仏教とヒンドゥー教が共存!ネパール神秘の地・カトマンズの谷

2,513

views

1

「人間よりも神々が多い地」と呼ばれる、ネパールのカトマンズの谷。仏教とヒンドゥー教両方の聖地であり、土着宗教の神々がたくさん息づいている神秘の地です。日本人にとっては驚きの文化があるこの地に、さっそく足を踏み入れてみましょう。

ヒンドゥー教と仏教の聖地、カトマンズ

世界遺産登録名は「Kathmandu Valley」。日本では「カトマンズの谷」と呼ばれることが多いものの、正確には「カトマンズ盆地」です。ネパールの首都であるカトマンズを中心とした周辺一帯が、世界遺産の登録地域。そこには大きく分けてカトマンズ・パタン・バクタプルという都市があります。

標高約1,300mのこの地一帯は、ヒンドゥー教と仏教の両方の聖地。両宗教の神々の他に、土着のアニミズムの神々…。人々は畏敬の想いをこめて、カトマンズを「人間よりも神々の多い地」と呼ぶのだそう。

3つの都市にはそれぞれダルバール広場というものがありますが、広場といってもだだっ広い空間ではなく、道路が少し広くなった程度のもの。ダルバール広場とは「王宮広場」を意味していて、周辺には旧王宮のほかにたくさんの寺院や住居がひしめいています。

チベット仏教らしい寺院のまわりには職人や芸術家が自分の作品を並べていて、展示場となっているような区域もあります。地元の人々の生活にも溶け込んだ空間となっているようですね。

カトマンズにあるストゥーパ(仏塔)は数えきれないほどあると言われていますが、その中でもっとも尊ばれているのが、スワヤンブナートとボダナートという二つ。こちらの金色に輝いているほうがスワヤンブナートです。

塔の四面には鋭い目が…!これは「知恵の目」といって、世界を見つめる仏の目です。頂上から垂れ下がる旗は5色に塗られていて、仏教では5人の仏、ヒンドゥー教では5人の神々を表しているのだそう。

ボダナートは、知恵の目や5色の旗こそスワヤンブナートと同様ですが、全体的に落ち着いた白のボディを持ち、とにかく大きい!それもそのはず、ネパールでも最大のストゥーパなのです。

手前にいる人の大きさと比べると、ボダナートの巨大さがわかりますね。
それにしても、おびただしい数の鳥です。仏の功徳に引かれて集まってきているのでしょうか…。

仏教の聖地であるとともに、ヒンドゥー教の聖地でもあるカトマンズ。特にここパシュパティナートは、ヒンドゥー教の最高神のひとりシヴァが訪れたとされる地で、ネパール最大のヒンドゥー教寺院かつインド大陸四大シヴァ寺院のひとつとなっています。

パシュパティナート裏手には、聖なる川ガンジスに流れ込む支流のひとつであるバグマティ川が流れています。実は寺院自体に入れるのはヒンドゥー教徒のみなのですが、このバグマティ川で行われる「儀式」は一般人でも見学できるのです。

その儀式とは…火葬。
輪廻転生を信じ、墓を持たない人々の遺体はここで数時間かけて灰となり、バクマディ川に流されます。
日本人にとっては衝撃が大きい光景かもしれませんが、死生観を見つめ直すきっかけにもなるかもしれませんね。

カトマンズの谷(Kathmandu Valley)
住所:
Kathmandu,Nepal
アクセス:
成田空港からバンコク経由でカトマンズまで約10時間

仏教とヒンドゥー教が共存する聖地、カトマンズ。そこは日本人にとっては不思議な文化であふれた地です。こんな世界もあるのかと、新鮮な気持ちで訪れてみてはいかがでしょうか。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • カトマンズのお土産おすすめ15選!人気のパシュミナや、ネパ...

    栄光の都市という別名もあるネパール・カトマンズ。1979年にはユネスコの世界文化遺産に指定されるなど世界的な観光スポットとして有名ですよね。そんなカトマンズで手に入れたいおすすめのお土産をご紹介。

  • 超絶日本人好み!ネパールで絶対食べたいウマすぎるネパール...

    お出汁のきいた、優しいほっこり味のネパール料理。”インドの疲れはネパールで癒す”をキーワードに超絶重要必須項目「ごはん!」をテーマにしてみたいと思います。ご存知のものもあるかと思いますが、筆者の愛してやまないネパール料理をご紹介します♡

  • ネパール基本情報【お金編】

    旅行に行った時には、買い物が楽しみのひとつになりますよね。しかし、買い物するためには、現地の通貨についてある程度の知識を持っていることも大切です。そこで、今回はネパールの通貨や両替など、お金についての情報を取り上げます

  • ネパール基本情報【言語・お役立ち会話編】

    旅行に行きたいと思っても、現地の言葉が分からないとなかなか一歩を踏み出せないものですよね。ネパールの場合はどうでしょうか?ネパール語なんて分からないし……と躊躇しているあなたに役立つ情報と簡単なネパール語をお教えします。

  • ネパール基本情報【トイレ編】

    海外へ旅行に行った時に、困る事のひとつにトイレがあると思います。日本では、どこにでも快適なトイレがありますが、海外はそうではありません。ネパールのトイレも初めての旅行では少し戸惑うかもしれません。そのため、ネパールのトイレ事情と注意点に付いて取り上げます。

  • ネパールにそびえる8,000m級の山アンナプルナ!その魅力とは?

    ネパールにそびえるアンナプルナ。登頂が非常に困難なことで知られていますが、トレッキングで行くベースキャンプやポカラから山を眺めることはできるかもしれません。ここではそのアンナプルナについて紹介しましょう。

このエリアの新着記事
  • ネパールの首都カトマンズで泊まりたい!おすすめホテル15選

    南アジアにあるネパール。ヒマラヤ山脈にあるエベレストが有名ですね。日本ではネパール料理のレストランも人気です。そんな今回は、ネパールの首都、カトマンズにあるおすすめホテルを紹介したいと思います。

  • ネパール基本情報【言語・お役立ち会話編】

    旅行に行きたいと思っても、現地の言葉が分からないとなかなか一歩を踏み出せないものですよね。ネパールの場合はどうでしょうか?ネパール語なんて分からないし……と躊躇しているあなたに役立つ情報と簡単なネパール語をお教えします。

  • カトマンズのお土産おすすめ15選!人気のパシュミナや、ネパ...

    栄光の都市という別名もあるネパール・カトマンズ。1979年にはユネスコの世界文化遺産に指定されるなど世界的な観光スポットとして有名ですよね。そんなカトマンズで手に入れたいおすすめのお土産をご紹介。

  • ネパールにそびえる8,000m級の山アンナプルナ!その魅力とは?

    ネパールにそびえるアンナプルナ。登頂が非常に困難なことで知られていますが、トレッキングで行くベースキャンプやポカラから山を眺めることはできるかもしれません。ここではそのアンナプルナについて紹介しましょう。

  • カトマンズで絶対外さない人気観光スポット8選!ここは欠かせ...

    ネパールは、ヒンドゥー教や仏教が篤く信仰されている国。そのため、ネパールの首都であるカトマンズには、多くの僧が学び、参拝客の絶えない寺院がたくさんあります。ネパールの文化色を強く彩る宗教に触れることで、十分にこの国の空気を感じられることでしょう。

  • 世界最高峰エベレストを仰ぎ見る!エベレスト街道トレッキン...

    世界最高峰のエベレストをこの目で見てみたい!と思う方も多いのではないでしょうか?エベレスト街道は現地の人々が生活に使う道。特別な登山の技術が無くてもエベレストを見ることができるんです。一度は訪れたい、エベレスト街道の魅力をご紹介します。

  • 初心者ヒマラヤトレッキングガイド!綺麗なゲストハウスも!

    8000m級の山が連なるヒマラヤ山脈にトレッキングってハードル高すぎ…なんて、思いませんか? もちろんのこと8000m級の山を登るには、それなりのトレーニングや経験が必要で、一般人には危険です。 一般にヒマラヤトレッキングというと、ヒマラヤ山脈を見るためにトレッキングすることを言います。 コースは色々とありますが、今回はアンナプルナ連山の初級者から中級者向けのコース、3泊4日のプーンヒルトレッキングをご紹介したいと思います。

  • 【ネパール旅行記】噂のローカルバスに乗車してみた!

    インドの疲れはネパールで癒す!!噂のイイ国♡ネパール! しかしながら、まだまだインフラも整っていないし、観光大国にもかかわらず、未だにアジア最貧国の1つ。友人からも”ネパールのバスはヒドイ!”とはよく聞いてはいたものの、東の国境から西の国境まで、横断してきました。もちろん手段はバスのみ!ローカルバス・ツーリストバス、乗車レポです。

  • 長居したくなる癒しの町!ネパール・ポカラの魅力とは

    ヒマラヤ山脈、アンナプルナトレッキングの玄関口の町ポカラ。カトマンドゥに続くネパールで2番目に大きい町です。 といっても、喧騒のカトマンドゥとは真逆の、とてものんびりした癒しの美しい町。高いビルなどはもちろんありません。 フェワ湖でボートを漕いだり、湖畔をお散歩したり、カフェでお茶をしたり、お買い物をしたり。。。 トレッキングで疲れた身体をも癒してくれる、そんなポカラの魅力をご紹介したいと思います。

  • 超絶日本人好み!ネパールで絶対食べたいウマすぎるネパール...

    お出汁のきいた、優しいほっこり味のネパール料理。”インドの疲れはネパールで癒す”をキーワードに超絶重要必須項目「ごはん!」をテーマにしてみたいと思います。ご存知のものもあるかと思いますが、筆者の愛してやまないネパール料理をご紹介します♡

このエリアの人気記事
新着記事