三重観光の人気スポット18選!ここに行けば間違い無しの鉄板観光スポットまとめ

15,793

views

0

山、海、川、どれをとっても観光スポットとして成り立っている豊かな自然に恵まれた三重県。自然の産物だけでなく日本有数のアミューズメント施設もあり、大人も子どもも楽しめるスポットがたくさんあるので、三重県観光を計画される際の参考にしていただけたら幸いです。

三重観光の人気スポット13.鳥羽水族館

出典: barifuri.jp

日本最大規模の展示生物数を誇る「鳥羽水族館」。1987年に日比友好のシンボルとして入館したジュゴンをはじめとする様々な生物が展示されており、1日中楽しむことができます。至近距離を歩くペンギンや、数々のショーを繰り広げるセイウチやアシカなど、見どころ満載の施設です。

おいしそう!なんて声が聞こえてきそうな蟹さんたちもこちらも水族館で鑑賞できます。そしてラッコも大人気!愛くるしいしぐさで、訪れる人々を歓迎してくれます。

鳥羽水族館
住所:
〒517-8517 三重県鳥羽市鳥羽3−3−6
アクセス:
JR・近鉄「鳥羽」駅から徒歩で約10分
(営業時間:
)7月20日~8月31日は8:30~17:30
定休日:
年中無休
電話番号:
0599-25-2555
料金:
大人:大人:2,500円
   子供:
小・中学生:1,250円
  幼児:
3歳以上:630円
おススメの時期:
いつでも

三重観光の人気スポット14.なばなの里

三重県桑名市長島町にある植物園「なばなの里」。秋~春にかけて国内最大級のイルミネーションが楽しめるとあり一躍有名になった施設、そのイルミネーションの美しさは言葉を失うほどです。観光客が多く、ゆっくりと楽しむことはできないかもしれませんが、その美しさを一度は見ておくと良いと思います。

イルミネーションの中でも人気の一つが光のトンネル。もの凄い行列なので、お子さんとはぐれないように気を付けてくださいね。

なばなの里
住所:
〒511-1144 三重県桑名市長島町駒江漆畑270
アクセス:
伊勢湾岸自動車道 湾岸長島ICから車で10分JR・近鉄 桑名駅からバスで「なばなの里」下車
(営業時間:
)9時 ~ 22時 土休日 及び、
H27.12/24,25,28,29,30、H28.3/1~3/31、4/1~4/30、5/1~5/8  (元旦と2/11は除く)
9時 ~ 21時  平日及び、元旦と2/11
(H27.12/24,25,28,29,30、H28.3/1~3/31、4/1~4/30、5/1~5/8は除く)
定休日:
無休(メンテナンス休業がありますのでHPをご確認ください)
電話番号:
0594-41-0787
料金:
小学生以上|1,000円~(季節、イベント開催によって変動)
おススメの時期:
ウィンターイルミネーション時

三重観光の人気スポット15.伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス

アシカやイルカなどとのふれあいが楽しめる水族館「二見シーパラダイス」。文字通り、海獣たちに触れることができたり、普段は見ることのできない展示室の裏側が見れたりと各種イベントが楽しい水族館です。

ビジュアル的に大丈夫な方はこちらも迷わずタッチ!深海に住むダイオウグソクムシとふれあえる場所は珍しいですよ。

伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス
住所:
〒519-0602 三重県伊勢市二見町江580
アクセス:
(車)伊勢二見鳥羽ライン 二見ヶ浦料金所から車で5分
(電車)JR・近鉄 伊勢市駅からバスで「夫婦岩東口」下車すぐ
定休日:
12月に2回有
電話番号:
0596-42-1760
料金:
大人の料金 1400円
   子供の料金 2歳以下:
無料
   3歳以上:
300円
   小中学生:
600円
おススメの時期:
いつでも

三重観光の人気スポット16.鈴鹿サーキット

F1日本グランプリや鈴鹿8時間耐久レースなどが開催されることで有名な「鈴鹿サーキット」。レーシングコースだけでなく、遊園地や宿泊施設があります。遊園地は丸1日かけても遊びつくせないくらいアトラクションの種類が豊富です。

間違いなく家族連れで楽しむことできるスポットです。サーキットだけでなく、夏季には大型プールも開放されるので、夏に訪れても十分に楽しめますよ。

鈴鹿サーキット
住所:
〒510-0295 三重県鈴鹿市稲生町7992
アクセス:
(車)東名阪自動車道 鈴鹿ICから車で22分
(交通機関)近鉄白子駅からバスで「鈴鹿サーキット」下車
(営業時間:
)(土日祝日、季節、イベント等により変動あり)
定休日:
不定休
電話番号:
059-378-1111
料金:
【ゆうえんちモートピア】
・大人(中学生以上)1,700円
・子ども(小学生)800円
・幼児(3歳以上~未就学児)600円
モートピアパスポート(入園+のりものパスポート)
・大人(中学生以上)4,300円
・子ども(小学生)3,300円
・幼児(3歳以上~未就学児)2,100円
・シニア(60歳以上)2,200円
【鈴鹿サーキット】
各レースの観戦料金
おススメの時期:
いつでも

三重観光の人気スポット17.鳥羽湾めぐりとイルカ島

鳥羽湾からイルカ島まで船で往来する「鳥羽湾めぐりとイルカ島」。鳥羽湾を往来する船は、大型船2隻、小型船1隻の全3隻です。そのデザインが特徴的で道中には空を飛び交うカモメに餌をあげることができます。イルカ島ではショーの他、イルカに触れられたり魚釣りも楽しめます。

修学旅行の定番コースでもあるので、懐かしみに大人になってから再訪してみるのもなかなかなものですよ。

鳥羽湾めぐりとイルカ島
住所:
〒517-0015 三重県鳥羽市小浜町日向島628
営業時間:
9:00~16:00
アクセス:
(車)伊勢二見鳥羽ライン 鳥羽ICから車で7分
(公共交通機関)JR・近鉄 鳥羽駅から徒歩10分 
定休日:
荒天時
電話番号:
0599-25-3145
料金:
大人1,800円、小人1,000円
おススメの時期:
いつでも

三重観光の人気スポット18.伊勢安土桃山文化村

安土桃山時代の文化や歴史をテーマにしたテーマパークである「伊勢安土桃山文化村」。ほぼ完璧に再現されたレプリカの安土城の中に入ったり、忍者や鉄砲の体験ができたりと、安土桃山時代にタイムスリップしたかのような感覚で楽しめます。体験アトラクションで童心に返って楽しんでいただきたいスポットです。

ニャンまげやまげdeっちなどの人気キャラクターがご挨拶!これも記念、一緒に写真を撮っちゃいましょう。

伊勢安土桃山文化村
住所:
〒519-0603 三重県伊勢市二見町三津1201-1
アクセス:
(車)伊勢二見鳥羽ライン 二見ヶ浦料金所から車で1分
(公共交通機関)JR二見浦駅から徒歩15分
(営業時間:
) 9:00~17:00(3月17日~11月15日) 9:30~16:30(11月16日~3月16日)
定休日:
年中無休(施設メンテナンスのための休村日がありますのでHPでご確認ください)
電話番号:
0596-43-2300
料金:
【入村手形】(入村のみ)
大人(18歳以上)2,500円 中人(中高生)1,200円 小人(小学生)900円
【通行手形】(有料館セット)
大人(18歳以上)3,900円 中人(中高生)2,500円 小人(小学生)2,000円
おススメの時期:
いつでも

三重観光の人気スポット19.関宿

関宿(せきじゅく)は、東海道五十三次の宿場町として栄えた木崎~新所までの約1.8kmの範囲のことを言います。
江戸時代後期から明治時代の町家が現在も200棟以上も残されており、当時の宿場町の雰囲気を感じることができますよ。貴重な建物が多いことから、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、日本の道百選にも選定されています。
江戸時代の参勤交代や伊勢参りの参拝客などで賑わった名残が強く残っており、インスタ映えする風景が観光客の人気を呼んでいます。町の道路に立ち街並みを眺めると、当時の宿屋の賑やかな活気が聞こえてくるようです。
歴史的な建物の中には、当時からの甘味処やお茶屋さんが、今も営業を続けているというのも驚きです。ちょっと立ち寄って一休みしましょう。

また現在でも宿泊できる宿屋があるので一泊し、東海道のレトロな風景の中を見学して周るのも良いですね。観光地としても知られていますが実際の生活の場でもあり、本物の銀行などもありますが、見た目は江戸時代の風情なのでお札ではなく小判がでてきそうです。
関宿の中でも代表的な旅籠の一つであった玉屋は、現在関宿旅籠玉屋歴史資料館になっており、当時の資料や道具、食器、旅の持ち物、広重の浮世絵などが展示され、1階から2階にかけて内部を見学することができます。これらのように大きな旅籠では、武士や庶民が利用していましたが、使う部屋は階級によって異なったようですね。
町を歩いていると高札場のレプリカもあり、この宿場での約束事や注意事項なども書かれていますので、読んでみてくださいね。

関宿
住所:
三重県亀山市関町木崎,中町,新所
アクセス:
JR席関駅から徒歩10分または名阪国道関ICから車で5分
営業時間:
8:30~17:00(亀山市観光協会)
定休日:
月曜日( 月曜日が祭日の場合は翌日火曜日)
年末年始(亀山市観光協会)
電話番号:
0595-97-8877(亀山市観光協会)
利用料金:
各施設によります

三重観光の人気スポット20.志摩スペイン村

三重県志摩市にあるスペイン村は、テーマパーク「パルケエスパーニャ」をメイン施設として、「ホテル志摩スペイン村」、天然温泉「ひまわりの湯」の3つの施設があります。
そのうちテーマパークゾーンは約34haで、温泉を含むホテルゾーンが約8ha、緑地が約71haで、スペイン村全体面積は約113haのリゾートです。
パルケエスパーニャとはスペイン公園という意味で、テーマパーク内にはアトラクションが28施設、展示施設が4施設あります。
アトラクションで楽しく遊んだあとに腹ごしらえできるレストランには、本格的スペイン料理が味わえるレストランを始め、カジュアルなファミリーレストランが5店舗、日本料理店が1店舗、ファストフード店が4店舗あります。

まるでスペインは迷い込んだような街並みの中では、パーク最大のパルケエスパーニャパレードが行われ、ドンキホーテや活気あふれる陽気なスペイン人エンターティナーが踊り周りのは圧巻ですよ。
パーク内の大道芸人のパフォーマンスやキャラクター達との触れ合いも楽しめ、夜になると町を背景としたプロジェクションマッピングや夜空を彩る花火が見ものです。
もちろん志摩スペイン村のオリジナルグッズやスペインの輸入雑貨のほか、三重県の特産品も購入できるお店が建ち並んでいますよ。お気に入りのお菓子やグッズをお土産にどうぞ。
志摩スペイン村を心置きなく楽しむなら、隣接のホテル志摩スペイン村に宿泊することをおすすめします。

志摩スペイン村
住所:
三重県志摩市磯部町坂崎
アクセス:
①近鉄志摩線鵜方駅から直通バス約13分
②車で伊勢二見鳥羽ライン・第二伊勢道路 鳥羽南・白木ICから20分
営業時間:
9:30~17:00 季節により変動あり
定休日:
2019年は6/24~6/28 HPで確認をおすすめします
電話番号:
0599-57-3333
利用料金:
1日パスポート大人5,300円、中人4,300円、小人3,500円ほか

三重観光の人気スポット21.賢島

賢島(かしこじま)は三重県志摩市に属する有人島で、英虞湾に浮かぶ島々の中では最大面積(約68ha)の島です。伊勢志摩サミット開催の地として知られていますよね。
本州からは近鉄志摩線で連絡されており、島の中央部分に賢島駅は奥志摩観光の拠点として多くの観光客に利用されています。
賢島と本州とは約10~20mの距離で、干潮の時には本州から徒歩(古語で「かち」)で渡れたことから「かちこえ島」と呼ばれ、それが訛ってやがて「かしこ島」となったと言われています。
行き止まり駅の賢島駅からは、徒歩圏内にマンボウの泳ぐ水族館「志摩マリンランド」などの観光スポットのほか、志摩観光ホテル、賢島宝生苑などのレジャーホテルが建ち並んでいます。

志摩の周りのリアス式海岸付近には真珠筏が浮かんでおり、真珠の養殖が盛んです。その風景を眺めていると時間がゆったりとして、いつまでも眺めていたくなりますよ。
そして賢島観光でおすすめしたいのは、賢島エスパーニャクルーズです。格好いい帆船型遊覧船「エスペランサ」に乗船し、英虞湾を約50分で一周するコースなので、リアス式海岸の景観の美しさや真珠筏を間近に見ることができます。途中の真珠モデル工場では、養殖真珠の核入れ作業を実演で見学することができます。普段は見ることのできない貴重な体験ですね。
クルーズの後は、志摩マリンランドで人気の巨大マンボウや可愛いペンギンと触れ合うのも楽しいですよ。

賢島
住所:
三重県志摩市阿児町神明747-17(賢島駅)
アクセス:
近鉄鳥羽線鳥羽駅から30分で賢島駅
営業時間:
9:00~17:00(志摩市観光協会)
定休日:
年中無休(志摩市観光協会)
電話番号:
0599-46-0570(志摩市観光協会)
利用料金:
無料

三重観光の人気スポット22.香落渓

香落渓(かおちだに)は、三重県名張市にある名張川の支流、青蓮寺川の上流にある渓谷です。
谷の長さは約8kmで、両岸は1500万年前の火山噴火によって堆積した岩が浸食されて、目を見張る柱状節理とともに大きく切り立った壮大な崖を形成しています。
その中には天狗柱岩、鬼面岩、鹿落岩、屏風岩などの奇岩群が、大自然の厳しさと共に奇観的な美しさを楽しめますよ。
自然景勝地として室生赤目青山国定公園の指定区域でもあり、貴重な植生や野鳥、動物も多く、眺める景色はまるで深山幽谷に入り込んだ気持ちになってしまいます。

春先のヤマブキやツツジの新緑や、咲き誇る花の色彩も素敵です。夏の間の深緑を過ぎると、やがて紅葉の季節が訪れ、奇岩群の周りや渓谷、山が赤く染まり、まるで山が燃えているような色鮮やかさを誇ります。紅葉の季節にはハイキングやドライブを楽しむ人が、関西や中京方面から多く訪れます。
ただし香落渓の道路は観光道路として整備された広い道路ではなく一般的な県道なので、ドライブを楽しむときはゆっくり走り、よそ見をしないように注意してください。
たまに駐車スペースがあるので、車を停めてちょっと一休みしながら、周りの景観を楽しみましょう。

香落渓
住所:
三重県名張市青蓮寺
アクセス:
①近鉄名張駅からバスで30分または落合下車
②名阪国道上野ICから車で30分
電話番号:
0595-63-7648(名張市観光交流室)
利用料金:
無料

三重観光の人気スポット23.横山展望台

横山展望台は、三重県志摩市の阿児町と浜島町の境界にある横山に設置されている標高140mの展望台です。横山という名は、沖合の方からこの山を見た時に、横長に見えるので横山となったそうです。
結構単純な話ですね。横山展望台からは、英虞湾に浮かぶ60の島々や迷路のように入り組んだ半島を一望できるので、絶景と言われるリアス式海岸もこの展望台から楽しむことができます。
展望台自体は結構広いので、ゆったりとした気分で眺めることができますよ。
この展望台を訪れた人がおすすめするのが、この場所からの夕陽の眺めです。ミシュラングリーンガイドで星一つを獲得したその風景を堪能してください。

著名な俳人・小説家の高浜虚子が、この場所からの風景は日本三景の松島以上と評価したほどの風景は、他ではなかなか見ることはできません。
展望台周りの遊歩道も整備されたので、ハイキングなどにも最適で、ゆっくりと自然の中を探検しましょう。展望台の下にはビジターセンターもあり、伊勢志摩国立公園の歴史や資料が展示されています。クラフト体験や真珠アクセサリー体験もできるので、時間の余裕がある人は体験してみてはどうでしょうか。
2018年には、展望テラス、木漏れ日テラス、そよ風テラスの3つのテラスがオープンし、展望休憩所とともに観光客のお休み処として、くつろぎのスペースとして利用されています。

横山展望台
住所:
三重県志摩市阿児町鵜方875-20
アクセス:
①近鉄鵜方駅下車。バスまたはタクシーで移動。
近鉄志摩横山駅下車、徒歩で45分。
営業時間:
照明設備がないため、日暮れ後は注意が必要です
定休日:
荒天日
電話番号:
0599-44-0567
利用料金:
無料

三重観光の人気スポット24.伊賀流 忍者博物館

三重県伊賀市の上野公園内にある忍者の博物館で、伊賀鉄道上野市駅から徒歩5分のアクセスの良い場所にあります。平成30年度の入館者は約18万人でしたが、その内2割弱の約2万9千人が海外からの観光客でした。相変わらず忍者は海外に人気がありますね。
博物館は伊賀流忍者屋敷、忍術体験館、忍者伝承館からなり、1964年に忍術研究科の奥瀬平七郎氏が、伊賀市高山から民家を移築し忍者屋敷として開設したのが始まりです。
入館すると伊賀忍者の服装をした案内人が、どんでん返しや抜け道、隠し戸、刀隠しなど、忍者屋敷のからくりなどの仕掛けや技を紹介しながらガイドをしてくれます。うっかりはぐれて道に迷わないようにしてくださいね。

忍者体験館では、ミニシアターで忍者がどのようにして上野城に忍び込むかの様子をビデオで観賞することができます。また忍び込む時に使用した道具や、本物の手裏剣や忍具などの展示もあり、使い方を学ぶことができます。
400点以上の忍具は見応えがありますよ。忍者伝承館では、暗号や人相学、九字法などの忍術や古文書の内容の解説があり、忍者の日常生活の一旦を知ることができます。
観光客の人気を集めているのが、忍者アトラクションショーで、実際使用していた手裏剣、刀、鎖鎌などの忍具を巧みに使用した実演を目の前で見ることができます。
ショーを担当しているのは、忍者博物館で年間1200回もの実演を行っている忍者軍団「阿修羅」です。その迫力ある忍者ショーをぜひ体験してください。

伊賀流 忍者博物館
住所:
三重県伊賀市上野丸之内117
アクセス:
①伊賀鉄道上野市駅下車徒歩5分
②名阪国道中瀬ICから車で5分
営業時間:
9:00~17:00
休館日:
12/29~1/1
電話番号:
0595-23-0311
入館料金:
高校生以上756円、4歳~中学生432円

三重観光の人気スポット25.鬼ヶ城

三重県熊野市木本町の海岸にある熊野の鬼ヶ城附獅子巌(くまののおにがじょうつけたりししいわ)の一部で、熊野灘の荒波による海食洞や奇岩、奇石が約1km続いています。
その険しさは怖さを感じるほどの異様な景勝で、2004年にはユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されています。
鬼ヶ城は、熊野の海を荒らし廻って鬼と恐れられた海賊多娥丸が根城としていましたが、平安時代の征夷大将軍の坂上田村麻呂により攻め込まれ、征伐されたという伝説があります。
でも荒波に囲まれた断崖絶壁で出来ている岩屋だったので、さすがの坂上田村麻呂も攻めあぐねましたが、千手観音のご助力によりやっと征伐できたということが伝承として残っています。

鬼ヶ城は、鬼ヶ城城跡の展望台や千畳敷を見て帰る方が多いですが、本当の魅力は千畳敷から先の海岸線を周遊することだと言われています。
ただし、千畳敷を超えると奥の木戸がありますが、そこから先は非常に険しい道が続き、手すりも十分安全とは言えないので、小さい子供やハイヒールなどの靴で周るのは危険です。十分な注意をし、天気が悪い時や波が荒い時は、止めるようにしてください。
天気が良い時は、猿戻り、犬戻り、飛び渡り、鬼の見張り場、鬼の洗濯場などを抜け、弁天神社にお参りしましょう。観光用の整備された道ではなく、海側は断崖絶壁となっているので、勇気のある人だけが渡ってくださいね。人工的な安全なアトラクションと違う、自然をそのまま利用した、ちょっと怖い鬼の通路を体験してください。私ならちょっと渡れないかも。

鬼ヶ城
住所:
三重県熊野市木本町
アクセス:
①JR紀勢本線熊野市駅から大又大久保行きバス約5分、鬼ヶ城東口停下車すぐ
②熊野尾鷲道路熊野大泊ICから車で1分
営業時間:
9:00~17:00季節によって終了時間が異なります(鬼ケ城センター)
休館日:
年中無休(鬼ケ城センター)
電話番号:
0597-89-1502(鬼ケ城センター)
利用料金:
無料

三重観光の人気スポット26.四日市港

四日市港は伊勢湾北西部に位置し、三重県四日市市と川越町に跨る港湾で、幕末から明治初期にかけて伊勢湾最大の商業港として栄えました。
1870年(明治3年)に四日市と東京の定期航路が開設してからは、さらに近代港湾として発展し、国際拠点港湾、港則法上の特定港、関税法上の開港などに指定されています。
戦後の昭和30年代には、日本最大の石油化学コンビナートが建設され、現在は3つの石油コンビナートを持つ工業港となりました。
近年の工場夜景ブームにより、神奈川県川崎港とともに臨海工業地帯として、夜景ライトアップが観光客の人気を集めています。四日市港湾での夜景クルーズが運行しており、コンビナートの人気景観スポットや夜景を楽しむことができますよ。

1999年(平成11年)に、四日市港開港100周年を記念して開館した四日市港ポートビルは高さが地上100mあり、14階(地上90m)には四日市港を360度一望できる展望展示室「うみてらす14」があります。昼間は鈴鹿山脈や中部国際空港線とクレア、名古屋方面までも見渡せ、夜になると石油コンビナート工場の夜景がパノラマ的に鑑賞でき、その迫力はまるで未来都市に来ているような気分を味わえます。
また展望展示室には、四日市港の案内映像を放映するナビゲーションシアターやスタンプラリー、シミュレーションで船を操縦できる「あなたも船長」、入港する船ごとの解説「船がみなとにつくと」など子供が楽しめる展示がいっぱいあります。四日市港へ行ったらぜひ訪れることをおすすめします。

四日市港
住所:
三重県四日市市霞二丁目1-1 四日市港ポートビル内(四日市港管理組合)
アクセス:
①JR関西本線富田浜駅下車徒歩15分
②伊勢湾岸自動車道みえ川越ICから車で10分
③東名自動車道四日市東ICから車で10分
営業時間:
10:00~17:00(ポートビル14階展望展示室)
休館日:
水曜日(祝日の場合は開館)、12/29~1/3(ポートビル14階展望展示室)
電話番号:
059-366-7022(四日市港管理組合振興課)
入場料:
高校生以上300円(ポートビル14階展望展示室)

三重観光の人気スポット27.丸山千枚田

三重県熊野市紀和町丸山地区にある棚田で、白倉山の斜面約7haに約1,340枚あります。実際には1,000枚以上あるというのは、面白いですね。
それでも1898年(明治31年)の測量図を調査したところ、この時の棚田は推定2,438枚だったそうです。棚田は近くの鉱山の労働との兼業として維持されていましたが、1978年(昭和53年)に鉱山が閉山したことで労働者も流出し、さらに後継者不足や減反政策などにより耕作放棄が進んで、最小530枚にまで減ってしまいました。
しかし歴史的な遺産として棚田を残すために、1993年(平成5年)に丸山千枚田保存会が結成され、地元丸山地区の住民の努力もあって、2004年(平成169年)に農林水産省の「立ち上がる農山漁村」に選定されました。

その後棚田の維持管理には多額な費用がかかることから、観光への活用のほかに「棚田オーナー制度」を実施しました。1996年(平成8年)から千枚田保存会が管理している棚田の内、約1.6haをオーナー田として全国からオーナー募集をして、地元住民との農業交流を図っています。
棚田は一般の平地の田とは違い、段々畑のように小さい面積の田の法面を西日本では多く見られる野面積み(のづらづみ)という石積みをしていますので、棚田を見るときに積み方を確認してくださいね。
遠い祖先が大地を起して一つ一つ作り上げた棚田を見ると、昔から今日までつながる貴重な稲作文化を肌で感じることができます。

丸山千枚田
住所:
三重県熊野市丸山
アクセス:
①JR熊野市駅から車で約30分
②熊野大泊ICから車で40分
営業時間:
24時間
電話番号:
0597-97-1113(熊野市地域振興課)
利用料金:
無料

三重観光の人気スポット28.志摩地中海村

三重県志摩市にある志摩地中海村は、スペインのアンダルシアやカスティーリャ、イタリアのサルデーニャなどの地中海沿岸の街並みをイメージした景観の観光地です。
1993年(平成5年)に開業したときは会員制の別荘村として運営していましたが、2016年(平成28年)の伊勢志摩サミット後に、結婚式場やコンベンション施設、宿泊施設を建設し大改装を行い、現在は一般のホテルとして営業をしています。
パッと見た感じは白い壁の街並みですが、全て客室というのがユニークですね。地中海村の中は、ギリシャのミコノスやスペインのメノルカ島のリゾートを再現したミコノルカゾーン、アルハンブラ宮殿の混浴施設をモデルにしたアルハンブラゾーンなどがあります。

宿泊施設は、エリアごとに異なるインテリアが素敵で、広々とした空間が自慢です。地中海を思わせる志摩英虞湾の絶景をお楽しみください。
宿泊を伴わない施設見学やレストランの利用(夕食は予約制)をすることができますが、宿泊をメインとするリゾート施設なので、入村料がかかるので注意が必要ですよ。
また、まるで地中海を思わせるような贅沢な風景の中で、1日1組限定ですが、オリジナルウエディングを行うことができます。日本に居ながら気分は海外の雰囲気を楽しめ、料理は地元志摩の自慢の鮮魚や新鮮野菜の料理を味わえるので、利用者にも大評判のウエディングを実現できます。もちろんインスタ映えする写真は撮り放題ですよ。

志摩地中海村
住所:
三重県志摩市浜島町迫子2619番地1
アクセス:
①伊勢自動車道伊勢西ICから車で50分
②近鉄鵜方駅からタクシーまたは送迎バスで15分
営業時間:
10:00~17:00(日帰り利用の場合)
定休日:
全館休業日は公式HPでお確かめください
電話番号:
0599-52-1226
入村料:
中学生以上500円、ペット1匹500円(日帰り利用の場合)
この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 【三重】松坂牛の地元おすすめ店5選!思いっきり食べつくそう!

    日本人なら誰もが知っていると言っても過言ではない松阪牛。特産地の三重を旅行するなら、とびっきり贅沢をして松坂牛を堪能しませんか?上質な松坂牛は一味も二味も違いますよ!今回は、松坂牛が食べられるお店の中でも特においしくいただけるお店を5店厳選しました!ぜひ足を運んでみてください!

  • 三重のおすすめお土産はこれだ!人気の外さないお土産15選!

    三重県は江戸時代の頃より、御伊勢参りの場として栄えてきました。海沿いに面した町は魚介類や歴史ある和菓子屋さんも多く、お土産に最適なものが多いんです。今回は、三重に行くならチェックしておきたいお土産15選を紹介します。

  • 三重県のおすすめランチの鉄板!7選

    三重県は食材の宝庫!海の幸にも山の幸にも恵まれているから、神の住まう町になった、なんて言い伝えもあるくらいです。当然、ランチが美味しい店も幅広いジャンルで豊富!そんな中から鉄板と言える店を集めました。

  • 三重県で乾杯!本当に美味しい鮮魚がある居酒屋おすすめ5選

    三重県といえば、伊勢の海女さんに真珠に…忘れちゃいけない、海の幸♡ ぷりぷりで身の締まったお刺身や、名物の伊勢海老っっ!!観光で三重に行くなら絶対に食べたいですよね♪ そこで今日は三重県内にある、新鮮な海の幸をたっぷり堪能できる、本当に人気のある居酒屋さんを厳選してご紹介します♪見てるだけでヨダレが止まらないーー!!

  • 三重観光の人気スポット18選!ここに行けば間違い無しの鉄板...

    山、海、川、どれをとっても観光スポットとして成り立っている豊かな自然に恵まれた三重県。自然の産物だけでなく日本有数のアミューズメント施設もあり、大人も子どもも楽しめるスポットがたくさんあるので、三重県観光を計画される際の参考にしていただけたら幸いです。

  • 三重一人旅で巡りたいパワースポット&観光名所15選!

    日本最大のパワースポットである伊勢神宮が鎮座する三重。ここにはパワースポットだけでなく、魅力満載の観光スポットが目白押し。ここでは一人旅でも訪れたい人気の観光スポット15選をご紹介します!

このエリアの新着記事
  • 三重県で人気の暇つぶしスポット10選!時間ができた時のおす...

    海から山まで美しい自然に恵まれ、「美し国」というキャッチフレーズを持つ三重県。この記事ではそんな三重県で人気の暇つぶしスポット10選をご紹介致します。歴史的な名所から風光明媚な絶景まで、おすすめの観光スポットばかりですのでこの機会に是非ご覧ください。

  • 三重のおすすめ潮干狩りスポット10選!人気の場所から穴場まで

    三重県の貝は、加工品を含めると全国10位以内の常連客で、初心者でも簡単に取れことができます。それ故にある程度水産業に関する知識が必要になってくるため、この記事では潮干狩りスポット10箇所と共にお役立ち情報を紹介していきます。

  • 三重を訪れたら絶対に買いたい!もらった人が笑顔になるお土...

    自然豊かな三重県は、海の幸・山の幸に恵まれ、おいしいご当地グルメがたくさん!そんな三重県を訪れたら、必ず買って帰りたいお土産をピックアップしてみました。有名な和菓子からこんなの初めて!という話題のスイーツまで厳選してご紹介します。大切な人はもちろん、自分のためにも素敵なお土産を見つけてくださいね。

  • 四日市名物15選!食事からお酒までおすすめの美味しい名物を...

    三重県の四日市には名物グルメからかくれた銘品までおいしいものがたくさんあります!四日市を訪れたらぜひ食べてみたい食事から、お土産にしたいお菓子やお酒まで、15点をくわしくご紹介します。

  • 三重で特別な夜におすすめのスイートルームが素敵なホテル11選

    美しい海や山に囲まれた自然豊かな三重は美味しいグルメもたくさん。伊勢神宮や熊野古道など、日本の歴史に深く関わりのある観光地もあります。特別な日の宿泊に使いたい三重でイチ押しのスイートルームが素敵な宿をご紹介します!

  • 三重県で乾杯!本当に美味しい鮮魚がある居酒屋おすすめ5選

    三重県といえば、伊勢の海女さんに真珠に…忘れちゃいけない、海の幸♡ ぷりぷりで身の締まったお刺身や、名物の伊勢海老っっ!!観光で三重に行くなら絶対に食べたいですよね♪ そこで今日は三重県内にある、新鮮な海の幸をたっぷり堪能できる、本当に人気のある居酒屋さんを厳選してご紹介します♪見てるだけでヨダレが止まらないーー!!

  • 三重のおすすめお土産はこれだ!人気の外さないお土産15選!

    三重県は江戸時代の頃より、御伊勢参りの場として栄えてきました。海沿いに面した町は魚介類や歴史ある和菓子屋さんも多く、お土産に最適なものが多いんです。今回は、三重に行くならチェックしておきたいお土産15選を紹介します。

  • 三重県のおすすめランチの鉄板!7選

    三重県は食材の宝庫!海の幸にも山の幸にも恵まれているから、神の住まう町になった、なんて言い伝えもあるくらいです。当然、ランチが美味しい店も幅広いジャンルで豊富!そんな中から鉄板と言える店を集めました。

  • 三重一人旅で巡りたいパワースポット&観光名所15選!

    日本最大のパワースポットである伊勢神宮が鎮座する三重。ここにはパワースポットだけでなく、魅力満載の観光スポットが目白押し。ここでは一人旅でも訪れたい人気の観光スポット15選をご紹介します!

  • 三重県のおすすめ温泉宿10選!温泉もグルメも楽しもう!

    三重県には伊勢志摩をはじめいくつもの温泉地があります。太平洋の大海原を眺めながら入る温泉は格別!そしておいしい海の幸も楽しみですね。ここではそんな三重県の温泉宿を紹介しましょう!

この記事のキーワード
このエリアの人気記事