時差0時間!世界遺産の国パラオで行くべき観光スポット4選

4,458

views

1

日本から約4時間半で行くことのできるパラオ。 たったそれだけの距離を移動しただけなのにそこはもう大自然の楽園!そんな美しすぎる国、パラオで抑えるべき4つの人気スポットをご紹介します!

パラオは親日国!

パラオへは日本から直行便で約4時間半程とお気軽に行ける上に時差もありません。

大自然は息を呑むほど美しく、実は親日国としても知られています。

そんな楽園の島パラオを存分に楽しむ事ができる4大人気スポットをご紹介します!

ミルキーウェイ

コロール島とペリリュー島の間には200~300もの無数の島々が存在し、その中の多くは無人島です。
その島々は総称して『ロックアイランド』と呼ばれ、世界的に有名なダイビングポイントが多く点在しています。

ミルキーウェイもロックアイランドの中に存在する人気観光地のひとつ!

パラオといえば世界有数の透明度の高い海が有名ですが、この『ミルキーウェイ』は透き通るような美しいな海とはまた正反対の魅力を持っている場所があるんです。

透明な海の一角に青みがかった灰色の海水が広がる入り江…これが『ミルキーウェイ』です。

サンゴ礁でできた島が侵食され、石灰質の泥が海底に溜まり「青灰白の海」を作り上げています。

なぜこのように皆真っ白になっているのか…?

そう、このミルキーウェイにの一番のポイントはこの白い”泥”!
実はこの泥、有名化粧品メーカーがこちらの泥パックを商品化するほどに美容成分が豊富!ミネラルたっぷり、保湿効果も高いそうなんです。

ミルキーウェイに立ち寄った際には遠慮なく海中へどぼん!と勢いよく飛び込み、海底の泥をこれでもかというほど全身にくまなく塗りたくってみてくださいね。よーく乾かしてまた海に飛び込んで洗い落とせばお肌もつるつるになっちゃいます。

ミルキーウェイへは、ボートツアーで訪れるのが一般的です。多くの旅行ツアーで組み込まれている場合が多いので行き方に悩む心配はありませんよ。

ジェリーフィッシュレイク

ふわふわとたゆたうクラゲは幻想的、見ているだけで癒されます。

クラゲと一緒に泳いだりして刺されるんじゃないの…?という心配は無用!ここに生息しているのは極めて毒性の低いクラゲなので刺されて痛い思いをすることはありません。

あまりに現実離れした世界がひろがることから、まるで宇宙にいるかのように感じる方も多いのだとか。

ジェリーフィッシュレイクでスノーケリングを楽しむにはコロール州政府発行の許可証が必要となります。 そしてクラゲ達はその見た目の通りとってもデリケート、一緒に泳ぐ際は無闇に傷つけないよう優しくしてあげてくださいね!

ロングビーチ

過去、パラオのベストビーチ5選にも選ばれたことのある『ロングビーチ』はロックアイランドの中心部、”マラカル島”からボートで南に20分ほど行ったところに位置する”オモカン島”に存在する美しいビーチです。

日本でもCM等数々の撮影に利用される程にロケーションは抜群!

出典: 4travel.jp

まるで海の真ん中を歩いているかのよう。
カップルで歩くと幸せになれる、なんてジンクスもあるみたいですよ!

いつでも見られるワケじゃない…!

ただし!いつ行っても見られるわけではありません。
潮が引いている時にだけこの美しい砂浜が現れるのです。潮の干満は日々異なっており、時には一日中ビーチが姿を現さないなんてこともある、ある意味”幻の浜辺”なのです。

でもせっかく訪れたのならこの信じられない位美しい景色を一度は見てみたい!!
ツアーでいく場合にはなるべく潮が引いているときを見計らって立ち寄ってくれるそう。
もしもロングビーチに行く予定を立てたのなら余裕を持って行きたい日にちを伝え、事前に確認してもらいましょう。

ドルフィンズ・パシフィック

南の島といえばやっぱりなんといってもイルカ!イルカに会いたい~!そんなあなたには世界最大級のイルカ飼育施設『ドルフィンズ・パシフィック』は必見スポットです。

その広さはなんと東京ドーム2個分!その広さを利用し、自然に近い状態でストレス少なくイルカが飼育されているので、水族館などとは全く違いのびのびと過ごすたくさんのイルカ達と触れ合う事ができるのです。

こちらには地上で触れ合う・素もぐりで一緒に触れ合う・タンクを背負いダイビングしながら触れ合う、など様々なプログラムが用意されています。
イルカの生態や習性についても日本語対応スタッフが詳しく教えてくれるので初めての方も安心。

ここでちょっとしたコツをご紹介!勿論スタッフが撮影もしてくれるのですが、それは主に地上だけなのでイルカと泳ぐ姿やイルカの写真を収めたいのであれば水中で撮影可能なカメラを持参することを強くおススメします。

こんなふうにイルカと遊べる機会なんてそうそう無いですよ。シャッターチャンスは水中に!

ドルフィンズパシフィックへは水着やタオルなどをあらかじめ用意した上で向かってくださいね。

Dolphins Pacific
住所:
Koror, Koror Island 96940, Palau
営業時間:
8:30~
TEL:
680-488-8582

南の国ならではの観光スポットを楽しむ

パラオにおいてこれら特定の観光スポットに赴く際には州政府が交付する許可証の購入と携行が義務付けられています。初めての方は旅行会社で組み込まれているツアーに参加を申し込むのが一番簡単でおススメです。

これら人気スポットではどこでもパラオ一番の魅力、大自然を思う存分楽しむ事が出来ます。これから旅行計画がある方、是非一度ご検討ください!

とかこ

30代主婦。寺社仏閣など歴史ある建物を見ること、そしてご当地のおいしいものを食べる事が好きです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
このエリアの人気記事
新着記事