【ネパール旅行記】噂のローカルバスに乗車してみた!

2,306

views

0

インドの疲れはネパールで癒す!!噂のイイ国♡ネパール! しかしながら、まだまだインフラも整っていないし、観光大国にもかかわらず、未だにアジア最貧国の1つ。友人からも”ネパールのバスはヒドイ!”とはよく聞いてはいたものの、東の国境から西の国境まで、横断してきました。もちろん手段はバスのみ!ローカルバス・ツーリストバス、乗車レポです。

ネパールのバス

今回筆者は、西の国境マヘンドラナガルから、東の国境カカルビッタまでネパールを横断しました。マイナールートなので情報が少ないのは重々承知だったのですが、やはり大変でした…!!
ネパール国内移動は、バックパック旅行をする筆者にとっては、バス一択なんですが、(ポカラーカトマンドゥ間は飛行機も飛んでいます!)ツーリストバスとローカルバスに分かれていて、違いはその辺の立ってる人をいちいち拾っていくか、バスターミナルからバスターミナルまでの直通かっていうことだと思います。
ちなみに、ネパールではバスターミナルをバス・パークと呼びます。

最高級ツーリストバス:グリーン・ライン

乗ってみたかったのですが、ポカラからカトマンドゥ間、24USドル!(2016.04.時点)これは悩みました。(そして結局乗りませんでした。)
お水、車内食、エアコン、トイレ休憩以外はノンストップの最高級バスです。エアコン車なので土ぼこりも気にならない!約2600ネパールルピー。…高いととるか、安いと取るかは自分次第なんですよね。

中級ツーリストバス:旅行会社、バス会社等のプライベートバス

ポカラ→カトマンドゥ間はツアー会社、バス会社によってサービスやバスのクオリティが様々。選び放題です。ババツアー、スイスツアーが有名どころ。
筆者が乗車したのは、比較的お安めでエアコン無し(ファン付き)のツーリストバス。ゲストハウスで手配してもらったのはカトマンドゥ行きのスイスツアー。700ネパールルピー。お水のペットボトルが支給されて、2回休憩がありました。
ちなみにババツアーはエアコンバス・食事付きで17USドルとのことでした。

カトマンドゥ→カカルビッタはエアコン付き、ツーリストバスで1600ルピーでした。

噂のオンボロ激安移動:ローカルバス

インドから国境を越えて、マヘンドラナガルのバスパークから、ルンビニにいきたい!と告げたところ、マヘンドラナガルからはまさかのローカルバス一択。
筆者が乗った時は上にまで人は乗っていませんでしたが、2人用ベンチシートにぎゅうぎゅうと詰め込まれる人。移動で疲れているのにガツガツ話しかけてくるネパール人。せっかくネパールに移動して来たのに、インドの疲れが全然癒せないんですけど!と、12時間ほどの移動中、常に思っていました…笑。
結局ブトワルに滞在することになったのですが、絶対にツーリストバスに乗る!!と意気込んだのにもかかわらず、ブトワル→ポカラ間もなぜかローカルバスに詰め込まれる。

道に立ってる人を常に乗せようとするため、一向に市街地から出られないバス。そして横に乗ったのはお子様連れ。かわいいけど…かわいいけども!!私を踏まないでください…!!(涙)移動中は、付近のメンツも重要になってきます。
眠いのにずっと話しかけてくる人、お世話を焼きたがる人、旅行会社につれていきたい人…ローカルバスは特に距離が近いので、それはそれはもう大変でした…!
そして悪路。跳ねる、揺れる。その揺れで窓が開いたり閉まったり…これはデジャヴ…南米・ボリビア!!世界2大オンボロバス移動、ネパール・ボリビア…ですね。本当に辛かったです。
ちなみに酔い止めは必須。できればもう一生乗りたく無いです(笑)
ローカルバスの良いところ…値段がとても安い!!のみ!!です…!

おまけ:ローカルミニバス

ブトワルからルンビニには、ローカルミニバスを乗り継いで日帰りで行ってきました。
ブトワルのバスターミナルでルンビニ行きのバスがあるか尋ねたところ、乗り合いのミニバスのみとのこと。
マイクロバスのようなバンの運転手さんに伝えると、筆者一人を乗せて出発。若干の恐怖…!しかしすぐに道端の人を拾い始めて安心。も、つかの間、またしても道行く人を詰め込む詰め込む。これでもかっていうくらい人を詰め込まれ、立っている人もぎゅうぎゅうになったら、ようやく街の外へ。ネパールの移動、激しいです。

距離は近いのですがね…!

ポカラ・カトマンドゥ間はたった200㎞にもかかわらず、6時間以上の移動。舗装路の整備がまだされていないため、街の近くはいつも大渋滞。

ついに国境!

マヘンドラナガル国境のウェルカムボード。国境越えはいつもわくわくしますね。

ブトワルのバスパーク周辺。

最後に

いかがでしたか?
ローカルバス移動を経験した旅行者が口をそろえて言う、”ツーリストバスなら、多分大丈夫。”例にももれず筆者もそうお伝えしたいと思います!!
そんなネパール、人は優しいし、ご飯も美味しい、そしてこの景色。写真はポカラのバスパークですが、マチャプチャレからアンナプルナまでヒマラヤの山々がはっきり!絶景です!

料金は2016年4月に筆者が現地で聞いたり交渉したものです。シーズン等でも変更あるかと思うのであくまで目安に止めてくださいね。

みゃりも

豪州パース在住、旅ごはん研究家。時々バックパッカーやってます。
ただただ只管、おいしい!!を求めて、世界をふらふら。世界で出会ったおいしいもの再現レシピをブログにて公開しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • カトマンズのお土産おすすめ15選!人気のパシュミナや、ネパ...

    栄光の都市という別名もあるネパール・カトマンズ。1979年にはユネスコの世界文化遺産に指定されるなど世界的な観光スポットとして有名ですよね。そんなカトマンズで手に入れたいおすすめのお土産をご紹介。

  • 超絶日本人好み!ネパールで絶対食べたいウマすぎるネパール...

    お出汁のきいた、優しいほっこり味のネパール料理。”インドの疲れはネパールで癒す”をキーワードに超絶重要必須項目「ごはん!」をテーマにしてみたいと思います。ご存知のものもあるかと思いますが、筆者の愛してやまないネパール料理をご紹介します♡

  • ネパール基本情報【お金編】

    旅行に行った時には、買い物が楽しみのひとつになりますよね。しかし、買い物するためには、現地の通貨についてある程度の知識を持っていることも大切です。そこで、今回はネパールの通貨や両替など、お金についての情報を取り上げます

  • ネパール基本情報【言語・お役立ち会話編】

    旅行に行きたいと思っても、現地の言葉が分からないとなかなか一歩を踏み出せないものですよね。ネパールの場合はどうでしょうか?ネパール語なんて分からないし……と躊躇しているあなたに役立つ情報と簡単なネパール語をお教えします。

  • ネパール基本情報【トイレ編】

    海外へ旅行に行った時に、困る事のひとつにトイレがあると思います。日本では、どこにでも快適なトイレがありますが、海外はそうではありません。ネパールのトイレも初めての旅行では少し戸惑うかもしれません。そのため、ネパールのトイレ事情と注意点に付いて取り上げます。

  • ネパールにそびえる8,000m級の山アンナプルナ!その魅力とは?

    ネパールにそびえるアンナプルナ。登頂が非常に困難なことで知られていますが、トレッキングで行くベースキャンプやポカラから山を眺めることはできるかもしれません。ここではそのアンナプルナについて紹介しましょう。

このエリアの新着記事
  • ネパールの首都カトマンズで泊まりたい!おすすめホテル15選

    南アジアにあるネパール。ヒマラヤ山脈にあるエベレストが有名ですね。日本ではネパール料理のレストランも人気です。そんな今回は、ネパールの首都、カトマンズにあるおすすめホテルを紹介したいと思います。

  • ネパール基本情報【言語・お役立ち会話編】

    旅行に行きたいと思っても、現地の言葉が分からないとなかなか一歩を踏み出せないものですよね。ネパールの場合はどうでしょうか?ネパール語なんて分からないし……と躊躇しているあなたに役立つ情報と簡単なネパール語をお教えします。

  • カトマンズのお土産おすすめ15選!人気のパシュミナや、ネパ...

    栄光の都市という別名もあるネパール・カトマンズ。1979年にはユネスコの世界文化遺産に指定されるなど世界的な観光スポットとして有名ですよね。そんなカトマンズで手に入れたいおすすめのお土産をご紹介。

  • ネパールにそびえる8,000m級の山アンナプルナ!その魅力とは?

    ネパールにそびえるアンナプルナ。登頂が非常に困難なことで知られていますが、トレッキングで行くベースキャンプやポカラから山を眺めることはできるかもしれません。ここではそのアンナプルナについて紹介しましょう。

  • カトマンズで絶対外さない人気観光スポット8選!ここは欠かせ...

    ネパールは、ヒンドゥー教や仏教が篤く信仰されている国。そのため、ネパールの首都であるカトマンズには、多くの僧が学び、参拝客の絶えない寺院がたくさんあります。ネパールの文化色を強く彩る宗教に触れることで、十分にこの国の空気を感じられることでしょう。

  • 世界最高峰エベレストを仰ぎ見る!エベレスト街道トレッキン...

    世界最高峰のエベレストをこの目で見てみたい!と思う方も多いのではないでしょうか?エベレスト街道は現地の人々が生活に使う道。特別な登山の技術が無くてもエベレストを見ることができるんです。一度は訪れたい、エベレスト街道の魅力をご紹介します。

  • 初心者ヒマラヤトレッキングガイド!綺麗なゲストハウスも!

    8000m級の山が連なるヒマラヤ山脈にトレッキングってハードル高すぎ…なんて、思いませんか? もちろんのこと8000m級の山を登るには、それなりのトレーニングや経験が必要で、一般人には危険です。 一般にヒマラヤトレッキングというと、ヒマラヤ山脈を見るためにトレッキングすることを言います。 コースは色々とありますが、今回はアンナプルナ連山の初級者から中級者向けのコース、3泊4日のプーンヒルトレッキングをご紹介したいと思います。

  • 長居したくなる癒しの町!ネパール・ポカラの魅力とは

    ヒマラヤ山脈、アンナプルナトレッキングの玄関口の町ポカラ。カトマンドゥに続くネパールで2番目に大きい町です。 といっても、喧騒のカトマンドゥとは真逆の、とてものんびりした癒しの美しい町。高いビルなどはもちろんありません。 フェワ湖でボートを漕いだり、湖畔をお散歩したり、カフェでお茶をしたり、お買い物をしたり。。。 トレッキングで疲れた身体をも癒してくれる、そんなポカラの魅力をご紹介したいと思います。

  • 超絶日本人好み!ネパールで絶対食べたいウマすぎるネパール...

    お出汁のきいた、優しいほっこり味のネパール料理。”インドの疲れはネパールで癒す”をキーワードに超絶重要必須項目「ごはん!」をテーマにしてみたいと思います。ご存知のものもあるかと思いますが、筆者の愛してやまないネパール料理をご紹介します♡

  • 仏教とヒンドゥー教が共存!ネパール神秘の地・カトマンズの谷

    「人間よりも神々が多い地」と呼ばれる、ネパールのカトマンズの谷。仏教とヒンドゥー教両方の聖地であり、土着宗教の神々がたくさん息づいている神秘の地です。日本人にとっては驚きの文化があるこの地に、さっそく足を踏み入れてみましょう。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事