパール...

    お出汁のきいた、優しいほっこり味のネパール料理。”インドの疲れはネパールで癒す”をキーワードに超絶重要必須項目「ごはん!」をテーマにしてみたいと思います。ご存知のものもあるかと思いますが、筆者の愛してやまないネパール料理をご紹介します♡

  • ネパール基本情報【お金編】

    旅行に行った時には、買い物が楽しみのひとつになりますよね。しかし、買い物するためには、現地の通貨についてある程度の知識を持っていることも大切です。そこで、今回はネパールの通貨や両替など、お金についての情報を取り上げます

  • ネパール基本情報【言語・お役立ち会話編】

    旅行に行きたいと思っても、現地の言葉が分からないとなかなか一歩を踏み出せないものですよね。ネパールの場合はどうでしょうか?ネパール語なんて分からないし……と躊躇しているあなたに役立つ情報と簡単なネパール語をお教えします。

  • ネパール基本情報【トイレ編】

    海外へ旅行に行った時に、困る事のひとつにトイレがあると思います。日本では、どこにでも快適なトイレがありますが、海外はそうではありません。ネパールのトイレも初めての旅行では少し戸惑うかもしれません。そのため、ネパールのトイレ事情と注意点に付いて取り上げます。

  • ネパールにそびえる8,000m級の山アンナプルナ!その魅力とは?

    ネパールにそびえるアンナプルナ。登頂が非常に困難なことで知られていますが、トレッキングで行くベースキャンプやポカラから山を眺めることはできるかもしれません。ここではそのアンナプルナについて紹介しましょう。

このエリアの新着記事
  • ネパールの首都カトマンズで泊まりたい!おすすめホテル15選

    南アジアにあるネパール。ヒマラヤ山脈にあるエベレストが有名ですね。日本ではネパール料理のレストランも人気です。そんな今回は、ネパールの首都、カトマンズにあるおすすめホテルを紹介したいと思います。

  • ネパール基本情報【言語・お役立ち会話編】

    旅行に行きたいと思っても、現地の言葉が分からないとなかなか一歩を踏み出せないものですよね。ネパールの場合はどうでしょうか?ネパール語なんて分からないし……と躊躇しているあなたに役立つ情報と簡単なネパール語をお教えします。

  • カトマンズのお土産おすすめ15選!人気のパシュミナや、ネパ...

    栄光の都市という別名もあるネパール・カトマンズ。1979年にはユネスコの世界文化遺産に指定されるなど世界的な観光スポットとして有名ですよね。そんなカトマンズで手に入れたいおすすめのお土産をご紹介。

  • ネパールにそびえる8,000m級の山アンナプルナ!その魅力とは?

    ネパールにそびえるアンナプルナ。登頂が非常に困難なことで知られていますが、トレッキングで行くベースキャンプやポカラから山を眺めることはできるかもしれません。ここではそのアンナプルナについて紹介しましょう。

  • カトマンズで絶対外さない人気観光スポット8選!ここは欠かせ...

    ネパールは、ヒンドゥー教や仏教が篤く信仰されている国。そのため、ネパールの首都であるカトマンズには、多くの僧が学び、参拝客の絶えない寺院がたくさんあります。ネパールの文化色を強く彩る宗教に触れることで、十分にこの国の空気を感じられることでしょう。

  • 世界最高峰エベレストを仰ぎ見る!エベレスト街道トレッキン...

    世界最高峰のエベレストをこの目で見てみたい!と思う方も多いのではないでしょうか?エベレスト街道は現地の人々が生活に使う道。特別な登山の技術が無くてもエベレストを見ることができるんです。一度は訪れたい、エベレスト街道の魅力をご紹介します。

  • 初心者ヒマラヤトレッキングガイド!綺麗なゲストハウスも!

    8000m級の山が連なるヒマラヤ山脈にトレッキングってハードル高すぎ…なんて、思いませんか? もちろんのこと8000m級の山を登るには、それなりのトレーニングや経験が必要で、一般人には危険です。 一般にヒマラヤトレッキングというと、ヒマラヤ山脈を見るためにトレッキングすることを言います。 コースは色々とありますが、今回はアンナプルナ連山の初級者から中級者向けのコース、3泊4日のプーンヒルトレッキングをご紹介したいと思います。

  • 【ネパール旅行記】噂のローカルバスに乗車してみた!

    インドの疲れはネパールで癒す!!噂のイイ国♡ネパール! しかしながら、まだまだインフラも整っていないし、観光大国にもかかわらず、未だにアジア最貧国の1つ。友人からも”ネパールのバスはヒドイ!”とはよく聞いてはいたものの、東の国境から西の国境まで、横断してきました。もちろん手段はバスのみ!ローカルバス・ツーリストバス、乗車レポです。

  • 長居したくなる癒しの町!ネパール・ポカラの魅力とは

    ヒマラヤ山脈、アンナプルナトレッキングの玄関口の町ポカラ。カトマンドゥに続くネパールで2番目に大きい町です。 といっても、喧騒のカトマンドゥとは真逆の、とてものんびりした癒しの美しい町。高いビルなどはもちろんありません。 フェワ湖でボートを漕いだり、湖畔をお散歩したり、カフェでお茶をしたり、お買い物をしたり。。。 トレッキングで疲れた身体をも癒してくれる、そんなポカラの魅力をご紹介したいと思います。

  • 超絶日本人好み!ネパールで絶対食べたいウマすぎるネパール...

    お出汁のきいた、優しいほっこり味のネパール料理。”インドの疲れはネパールで癒す”をキーワードに超絶重要必須項目「ごはん!」をテーマにしてみたいと思います。ご存知のものもあるかと思いますが、筆者の愛してやまないネパール料理をご紹介します♡

このエリアの人気記事