ニューカレドニアおすすめ観光地ヤンゲン!大自然の中でシュノーケリングやトレッキング!

4,959

views

0

ヤンゲンは、切り立った巨大な岩山が連なり、その麓に生い茂るジャングルを抜けたら美しい海という地形。ヤンゲンに残される数々の神話は、こういった神秘的な地形から生まれたのでしょうか。魅力いっぱいのヤンゲンでイチオシのスポット5つとヤンゲンの自然を満喫できるトレッキングをご紹介。

手元のお金と見比べてみよう!500フラン札の岩

こちらは、ニューカレドニアやタヒチで使われているパシフィック・フラン。
この500フランのお札に描かれている神秘的な巨岩が、グランドテール島のヤンゲンに実在するんです。

こちらが500フランの岩。この角度が紙幣の図柄に一番近いです。紙幣に印刷されるほど有名なニューカレドニアを代表するビュースポットです。

もうちょっと遠くから見てみましょう。うっとりしてしまうくらい海がキレイ!それに砂浜も美しく、泳ぐのに最高です。

ヤンゲンは500フランの岩に代表されるように、巨大な岩が多くある地域。雄大な自然が魅力的なニューカレドニアの中でも、固有の植物が繁茂するジャングルや石灰石が隆起した山など、自然が生み出したユニークな景観が素晴らしいです。

500フラン札の岩(Rocks at Hienghène)
住所:
Grand Terre, New Caledonia
アクセス:
トゥオ空港かプエポ空港から車で約30分
電話番号:
(+687) 42.43.57
料金:
写真撮影と海水浴100CFP

死者の通り道ワイエメ河の河口

ワイエメの河口には砂浜の中州ができて、上から見るとこんなにも美しい景観。ヤンゲンで一度は見ておきたいスポットのひとつ。

守り神のホオジロザメが棲むというワイエメ河。神秘的で雄大な姿からでしょうか、別名は死者の通り道。両岸はサバンナが広がっています。

手付かずの自然という言葉がとっても似合うヤンゲン。ワイエメ河を渡る手段はフェリーが唯一。とはいえ、バスごと渡れてしまうし眺めも良いんです。ちなみに料金は無料。

ワイエメの河口(Au Bout de la Ouaieme)
住所:
Grand Terre, New Caledonia
アクセス:
トゥオ空港かプエポ空港から車で約30分
電話番号:
(+687) 42.43.57

海沿いの道路からどうぞ、チキンロック

そのまんま鶏!この岩、鶏に似ていることからチキンロックって呼ばれているんです。チキンロックまで行くカヤックツアーも人気。

夕暮れ時の眺めも素敵。

チキンロックと向かい合うようにあるのがスフィンクスロック。チキンロック、スフィンクスロックどちらも、海沿いの道路から見られます。見逃さないように地図をチェックしてから出発しましょう。

知ってます?ヤンゲンはサンセットの海がきれいなのはもちろん、夜だってとっても星がきれい。理由は夜の明かりがないことと、空気が澄んでいるからなんです。

チキンロック(La poule Couveuse nouvelle)
住所:
Grand Terre, New Caledonia
アクセス:
トゥオ空港かプエポ空港から車で約30分
電話番号:
(+687) 42.43.57

大自然の中の洞窟は神秘的!リデラリク洞窟

まるで植物園のような木々や草花に囲まれた道、ここを抜けたところにあるのがリデラリク洞窟。

ぽっかりと大きな口を開けた、巨大な洞窟の入り口。

中は広く、日本の細い洞窟を想像していると圧倒されます。奥に見える光が神秘的。

洞窟は入り口と反対側に抜けることができますよ。こちら側の岩も巨大で個性的な形。

リデラリク洞窟(Grotte de Lindéralique)
住所:
Grand Terre, New Caledonia
アクセス:
トゥオ空港かプエポ空港から車で約30分
電話番号:
(+687) 42.43.57

サンゴ礁が作った無人島イロ・イエンガでシュノーケリング!

シューノーケリングやダイビングでおすすめなのがイロ・イエンガ。サンゴ礁に囲まれた無人島で、ニューカレドニア固有の生き物たちに会える絶好のスポット!イロ・イエンガで出会える、美しい光景と生き物たちをご紹介しますね。

サンゴが触手を伸ばしてる姿に海の神秘を感じます。こんなサンゴたちに取り囲まれたl'ilot Hienga島。

海中はサンゴ礁の巨大迷路のよう。ニューカレドニアの竜宮城ですよ!こんな色鮮やかなサンゴ礁もあって、見飽きることがありませんね。

こんなカラフルなイカも生息。ホント多様な生き物たち。

可愛い?怖い?どちらにしても、見たことがない生き物に会えるのは貴重な体験。

イロ・イエンガに行く手段は海を渡ることだけ。ボートに乗って15分ほどで、サンゴ礁が作り出す不思議の国に到着!島の周りは、さながらサンゴ礁の迷路。異空間に迷い込んだような気分になることでしょう。初心者の方も、シュノーケリングツアーがあるので参加してみてはいかがですか?

イロ・イエンガ(ilot Hienga) へのシュノーケリングBABOU
住所:
BP 77 - 98815 Hienghène
アクセス:
トゥオ空港かプエポ空港から車で約30分
電話番号:
(687)42.83.59

ヤンゴンの大自然を満喫できる、タオの滝トレッキングツアー!

タオの滝は全長200m。壮大な滝は水量が多く、マイナスイオンをたっぷり浴びることができます。ここでおススメのトレッキングコースをご紹介。ヤンゲンの魅力たっぷり!タオの滝をGOALに半日程度のトレッキング。

ワイエメの渡し船に乗って、タオの滝トレッキングの入り口へ。ちなみに地図はヤンゲン観光局(Office du Tourisme de Hienghene)でもらえます。

お水の中にはこんな綺麗なイソギンチャクやお魚が!!

タオの滝を流れ落ちた澄んだ水は滝壺に貯まり、まるでプールのよう。短いコースですが、結構な登りもあるので、帰りに汗を流すのに最適!たっぷり遊んじゃいましょう。

入り口付近を除けば、なかなか急な山道。川を渡ったり、ちょっとした崖を登ったり、清流に沿って歩くのも気持ち良いですね。深いジャングルの中のトレッキングは、ヤンゲンの自然を体中で感じることができる絶好のアクティビティ。

タオの滝(Cascade de Tao)
住所:
Grand Terre, New Caledonia
アクセス:
トゥオ空港かプエポ空港から車で約30分
電話番号:
(+687) 42.43.57
料金:
観光保全料200CFP

ヤンゲンの魅力はまだまだありますが、いくつかのスポットをお伝えしました。あなたもニューカレドニアのヤンゲンで、雄大な自然を目の当たりにしてみませんか?

masakanomarble

フルーツ王国山梨に住む主婦です。趣味は旅行とストップモーション動画の撮影。写真は60を過ぎてから海外旅行にはまった母に、連れてってもらったプーケットのホテル内。プーケットはホント地上の楽園でした。屋台の焼きそばとか、チャーハンとかもおいしかったぁ♪

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ニューカレドニアでショッピング!プチフランスでお土産が買...

    青い空と海の美しさから「天国に一番近い島」と言われる南太平洋に浮かぶフランス領ニューカレドニア。プチ贅沢のできるグッズから憧れのブランドまで、フランスブランドのアイテムがゲットできるお店をご紹介します。

  • ニューカレドニアで人気のフレンチレストランおすすめ6選!...

    大自然に囲まれたニューカレドニア(Nouvelle Caledonie)には、天然素材を生かしたハイレベルなレストランが多数あります。今回は、その中でも本格的なフランス料理のお店を6つ厳選してご紹介!大自然の中で食べる本場仕込みのフランス料理はまた格別です。とびっきりおしゃれしてロマンティックなディナーを堪能してください。

  • ニューカレドニアのスーパーマーケットが熱い!おすすめのア...

    ニューカレドニアには「カジノ」というスーパーがあり、広い店内にはかなりの品数が取りそろえられています。お菓子や日用品はどれもカラフルな色使いでパッケージも可愛らしく、どれを買えばよいのか迷ってしまいそう…。今回は、自分用としてもお土産用としてもオススメの5点をご紹介します!

  • ニューカレドニア基本情報【気候・服装編】

    ニューカレドニアの一年の気候はどのようなかんじなのでしょう?持っていく服にも悩むところです。持って行った方がよいものは?現地ではフレンチレストランやカジノなどにも行きたいけれど、どのような服装がふさわしいのでしょうか?疑問はつきません。ニューカレドニア旅行に役立つ、気候や服装についてご紹介します!

  • フランス領ポリネシアの通貨パシフィック・フランが可愛すぎ...

    パシフィック・フラン(CFPフラン)は、フランス領ポリネシアの通貨です。単なる通貨ではありますが、世界中に通貨コレクターがいることを考えると、そうとは言い切れません。パシフィック・フランはポリネシアの自然や歴史を刻んだ、その国を1枚の紙幣やコインで象徴するものなのです。今回は、そんなカラフルで可愛いポリネシアの通貨パシフィック・フランをご紹介します。

  • マルシェで見つける!ニューカレドニアのカワイイお土産4選

    「プチ・パリ」と呼ばれるニューカレドニアのヌメアには、マルシェがあります。日曜日ともなると地元の人々と観光客が集まってにぎやかな雰囲気に。そして、マルシェではお土産にしたくなるすてきな雑貨が売られています。午前中に閉まるお店が多いので、少し早起きして地元の人々と楽しいひとときを過ごしてみませんか?

このエリアの新着記事
  • フランス領ポリネシアの通貨パシフィック・フランが可愛すぎ...

    パシフィック・フラン(CFPフラン)は、フランス領ポリネシアの通貨です。単なる通貨ではありますが、世界中に通貨コレクターがいることを考えると、そうとは言い切れません。パシフィック・フランはポリネシアの自然や歴史を刻んだ、その国を1枚の紙幣やコインで象徴するものなのです。今回は、そんなカラフルで可愛いポリネシアの通貨パシフィック・フランをご紹介します。

  • ニューカレドニアで人気のマリンアクティビティ5選!海の風を...

    美しい穏やかな海に囲まれたニューカレドニア。マリンスポーツに向いている最高の島です。今回は、ニューカレドニアの海をめいっぱい楽しむためにトライしたいアクティビティをご紹介します。

  • ニューカレドニアの人気ダイビングスポット7選! ヌメアの海...

    南太平洋に浮かぶニューカレドニアの最大都市・ヌメア(Noumea)は美しい海にダイビングスポットがたくさん!同じ海でも難易度や出会える海の生き物たちがそれぞれ異なるんですよ。今回はそんなヌメアの海に潜ってみたいアナタのために、特に人気のダイビングスポットをご紹介します。

  • ニューカレドニア旅行で無人島へ!イル・デ・パンの現地ツア...

    海の宝石箱と呼ばれるニューカレドニアのイル・デ・パン。そんな魅力あふれる島を存分に満喫したいのなら現地ツアーを利用するのが一番効率的!ピローグという伝統帆船で美しい海原をクルージングをしたり、無人島に行って真っ白のパウダーサンドのビーチを散策したり、スノーケリングを愉しんだり・・・楽しさ満載のオススメ現地ツアーを2つご紹介します。

  • ニューカレドニアの人気都市ヌメアのサントルヴィル地区に並...

    ニューカレドニアといえば、美しい珊瑚礁に囲まれた島として有名です。オーストラリア東方にあるため、日本からもニューカレドニアを訪れる人が多いと思います。今回は、そんなニューカレドニアのヌメアのサントルヴィル地区にある人気のお店を紹介していきましょう。

  • ニューカレドニアのお土産探し!ハイセンスなアイテムはここ...

    ニューカレドニアの首都・ヌメアには、ハイセンスでユーモアあふれるアイテムショップが多いです。日本語に対応しているショップもあるので、安心してショッピングを楽しむことも!今回は、ヌメアにあるハイセンスなアイテムショップを6選ご紹介します!

  • ニューカレドニアでフランスらしい素敵アイテムを探そう!オ...

    ニューカレドニアはフランスの海外領土であり、リゾート地として知られている国です。オセアニアエリアにいるのにフランスらしい空気を味わうことができます!今回は、ニューカレドニア・オルフェリナ湾にある、素敵なショップを3つ紹介します!

  • ニューカレドニア基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    世界中から多くの観光客が訪れるニューカレドニア。本記事では、リゾート地として有名なニューカレドニアのビジネスアワーや祝祭日についてまとめてみました。訪れる際の参考にしてください。

  • ニューカレドニア基本情報 【お金編】

    青い海と白いビーチが美しいニューカレドニアには世界中から多くの人が訪れます。本記事では、そんな素敵な国のお金についての情報を集めました。両替え、チップ、クレジットカードについて詳しく紹介しましょう。

  • ニューカレドニア・グランドテール島の北部&中部おすすめ自...

    ニューカレドニアの本島であるグランドテール島(Grande Terre)。フランスパンのような細長い形が特徴ですね。壮大な大自然を感じることができるおすすめエリアを4つ厳選してご紹介していきます。

このエリアの人気記事
新着記事