ニューカレドニアでダイビング&シュノーケリング!珍しいレアでユニークなお魚5選

2,068

views

0

南太平洋の癒しの国ニューカレドニア。ニューカレドニアに来たら綺麗な海に潜らずにはいられませんよね。そこで今回は、綺麗なニューカレドニアの海だからこそ出会えるユニークな魚たちをご紹介します。海の宝石箱でキラリと光るこの子たちを見つけてみてくださいね!水中カメラデビューするのもおススメです☆

1.ランドフェアリーラス lined Fairry Wrasse

世界中の熱帯サンゴ礁の海などに生息する”ベラ”の仲間です。ニューカレドニアで見ることのできるベラの中でも1、2を争う美しさと言われているのが、このランドフェアリーラスです。1979年にニューカレドニアで発見され1982年に新種として認められたので、ニューカレドニアの海では絶対に見ておきたい魚です。
20mか30m潜らないとなかなか出会えません。

出典: stworld.jp

ランドフェアリーラスに出会うには、タブーリーフというところでのダイビングがおススメです。海が荒れていても穏やかなことの多いこのポイントでは、日の光を浴びながら白い砂地と珊瑚の中を気持ちよく泳ぐことが出来ます。
珊瑚の周りにはたくさんの熱帯魚、それとニューカレドニアの固有種も見ることができます。サメやアオウミガメなどの大物に出会えることも。
初心者にもチャレンジしやすい、のんびりダイビングにおススメです。

2.オーストラリアンブレニー Australian Blenny

格子模様がとても印象的で、ユニークな顔をしているオーストラリアンブレニーです。全長は6cmほどです。

このオーストラリアンブレニ―を見かけられるのはバリアリーフのはじっこで、マンタを見たい人が多く潜るパスデゥ・ブーラリ・アウトというポイントです。

グレイリーフシャークやピックハンドルバラクーダ、ギンガメアジ、ナポレオン、 ヤイトハタ、マダラトビエエイなどの大物が次から次へと現れる。ペインテッドアンティアスやマゼンタストリークトラスといった珍しい魚も豊富。 エキジット手前ではブラックマンタが高確率で現れる。

出典:http://www.divenavi.com/newcaledonia/diving/noumea.html

この生物は正面から見るとニッコリと笑っているようにみえる癒し系の生物のため、
私のオススメの生物です。
警戒心が強い方ではないので、ゲストの方にとても紹介がしやすく、撮影するのが容易のため、
この生物の特徴である、ニッコリと笑っているような表情を正面からゆっくりと近づいて撮影することができます。

出典:http://guidediver.com/newcaledonia/4534.html

ダイビングのインストラクターの方がおススメしていました。このかわいらしいお魚もニューカレドニアで発見されたそうですよ!

3.ドットアンドダッシュバタフライフィッシュ Dot-and-dash butterflyfish

こちらは黄色と白の「チョウチョウウオ」の仲間です。

上の個体は線の部分が途切れていないが、下の個体は線の部分が途切れたり曲がったりしています。個体差があるので、よく観察してみると面白そうですね。

4.ブラックバタフライフィッシュ Black butterflyfish

こちらも「チョウチョウウオ」の一種で、スマートな黒色をしています。オレンジや黄色の部分がスタイリッシュな印象です。南半球でよく見られる個体で、ダスキーバタフライフィッシュと呼ばれることもあるようです。

チョウチョウウオは群れてダイバーの目を楽しませてくれることがよくあるので、こんな優雅な群れに出会えるといいですね。(写真はカスミチョウチョウウオの群れです)

5.バリアリーファネモネフィッシュ Barrierreef anemonefish

ニューカレドニアの狭い海域にしか生息しないのが、このバリアリーフアネモネフィッシュです。”ファインディングニモ”で一気に人気になったオレンジのカクレクマノミに似ていますが違う種類で、茶色っぽい体に2本の線、さらに尾びれが白いのが特徴です。

このお魚を見るのにおススメなのが、砂地にサンゴ礁のパスデゥ・ブーラリ・インというポイントです。バリアリーフの内側で穏やかなポイントです。水族館で人気の砂地から出たり入ったりする「ガーデンイール(日本ではニシキアナゴ・チンアナゴなども人気)」がたくさんお出迎えしてくれます。流れがあるときにはマダラトビエイと出会えることもあります。

いかがでしたか?天国に一番近い国と言われているニューカレドニアですが、綺麗な海の中にはさらに神秘的な魚がたくさんいましたね。潜ってみて、「あ、見たことある!」とお魚博士になった気分もなかなかオツなものです。お魚たちは逃げることもなく撮影に協力的だというのも魅力です。

nao7

高いところが大好きです!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ニューカレドニアでショッピング!プチフランスでお土産が買...

    青い空と海の美しさから「天国に一番近い島」と言われる南太平洋に浮かぶフランス領ニューカレドニア。プチ贅沢のできるグッズから憧れのブランドまで、フランスブランドのアイテムがゲットできるお店をご紹介します。

  • ニューカレドニアで人気のフレンチレストランおすすめ6選!...

    大自然に囲まれたニューカレドニア(Nouvelle Caledonie)には、天然素材を生かしたハイレベルなレストランが多数あります。今回は、その中でも本格的なフランス料理のお店を6つ厳選してご紹介!大自然の中で食べる本場仕込みのフランス料理はまた格別です。とびっきりおしゃれしてロマンティックなディナーを堪能してください。

  • ニューカレドニアのスーパーマーケットが熱い!おすすめのア...

    ニューカレドニアには「カジノ」というスーパーがあり、広い店内にはかなりの品数が取りそろえられています。お菓子や日用品はどれもカラフルな色使いでパッケージも可愛らしく、どれを買えばよいのか迷ってしまいそう…。今回は、自分用としてもお土産用としてもオススメの5点をご紹介します!

  • ニューカレドニア基本情報【気候・服装編】

    ニューカレドニアの一年の気候はどのようなかんじなのでしょう?持っていく服にも悩むところです。持って行った方がよいものは?現地ではフレンチレストランやカジノなどにも行きたいけれど、どのような服装がふさわしいのでしょうか?疑問はつきません。ニューカレドニア旅行に役立つ、気候や服装についてご紹介します!

  • フランス領ポリネシアの通貨パシフィック・フランが可愛すぎ...

    パシフィック・フラン(CFPフラン)は、フランス領ポリネシアの通貨です。単なる通貨ではありますが、世界中に通貨コレクターがいることを考えると、そうとは言い切れません。パシフィック・フランはポリネシアの自然や歴史を刻んだ、その国を1枚の紙幣やコインで象徴するものなのです。今回は、そんなカラフルで可愛いポリネシアの通貨パシフィック・フランをご紹介します。

  • マルシェで見つける!ニューカレドニアのカワイイお土産4選

    「プチ・パリ」と呼ばれるニューカレドニアのヌメアには、マルシェがあります。日曜日ともなると地元の人々と観光客が集まってにぎやかな雰囲気に。そして、マルシェではお土産にしたくなるすてきな雑貨が売られています。午前中に閉まるお店が多いので、少し早起きして地元の人々と楽しいひとときを過ごしてみませんか?

このエリアの新着記事
  • フランス領ポリネシアの通貨パシフィック・フランが可愛すぎ...

    パシフィック・フラン(CFPフラン)は、フランス領ポリネシアの通貨です。単なる通貨ではありますが、世界中に通貨コレクターがいることを考えると、そうとは言い切れません。パシフィック・フランはポリネシアの自然や歴史を刻んだ、その国を1枚の紙幣やコインで象徴するものなのです。今回は、そんなカラフルで可愛いポリネシアの通貨パシフィック・フランをご紹介します。

  • ニューカレドニアで人気のマリンアクティビティ5選!海の風を...

    美しい穏やかな海に囲まれたニューカレドニア。マリンスポーツに向いている最高の島です。今回は、ニューカレドニアの海をめいっぱい楽しむためにトライしたいアクティビティをご紹介します。

  • ニューカレドニアの人気ダイビングスポット7選! ヌメアの海...

    南太平洋に浮かぶニューカレドニアの最大都市・ヌメア(Noumea)は美しい海にダイビングスポットがたくさん!同じ海でも難易度や出会える海の生き物たちがそれぞれ異なるんですよ。今回はそんなヌメアの海に潜ってみたいアナタのために、特に人気のダイビングスポットをご紹介します。

  • ニューカレドニア旅行で無人島へ!イル・デ・パンの現地ツア...

    海の宝石箱と呼ばれるニューカレドニアのイル・デ・パン。そんな魅力あふれる島を存分に満喫したいのなら現地ツアーを利用するのが一番効率的!ピローグという伝統帆船で美しい海原をクルージングをしたり、無人島に行って真っ白のパウダーサンドのビーチを散策したり、スノーケリングを愉しんだり・・・楽しさ満載のオススメ現地ツアーを2つご紹介します。

  • ニューカレドニアの人気都市ヌメアのサントルヴィル地区に並...

    ニューカレドニアといえば、美しい珊瑚礁に囲まれた島として有名です。オーストラリア東方にあるため、日本からもニューカレドニアを訪れる人が多いと思います。今回は、そんなニューカレドニアのヌメアのサントルヴィル地区にある人気のお店を紹介していきましょう。

  • ニューカレドニアのお土産探し!ハイセンスなアイテムはここ...

    ニューカレドニアの首都・ヌメアには、ハイセンスでユーモアあふれるアイテムショップが多いです。日本語に対応しているショップもあるので、安心してショッピングを楽しむことも!今回は、ヌメアにあるハイセンスなアイテムショップを6選ご紹介します!

  • ニューカレドニアでフランスらしい素敵アイテムを探そう!オ...

    ニューカレドニアはフランスの海外領土であり、リゾート地として知られている国です。オセアニアエリアにいるのにフランスらしい空気を味わうことができます!今回は、ニューカレドニア・オルフェリナ湾にある、素敵なショップを3つ紹介します!

  • ニューカレドニア基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    世界中から多くの観光客が訪れるニューカレドニア。本記事では、リゾート地として有名なニューカレドニアのビジネスアワーや祝祭日についてまとめてみました。訪れる際の参考にしてください。

  • ニューカレドニア基本情報 【お金編】

    青い海と白いビーチが美しいニューカレドニアには世界中から多くの人が訪れます。本記事では、そんな素敵な国のお金についての情報を集めました。両替え、チップ、クレジットカードについて詳しく紹介しましょう。

  • ニューカレドニア・グランドテール島の北部&中部おすすめ自...

    ニューカレドニアの本島であるグランドテール島(Grande Terre)。フランスパンのような細長い形が特徴ですね。壮大な大自然を感じることができるおすすめエリアを4つ厳選してご紹介していきます。

このエリアの人気記事