パラオ基本情報 【気候・服装編】

5,923

views

0

珊瑚礁の島々が連なり、奇跡的なまでの美しさの海を誇るパラオ。そんなパラオを訪れるべきベストシーズンはいつ頃なのでしょうか?ここではパラオの年間を通じた気候と服装のアドバイス、そして観光のベストシーズンについて解説します。

パラオの気候

パラオは海洋性熱帯気候に属し、年間を通して高温多湿です。コロール島での年間平均気温は27.7℃で、年間を通して気温の変動はほとんどなく、常に高温です。また、冬と春は乾期で湿度が低く、夏から秋にかけては雨期で湿度が高くなります。なお、乾期であっても、夕方にスコールが降ることがあります。

乾期(11月~5月)

パラオで大自然を満喫するなら、天候が安定しているこの時期がベストシーズンです。海況も安定し、波も穏やかなので、海上の移動が長くなるカヤンゲル島へのツアーなども催行率が高くなります。

雨期(6月~8月)

この時期はたびたび激しいスコールに見舞われ、1日に繰り返しスコールが降ることもあります。そのため、この時期にはツアー料金が安くなるので、敢えてこの時期を狙うリピーターもいます。

パラオでの服装

年間を通して暖かいパラオ。以下、シチュエーション別に最適な服装を紹介します。

海で遊ぶ

出典: palauritc.com

水着の上にTシャツや短パンを着て出かけるといいでしょう。紫外線が強いので、帽子とサングラスは必須です。UVカット機能のパーカーや、ボートで足の上にかけられる大きめのタオルがあると重宝します。靴はビーチサンダルで大丈夫です。

陸で遊ぶ

トレッキングなどをする際は、動きやすい服装が基本。ただ、川に入ったり滝の水を浴びたりということもあるので、服の下に水着を着ておくといいでしょう。また、帽子やサングラスなどで日差し対策も忘れずに!
靴は歩きやすく、濡れてもいいスニーカーなどがベストです。ツアーによっては、料金内でトレッキングシューズの貸し出しを行っているところもあります。

パラオのベストシーズンは乾期!服装で暑さと日差し対策を!

パラオを訪れるなら、天候が安定して、滞りなくレジャーを満喫できる乾期(11月~5月)が最も良い時期と言えるでしょう。年間を通して暖かい国なので、体調を崩さないよう、しっかりと服装で暑さや日差し対策をして、元気に楽しくパラオ観光を楽しんでくださいね!

UG87

旅行とワインが大好きです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
このエリアの人気記事
新着記事