ニューカレドニア基本情報【気候・VISA・通貨・治安など】

1,742

views

0

日本から飛行機で8時間30分。珊瑚礁に囲まれた青い海とサラサラの白い砂浜。 「天国にいちばん近い」と言われる楽園を詳しくリサーチ!旅行前にチェックしておきたい事柄をまとめてみた!

1.ニューカレドニア(New caledonia)の基本情報

正式名称:フランス領 ニューカレドニア
面積: 18,575 km²(日本の四国と同じぐらい。)
人口:25万人(東京都墨田区と同じぐらい。)
首都: ヌメア(Noumea)
気温:年間平均気温24度(亜熱帯気候で1年を通して寒暖差が少ない。)
降水量:年間降水量約1,200mm
公用語:フランス語
通貨:フレンチ・パシフィック・フラン(CFP)
国番号:687

天国にいちばん近い島と呼ばれるニューカレドニア(New Caledonia)。
周囲を珊瑚礁に囲まれた自然豊かなこの楽園は、フランス領土。
1年を通して気温変化が比較的少なく、非常に爽やかなこの島の気候は、まさに「楽園」と呼ぶに相応しい。
島の至るところでフランス風味を感じることが出来る人気のリゾート地である。

2.観光のベストシーズン

南半球に位置するニューカレドニア(New Caledonia)は、四季の移り変わりが日本と逆。
観光のベストシーズンは、春(10~12月)となる。

春(10~12月)
雨が少なく、絶好の観光シーズン。気温は、23~25度ぐらいで大変過ごしやすい。Tシャツ&短パンというラフな服装で過ごせる快適な時期。

夏(1~3月)
3月が1年で最も暑い月。30度を超える日もあるが、湿気が少ないため日本の夏に比べると非常に過ごしやすい。水着でのシュノーケリングや海水浴を楽しむならこの時期。

秋(4~6月)
5月と6月は、雨量が多くなる時期。スコールが多く、突然降り出して、その後は晴れ間が見える。1日中雨が降り続くような事は無い。

冬(7~9月)
最も寒い季節でも、平均気温としては20度ぐらいある。朝と夕方以降は冷え込むので、羽織る物を用意しておくと便利。コート類は不要。

3.日本からのアクセス

エア・カレドニア・インターナショナル(通称:エアカラン)にて、成田空港⇔ヌメア国際空港の直行便が運行されている。 飛行時間は、8時間40分~9時間(行きと帰りで多少時間差がある)。関西国際空港からも直行便の運行がある。
航空チケットの価格は、時期によりかなり変動するが、安い時期(4月)だと7万円~購入可能。

出典: www.adecal.nc

成田国際空港⇔ヌメア国際空港(1日1便のみ運行)
成田国際空港(12:15発) ⇒ ヌメア国際空港(22:50着)
ヌメア国際空港(00:10発) ⇒ 成田国際空港(7:10着)

関西国際空港⇔ヌメア国際空港(月曜日と木曜日のみ1日1便運行)
関西国際空港(11:30発) ⇒ ヌメア国際空港(22:10着)
ヌメア国際空港(00:10発) ⇒ 成田国際空港(7:15着)

4.時差に関して

日本との時差は+2時間(日本が10:00の場合、ニューカレドニアは12:00)。
サマータイムは、実施されていない。

5.ビザ(入国許可証)に関して

観光が目的の場合は、30日以内の滞在ならビザが不要。
31日以上滞在する場合は、フランス大使館でビザの申請を行わなければならない。
また、ニューカレドニアへ入国する際に、パスポートの残存有効期間が3ヶ月以上必要。

フランス共和国大使館(Consulate General of France)
住所:〒106-8514 東京都港区南麻布4-11-44
電話:03-5420-8800
FAX:03-5420-8847

6.為替レートと物価に関して

通貨に関して

出典: rter.info

2014年に新紙幣が導入されたニューカレドニア(New caledonia)。
通貨は、フレンチ・パシフィック・フラン(CFP 又は XPE)。
1CFP=約0.9円(2016年2月現在)
紙幣の種類は、500・1000・5000・10000の4種類。
硬貨の種類は、1・2・5・10・20・50・100の7種類。

物価に関して

出典: www.resto.nc

食費に関して
海に囲まれた楽園、ニューカレドニア(New Caledonia)の物価は、かなり高め。とくに外食費用は、日本の2~3倍ぐらい。参考価格:ランチで2,000円~。ディナーで5,000円~。
フランス領ということもあり、レストランの料理水準はかなり高い。しかし、外食費用が高いので、長期滞在の際には、食費に要注意。

節約ポイント
本島のヌメアには、大型スーパーがあるのでそこを利用すると良い。離島の場合は、スーパーが無い。スーパーでの販売価格も日本よりは若干高めである。パン・魚介類・ミネラルウォーター等は、比較的安く手に入る。
また、ヌメア市街地では、朝市(Noumea Morning Market)が開かれており、野菜や果物が比較的安く手に入る。
食費を節約したい場合は、簡易キッチンが設備されているホテルに宿泊し、現地で食材を調達するようにする。

交通費に関して

路線バス
ヌメア市内では、路線バスの利用が可能。
距離に関係なく、大人:210CFP 子供(10歳まで):100CFPの一律料金。平日で15~30分間隔、日曜日で30~40分間隔の運行。

タクシー
タクシーは、呼び出し制。距離料金とは別に呼び出し料金(170CFP)が加算される。日本と同じく、夜間や休日は割増料金がある。平日18時まで:1kmあたり123CFP。平日18時以降:1kmあたり163CFP。

タクシーボート
好きな時に気軽に離島へ行ける手段。本島ヌメアからカナール島やエスカペード島まで片道5~15分。利用時は、帰りのボートも必ず予約すること。カナール島行き:1,200CFP。メットル島行き:2,800CFP。

ホテルの宿泊料金に関して
ラグジュアリーな5つ星ホテルから格安ホテルまであり、予算に合わせて選べる。
また、時期により価格が変動する。飛行機のチケットと同じく、4月は比較的安く泊まれる。

参考価格(2016年4月の場合)
メリディアン イル デ パン(Le Meridien Ile des Pins)★★★★★・・・30,000円~/泊
ロイヤル テラ ビーチリゾート&スパ(Chateau Royal Beach Resort&Spa)★★★★☆・・・20,000円~/泊
ル ラゴン ホテル(Le Lagon Hotel)★★★☆☆・・・15,000円~/泊
ホテル ボーリバージュ(Hotel Beaurivage)★★☆☆☆・・・10,000円~/泊

チップに関して
ニューカレドニア(New Caledonia)には、チップの習慣はない。
丁寧に対応してもらった時には、感謝の意を表して「ありがとう(メルシー)」を忘れずに。

7.ニューカレドニア(New Caledonia)の治安

ニューカレドニア(New Caledonia)は、日本と同じくらい治安状態がいい。
海外旅行の基本をしっかり守れば、安全で快適な旅行が楽しめる場所である。

・ホテルの客室内に財布や現金は置かない。セイフティーボックスを利用。
・外出時、カメラやパソコン等の電子機器は、スーツケースにしまっておく。
・車は右側通行(日本と逆)。
・女性の場合、夜間のひとり歩きは避ける。
・住民及び住民が住む家屋の写真を撮るときは、現地の方に了解を求める。

まとめ

天国にいちばん近い島と呼ばれる楽園、ニューカレドニア(New Caledonia)。自然豊かな美しいこの楽園に上陸すれば、日々のストレスや悩みを忘れられること間違いなし。忙しい毎日で忘れかけていた「大切な何か」を見つけに、楽園へ飛び立ってみるのはいかがでしょうか?

aky

趣味は、海外旅行・お買い物・食べ歩き。
国内・海外問わず、定期的に旅行へ旅立ちます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ニューカレドニアでショッピング!プチフランスでお土産が買...

    青い空と海の美しさから「天国に一番近い島」と言われる南太平洋に浮かぶフランス領ニューカレドニア。プチ贅沢のできるグッズから憧れのブランドまで、フランスブランドのアイテムがゲットできるお店をご紹介します。

  • ニューカレドニアで人気のフレンチレストランおすすめ6選!...

    大自然に囲まれたニューカレドニア(Nouvelle Caledonie)には、天然素材を生かしたハイレベルなレストランが多数あります。今回は、その中でも本格的なフランス料理のお店を6つ厳選してご紹介!大自然の中で食べる本場仕込みのフランス料理はまた格別です。とびっきりおしゃれしてロマンティックなディナーを堪能してください。

  • ニューカレドニアのスーパーマーケットが熱い!おすすめのア...

    ニューカレドニアには「カジノ」というスーパーがあり、広い店内にはかなりの品数が取りそろえられています。お菓子や日用品はどれもカラフルな色使いでパッケージも可愛らしく、どれを買えばよいのか迷ってしまいそう…。今回は、自分用としてもお土産用としてもオススメの5点をご紹介します!

  • ニューカレドニア基本情報【気候・服装編】

    ニューカレドニアの一年の気候はどのようなかんじなのでしょう?持っていく服にも悩むところです。持って行った方がよいものは?現地ではフレンチレストランやカジノなどにも行きたいけれど、どのような服装がふさわしいのでしょうか?疑問はつきません。ニューカレドニア旅行に役立つ、気候や服装についてご紹介します!

  • フランス領ポリネシアの通貨パシフィック・フランが可愛すぎ...

    パシフィック・フラン(CFPフラン)は、フランス領ポリネシアの通貨です。単なる通貨ではありますが、世界中に通貨コレクターがいることを考えると、そうとは言い切れません。パシフィック・フランはポリネシアの自然や歴史を刻んだ、その国を1枚の紙幣やコインで象徴するものなのです。今回は、そんなカラフルで可愛いポリネシアの通貨パシフィック・フランをご紹介します。

  • マルシェで見つける!ニューカレドニアのカワイイお土産4選

    「プチ・パリ」と呼ばれるニューカレドニアのヌメアには、マルシェがあります。日曜日ともなると地元の人々と観光客が集まってにぎやかな雰囲気に。そして、マルシェではお土産にしたくなるすてきな雑貨が売られています。午前中に閉まるお店が多いので、少し早起きして地元の人々と楽しいひとときを過ごしてみませんか?

このエリアの新着記事
  • フランス領ポリネシアの通貨パシフィック・フランが可愛すぎ...

    パシフィック・フラン(CFPフラン)は、フランス領ポリネシアの通貨です。単なる通貨ではありますが、世界中に通貨コレクターがいることを考えると、そうとは言い切れません。パシフィック・フランはポリネシアの自然や歴史を刻んだ、その国を1枚の紙幣やコインで象徴するものなのです。今回は、そんなカラフルで可愛いポリネシアの通貨パシフィック・フランをご紹介します。

  • ニューカレドニアで人気のマリンアクティビティ5選!海の風を...

    美しい穏やかな海に囲まれたニューカレドニア。マリンスポーツに向いている最高の島です。今回は、ニューカレドニアの海をめいっぱい楽しむためにトライしたいアクティビティをご紹介します。

  • ニューカレドニアの人気ダイビングスポット7選! ヌメアの海...

    南太平洋に浮かぶニューカレドニアの最大都市・ヌメア(Noumea)は美しい海にダイビングスポットがたくさん!同じ海でも難易度や出会える海の生き物たちがそれぞれ異なるんですよ。今回はそんなヌメアの海に潜ってみたいアナタのために、特に人気のダイビングスポットをご紹介します。

  • ニューカレドニア旅行で無人島へ!イル・デ・パンの現地ツア...

    海の宝石箱と呼ばれるニューカレドニアのイル・デ・パン。そんな魅力あふれる島を存分に満喫したいのなら現地ツアーを利用するのが一番効率的!ピローグという伝統帆船で美しい海原をクルージングをしたり、無人島に行って真っ白のパウダーサンドのビーチを散策したり、スノーケリングを愉しんだり・・・楽しさ満載のオススメ現地ツアーを2つご紹介します。

  • ニューカレドニアの人気都市ヌメアのサントルヴィル地区に並...

    ニューカレドニアといえば、美しい珊瑚礁に囲まれた島として有名です。オーストラリア東方にあるため、日本からもニューカレドニアを訪れる人が多いと思います。今回は、そんなニューカレドニアのヌメアのサントルヴィル地区にある人気のお店を紹介していきましょう。

  • ニューカレドニアのお土産探し!ハイセンスなアイテムはここ...

    ニューカレドニアの首都・ヌメアには、ハイセンスでユーモアあふれるアイテムショップが多いです。日本語に対応しているショップもあるので、安心してショッピングを楽しむことも!今回は、ヌメアにあるハイセンスなアイテムショップを6選ご紹介します!

  • ニューカレドニアでフランスらしい素敵アイテムを探そう!オ...

    ニューカレドニアはフランスの海外領土であり、リゾート地として知られている国です。オセアニアエリアにいるのにフランスらしい空気を味わうことができます!今回は、ニューカレドニア・オルフェリナ湾にある、素敵なショップを3つ紹介します!

  • ニューカレドニア基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    世界中から多くの観光客が訪れるニューカレドニア。本記事では、リゾート地として有名なニューカレドニアのビジネスアワーや祝祭日についてまとめてみました。訪れる際の参考にしてください。

  • ニューカレドニア基本情報 【お金編】

    青い海と白いビーチが美しいニューカレドニアには世界中から多くの人が訪れます。本記事では、そんな素敵な国のお金についての情報を集めました。両替え、チップ、クレジットカードについて詳しく紹介しましょう。

  • ニューカレドニア・グランドテール島の北部&中部おすすめ自...

    ニューカレドニアの本島であるグランドテール島(Grande Terre)。フランスパンのような細長い形が特徴ですね。壮大な大自然を感じることができるおすすめエリアを4つ厳選してご紹介していきます。

このエリアの人気記事
新着記事