カンボジア世界遺産アンコール遺跡でおすすめの人気アクティビティ4選!

1,099

views

0

カンボジアが世界に誇るクメール文化の結集「アンコール遺跡」。真っ赤に燃えあがるような朝日をバックに浮かび上がるかつての王朝の姿「アンコールワット」を一度はこの目で観てみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。世界の人々を魅了してやまないアンコール遺跡ですが、普通に見学するだけではその魅力もそれまで。せっかく来たのですからもっともっとその魅力を知り、もっともっと思い出深い旅行にしてみませんか?そこで今回はアンコール遺跡を100倍楽しめるおすすめアクティビティをご紹介します。

鑑賞スタイルは王道!まずは黄金の時間帯で攻めるアンコールワット

朝日を浴びたアンコール・ワットの姿。幻想的かつ神秘で、みなぎるパワーがチャージできること間違いなし!鑑賞スタイルは王道ですが美しいその姿はきっと心に残ることでしょう。

早朝4時から5時くらいになると、アンコール・ワットの参道付近には朝日を見るために多くの人が集まってきます。日の出までの長く感じる時を今か今かを待ちわびていると、太陽が顔を出し、アンコール・ワットを幻想的とも言える強いオレンジ色の光で照らします。

出典: 42ndclass.com

ちなみに乾季である11月から5月あたりに行くと雨が少ないので朝日が見やすいです。

アンコール・ワット 【Angkor Wat】
営業時間:
5:00~18:00
アクセス:
シェムリアップ国際空港から車で約15分
定休日:
なし
入場料:
1日券20US$、3日券40US$、7日券60US$、11歳以下は無料
おすすめの時期:
11月から5月の乾季に朝日が見やすい

アンコール・トム内を象に乗って歩く

カンボジアでは昔、重い荷物を持って遠くへ行く時の足となるなど、象は人々の生活の中で欠かせない動物でした。また、戦いにも象が用いられ、象に乗った兵がお互いを槍でつく姿などが壁画に残っています。

現在の象はもっぱら観光地大使さながら。観光客を乗せて楽しませています。

アンコール・トム周辺にも象に乗れる場所がいくつかあり、象の背中の上からアンコール・トムを眺めることができます。私たちの目線からでは決して見ることのできない遺跡の風景を象とともに楽しめるので大人気です。最初は揺れに戸惑うかもしれませんがそれも時間の問題。徐々に慣れ、その揺れに心地よさを感じるようになることでしょう。

象乗り
営業時間:
8:00~17:30
アクセス:
アンコール・トムの南大門付近、またはバイヨン周辺(この付近で象に乗れるのは10:30ごろまで)
定休日:
不定休
料金:
20~25US$ 為替ルートにより異なる
※予約客が優先となるので、旅行会社などを通じて事前に予約をしておいた方がよい。

アンコール遺跡群を自転車に乗って疾走

レンタル自転車でアンコール遺跡群を見て回ることもできます。ホテルやレンタルサイクル店で貸りられます。費用は店によりますが1日1US$程度の店もあるので、トゥクトゥクやタクシーなどで遺跡を回るよりも安く済みます。また、ガイドさんと自転車で廻りながらアンコール・ワットを観光する「サイクリングツアー」もあります。

風を切りながら自分のペースで進める自転車での観光は、バスで廻る観光ツアーとはまた別の発見があるかもしれません。ただし、夜遅くや明け方など人があまりいない時間帯は危険なのでおすすめしません。

アンコール・バルーンに乗って空から眺めよう

上空からアンコール・ワットやシェムリアップの風景を見たいという人には、アンコール・バルーンがおすすめです。

アンコール・バルーンは、アンコール・ワットの南大門から約1kmのところに乗り場があります。朝早くから日没くらいまで上空からアンコール・ワットを見ることができますよ。

出典: ameblo.jp

この方法だと、郊外に広がる農村風景もいっしょに楽しめるのも見どころの一つ。アンコール・ワットと一緒に異国の長閑な日常の1コマが楽しめます。

アンコール・バルーン
住所:
No. Q442, Borei Shok Leap, Prasath Bakong District, Siem Reap Province, the Kingdom of Cambodia
営業時間:
5:00~18:30
Tel :
855 - 69 558 888
アクセス:
アンコールワットの南大門から約1km
定休日:
4月~11月(要確認)
営業時間:
06:10 am - 06:40 am (日の出時刻に準ずる)、17:00 pm - 17:30 pm (日没時刻に準ずる)
※催行は天候によるので事前に問い合わせを
料金(2015年1月~):
大人1名 US$20、子供1名 US$10

ヘリコプターで上空散策

アンコール・ワットだけでなく他の遺跡群も上空からみたい!上空の様々な角度から見たい!という人にはヘリコプターがおすすめです。

ヘリコプターはシェムリアップ国際空港で乗ることができます。プランは8~48分まで(旅行会社により異なる)の数種類あります。

飛行時間が短いプランの場合はアンコール・ワット周辺を飛ぶだけですが、長いプランだとトレンサップ湖や郊外にある遺跡なども見ることができます。

アンコール遺跡でアナタだけの発見を

いかがでしたか。旅行中に新しい発見に心が踊り、また一つ自分の視野が広がるのが旅の醍醐味というものです。限りないパワーを秘めたアンコール遺跡の地を自分の足で歩くだけでも、遺跡の迫力や素晴らしい文化を感じることが出来ますが、今回ご紹介した方法で見学すると、また違った魅力、アナタだけの発見があるかもしれません。アンコール遺跡を訪れた際はぜひチャレンジしてくださいね!

ひろ吉

25歳の千葉県在住のコピーライターです。
海外や国内を旅しています。
特に、温泉が大好きです!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • カンボジア伝統舞踊アプサラダンスを楽しむなら!おすすめレ...

    世界中からアンコール遺跡を目当てに観光客が集まってくるカンボジアの一大観光地シェムリアップ。遺跡だけと思われがちですが、ここにはそれ以外にも素晴らしい伝統芸能、アプサラダンスがあります。一度は失われてしまったクメールの伝統舞踊は、毎夜カンボジアを訪れる人々の目を楽しませています。今回は、アプサラダンスを見ることができるレストランを5つご紹介します。

  • 《レシピ付き》カンボジア・クメール料理6選!カンボジア料理...

    優しくてどこか懐かしい、そしてさっぱりした後味が日本人にも人気のカンボジア・クメール料理。たくさんの郷土料理の中から、特に筆者の好きだったものをピックアップしてみました。あの時の味をおうちで再現できるレシピ付きでご紹介したいと思います。

  • カンボジア基本情報 【トイレ編】~郷に入っても郷には従えな...

    カンボジアを旅行する際に気になるのがトイレ事情。日本のようにコンビニや公衆トイレが利用できるのか、衛生面には問題はないのか、どうやって使うのかといったカンボジアのトイレ事情についてご紹介。

  • カンボジアのお土産に!プノンペンでココナッツオイルが買え...

    カンボジア産のココナッツオイルは、品質とコストパフォーマンスの良さから現地の人や観光客に大変人気があります。しかし日本では入手が困難で、一部のマニアからなかなか手の届かないココナッツオイルとして注目されています。高品質で低価格と大人気というカンボジア産ココナッツオイルをほんの少しご紹介します。

  • カンボジア基本情報 【Wi-Fi事情編】

    カンボジアは果たしてどこまで進んでいるの?世界遺産のシェムリエップにも行ってみたいけど、ちょっと不安。でも大丈夫!ネット環境だけでいったら、日本よりも便利かもしれません。ホテルはもちろん、こんな所まで?とビックリしてしまうかも。

  • カンボジアで日本を感じる!シェムリアップのオススメ日本食...

    世界でもトップクラスの人気を誇る世界遺産、アンコール遺跡。その観光拠点シェムリアップには、毎日のように訪れる大勢の日本人観光客のためか、美味しい日本食レストランがいくつもあります。今回は、筆者が実際に足を運んだシェムリアップのオススメ日本食レストランを3つご紹介します。

このエリアの新着記事
  • カンボジア伝統舞踊アプサラダンスを楽しむなら!おすすめレ...

    世界中からアンコール遺跡を目当てに観光客が集まってくるカンボジアの一大観光地シェムリアップ。遺跡だけと思われがちですが、ここにはそれ以外にも素晴らしい伝統芸能、アプサラダンスがあります。一度は失われてしまったクメールの伝統舞踊は、毎夜カンボジアを訪れる人々の目を楽しませています。今回は、アプサラダンスを見ることができるレストランを5つご紹介します。

  • アンコール遺跡で行くべきポイント5選!基本情報・定番から穴...

    トリップアドバイザーによる日本人対象の「行ってよかった観光地ランキング」で例年No.1に輝いているカンボジアのアンコール遺跡。1日では回りきれないほどの広大な敷地に、今まで見たことのないような独特の遺跡が、まるで異世界に来たような空間を作り出しています。そんな、人生で一度は行ってみたい観光名所、アンコール遺跡で必ず行くべき5つのスポットをご紹介。

  • カンボジアの人気観光スポットランキングBEST15!定番から穴...

    カンボジアには新旧の文化を堪能できる観光エリアがたくさんあります。発展し続ける首都プノンペン、数々のアンコール遺跡が残存するシエムリアップ。芸能分野では王宮古典舞踊、クメールの影絵劇などが人気。親しみやすいカンボジア料理、縦横無尽にバイクが行きかう道路など実際の生活を目の当たりにするのもおすすめですよ。

  • カンボジア基本情報 【トイレ編】~郷に入っても郷には従えな...

    カンボジアを旅行する際に気になるのがトイレ事情。日本のようにコンビニや公衆トイレが利用できるのか、衛生面には問題はないのか、どうやって使うのかといったカンボジアのトイレ事情についてご紹介。

  • カンボジア基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】~カン...

    海外旅行を計画する時点で注意すべきは訪問予定国の祝祭日。多くの国は祝祭日に休みとなる観光スポットやショップがあるため、その期間に旅行をする場合は日程変更を余儀なくされることもあります。本記事では、カンボジアの祝祭日&ビジネスアワーについてご紹介。

  • カンボジア基本情報 【言語・お役立ち会話編】~カンボジア流...

    海外旅行は楽しいものですが、一方その度に不安を抱くのが現地の言葉。英語が通じる国なら、カタコト英語でも多少の意思の疎通はできるものです。では、世界遺産“アンコールワット”のあるカンボジアの公用語はなんなのか、英語は通じるのかなど、本記事ではカンボジアの言語や会話についてご紹介します。

  • カンボジア料理はおいしい?おすすめクメール料理8種類

    遺跡のイメージが強いカンボジア。カンボジアには、遺跡だけでなくおいしいグルメもたくさん存在します。かぼちゃの語源でもあるカンボジア。実はエスニック料理のイメージを覆すほどに、日本人でも食べやすいものばかり!カンボジアには、一体どのような料理が存在するのでしょうか。

  • カンボジアのお土産に!プノンペンでココナッツオイルが買え...

    カンボジア産のココナッツオイルは、品質とコストパフォーマンスの良さから現地の人や観光客に大変人気があります。しかし日本では入手が困難で、一部のマニアからなかなか手の届かないココナッツオイルとして注目されています。高品質で低価格と大人気というカンボジア産ココナッツオイルをほんの少しご紹介します。

  • ダンスやお芝居で充実のカンボジア観光を!カンボジアの伝統...

    今回ご紹介するのはカンボジアの伝統芸能、アプサラ・ダンスとスバエクです。観光客向けに多くのレストランやホテルでショーが開催されています!魅力的な伝統芸能について、そしておすすめの鑑賞場所についてまとめました♪

  • 《レシピ付き》カンボジア・クメール料理6選!カンボジア料理...

    優しくてどこか懐かしい、そしてさっぱりした後味が日本人にも人気のカンボジア・クメール料理。たくさんの郷土料理の中から、特に筆者の好きだったものをピックアップしてみました。あの時の味をおうちで再現できるレシピ付きでご紹介したいと思います。

このエリアの人気記事
新着記事